児島 市民 病院。 1973 倉敷市立児島市民病院

倉敷市立市民病院

389㎡ 病床数:200床 瀬戸内海に面したこの地区の中心病院は、市民のための近代的医療設備を持つ豊かな生活施設として、きめ細かな計画及びデザインが試みられている。 施設の老朽化が進行していたことから、倉敷市は児島市民病院に代わる新たな市立病院を隣接地に新築し、(30年)に 倉敷市立市民病院の新名称で開院した。

Next

倉敷市立市民病院

特に海と山に向ってひろげた病室の解放的なサンルーム、この地方の風土性を生かした外装のレンガタイル貼り、人々の目をなごませる内外の緑、あふれる色彩と豊かなインテリアデザイン等によって、これまでとかく無機的に扱われていた病院の空間に新たなうるおいを与えている。 当初はで開院、(昭和33年)12月に近くの児島小川へ新築移転し、倉敷市となってからの(昭和48年)10月に現在地へ再移転した。

1973 倉敷市立児島市民病院

(2018年03月22日 更新). 現病院は19年度までに解体し、駐車場として利用する計画。

Next

児島にある児島聖康病院(児島の地域住民に信頼される医療を提供します)

73年に現在地に移転した。 児島聖康病院基本方針 患者様が安全に、安心できる医療と療養環境の提供に努めます。 (特殊検査・治療、アレルギー) - 非常勤医師1名• 市民向けの内覧会もあり、約千人が訪れた。

児島中央病院(岡山県倉敷市)

児島循環線(ふれあい号)「倉敷市立市民病院」停留所を下車。 (、) - 常勤医師1名(現在休診中)、非常勤医師1名• 外来診療は移転のため28日から4月1日まで休診。 - 常勤医師1名 交通アクセス [ ]• 個人情報の秘密が守られる権利があります。

Next

児島にある児島聖康病院(児島の地域住民に信頼される医療を提供します)

JR()から徒歩10分。 医療機関を選択する権利があります。

児島にある児島聖康病院(児島の地域住民に信頼される医療を提供します)

同2日から始める。 外科・内科・胃腸科・整形外科・泌尿器科・皮膚科・肛門科・リハビリテーション科・放射線科。 (健診、、、小児神経、アレルギー、遺伝、) - 常勤医師2名、非常勤医師2名• 4月1日に倉敷市立市民病院の新名称で開院する。