民事 訴訟 流れ。 民事訴訟・民事裁判手続の流れ|川崎・横浜・神奈川

民事訴訟の提訴から判決までの流れ

(詳細は「訴訟が却下されるのはどんな場合?」の記事をご参照下さい) そしてここで訴状が受理されれば、所定の手数料を支払って手続きは終了し、裁判所が訴状を審議した上、 相手方に裁判の通知を行います。

民事裁判の流れ(民事裁判の1審の手続)

刑事裁判は刑法などの法律に反した事件(窃盗、殺人、強盗など)を扱いますが、民事裁判は当事者間の権利義務に関するトラブルを扱います。 請求している場合には、請求する金額により着手金が計算され、獲得できた金額で報酬金が計算されます。 敗訴判決を受けた一方の当事者は,判決を受け入れるときは確定させて,判決の内容を実現することになります。

民事訴訟の流れを解り易く解説致します!

すると、旧報酬規定の計算では、177万円の弁護士費用がかかることになります。

Next

交通事故の民事裁判の流れ|民事訴訟で簡易裁判所に管轄はある?控訴は可能?|交通事故の弁護士カタログ

6%) というデータになっています。

Next

民事の上告審の流れ

さらに、最終準備書面の準備と提出、判決がありますので、基本的な流れを一通りこなすためには1年程度の期間が必要になります。

Next

民事訴訟の提訴から判決までの流れ

簡易裁判所では、第1回口頭弁論期日に和解の話し合いをすることもあります。 証拠調期日以降の期日 裁判所は、証拠調期日において予定された証人等の尋問がすべて終了した時点で、当事者の主張・立証が尽くされたものとして弁論を終結することもありますが、当事者に対し、尋問の結果を踏まえた最終的な主張を記載した 最終準備書面を提出するよう指示し、証拠調期日の次の期日で、当事者に最終準備書面を陳述させたうえで弁論を終結することもあります。