ナイトハルト ミュラー。 ミュラーの思い

ニコニコ大百科: 「ナイトハルト・ミュラー」について語るスレ 1番目から30個の書き込み

「なんでお兄様はいっつも私を子供みたいに扱うの!? ・・・自分の誇りのために、人は、命をも投げ出すことができるというのか・・・? 「もしおれだったら」 とミュラーはキスリングに語り出す。 3:名前の長い学長らがヤンを謀殺しようとすると、愉快なた先にヤンの身柄を確保して安全を担保し、穏便に解決。

ニコニコ大百科: 「ナイトハルト・ミュラー」について語るスレ 1番目から30個の書き込み

・・・確かに、自分はランテマリオに集う資格はなかったのだ。

暁 〜小説投稿サイト〜: 銀河英雄伝説小話: ナイトハルト・ミュラーの災難 Ⅰ

リップシュタット戦役終結後は、貴族たちがガイエスブルク要塞にもちこんだ美術品の接収に尽力した。 「ご存知なのですか?」 「ああ、戦術理論の教官だった。

Next

暁 〜小説投稿サイト〜: 銀河英雄伝説小話: ナイトハルト・ミュラーの災難 Ⅰ

しかし、理解できても、共感できない。

Next

ナイトハルト・ミュラー

常々、彼の家族構成等が気になっていた提督達はここぞとばかりに日頃の恨み(話のネタにされる)?を晴らそうとした。

Next

ナイトハルト・ミュラー

このためヤンは艦隊に一撃をあたえた程度で後退を余儀なくされたが、の時と異なりの戦列参加はヤンにも織り込み済みで、戦況を変させるには至らなかった。 元帥府に女性が来ることは極めて珍しい。

Next

パーツィバルParzival銀河英雄伝説フリートファイル・バトルシップコレクション

」 「だからといって、元帥府に来なくても…」 「最近、生活習慣が崩れまくってるでしょ。 プライベートはよく分からない。

Next