Oracle index 確認。 Oracleでテーブルが属する表領域の確認や表領域の変更方法、また表領域の使用率の確認

DBA_INDEX_USAGE ビューによる索引の監視

しかし、DELETE文で削除してコミットしたのに、表領域のサイズが変わらないという状況に出くわして、困ってしまう場合があると思います。 UNIQUEを指定しなくても、一意キー制約や主キー制約を持つ列に索引を作成すると、暗黙的に一意索引となります。

Oracle SQL 索引(CREATE INDEX,主キー及び副次キーの生成)

テーブルのサイズは、テーブルが64MBから22MBに小さくなっていることが確認できました。 。

Next

DELETEと領域の解放(ORACLE)

] index ON CLUSTER [ schema. dmp ここで、テーブルのサイズを確認してみます。 このテーブルから、再度200万件のデータを削除します。 索引の使用状況の確認 実際に設定を行い、索引がどのように追跡と監視がされているか見ていきます。

Next

【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

受験日時の 48 時間前までに、上記のお手続きの完了をお願いいたします。 図のインデックスを使って「TSUMIKI」を検索する場合、次のような経路で実際の行への アクセスが行われます。

Next

ALL_INDEXES

NOCOMPRESS(デフォルト)を指定すると、キー圧縮を使用禁止にできます。 625MB ということで、領域が大きく解放されたことが確認できます。 関連項目: 索引を削除する DROP INDEX [ schema. インデックスが作成されているか以下のSQLで確認してみましょう。

DELETEと領域の解放(ORACLE)

・どのようなキー値でも、同一の速度が期待できる。 インデックスを適切に使用することによってSQL文の応答時間が劇的に改善 される可能性があります。

Oracle12c INDEXがUNUSABLEになるとEXTENT,SEGMENTは削除される

0 - Production に接続されました。 3.ALTER TABLE MOVE でテーブルを新しいセグメントに移動し て再作成する。