レジストロ クコ。 Registro Cuco

軽で牽けるキャンピングトレーラー【レジストロ クコ】を女性”モデライダー”が初体験してみたら…(MYSミスティックの新型キャンピングカー紹介), Видео, Смотреть онлайн

レジストロ クコ

はが製作する、キャンピングトレーラー。 牽引免許なしで牽ける。 同社はトラックキャンパーで有名な数少ないビルダーで、軽キャンピングカーからキャブコンまでもラインアップするが、レジストロ・クコは同社初のトラベルトレーラーとなる。 コンセプト:アルミパネルを使用した軽量設計で750Kg以下の車重のため、牽引免許なしで牽くことができる。 エントリートレーラーとして最適な1台。 ギャレーをはじめ、冷蔵庫や電子レンジ、小型クーラーを設置できるなど、従来の国産トレーラーには無かった「居住型」トレーラー。 なお、軽自動車でも引くことができるイメージがあるが、現実的には少なくともコンパクトカー以上が望まれる。 平地なら軽自動車でも引くことはできるだろうが、実際には荷物で重量が重くなり、また様々な道路条件がある。 特に下り坂では、慎重な運転が必要だ。 山小屋風のインテリア エクステリア:同社モデルに共通する波型のアルミパネルを採用。 軽量化かつ強度に貢献している。 フロントは独特の逆傾斜があり、同社の他のモデル同様、デザイン的にもユニークな要素を取り入れている。 なお、装備を多く選択する場合は、オプションの強化フレームが必要。 またカラーは6色から選べる。 丸窓はオプション。 インテリア:およびに共通する、山小屋風インテリアを踏襲。 家具は濃い木目調の配色で、個性的ながらも高級感がある落ち着いた室内になっている。 レイアウト:フロント左サイドにエントランスがあり、前部にギャレーコンソール、後部はコの字型ダイネットに充てられている。 ユーティリティールームは無いが、その分ダイネットが広く取られている。 就寝は3名だが、ヘッド車でも就寝できるならトレーラーで団欒し、就寝時は分かれて寝ると言う使い方ができる。 ヘッド車はベッドだけあればよい。 ダイネット:両側にロングシートを配置、最後部にもシートを置きコの字型ダイネットを形成する。 6~7名がゆったり着座してテーブルを囲める。 テーブルも標準装備される。 ダイネットを展開したベッド ベッド:ダイネットを展開してベッドにすると、大人3名が就寝できる広いベッドになる。 ベッド展開はシートバックをロングシートの間に埋めるだけなので、比較的簡単にできる。 ギャレー:前部にギャレーコンソールを備え、ここにシンクが埋め込まれている。 このシンクは、オプションで1口コンロ一体型に変更できる。 ポータブルカセットコンロのようにいちいちセットする必要がないので便利。 ギャレーコンソールの下には各12Lの給排水タンクが収納されている。 なお、14Lのポータブル冷蔵庫もオプション設置されており、選択できる。 電子レンジは、12V仕様のがオプションで設置できる。 収納:フロント上部にオーバーヘッド収納(オプション)、ギャレーコンソールに引き出し収納、シート下の収納が用意されており、食器や小物、大きめのバッグなどを収納することができる。 シート下の収納にはシートクッションを上げて上からアクセスすることができるが、オプションで横からアクセスする扉も付けられる。 前部にオーバーヘッド収納 OP が設置できる 空調:暖房は灯油式のFFヒーターがオプションで装備できる。 また冷房は、オプションで小型クーラー(100V分離型:定格580W-冷房能力1500W:税別165,000円)を設置できる。 更に、ベンチレーターもオプションとなっている。 電装系:105Ahのサブバッテリーが1個標準装備される。 走行充電設備もオプション。 また、外部100V入力と、これによるサブバッテリー充電はオプション。 インバーターは2000Wのものがオプション設定されている。 またリチウムイオンバッテリーが100Ah1個、あるいは2個から選択できる。 更に80Wソーラーシステムとのセットも用意されている。 自宅の駐車場に100V電源が無い場合はソーラーシステムを装備しておくことをお勧めする。 また上記クーラーを設置して実用的に使うなら、できればリチウムイオンバッテリーをお勧めする。 価格:レジストロ・クコには下の3種類のパッケージが用意されている。 スタンダードパッケージ:価格:218万円~(税別) バリューパッケージ:価格:240万円~(同) リミテッドパッケージ:価格:268万円~(同) スタンダードパッケージには105Ahサブバッテリー、ダイネットソファ、ベッド、ステンレスシンク、小型カセットコンロなどが装備される。 バリューパッケージには、スタンダードパッケージに加え、FFヒーターや外部電源、オーバーヘッド収納が装備されるので、できればここまでは欲しいところ。 リミテッドパッケージは、更に冷蔵庫やシンク、2000Wインバーター、小型クーラーなどが付く。 なお、オプションは単体でも選択できる。 他車:国産でけん引免許のいらないトラベルトレーラーは、 :バンショップミカミ(160万円:税別) :stage21(99万円~:ベースモデル 税別) ワンカーゴ オートワン(189万円~:税別) 輸入モデルでは、 シリーズ:Silver(262万円~:税別) シリーズ:Caravelair(205万円~:税別) エメロードシリーズ:Trigano(288万円~:税別) AVIVAシリーズ:Adoria Mobil (210万円~:税別) エースワンシリーズ:Ace Caravans(160万円~:税別) シルバー、アルバ、エメロードは、、AVIVAは、エースワンはが扱っている。 総じて輸入モデルでは小型でもコンロ、シンク付きギャレーやトイレルームが装備された「居住型」なのに対し、上記の国産トレーラーはレジストロ・クコを¥除いて簡易的な装備になっている。 もちろん価格も全く異なる。 まとめ:レジストロ・クコは、ギャレーや冷蔵庫が装備でき、国産モデルとしては「居住型」のトラベルトレーラーだ。 コロもギャレーや冷蔵庫が装備されているが、レジストロ・クコは上級感がある。 ただし、レジストロ・クコの価格帯になると輸入モデルと同じレンジになる。 もっともインテリアや装備の志向が全く異なるユーザーがターゲットなので、競合しないのかもしれないが。

次の

レジストロクコの情報|キャンピングカー専門イベント情報サイトJRVAイベントドットコム

レジストロ クコ

トラキャン、バンコン、軽キャンパー、キャブコンまで、さまざまなカテゴリーのキャンピングカーをラインナップする山梨の 「ミスティックプランニング」から、新型キャブコン「レジストロ・アウル」がデビューした。 軽トラックがベースの 「レジストロ」に対し、 「レジストロ・アウル」はベース車両にライトエースをセレクト。 排気量とボディサイズにプラスアルファの余裕を持たせた、「レジストロ」の兄貴分的な存在だ。 選択肢が増えたことは、ユーザーにとって大きなメリット。 ただし、レジストロシリーズ2モデルのどちらを選べばいいのか、迷ってしまうユーザーも多いかもしれない。 そこで今回、キャンピングカーライター岩田一成氏に両モデルの乗り比べを依頼。 自らバンコン、キャブコンを乗り継ぎ、取材であらゆるキャンピングカーに接してきた岩田氏が、「レジストロ」と「レジストロ・アウル」をどのように評価するのか? アウルの新車レビューを中心に、両車の魅力や選び方のポイントなどをインタビューした。 エクステリアデザイン レジストロ・アウルの外観デザインを見て、どんな感想を持たれましたか? また、レジストロと比較していかがですか? 【岩田】もともと、レジストロのデザインは大好きなんですよ。 トラキャンを数多く手がけるミスティックのキャンピングカーは、パッと見で「これミスティックのクルマだよね」とわかってしまう独創性がありますよね。 キャブコンにトラキャン風のデザインが落とし込まれていて、どこかアメリカンなテイストも感じられる。 シニアからファミリー、若者まで、共通して「オシャレ」「カッコイイ」と思えるようなデザインが素晴らしいです。 今回のレジストロ・アウルも、レジストロと共通のシェルデザインが踏襲されていますよね。 ベース車両の形状がまったく違うのに、違和感のないベストバランスで仕上げているあたりが、さすがだと思います。 全高を低く抑えた直線的なルーフ形状、アルミサイディング外壁で構成された特徴的なシェルデザイン……。 レジストロ・アウルとレジストロ、どちらも個人的に好きなデザインですね。 走行性能 岩田さんは雑誌の連載などで、軽キャンパーから輸入モーターホームまであらゆるキャンピングカーの走行テストをされていますよね。 今回は、2台を乗り比べていただきましたが、岩田さんから見て、「レジストロ・アウル」の走行性能はいかがでしたか? 【岩田】まず、フロアが低くて乗降性に優れているのがポイントですね。 一般的なキャブコン(ハイエース、カムロード、ボンゴベースなど)は、アシストグリップを使って「よっこいしょ」とフロントシートに乗り込む感じですが、アウルは普通乗用車感覚でスッと乗り込める。 とくに年配の方だと、座面が高いクルマの乗り降りはきついので、この点はアウルの大きなメリットですね。 走り出してすぐに感じるのが、重心の低さ。 一般的なトラックベースのキャブコンと比べると、まさに「地を這うような」安定感です(笑)。 普通乗用車を運転しているかのように、安定してスーッと走れるので、キャンピングカーを運転したことのない方でもまったく違和感なくドライブできると思います。 重心の低さは、走行安定性に直結します。 ワインディングでそこそこ振り回しましたが、不安を感じることはなく常に安定した走りを見せてくれました。 足回りは、ノーマル状態でもまったくチューンナップの必要性を感じないほど、かなりカチッとした印象。 コーナリング時も過剰にロールせず、想像以上の安定感で狙ったラインを正確にトレースします。 キャブコンの走りとしては、「普通」以上。 十分すぎるレベルです。 逆に、これだけ楽しく走れるクルマだと、自分的にはもっとエンジンパワーが欲しくなってしまいますね(笑)。 もしボクがこのクルマを買うとしたら、よりキビキビと楽しく走れるマニュアルミッション車を選びます。 そんな気持ちにさせてくれるほど、キャブコンとしては非常によく走るクルマでした。 アウルのエンジンパワーやボディサイズについては、どんな印象を持ちましたか? 【岩田】今回、男性3名乗車(車両重量+約200kg)で走行テストを行いました。 一般的なユーザーの使い方と同条件か、それよりも重い状態だと思います。 5Lのゆとりで高速クルージングは非常に快適でした。 ボディサイズは、全幅1910mmと、ハイエースワイドボディや大型ミニバンよりもちょっと幅が広いくらい。 全長が4680mmと5ナンバー枠に収まっていることもあって、運転中に大きさを感じることはなかったですね。 基本このクルマは、乗降性も走りもミニバンや乗用車と同じような「普通」の感覚。 サイドミラーの視認性も良いので、キャンピングカーを初めて運転する人でも、さほど大きさを気にせず気軽に運転できると思います。 キャブコンとしては、走行性能に優れたアウル。 その要因は、何でしょうか? 【岩田】一番は、ベース車両であるライトエースの重心の低さでしょうね。 あとは重量。 実はこのクルマ、4WDベースのキャンピングカーでありながら車両重量が1630kgしかないんですよ。 ミニバンで言うと、セレナが1700kg前後、ボクシーが1600kg前後、ヴェルファイアに至っては2100kg前後の車両重量ですから、いかにアウルが軽量かわかりますよね。 何しろ、リアに「家」を積んだキャンピングカーですから。 全高が2. 58mに抑えられていることも、走行性能に貢献していると思います。 キャブコンの平均的な全高は2. 9~3mです。 ライトキャブコンでも2. 8m前後ありますので、それと比較するとアウルの全高の低さは際立ちますね。 当たり前のことですが、キャンパーシェルは高さがあるほど居住性が向上するんです。 でも、アウルはあえてそれをせず、高さを抑えている。 これは、スタイリッシュな外観デザインにもつながる要素ですが、何よりも走行性能面でのメリットが大きいです。 こうした部分にも、ミスティックの「クルマづくりの思想」が明確に表れていますね。 全高が低いと空気抵抗が少なくなり、高速走行時の安定性も燃費も向上するし、横風の影響も軽減します。 今回、かなりの強風の中で高速走行テストを行いましたが、横風の影響をほとんど感じることなく安心してドライブできたのは、低く抑えた全高の恩恵が大きいと思いますよ。 軽キャンパー・レジストロの走行性能はいかがでしたか? 【岩田】「ベースが軽トラックだから」と、なめてかかるとビックリするほど、普通に走ります。 軽トラックは、作業車として短い距離を行き来するのがそもそもの使い方ですから、街中などのチョイ乗りでは、ある意味アウルよりもキビキビ走りますね。 エンジンはノンターボの660㏄ですが、エンジンの非力さを補うATミッションのセッティングが絶妙なんです。 アクセルを少し踏み込むと、すぐにキックダウンしてエンジン回転数を上げ、パワーを引き出せるセッティングになっています。 そのため、平坦な一般道なら動力性能にストレスを感じることはないですね。 エンジンが660㏄ですから、決して余裕があるとは言えませんが、高速走行もこなせるし、坂道もそれなりに登ります。 最大のメリットは、やはり軽キャンパーならではの機動力。 狭い道もスイスイ走れて、駐車場探しに困ることもない。 これは、ほかのどのカテゴリーのキャンピングカーにも真似できない、軽キャンパーならではのアドバンテージです。 アウルとレジストロの走りを比べて、どちらが優れていると感じましたか? 【岩田】両車の違いは、「キャンピングカー」としての違いと言うより、軽トラックと普通車の違いですね。 走行安定性や乗り心地、静粛性は、圧倒的にアウルの方に軍配が上がります。 ただ、軽トラックを普通乗用車と比べて「走りが悪い」と文句を言う人はいないですよね。 そもそもの使い方が違いますから。 なので、両車の違いは優劣というよりも、性格の違いです。 要は、乗り手の使用目的によって、軽自動車を選ぶのか、普通車を選ぶのかということです。 近場で使う機会が多い人、機動性を最優先する人、普段使いを兼ねる人は、レジストロが向いていると思います。 ファミリーで使う人、長距離移動が多い人、乗り心地と走行性能にプラスアルファの快適さを求める人は、レジストロ・アウルでしょう。 インテリアデザイン・居住性 アウルとレジストロ。 両車の内装について感想を聞かせてください。 【岩田】レジストロがデビューした時に、内装デザインを見てすぐに「このクルマ、欲しい!」って思ったんですよ(笑)。 ウッド調の内壁と家具、落ち着いた色合いのシート&マット……。 「山小屋感」というか、「秘密基地感」というか、男心をくすぐる室内空間がたまらないですね。 アウルにも、レジストロの内装デザインがしっかり踏襲されていますから、個人的にはどちらの内装デザインも大好きです。 デザインやイメージは共通ですが、アウルの室内空間は、レジストロよりだいぶ余裕がありますね。 レジストロは「1人旅か夫婦旅でゆったり使いたいなぁ」という感じですが、アウルの室内空間ならファミリーユーザーにも十分対応できます。 トイレとして使えるマルチルームが付いているのも、アウルのポイントですね。 実際、中に入ってポータブルトイレにしゃがんでみましたが、まったく問題なく使用できるサイズでした。 車内にトイレがあると、利便性は格段にアップします。 これは、レジストロにはなかったアウルならではの大きな魅力のひとつです。 ちなみに、運転席側のリアに前向き2人掛けシートを装着して、3点式シートベルトでチャイルドシートを固定できるアウルのニューレイアウトも製作中とのこと。 小さなお子さんがいるファミリーには、うれしいニュースですね。 レジストロ・アウルとレジストロ、どちらを買う? 最後に、アウルとレジストロのどちらを選ぶか迷っている人にアドバイスを! 【岩田】例えば、登山や秘湯めぐり、渓流釣りなどで狭い林道を走行する機会が多い人、機動性を最優先する人、普段のチョイ乗りに使いたい人は、迷わずレジストロでしょう。 ボク自身、登山を趣味にしていますが、登山道の入り口までのアプローチが狭かったり、駐車スペースに余裕がなかったりすることが多いんです。 その点、レジストロなら、対向車とのすれ違いが困難なダートの林道でもストレスを感じることなく走れるし、狭い路肩の駐車スペースにも問題なく止められます。 コンパクトさと、抜群の機動性が、レジストロの最大の武器です。 ファミリーユーザー、走行性能にこだわる人、プラスアルファの居住性を求める人、長距離移動が多い人には、レジストロよりも走行性能と居住性に優れたアウルがお勧めです。 レジストロは良くも悪くもベースが軽トラックですから、長距離ドライブの快適性では、確実にアウルに軍配が上がります。 走行安定性はもちろん、乗り心地や静粛性に優れているのもメリット。 レジストロと比べて、居住性にもかなりのゆとりがありますから、ゆったりと1人旅、夫婦旅を楽しみたい人やファミリーにもピッタリです。

次の

【ジャパンキャンピングカーショー2020】軽自動車で引けるキャンピングトレーラーが初登場!ミスティック社、レジストロ・クコ

レジストロ クコ

軽自動車でもけん引できる軽量コンパクトなトレーラーです。 見た目はレトロ感のある馬車のような可愛らしいフォルム。 室内はレジストロと同様に山小屋風になっています。 テーブルを囲んでコの字型のコーナーになっています。 ベッド展開すると3名就寝が可能になります。 天井にはファンもあるので空気の入れ替えもできます。 キッチンは調理スペースが広いです。 レジストロ同様に可愛い丸窓もあります。 けん引免許はもちろん不要です。 軽キャブコンのレジストロでも牽引することができます。 就寝定員:3人• 価格:2,677,400円 詳しくはミスティックさんのページをご覧ください。

次の