いずも 空母 改造。 「いずも」級軽空母は南沙・海南島攻撃に使われる

【軍事ワールド】「攻撃型空母」は日本に誕生するか 海自護衛艦「いずも」改修(1/4ページ)

いずも 空母 改造

2019年6月23日、央視網は、海上自衛隊の護衛艦「いずも」が米国の原子力空母と南シナ海で合同演習を行ったことに対する専門家の見解を報じた。 記事は、日本メディアの報道として、「いずも」が6月10日より米国の原子量空母「ロナルド・レーガン」と南シナ海で合同演習を実施したと紹介。 昨年8月以来となる米空母との南シナ海合同演習に、海上自衛隊は「いずも」のほかに「むらさめ」「あけぼの」の両護衛艦も派遣したと伝えた。 そのうえで、中国国防大学の房兵(ファン・ビン)教授が「米国は大型の攻撃性空母を派遣しており、その演習の内容は制空権と制海権の奪取、関係海域の制圧にある。 日本は対潜ヘリとヘリ空母を派遣しており、主な任務は潜水艦の水中における脅威を取り除くことだ。 南シナ海での今回の演習が単なるパフォーマンスであるはずがなく、その目的が非常にセンシティブなので、軽々しく公言できないというだけのことだ」と分析したことを紹介している。 房氏はまた、日米両国には今回の演習で日米同盟が揺るぎないものであることをアピールする狙いとともに、「南シナ海で実施することで両国共通の潜在的な敵を威嚇する目的もあった」と指摘している。 さらに、日本の軍備について「いずも」と「かが」がF-35Bを搭載する大型空母に改造され、これに「ひゅうが」「いせ」の対潜護衛艦が加われば双空母編隊ができるとし、そうなれば日本が西太平洋上のパワーバランスを複雑に変化させることになると主張した。 また「かつて日本から真珠湾攻撃を受けた米国も日本の軍備発展に対して一定の制限をかけており、地域の戦力構図を変えるような原子力潜水艦、核兵器と言った軍備の発展は認めないだろう」としつつ、「もちろん反対すべきものは反対しなければならない。 日本を再び軍国主義に進ませる機会を寸分たりとも残してはならない」と論じている。

次の

「いずも」「かが」が大型空母に改造され、「ひゅうが」「いせ」の対潜護衛艦が加われば双空母編隊に、日本がパワーバランスに変化起こす―中国専門家 (2019年6月25日)

いずも 空母 改造

英国のBAEシステムズは、日本がF-2戦闘機の後継機として開発を検討している「次世代戦闘機」と、空母への改造が決定した「いずも型護衛艦」へのF-35B統合作業について、大きな関心を示している。 参考: BAEシステムズにとって、日本は2つの可能性を秘めている BAEシステムズにとってアジアのマーケットは非常に魅力で、その中でも、日本はBAEシステムズにとって2つの可能性を秘めている。 アジア担当者、Natasha Pheiffer氏は、現在、英国と日本との政府間協議の推移を見守っていると話した。 日本がF-2戦闘機の後継機として開発を検討している「将来戦闘機開発計画」は国際的なパートナー企業を探しており、BAEシステムズが開発を主導している第6世代戦闘機開発計画「テンペストプロジェクト」とも開発時期が一致する。 今のところ日本は開発計画を、どの様に進めるのか決定していないが、英国のBAEシステムズや、米国のロッキード・マーティン、ボーイングといった国際的なパートナー企業によって提供される共同開発の機会について、非常に高く評価している。 出典:public domain もう一つ、可能性を秘めている分野に挙げたのは、日本が昨年、閣議決定した「いずも型護衛艦」の空母化だ。 日本は2万トンクラスのヘリコプター搭載型空母2隻を改造し、STOVL型(短距離離陸・垂直着陸)のF-35Bを運用する予定だが、日本にとっては近代的な空母運用も、STOVL型戦闘機の運用も初めての経験だ。 BAEシステムズは、英国海軍のクイーン・エリザベス級空母とF-35Bの統合・運用支援を行った実績を持つため、日本の取り組みを支援するパートナー企業として最適だと自信を見せた。 英国はなぜテンペストを日本に売り込むのか? 欧州で研究・開発が進む2つの第6世代戦闘機開発計画の内、フランスとドイツが共同開発を行うFuture Combat Air System(以下、FCAS)は、今月開催されたパリ航空ショーで、モックアップを公開した。 0 FCASモックアップ モックアップ公開に先駆けて行われた式典では、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、フロランス・パルリ国防大臣、ドイツのウルズラ・フォン・デア・ライエン国防大臣に加えて、スペインのマルガリータ・ロブレス国防大臣が登場し、FCAS開発協定書にサインを行った。 これにより、スペインはFCAS開発に正式に合流したことになる。 もう一方の英国主導の第6世代戦闘機開発計画「テンペストプロジェクト」は、国際的な防衛産業企業(BAE、レオナルドS. A、MBDA、ロールス・ロイス等)の参加表明はあるが、未だ、この計画に参加を表明した国は存在しない。 3月、イングランド南西部、航空ショーで有名なファーンボローで「Team Tempest」参加企業に加え、多くの軍需企業関係者を招いて、テンペストプロジェクトの将来についての会議を行った。 この会議の主催した英国の国防省は、テンペストプロジェクトへの初期投資額は20億ポンド(約2900億円)程度になるだろうと発言し、テンペストプロジェクトは英国の国家安全保障、英国の防衛産業にとって不可欠なプロジェクトだとアピールを行ったが、その英国ですらテンペストプロジェクトへの投資を正式には決定していない。 FCAS開発は正式に動き出したが、テンペストプロジェクトに正式な動きはない。 両者の違いは、計画参加国による潜在的な需要の差だ。 出典:pixabay FCAS開発は、ドイツとスペインの「ユーロファイター・タイフーン」の後継機として200機前後、フランスの「ラファール」の後継機として約130機、フランス空軍のミラージュ2000も含めれば、さらにもう100機以上の需要があるので、この3ヶ国だけで400機以上の潜在的需要を抑えたことになる。 仮にテンペストプロジェクトを英国の需要だけで行った場合、100機前後の需要しかなく参加企業にとっては非常にリスクが高い。 だからこそ、計画を主導する英国政府やBAEシステムズにとって、日本をテンペストプロジェクトに引き込むことが出来るのかが重要になってくる。 日本市場に食い込みたいBAEシステムズ 日本は「いずも型護衛艦」2隻を空母に改造し、STOVL型(短距離離陸・垂直着陸)のF-35Bを運用する予定だが、いずも型護衛艦の改造がどの様に行われるのか明らかになっていない。 BAEシステムズが指摘するように、日本にとってSTOVL型の戦闘機運用はF-35Bが初めてで、戦後日本は、空母の運用を行っていなかったため、近代的な空母運用に関するノウハウも必要になってくる。 出典:海上自衛隊 もし、米国の強襲揚陸艦のように発艦支援なしで運用する場合、運用面に関しては米海兵隊に、改造に関しては米国のアメリカ級強襲揚陸艦を建造しているハンティントン・インガルス・インダストリーズ辺りに、協力や助言を求めるのかもしれない。 英国のクイーン・エリザベス級空母のようにスキージャンプ台を設置し運用する場合、ひょっとしたらBAEシステムズに頼ることになるのかしれないが、既に、米海兵隊が自衛隊関係者をワスプ級強襲揚陸艦に招待し、F-35Bの運用について説明や紹介をおこなっているので、現時点で、日本がBAEシステムズに声を掛ける可能性は、非常に低いと言わざるを得ない。 もし、どうしても日本の「いずも型護衛艦」改造に食い込みたいなら、BAEシステムズが政治力を発揮して、英国海軍のクイーン・エリザベス級空母を日本に寄港させ、スキージャンプ台を使ったF-35Bの発艦を自衛隊関係者に見学させるなどの努力が必要かもしれない。 0 空母クイーン・エリザベス 先の大戦で日本が学んだ事は、今後世界大戦、もしくは局地的な戦争が有ったとしても、決してどんな理由が有ろうとも敗戦国だけにはなってはならないと言う事。 先の大戦時とは違い現代の日本は世界有数の金持ち国家。 現日本国政府の借金はあくまでも国内問題。 対外資産、国内保留資産。 中国にしろロシアにしろアメリカにしろEUにしろ、日本を舐めたら墓穴を掘るぜよぐらいかな? 解って無いのがあの下朝鮮。 あ其処は日本有りきで成り上がった国。 韓国の成長を学べ?とか?有り得ない話なんだけれども、そう言う風に風聴する韓国政府はしたたかと言うかズル賢いだろ?あのサムスンの昔のCM もしかして未だにそうか?なのかも フジヤマニッポンスモウの世界感?かなぁ? だとしたら大爆笑 日本国内ではサムスン消してるし 笑 GALAXYは寒損ですよね。 もうさ、縁切りしよ。 あの国と関わったらさ、《貧乏疫病疫病三位一体神》に纏わり付かれてしまうから。

次の

いずもを空母に改造、改憲の地ならしに_中国網_日本語

いずも 空母 改造

2018年末、ヘリ護衛艦「」の、事実上の空母化は大きな話題となりましたが、その最初の年度の改修費用が31億円と計上されました。 意外と少ないように見えるかもしれませんが、もちろんそこにはもっともな背景や理由があります。 意外に安いそのお値段、もちろんワケあり 防衛省は2019年8月30日、2020年度における防衛予算の概算要求を発表しました。 今回発表された概算要求には、のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に、F-35戦闘機のSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)型であるF-35Bを搭載するために必要な改修費として、31億円が計上されています。 2020年度防衛予算の概算要求にF-35Bの発着艦能力を得るための改修費が計上された、海上自衛隊の護衛艦「いずも」(竹内 修撮影)。 これまでヘリコプターの運用しかできなかった「いずも」に、ジェット戦闘機のF-35Bを搭載するための改修費としては安すぎるのではないか。 そう思われた方も多いのではないかと思います。 筆者(竹内修:軍事ジャーナリスト)が、いずも型の仕様決定に携わった海上自衛隊の元幹部から聞いた話によれば、いずも型は設計段階から、将来F-35Bを搭載する可能性を視野に入れており、F-35Bのメーカーであるロッキード・マーチンに、F-35Bの正確な寸法や重量を問い合わせた上で、格納庫から飛行甲板まで航空機を運ぶエレベーターのサイズや、エレベーターに搭載できる重量を決定したとのことです。 このためいずも型は、F-35Bを搭載するためのエレベーターの補強は必要としません。 2020年度の概算要求に計上された31億円は、2019年度末に定期修理のためドックに入る「いずも」に対し、ヘリコプターに比べて排気熱の温度が高いF-35Bへ対応するための飛行甲板の耐熱性強化や、F-35Bが着艦する際の誘導灯の追加などを行なうための経費で、とりあえずこれらの改修作業が完了すれば、F-35Bを「いずも」に発着艦させることは可能になります。 「31億円の改修」から戦力化までにはなにが必要? ただ、この改修は「F-35Bの発着艦が可能になる」というだけで、F-35Bを搭載して「いずも」が作戦行動をできるようになるわけではありません。 F-35は全世界で運用されるすべての機体に、コンピュータが機体の状態をチェックする自己診断システムを内蔵しています。 そして、そのデータを収集・分析して、部品の交換時期を割り出し、運用国へ効率的に交換部品を供給するシステムを構築しており、ロッキード・マーチンはこれを「ALIS(Automatic Logistics Information System)」と名付けました。 いずも型にF-35Bを長期間搭載して作戦行動を行なうためには、この「ALIS」に接続する端末の追加装備が必要となります。 「いずも」の飛行甲板。 2020年度防衛予算の概算要求には、耐熱性強化のための改修費が計上された(竹内 修撮影)。 また、アメリカ海軍はGPSとUHF波を使用して、F-35を自動的に空母や強襲揚陸艦に誘導する「JPALS」と呼ばれるシステムの導入を進めています。 日本と同様、F-35Bを導入して空母に搭載するイギリス海軍とイタリア海軍もJPALSの導入を検討しており、これまで艦艇に戦闘機を着艦させた経験の無い航空自衛隊のパイロットが操縦するF-35Bをいずも型に安全に着艦させるには、JPALSの導入も必要になるものと考えられます。 このほかF-35Bの整備器材などの追加も不可欠で、これらの改修を受けて、ようやくいずも型は戦力として機能するといえます。 アメリカ海兵隊機の発着艦は織り込み済みだった? 2020年度に計画されている「いずも」の改修が、発着艦に必要な最低限の規模にとどまっているのは、おそらく海上自衛隊がアメリカ海兵隊のF-35Bで「いずも」における発着艦の試験を実施し、その上で今後、どのような改修を行なうかを決めるという方針を定めているからなのではないかと、筆者は思います。 改修を受けた「いずも」で最初に発着艦する可能性が高い、アメリカ海兵隊のF-35B(竹内 修撮影)。 8月21日付の朝日新聞は、政府が2019年3月に来日したアメリカ海兵隊のロバート・ネラー総司令官(当時)に対し、改修後のいずも型で最初に発着艦するF-35Bはアメリカ海兵隊機になるとの見通しを示したと報じています。 冒頭で、いずも型は設計段階からF-35Bの搭載を視野に入れていたと述べましたが、いずも型の仕様策定に携わった海上自衛隊の元幹部は筆者に対して、当時の自衛隊にはF-35Bを導入する構想は無く、有事にアメリカ海兵隊と共同作戦を行なう際、海兵隊機が臨時にいずも型へ発着艦する可能性を視野に入れて、最低限の改修でF-35Bを運用できる仕様の艦としたと話しています。 このため改修を受けた「いずも」で発着艦する最初のF-35Bがアメリカ海兵隊機であるのは、当初の構想どおりといえます。 上述の朝日新聞は同じ記事で、政府がネラー総司令官に対し、艦艇で戦闘機の運用要領を得るための助言や協力を求めたとも報じています。 海上自衛隊とF-35Bを運用することになる航空自衛隊には、艦艇でジェット戦闘機を運用した経験がなく、経験豊富なアメリカ海兵隊からノウハウを学んだ上で、いずも型でF-35Bを運用するのに何が必要かを見定めるのは合理的な判断だといえるでしょう。 海上幕僚監部も、まず「いずも」に発着艦能力を与えた上で、将来的なF-35Bの運用基盤の整備を行なう方針を示しており、2022年度に行なわれる予定の「かが」の改修では、改修項目が追加され、「いずも」も後に追加改修を受けることになるのではないかと筆者は思います。 外部サイト.

次の