アマゾンミュージックオフライン再生モードとは。 Amazon Musicで音楽をダウンロードする方法

『Amazon Music Unlimited』ダウンロードとオフライン再生方法【配信終了・解約後】

アマゾンミュージックオフライン再生モードとは

オフライン再生モードをオンにします。 画面はオフになっています 「オフライン再生モード」と画面上部に表示されていればOKです。 この状態でプレイリストを確認すると、オンラインの状態と違うことが分かります。 ほとんどのプレイリストが表示されず、他のプレイリストもおかしくなっています。 なぜオフライン再生モードでプレイリストが表示されないのか? 色々やってみたりAmazonさんに問い合わせたりしてみました。 結論を言うと「プレイリストはオンライン、オフラインで別のものになる」ということです。 少し分かりにくいので、得意(!)のイラストで解説します。 んんー!? 余計分かりにくくなったかも(笑)。 基本的に楽曲をダウンロードした時点で、端末に格納されます。 「楽曲」「アーティスト」「アルバム」とは、これを探す「手段」なので、オフライン再生モードにしてもそこからたどることは可能です。 ですが、プレイリストはオンラインとオフラインで別物になっています。 オンラインで作ったプレイリストはAmazonアカウントに紐付けられますので、他の端末(PC、他のスマホ、タブレット、Echo端末)から呼び出すことが可能です。 ですが「オフライン再生モード」とは「完全に端末のみを参照する」ので、端末にダウンロードした楽曲やアルバムからは再生できるけれどプレイリストは無理、ということらしいんですよね。 と言うかですね。 これ多分仕様変更されているんですよね。 上のスクショの3枚目に「楽曲0のプレイリスト」があるじゃないですか。 これって以前に作成したもので、前はちゃんとオフライン再生モードにしても聞けてたんですよ。 まぁ愚痴ってもしょうがないところですが。 では、オフライン再生モードはどう扱うべきなのか? 「じゃ、どうしたらいいのよ?」ということになりますが、結局「オフライン再生モードは使わなくてもいい」ということになります。 試しにダウンロードした楽曲を「機内モード」で再生してみたところ、ちゃんと再生されました(一応、通信を確認しろとダイアログは出ますが)。 Amazonさんに確認したところ「30日ごとにアカウントの確認はある」とのことでしたので、例えばオフライン再生モードにしている場合には、期間が来ると「Wi-Fiとかに繋いでね」という警告が出るようになっています。 それ以外の通信はないとのことですので、わざわざオフライン再生モードにする必要はありません(しても問題はないです)。 ちなみにオフライン再生モードでプレイリストを作成したところ「オンラインに戻すと表示されない」「他の端末にも表示されない」となりましたので、敢えて端末のみにプレイリストを表示させたい場合は、この方法が有効かもしれません。 まとめ 今回の件はあまりメジャーな問題ではないのかもしれませんが、場合によっては「意味が分からないよ」ということもあるかもしれませんね。 文中でも書きましたが、ダウンロードさえしておけばデータ通信量の心配をすることはなさそうです。 逆に言えばダウンロードしてない楽曲をお外で再生すると、ずっとストリーミング扱いになってしまいますのでお気をつけ下さい。 それらが怖いと言う場合には「オフライン再生モードでプレイリストを作成する」を試して下さい。 これをすると、間違いなく通信0での再生が可能ですので安心できると思います。 お返事が遅くなりすみません。 ダウンロードしておけば通信はしないというのは、Amazonに聞いたことですし、実際に試してみたので大丈夫だと思います。 私の場合は、ダウンロードしたものを1日1時間程度聴いていますが、ドコモの通信量で最も低いランク(確か1GB)で収まっていますので、間違いはないかと。 ただAmazon Music Appのせいじゃないのですが、通信しているのかしてないのかが分かりにくいんですよね。 なので、確実にするのであれば記事中にも書いているように ・ダウンロードする ・オフラインモードにする ・プレイリストを使うのであれば、オフラインモードで作成する という感じにすれば完璧だと思います。

次の

Amazon Music ダウンロード再生の方法。オフライン再生で通信量を節約

アマゾンミュージックオフライン再生モードとは

Amazonプライム会員になってから、Amazon Musicのスマホアプリでもしばしば音楽を聴くようになりました。 プレイリストが豊富で• 日曜の朝に聴きたいピアノ・ポップス• 夏の終わりに切ないポップス• 2018年上半期洋楽ランキング など、つい聴いてみたくなるものがあらかじめ用意されており、休みの日なんかはよく聴いています。 ダウンロードすればオフラインでも再生できる スマホアプリはオフライン再生に対応しており、気に入った曲をダウンロードしておけば、ネット環境のない場所でもその音楽を聴くことができます。 このダウンロードですが、1曲だけのダウンロードだけでなく、アルバムやプレイリストをまるごと1タップでダウンロードすることも可能です。 ダウンロードした曲のみを表示するには「オフライン再生モード」 Amazon Musicの「マイミュージック」タブには、自分がマイミュージックに追加した曲が表示されますが、マイミュージック内では、ダウンロードしたものもしていないものも混ざって表示されます。 そうなると、ダウンロードした曲だけを再生することができません。 そこで、ダウンロードした曲のみを表示させる場合は、「オフライン再生モード」に切り替えましょう。 上図はiPhoneアプリでの説明ですが、画面右上のオプションボタンから「オフライン再生モード」をオンにします。 すると、ダウンロードした曲のみを表示することができます。 詳しくはアマゾンのヘルプをご覧ください。 こんなとき便利。 ドライブ、アウトドア、旅行のおともに ストリーミング再生だとパケット消費量にヒヤヒヤしながら聴かなくてはいけませんが、聴きたい曲をあらかじめダウンロードしておけば、その心配もありません。 ドライブや旅行、バーベキューやキャンプなど、そのシチュエーションにあわせてそれぞれプレイリストを作っておく、というのもよさそうですよね。 実際自分も「焚き火」プレイリストを作ってはキャンプの夜に楽しんでいます。 おかげで、焚き火のゆらめきに合いそうな曲を見つけると嬉しくなってしまうほどです。 「ダウンロード」をWi-Fi接続時のみ、に制限することも ダウンロードをするためにパケットを大量に消費してしまっては元も子もありません。 Amazon Musicの設定では、ダウンロードを「Wi-Fi接続時のみ」に制限することもできます。 オプションから「設定」を開き、「Wi-Fi接続時のみダウンロードする」をオンにしましょう。 ちなみにこの設定では、ストリーミング再生自体をWi-Fi時のみに制限することも可能です。 ご自身にあった設定をうまく利用して、パケットを賢く節約したいですね! 関連記事 ・ ・ ・.

次の

Amazon Musicでモバイル通信量を節約する2つの設定

アマゾンミュージックオフライン再生モードとは

スマホ(iPhone)版「Amazon Music」の基本操作 こちらは楽曲の再生画面です。 知っていると凄く便利な機能ですよ! 関連記事: また、リピートですが、1回タップするとアルバム(またはプレイリスト)がリピート再生されて、2回タップすると選択した楽曲だけがリピート再生されます。 こちらはプレイリストの再生画面です。 赤枠の 「+」をタップすると、プレイリスト(に限らず楽曲、アルバム)がミュージックライブラリ(マイミュージック)に追加されます。 こちらは「プライムラジオ」の再生画面です。 楽曲を聴く度にデータ通信が発生します。 Wi-Fi環境があれば別ですが、 毎日楽曲を聴くとなると通信制限待ったなしです>< それを防ぐためには「Amazon Music」に「Prime Music」の対象楽曲をダウンロードして、オフライン再生する、と言った方法があります。 ここではその方法をご紹介します。 アルバム(またはプレイリスト)含まれる楽曲全曲となると、ダウンロードするのに少し時間が掛かります。 ダウンロードした楽曲をオフライン再生する 「もっと見る」「最近の楽曲」「マイミュージック」「検索」どのページでもOKです。 画面左上に表示されている歯車マーク(設定)をタップ。

次の