ノン コンプライアンス。 服薬指導シリーズ ‐コンプライアンスからアドヒアランスへ!‐

「服薬コンプライアンス」と「服薬アドヒアランス」の違いは?~医療の意識変化と潜在リスクの評価

ノン コンプライアンス

記事の内容• 回答:受け身の「コンプライアンス」から、積極的に治療へ参加する「アドヒアランス」へ 「compliance(コンプライアンス)」と「 adherence(アドヒアランス)」は、どちらも規則や指示に従うことを意味します。 「コンプライアンス」は、言われたことを守るという、受け身の意味あいが強い言葉です。 「アドヒアランス」は、執着心という意味があり、興味を持って積極的に参加しようとする意味あいが強い言葉です。 最近は、医師・薬剤師に言われたことを守るだけではなく、患者自身が積極的に治療へ参加することが重要視されるようになっています。 このことから、「服薬コンプライアンス」という言葉が「服薬アドヒアランス」という言葉に変わってきています。 良い医療を提供するために重要な要素が、変わってきた 数年前まで、きちんと薬を飲むかどうかは「服薬コンプライアンス」と呼ばれてきました。 つまり、患者が医療従事者の言うことをどれだけ守るのか、が重要視されていました。 しかしこの考え方では、 「患者は医療従事者に対して従順でなければならない」という患者像が作られてしまいます。 その結果、 「薬をきちんと飲まないのは、患者が言うことを聞かないからだ」ということになり、悪いのは全て患者側だという認識になってしまいます。 実際には、患者には薬を飲めない、あるいは飲みたくないと思う様々な事情があります。 そうした事情を知らないまま、ただ従順であることを求めるのでは、良い医療は提供できません。 そこで、患者が薬を飲めない・飲みたくないと思うのは何故か、その原因は何か、どうすれば解決できるのか、医療の実行を妨げる要因を医療従事者が患者と一緒になって考え、相談しながら最善の方法を探っていく、という治療のあり方が示されました。 このとき、患者にとっては「医療従事者の言うことを聞くかどうか(コンプライアンス)」ではなく、 「自分自身の治療に興味・関心を持ち、積極的に参加するかどうか(アドヒアランス)」が重要になります。 そのため近年は、「服薬コンプライアンス」よりも「服薬アドヒアランス」という言葉が使われるようになっています。 「服薬コンプライアンス=良好」でも、「服薬アドヒアランス=不良」は起こる 「服薬コンプライアンス」では、主に「今きちんと薬を飲んでいるかどうか」が評価されていました。 「服薬アドヒアランス」では、「今きちんと薬を飲んでいるかどうか」に加えて、治療の目標、薬に対する知識や理解など、患者の姿勢も評価の対象になります。 22:13-29, 2014 基本的に、医師・薬剤師の言う通りに薬を使っていれば、「服薬コンプライアンス=良好」と評価されます。 しかし、中には「先生の言う通りにしていれば大丈夫、全てお任せです」と、自分の治療に関心を持たず医療従事者に丸投げしてしまう人も居ます。 こうした人は、現時点では「服薬コンプライアンス=良好」であっても、「服薬アドヒアランス=不良」と評価されます。 なぜならば、自分の治療に興味・関心を持たない人は、たとえ今はきちんと薬を飲んでいても、時間の経過とともに飲み忘れが増えたり、り、あるいはの飲み方を間違えたり、吸入・注射などの薬の扱いが雑になってしまったりと、潜在的なリスクが高い傾向にあるからです。 このように「服薬アドヒアランス」では、「服薬コンプライアンス」だけでは評価できなかった潜在的なリスクまで考慮し、効果的な治療を維持できるような評価を行います。 「服薬アドヒアランス」の向上は、薬剤師の重要な仕事 実際に、喘息治療に使う吸入薬は「服薬アドヒアランス」が悪いことによって、臨床試験で証明されたような高い効果が現場では得られない、といった事態も報告されています2。 2 N Engl J Med. 364:1695-707, 2011 PMID: 医師は、医学の専門家として、正確な診断によって適切な治療方針を決めます。 その後、その治療方針に従って使う薬で、最大の効果を得られるように「服薬アドヒアランス」を高めることは、薬学の専門家である薬剤師の重要な仕事です。 自分の症状や生活環境は具体的に伝え、より適した薬を選ぶ たとえ理論上は効果の高い薬であっても、自分にとっては最適ではないかもしれない。 たとえ多くの人にとっては使いやすい薬であっても、自分にとっては使いづらいかもしれない。 世の中にはたくさん似た薬がありますが、医師・薬剤師が適当に選ぶことはありません。 があります。 そのため、自分により適した薬を選んでもらうためには、必要があります。 このように、患者が自分自身の治療方法や薬に対して興味・関心を持ち、積極的に医師・薬剤師と相談しながら決めていく、という姿勢が求められています。 また、薬剤師の中でも「服薬アドヒアランス」という考え方が広がり、大部分の人が「患者が積極的に治療へ参加することは望ましいことだ」と考えるようになっています。 そのため、「出しゃばったことを言ったら怒られるかもしれない」などと考えずに、薬を使っていて感じたこと・思ったことは、遠慮せずに伝えて欲しいと思います。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

高血圧症の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のための必要な情報収集とアセスメント、主な看護計画と看護問題に対する成果目標達成のための具体策例

ノン コンプライアンス

スポンサードリンク コンプライアンスってどんな意味? コンプライアンス、よく耳にする言葉ですよね、 「我社のコンプライアンスが・・・」 「コンプライアンス重視の政策で・・・」 何となくはわかっているけど、コンプライアンスが自分では使えない言葉になっていることもあるかと思います。 コンプライアンスとは? コンプライアンス【compliance】とは英語で、 「 命令・要求に従うこと」 という意味です。 日本では、「 法令遵守」という言葉が相当します。 遵守というのは、「規則・法律などに従い、守る」という意味です。 法令は「法律と命令」という意味を持つ言葉なので、「法令遵守」という言葉は、 法律を特に守るということを強調しています。 ビジネスにおけるコンプライアンスとは? 最近ではコンプライアンスを、 「 企業が法律や企業倫理を遵守すること」 という意味で使われることが多いですね。 この場合、「 ビジネスコンプライアンス」とも言います。 ニュースで、企業の不祥事の話題の時など、企業幹部やコメンテーターの発言でコンプライアンスという言葉を聞くことがよくありますね。 世間で言うコンプライアンスは、法律を守るという意味だけでなく、「 企業のルールや、社会倫理を守る」といった意味合いを含んで使われるのが一般的です。 我が国の法律にはさまざまなものがありますが、法律を守るのはあたりまえのこと。 「法の抜け穴をくぐり、合法であればいい」 ということではなく、 「 法律を守った上で、なおかつ社会的なモラルやルールに従って企業として活動していく」 というのが、ビジネスシーンでいうところのコンプライアンスとなります。 医療や介護のコンプライアンスとは? コンプライアンスは医療業界や介護の現場でも使われています。 この場合のコンプライアンスは「服薬遵守(ふくやくじゅんしゅ)」または「服薬コンプライアンス」とも呼ばれます。 たとえば、患者が医者の指示通りに薬を服用していることを、 「コンプライアンスが良い」 と言ったり、逆に患者が薬の飲み忘れが多いなど、患者側が定められた服用方法を守らないことを、 「ノンコンプライアンス」 という言い方をします。 ビジネスで使う場合と医療で使う場合は意味合いが違うので、注意が必要ですね。 なぜコンプライアンスが問題になるの? コンプライアンスという言葉を頻繁に耳にするようになったのには、誰もが知るような大企業で起こった不祥事や、その隠ぺいなどが相次いで起こったことが背景にあります。 中でもアメリカのエンロン事件は、世界的な企業不祥事となり、世界経済に多大な悪影響を与えました。 エンロン事件というのは、2001年、アメリカにおいて世界最大手のエネルギー販売会社だったエンロン社が、当時史上最大額(総額160億ドル)の負債を抱えて倒産した事件です。 巨額の不正経理・不正取引による粉飾決算が明るみに出て破綻に追い込まれたのですが、この事件ののち、他の有力企業の不正会計の発覚が相次ぎ、証券市場の公正性をも脅かす事態となりました。 これを契機に、企業における法令遵守の体制構築に注目が集まるようになっていったのです。 日本でも2000年以降、企業の不祥事が相次いだことから、コンプライアンスが重要視されるようになりました。 コンプライアンスをわかりやすく言うと、 「 人としての道徳を守りましょう」 ということです。 要は、 「 悪いことをしない」 というだけの話なんですが、これがなかなか守られないので、コンプライアンスがどうだとか、コンプライアンスがなってない、と、騒がれたりするわけです。 インターネットやSNSの発達によって、最近では会社・企業の不祥事に対して、ますます社会の目が厳しくなってきています。 従業員が1万人いる会社でも、たったひとりの起こした不祥事で経営がつまずいてしまうという可能性だってあります。 ニュースやワイドショーで話題になるような、 「小遣いほしさで会社の顧客リストを売った」 「架空請求を繰り返して帳簿をごまかし、遊興費にあてた」 といった不祥事を聞いて、そこの商品を喜んで買う人はいませんよね。 たったひとりの個人が行った悪い行為で、会社の信用が地に堕ちて存続が難しくなることもあるのです。 今の時代、企業の一従業員の不祥事を聞いて、その会社の商品の不買運動が起こったりする可能性もゼロじゃないんですね。 そういった危険性を経営陣が感じているからこそ、社員に「コンプライアンス」を徹底させるよう取り組んでいるのです。 スポンサードリンク 企業のイメージ戦略としてのコンプライアンス 経済が自由化やグローバル化していく中、企業は法令遵守できちんと経営を行うことが求められています。 コンプライアンスをしっかりと運用できている企業は、「優秀な企業」「信頼できる企業」とみなされます。 法律や社会的倫理を守る企業は安心できる企業ということです。 不正がない企業ということは、社内教育も徹底され、働く環境が整っている企業ともいえます。 そうなると取引相手も安心できますね。 働く環境が整っていて、従業員には道徳的な教育がきちんとなされているイメージに加えて、社会的に健全でクリーンな企業であるというアピールにはコンプライアンスは欠かせないものです。 コンプライアンス体制がきちんと構築されている企業は、消費者や取引先から高い信頼を得ることになります。 そうなると、企業の業績向上やブランド価値の向上、株価の安定など、企業全体の質や価値の向上にも繋がるわけです。 コンプライアンス違反の事例 企業がコンプライアンスを重要視する一方で、たくさんの コンプライアンス違反の事例が報道されています。 コンプライアンス違反というのは、言うまでもありませんが、法律に反した行動や社会的な道徳や倫理に反した行動をすることです。 企業のコンプライアンス違反の代表的なものとしては、以下のようなものがあります。 「御社の課題はコンプライアンス体制の確立です」 「杓子定規なコンプライアンス対策は社員に混乱を生むことがあります」 といったように、問題を指摘する場面でも使われます。 コンプライアンスとは「法令遵守」という意味なので、「コンプライアンスの遵守」とか「コンプライアンスを守る」という使い方は、「遵守」や「守る」が重複する間違った使い方です。 コンプライアンスの意味を教えて!今さら聞けない使い方と違反の事例 まとめ コンプライアンスの意味は「法令遵守」。 昔と違って、企業は利益を追求するだけの組織ではなく、社会を構成する重要な役割も求められています。 それには、まずは不祥事を起こさないような土台作りが必要になってきているのです。 一度不祥事が起きると、それが会社の中のごく一部の人間やたったひとりの行為だったとしても、非難されるのはその人間が所属している会社の社長です。 会社の社長といえば会社そのもの、会社に対する信用がなくなれば、ひいては会社から顧客が離れてしまい、会社を経営していくこと自体が難しくなります。 そのため、会社側は従業員の不祥事を未然に防げるよう、コンプライアンスについてどのように取り組むか、また従業員にコンプライアンスについてどう取り組んでもらうかを考えているのです。 組織としても、個人としても、 「悪いことはしない」 コンプライアンスで重要なことは、ただ、これだけのことなのです。

次の

高血圧の看護診断・ノンコンプライアンス:薬物療法

ノン コンプライアンス

医療事故や医療過誤で裁判に発展することが増え、医療の現場でもコンプライアンスの重要性が高まっています。 看護においても重要な意味を持つコンプライアンスの定義やその実施方法、コンプライアンスと対角に位置するノンコンプライアンスなどについて紹介します。 コンプライアンスとは そもそもコンプライアンス(compliance)とは「要求や命令に従う」という意味で、日本では法令遵守という使われ方をすることが多いようです。 特に企業において、法律だけでなく倫理や道徳などの社会規範も含めたルールを守って活動するといった意味合いで使われています。 医療の現場、病院などの医療機関や介護施設も一企業として組織のコンプライアンスを重視しなければなりません。 それとは別に、医療において独自に用いられる「コンプライアンス」があります。 患者さんが治療方法や薬の服用方法を守るという意味で使われます。 医師や薬剤師の指示に従って治療や服薬に関するルールを遵守するというコンプライアンスの考え方から一歩進んで、患者さんがそれを理解し積極的に取り組んでいくという意味で使われる アドヒアランスという言葉もあります。 患者におけるコンプライアンス 医師や薬剤師の指示や指導の通りに患者さんが服薬するかどうかを管理するのは看護師の役目ですが、患者さんが正しく服薬できていれば「コンプライアンスが良好」といった表現がされます。 薬の管理に関することを特別に「服薬コンプライアンス」と呼ぶこともあります。 言い方は悪いかもしれませんが、コンプライアンスは医療従事者が患者さんに指示を守らせるといった意味合いが強かったようです。 インフォームドコンセントが普及して必要性が高まることで、患者さん自身が治療方針や服薬方針の決定に関与し、積極的に取り組んでいく「アドヒアランス」という評価法が重視されつつあります。 コンプライアンスを実施する方法 薬の説明 患者さんが正しく服薬するためにまず大切なのが、服用する薬がどういうものか正しく知ってもらうことです。 薬効や副作用、用法や用量、服用する上での注意点といったことです。 患者さんが看護師任せにならないよう、患者さん自身が薬のことを正しく知ったうえで服薬してもらえるように分かりやすく説明することが大事です。 服薬時間 服薬の時間に関しても、さまざまな指示があります。 よくある服用時間の指示ですが、意外に間違った服用をする患者さんも多いのが事実です。 一般的な食前・食間・食後の服用時間は下図の例のようになります。 出典: どうしてその服用時間なのかをしっかり伝えることが大切です。 飲み忘れや誤薬防止 用法や用量、服薬時間が異なる複数の薬を処方されている患者さんは、飲み忘れや誤薬が起こりやすいものです。 服薬に関するエラーを減らすには、服薬ボックスやお薬カレンダー、アラームなどを使うなど工夫も大事です。 ノンコンプライアンスとは 患者さんが薬を飲み忘れたり、用法や用量を間違えたり薬を取り違えたりすることをノンコンプライアンスと言います。 以前は、ノンコンプライアンスは患者さん側の問題と受け止められていたため、コンプライアンスを向上させる対策が積極的に取られていませんでした。 前述のように、インフォームドコンセントの考えが普及するにつれて患者さんが自分の意思で治療に参加するという概念のアドヒアランスが重視されるようになってきました。 ノンコンプライアンスの場合の対処法 患者さんと医療従事者双方にとって困った問題であるノンコンプライアンスの具体的事例とその対象法をいくつか紹介します。 自己管理では整理がつかず、多くの飲み残しがあった。 薬用ボックスを作製し整理することで服用状況が劇的に改善した。 患者さん自身の治療への思いや、生活上の悩みを聞いたうえで薬の薬効や副作用などを丁寧に説明することで服用につながった。 国家試験・過去問題 ノンコンプライアンスについての問題を、看護師試験の過去問題から紹介します。 第93回看護師国家試験 午前問題 問81 ノンコンプライアンス状態の患者への対応で適切なのはどれか。 1.看護師が目標を設定して患者に示す。 2.疾病や治療以外の話題は避ける。 3.患者自身の責任を強調する。 4.病気についての受け止め方を知る。 正解 4 法令遵守は言うまでもありませんが、患者さんに寄り添ったコンプライアンスを目指しましょう。

次の