横浜 市 ゴミ の 出し 方。 横浜市 「古紙」の出し方

カーペットの捨て方・処分方法

横浜 市 ゴミ の 出し 方

「ゴミとして捨てる」 カーペットや絨毯、ラグなどの一般的な敷物は、「ゴミとして捨てる」という処分方法が一般的です。 それでは、カーペットは、可燃ごみ?不燃ごみ?それとも粗大ゴミ? カーペットに使われている素材のお話 カーペットに使われている素材にはいろいろな種類があります。 カーペット表面には、ウール、絹、綿、イ草、竹などの天然素材をはじめ、レーヨン、アクリル、ポリエステルなどの化学繊維、またカーペット裏地には滑り止めのためにゴム素材が使われているものがあります。 カーペットに使われている繊維・素材は1種類ではなく、さまざま。 サイズが大きいものは「粗大ごみ」、小さくても「不燃ゴミ」となるケースが多いでしょう。 小さいサイズのカーペット(足拭きマットくらい)は、ごみ袋に入る大きさにカットして、使われている 素材に応じて「可燃ごみ」、「不燃ごみ」として捨てましょう。 (分からない場合は、お住まいの各自治体に確認しましょう) ビニール紐でまとめたり、小さくカットしたりと体力と時間がちょっとかかりますね。 サイズが大きくないけど、 レーヨン、アクリル、ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロンなどの合成繊維で作られたカーペット。 サイズの大きなもの、重量がそれなりにあるもの、カットできないものは、「粗大ごみ」として出しましょう。 捨てる枚数が多くて作業が面倒な方は、「粗大ごみ」として出しましょう。 不用品1点から見積・相談は無料で行ってくれる上、 24時間受付のインターネットからの申し込みだとWEB限定割引の特典も! 近畿エリアであれば年中無休・即日対応してくれるので、ごみの収集日まで待てない方や時間が無い方でも安心して相談できるのではないでしょうか? もちろん、カーペット以外にも自分で運び出せないような不用品でも は引き取ってくれますよ。 新しいカーペットをお探しなら、リビモネット カーペットの買い替えを検討されている方は がお買い得でオススメ。 メーカー直販のカーペットやマットを取り揃えているので、お買い得です。

次の

ごみと資源の分け方・出し方 横浜市

横浜 市 ゴミ の 出し 方

横浜市の敷布団の捨て方について、横浜市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく敷布団の捨て方情報を提供されています。 横浜市ホームページの中から敷布団の捨て方のページを探し、横浜市の敷布団の捨て方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。 敷布団の捨て方は住んでいる地域のルールに従い、間違った敷布団の捨て方をしないためにも地域のルールをチェックしておきましょう。 スポンサード リンク 横浜市敷布団の捨て方主な内容の紹介 横浜市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような内容で敷布団の捨て方が記載されています。 畳んで50cm未満のものは燃やすごみへ 粗大ごみ受付センターに電話、またはインターネットで申し込んでください。 申込み時に収集日・手数料・出す場所などのお知らせがありますので、メモをしてください。 番号をよくお確かめのうえ、おかけください。 ご住所・お名前・FAX番号・粗大ごみに出される品物の品目、材質、大きさ、個数などを記載し、ご送付ください。 受付センターより、処理手数料、収集予定日、排出場所などのご案内があります。 sodai. city. yokohama. jp 粗大ごみの出し方 粗大ごみの見やすい箇所に収集シールをはって、収集日当日の朝8時までにお申込みの時に確認した場所に出してください。 粗大ごみは可燃物、資源物、不燃物に分けて収集・処分しています。 1回のお申込みでも品物の素材によって別の時間帯に収集する場合があります。 お申し込みされた粗大ごみ以外は収集されませんので、出さないでください。 粗大ごみは雨の日でも収集します。

次の

横浜市 「古紙」の出し方

横浜 市 ゴミ の 出し 方

「小さな金属類」の出し方 週1回収集(「缶・びん・ペットボトル」の収集日と同じ) (集積場所のシールなどで確認してください) 主な対象物等 主な対象物 主に金属でできているもので、一番長い辺が30センチメートル未満の大きさのもの及び金属製の傘の骨 出し方• 「缶・びん・ペットボトル」の袋とは分けて出してください。 細かなもの以外は、袋に入れずに出してください。 なべ・フライパンなどは取っ手を含めずに30センチメートル未満であれば小さな金属類として出してください。 傘は金属製の骨組と布部分を分けてください。 (布部分はに出してください。 傘の骨は30センチメートル以上であっても、小さな金属類として出してください。 火災の恐れがありますので、オイル缶やペンキ缶等は、中身を使い切ってからお出しください(プラスチック製のキャップは「プラスチック製容器包装」に出してください)。 刃物など収集の際に危険なものや、くぎや針など細かくて散乱する恐れがあるものは、紙で包み、品名を書いて出してください。 袋に入れる場合は中身のはっきりと確認できる透明または半透明の袋に入れてお出しください。 対象外となるもの• ドライヤー、電話機、ラジカセなど主にプラスチックでできている家電製品 一番長い辺が50センチメートル未満のものはに、より大きなものは「粗大ごみ」として出してください。 ゴルフクラブやスキーストックなど、一番長い辺が30センチメートル以上の金属製品 「粗大ごみ」として出してください。 使い捨てライター 中身を使い切ってとして出してください。 高圧ガスボンベ 横浜市では回収していません。 購入先または販売店等に相談してください。

次の