子ども 耳かき。 耳掃除の正しい方法と適切な頻度とは?:【医師監修】耳掃除のやり過ぎは耳の病気のもと?! 【病院なび】

子どもの耳掃除の正しい方法と注意点。耳垢が気になるなら耳鼻科へ!|医療法人あだち耳鼻咽喉科

子ども 耳かき

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供の耳掃除、どうしていますか?お風呂あがりに膝枕で子供の耳をのぞき込むのが習慣になっている、というママも多いのではないでしょうか。 でも、耳かきを嫌がる子供は多いもの。 どんな工夫をすれば、うまく耳掃除ができるのでしょうか?今回は、子供の耳かきや耳掃除のやり方や、子供が嫌がるときの対策のほか、耳鼻科で耳掃除してもらうべきか、についてご説明します。 子供の耳掃除は必要なの? 耳垢は、耳の穴から鼓膜までの「外耳道」と呼ばれる部分の入り口近くに溜まります。 古い皮膚がはがれたフケのようなものと、皮膚から分泌される皮脂、外から入って来るホコリなどが固まってできています。 音の振動を感知する「鼓膜」は、外耳道の奥にあるとはいえ外気にさらされているので、細菌感染や乾燥から身を守る必要があります。 しかし、外耳道には大きなホコリの侵入を食い止める耳毛以外、ほとんど何も防御するものがありません。 そこで、鼓膜を正常に保つため、耳垢は鼓膜を守る役割の一端を担っています。 頻度は低いものの、耳垢が外耳道をふさいでしまうと、耳の聞こえが悪くなったり、難聴になってしまったりすることがあります。 一方で、外耳道に生えている細かい毛が、耳垢を自然に外に押し出すので、「家庭での耳掃除はそれほど必要ない」という耳鼻科医の意見もあります。 また、「耳掃除そのものが、耳道を傷つける可能性があるので行わない」という意見もあります。 子供の耳かきをするときの注意点は? しかし、耳の中の汚れはやっぱり気になるもの。 そこで、多くの耳鼻科専門医が推奨しているのは、「月1回程度、外から見えている範囲だけを、軽くぬぐうように掃除する」という方法です。 耳の自浄作用を利用しつつ、耳を傷つけないよう適度に掃除するのがポイントです。 さらに、耳の中をいじりすぎることで、せっかく自然に外へ出てこようとしていた耳垢を、綿棒で奥に押し込んでしまうことも。 また、子供の耳かきをするときは、兄弟などほかの子供がぶつかってきたりしないよう、周りをよく確認するようにしましょう。 耳の中に綿棒を入れているときに、衝撃で鼓膜を破ってしまうと大変です。 関連記事 子供の耳掃除を上手に行うポイントは? 子供の耳を清潔に保つために、家庭で行う場合の上手な耳掃除のポイントをご紹介します。 膝枕ではなく、座った状態で 耳掃除といえば膝枕が定番ですが、この姿勢で耳掃除を行うと、取れた耳垢が鼓膜の方へと落ちてしまうことも。 子供を座らせた状態で、横から耳掃除するのがおすすめです。 影になって良く見えない…という場合は、耳たぶをちょっとだけ引っ張り、ペンライトや懐中電灯で耳の穴を照らしながら行いましょう。 耳かきではなく、細めの綿棒で 耳かきで外耳道をこすっても、耳垢を擦り付けているだけで効果がないだけでなく、皮膚を傷つけてしまうことも。 子供の耳掃除は、ベビー綿棒などの細めの綿棒にベビーオイルやオリーブオイルを少しつけて行うと良いでしょう。 耳掃除用の吸引器は、乾いていて細かいカサカサの粉のような耳垢に有効です。 ただし、音に驚くことがあるので、子供が怖がらないように注意しながら使用してくださいね。 関連記事 耳鼻科で耳掃除してもらうのも一つの方法 「耳掃除が大好き!」という子もいれば、「耳を触られるのもイヤ!」という子もいます。 子供が極端に耳かきを嫌がるなら、無理に押さえつけて耳掃除をしても、上手にできないだけでなく、子供が暴れて鼓膜を傷つけてしまったり、思わぬ事故につながる危険もあります。 耳鼻科の先生であれば、そのような対応にも慣れているので、専用の機器を使って、安全に、キレイに耳垢を取り除いてくれますよ。 耳掃除を嫌がらない子でも、半年に1度ほど耳鼻科で耳掃除をしてもらうと、安心ですね。

次の

子どもの耳・鼻のケア(1)耳のケア

子ども 耳かき

小さな子どもの耳は小さく、掃除するとき見えにくいですよね。 また、子どもはなかなかじっとしていてくれないので、動いた拍子に耳の中を傷つけてしまわないか心配しているというママもいるのではないでしょうか。 そこで今回は、子どもの耳かきのやり方や注意点について詳しくご紹介します。 耳垢ってどんなもの? 耳垢は、 分泌物や古くなってはがれた皮膚やホコリが混ざりあって出てくる老廃物です。 しかし、 皮膚を保護したり雑菌の繁殖を防いだり、 特有のにおいがあり虫よけ効果も期待できます。 そのため、耳垢は取りすぎにも注意してくださいね。 また、耳垢には2種類あり、 べとべとした質感の湿型耳垢と カサカサした質感の乾型耳垢に分けられます。 湿型耳垢は乾型耳垢より粘着性があり、耳に溜まりやすいので注意しましょう。 いずれのタイプかは 遺伝によって決まっており、途中で変わることはありません。 子どもの耳かきのやり方は? 子どもの耳かきには、 綿棒の使用をおすすめします。 ベビー用の綿棒も発売されていますよ。 専用のものだと子どもの小さな耳に合った形状になっており、使いやすくなっています。 頭が動かないよう優しくおさえてから耳穴の入り口を丁寧に掃除します。 乾型耳垢で取れにくい場合は、綿棒に ベビーオイルや ワセリンをつけると取りやすくなります。 お風呂上がりに行うと、耳垢がふやけていて取りやすいのでオススメです。 楽しくできるようにお気に入りの歌をうたいながらなど、リラックスできるよう工夫するとよりよいのではないでしょうか。 我が家の5歳の娘の場合は、ひざまくらでゴロゴロした延長で耳かきに移行するようにしていますが、比較的嫌がらずに耳かきをさせてくれますよ。 子どもの耳かきの注意点 子どもの耳かきをするときは、次のようにいくつか注意点がありますので、ご紹介していきますね。 耳かきを頻繁にしすぎない 耳垢を長い間放置しておくと、汚れが溜まってしまわないか心配になりますよね。 ですが、 耳かきは頻繁にしすぎると逆に耳垢を奥に押し込んでしまったり、耳の中を傷つけてしまったりすることもあるので注意が必要です。 耳垢は普段の動作で自然に奥から押し出されるようになっていますので、耳かきの頻度は 月に1~2回程度で十分でしょう。 ただし、 湿型耳垢の場合は耳垢が溜まりやすいので、もう少し回数を増やしてもよいかもしれません。 耳の奥まで入れない 誤って鼓膜を傷つけてしまったり、耳垢を奥に押し込んでしまったりする可能性もあるので注意が必要です。 掃除は 入口から1cm程度の範囲のみで大丈夫ですよ。 周囲を確認する 兄弟やペットがいる場合は、特に注意してくださいね。 ぶつかってしまっては大変なので、 安全確認をしてから行いましょう。 嫌がるときは無理にしない 嫌がっているときに無理に行うと、耳かきを怖がったり嫌いになってしまったりすることも…。 耳かきに苦手意識をもたないためにも、嫌がるときは無理せず一旦中止しましょう。 小さな子どもの耳かきは難しく、困っているママもいるかもしれません。 ですが、今回ご紹介したように耳かきは頻繁に行わなくても大丈夫ですし、優しく入口周りを掃除する程度でOKなのでリラックスして行ってくださいね。 几帳面なママほど頑張って耳かきをしてあげているかもしれませんが、耳かきに関しては、ズボラなくらいでちょうどよいのではないでしょうか。 , ,•

次の

【子供の耳垢の取り方】あなたのその方法が我が子の耳を傷つける!?

子ども 耳かき

耳のケア 正しい耳掃除で、子どもの耳をケアしてあげましょう。 講師:守本 倫子(国立成育医療研究センター 耳鼻咽喉科医長) 子どもの小さな耳や鼻。 お手入れしづらくて困ったり、病気の見分け方が分からなかったりして悩んだことはありませんか? デリケートな子どもの耳や鼻のケア方法をご紹介します。 耳掃除を行う最適な頻度 子どもの耳の中の皮膚は、薄く、とても傷つきやすいです。 そのため、耳掃除のしすぎは、かえってトラブルのもとになります。 また、耳あかには特徴があり、むやみやたらに取り除いた方がいいものではありません。 耳のお手入れは、 月に1回から2回で十分です。 優しく丁寧に行いましょう。 <耳あかの特徴> (1)耳あかは耳を守るバリア役 耳あかは、耳の穴を守るバリアの役割があります。 したがって、耳掃除をしすぎると、かえって耳の穴を傷つけてしまいます。 (2)耳あかは自然に外に押し出される 耳あかは、皮膚の表面にある細かな毛の働きで、自然に耳の奥から外へと押し出されていきます。 そのため、耳掃除は、入り口付近に見える耳あかを取るだけでいいのです。 ベビー用綿棒を使った耳掃除の方法 こどもの耳掃除には、ベビー用綿棒を使用してください。 ベビー用綿棒は、子どもの小さな耳の穴にも入りやすく、皮膚を傷つけにくいため、子どもの耳掃除に最適です。 <耳掃除の方法> (1)綿棒は鉛筆を持つようにして、下図のように軸の真ん中あたりを持つ。 このように持つと、指が邪魔にならず、耳の中がよく見えるようになります。 また、万が一、子どもが動いても、耳の奥まで綿棒が入り過ぎないため、安心です。 (2)子どもの頭をしっかり押さえ、耳たぶを少し引っ張る。 誰かに手伝ってもらうなどして、子どもの頭をしっかりと固定しましょう。 (3)耳の入り口をぬぐう 汚れが見える部分だけを1~2回、くるっと綿棒を回転させるようにして、優しくぬぐい取りましょう。 <ポイント> カサカサした粉っぽい耳あかの場合には、綿棒にベビーオイルやワセリンなどを薄く塗ると、耳あかが取りやすくなります。 耳掃除の注意点 耳掃除によるケガで緊急搬送された人のうち、4割以上が4歳までの子どもです。 子どもの耳掃除をするときには、次の4つに注意しましょう。 (1)奥まで綿棒や耳かきを入れない まずは、決して奥まで綿棒や耳かきを入れないようにしましょう。 (2)子どもに言い聞かせる お話がわかる子どもには、「じっとしててね」などのように、頭を動かさないように言い聞かせましょう。 また、ママやパパ、おばあちゃんなど誰かに子どもの体を押さえてもらい、一緒にお掃除してもいいですね。 (3)耳掃除中は周囲の状況を確認 耳掃除中に、きょうだいが遊んでいてぶつかったりする事故も起きています。 周りの状況を確認して行いましょう。 (4)綿棒などは子どもの手の届かないところに保管 特に1歳代から2歳代では、自分で耳の穴に耳かきを入れてケガをしたという事故が、半数以上を占めています。 綿棒など耳掃除の道具は、必ず子どもの手の届かないところにしまっておきましょう。 耳掃除などで副交感神経を刺激すると、血管が広がってリラックスでき、気持ちがよくなります。 耳掃除をすると気持ちがいいのはこのためです。 睡眠などリラックスしているときに働きます。 下図の赤丸部分のような、耳の奥の骨のある部分に綿棒が当たると、とても痛いです。 (2)耳の周りをコチョコチョくすぐるようにする。 気持ちのいいスキンシップのつもりで耳を触られることに慣れさせましょう。 とりにくい耳あかは無理をせず、耳鼻科のお医者さんに取ってもらいましょう。 恥ずかしがらずに、耳の定期健診のつもりで、耳のお掃除もお医者さんを頼ってください。 同じ週に放送された番組記事• (月)子どもの耳・鼻のケア(1)耳のケア•

次の