ツイート 全 消し する 方法。 【Twitter】画像以外のツイートを一括削除する方法(逆も可)

削除したツイートは復活できる?削除されたツイートを確認する方法をご紹介

ツイート 全 消し する 方法

ツイートを全消し(一括削除)する方法 ツイートを全消しできるツールはいくつか存在するのですが、その中でも2012年から運営されている「黒歴史クリーナー」を使った削除方法をご紹介いたします。 毎日数百人のユーザーが利用しているので安全性も高いです。 黒歴史クリーナー ツイート数が3,200未満の場合 まずはにアクセスして下さい。 「ツイッターでログイン」という項目をタップするとログイン画面が表示されるのでユーザー名やパスワードを入力してお使いのアカウントと黒歴史クリーナーを連携させましょう。 鍵垢にしてツイートを非公開にしていても利用可能です。 続いて「削除設定ページへ」進み、通知設定の欄の開始メッセージと完了メッセージを消して空欄にしておきましょう。 こちらを空欄にしておかないと黒歴史クリーナーを利用していることがツイートされフォロワーに知られてしまいます。 最後に画面最下部の「削除を開始する」をタップして数分も待てば全てのツイートが削除されます。 ツイート数が3,200以上の場合 これまでのツイート数が3,200以上だったり、何年も前のツイートの場合はTwitterのAPI上、全て削除できないケースがあるので以下の方法で削除して下さい。 尚、こちらの方法はiPhoneやAndroid端末からではなくPCから行う必要があります。 パソコンをお持ちでない方は2回目、3回目と繰り返し削除作業を行うようにしてください。 追記 現在、全ツイート履歴をアップロードして削除する機能は停止されています。 後述しているの有料プランであれば、全ツイート履歴による削除が可能です。 それでは具体的な手順に移ります。 続いて「Twitterデータ」へと進み、パスワードを入力して確認を押してください。 そうすると「データをリクエスト」という項目があります。 こちらをクリックすると登録しているメールアドレス宛にツイート履歴のダウンロードリンクが送られてくるので「ダウンロードする」をクリックしてzipファイルをダウンロードします。 ダウンロードが完了したらの「削除設定ページ」へと進み、ツイートの取得方法を「全ツイート履歴」に変更してzipファイルをアップロードします。 最後に「削除を開始する」をクリックすればツイート数が3,200以上であっても全消しすることができます。 ツイートを選択削除する方法 ツイートの一括削除ツール! こちらのツールは以下のように指定した条件に当てはまるツイートを取得して削除できるのが好評です。 画像の有無• 特定の単語を含む、含まない• 特定の日付以前、以降 にアクセスしたら「ツイッター認証」をタップし、ログイン情報を入力してアカウントを連携させます。 連携が済んだら「メニューを選ぼう!」にてご自身が残しておきたいツイートが削除されないように条件を指定して下さい。 例えば画像付きのツイートを残したい場合は「画像がないツイートをすべて削除する」にチェックを入れます。 2019年のツイートは残して2018年以前のツイートを消したい場合は日付指定にチェックを入れて「2018年12月31日以前のツイートをすべて削除する」とします。 条件を指定したら「削除対象のツイート件数を取得」をタップして「削除を実行」を押せば条件に当てはまるツイートのみを削除することができます。 TweetDeleter Twitterアプリやブラウザ版Twitterから一件一件のツイートを削除していくのは面倒だけれども、ツールでまとめて消すのは大事なツイートも消してしまいそうで不安という方におすすめしたいのが、「」です。 サイトにアクセスしたら「Twitterでサインイン」をタップしてログイン情報を入力して連携アプリを認証します。 連携が完了すると、これまでに投稿したツイートが一覧で表示されます。 削除したいツイートだけチェックを付けていき「ツイートを削除(件数)」をタップすれば選択したツイートのみを削除することができます。 「並べ替え」からリツイートやリプライだけを表示させたり、画像付きツイートだけを表示させることもできるので上手く活用してください。 月額の有料プランにはなるのですが、古いツイートを自動削除してくれる機能もあるので、定期的にツイ消ししたい方には非常に便利なサービスです。 まとめ 過去に投稿したツイートの一括削除や選択削除に関する解説は以上です。 最初は難しく感じるかもしれませんが、一度手順を覚えると次回からは簡単にツイートを削除できるようになると思います。 用途に合わせて上手にツールを使い分けてみて下さい。

次の

『Twitter』ツイートの削除方法・複数投稿を一括で消す方法 注意点【2019版】

ツイート 全 消し する 方法

from:自分のユーザー名 filter:videos 動画付きツイートも日付指定可能です。 「from:自分のユーザー名 filter:videos until:2019-01-01」と検索すると2019年1月1日以前に投稿した動画付きツイートが表示されます。 Twilogを使用する方法 演算子を入力するのが面倒な方はTwilogを使用すれば自分のツイートだけを検索したり、月別アーカイブ(過去ログ)を確認することができます。 連携が済んだら画面右上の三本線のマークをタップしてください。 こちらから検索したり、2019年1月のツイート・2019年2月のツイートといった具合に月別のアーカイブが見られます。 ツイートの過去ログを全て取得する方法 自分の過去のツイートを全部見たい場合はPC版Twitterから過去ログを全て取得しましょう。 続いて「データ」へと進み、パスワードを入力して「確認」を押します。 そうすると「データをリクエスト」という項目があるので、こちらをクリックします。 これでTwitterに登録しているメールアドレス宛にツイート履歴のダウンロードリンクが送られてきます。 zipファイル形式でダウンロードされるので解凍後、「index. html」を開いてください。 これで過去のツイートを全部見られるようになります。 まとめ Twitterで過去の自分のツイートを検索して見る方法は以上です。 演算子を使用する方法は自分のユーザー名を他のユーザー名に置き換えることも可能なので、好きな芸能人や仲の良い友達の過去のツイートを色々と調べてみると面白いですよ。

次の

Twitterのツイートを全削除する方法!パソコンからサクッと簡単にできちゃう!

ツイート 全 消し する 方法

Twitterでツイートを全消ししたい!完全削除は可能? Twitterは気軽に何でもツイートできるツール。 しかし呟くことが簡単な反面、ツイートをまとめて消す機能が公式にはないので1件1件手動で消さなければならないので非常に大きな手間がかかるリスクがあります。 就活などの場面でもSNSアカウントを採用担当から検索されることもあり、「いっそのことツイートをすべて削除してしまいたい!」と思うケースが非常に増えてきている現代。 数千数万とツイートしているユーザーが多い中、これを1件ずつ削除していくというのは途方もない作業です。 そんなときに活躍するのが「ツイートの削除ツール」。 今回は使い方から安全性まで、詳しくご紹介していきます。 Twitterで呟いたツイートを今すぐ全消し!完全削除できるツールとは? 自分のツイートをまとめて削除できる便利なツールはいくつかありますが、スマホから簡単にツイートを完全削除できるツールを2つご紹介します。 ツイート削除までの流れもご紹介しますので、ぜひ参考にしながら削除まで進めてみてくださいね。 ツイートを完全削除できるツール|黒歴史クリーナー スマホからTwitterを使っているユーザーの間では知名度が高く、安心して使えるのが黒歴史クリーナーです。 最新のツイートから3200件づつ消してくれるので、ツイートが多い人でも大丈夫。 3200件よりツイートが多い人も、繰り返し使えば全消しできちゃいますよ! まず黒歴史クリーナーのに飛び、「ツイッターでログイン」をタップします。 ユーザー名か登録しているメールアドレスとパスワードを入力し、ログインを押します。 黒歴史クリーナーのページに戻るので、削除オプションを確認します。 リプライを削除対象から外したい場合は「リプライを保護」をOFFからONに変更、人からいいねがついたツイートを削除対象外にしたい場合は「ふぁぼられを保護」をOFFからONに変更します。 一定の日付のツイートのみ削除したい場合は、削除対象のツイートを呟いた日時を設定し、下にスクロールします。 「削除を開始する」をタップすれば削除が始まり、しばらくすると削除が完了します! ツイートを完全削除できるツール|Tweet Deleter Tweet Deleterは海外のツールですが、他のツールに比べて非常にわかりやすく日本語訳が自動でされているので誰でも使いやすいツールです。 何年前のツイートでも検索して指定削除ができるので、過去ログが読み込めず削除されなかった!ということもありません。 まずTweet Deleterのにジャンプし、「Twitterでサインイン」をタップします。 サインインしたらTweet Deleterダッシュボードに移動するので、全てのツイートを削除したい場合は「全〇〇個のツイートを選択」にチェックを入れます。 どのツイートが何件削除されるのか確認したら、「ツイートを削除」をタップすると削除が開始されます。 ツイート完全削除ツールは安全?乗っ取りの可能性は? Twitterの外部ツールは非常に便利ですが、心配なのはやはりその「安全性」なのではないでしょうか。 ツイートを全消ししてまたイチから始めようと思った矢先にアカウントが乗っ取られてしまったら…と思うと思い切って使えないという人も少なくないはず。 基本的にこういった外部ツールが悪意を持った人に使われることはありませんが、ツールがハッキングされる可能性を考えると危険性はゼロではありません。 より安全にツールを使いたい人は、使い終わったらアプリ連携を解除することをオススメします。 Twitterのアプリ連携を解除する方法 タイムライン画面で画面の左側から右側にフリックし、「設定とプライバシー」をタップします。 色々と項目が出てきますが、一番上の「アカウント」をタップしましょう。 ログアウト、という赤い文字の上にある「アプリとセッション」をタップすると連携アプリ一覧がずらっと出てきます。 ここから先はスクリーンショットが撮影できないようになっています アプリ連携を解除したいツールをタップし、「アクセス権を取り消す」を選択すれば完了です。 ツールを賢く使って安全にTwitterを使おう! アカウントを作成し、フォローしてフォロワーを獲得するという流れは消して楽なものではないのでなるべくアカウントは作り直したくないですよね。 アカウントを作り直そうか考えている人は、ぜひ一括全消しツールを使ってみてはいかがでしょうか?.

次の