うにの秘密基地。 うにの秘密基地

オリジナル猫グッズ・猫カレンダー・ペットフード用品ShippoTV通販部

うにの秘密基地

すごくカワイイです。 が・・・、 ブログをそのまま本にしたような内容なので、 読者にとっては目新しいものはあまりないです。 うにカレンダーを買った人なら尚更。 (表紙写真も今年のカレンダーとカブる) 表紙のようなバーンとした迫力のある写真はあまりなく、 コメントつきの、切り貼りで頁に散らばっているうにちゃんの写真がほとんどです。 それに、紙のせいなのか画質がイマイチなものが多い。 ブログは良いのにこの本はすごく残念。 この内容では高すぎると思いました。 あとサンプル画像にはありませんが、 帯に書いてある「(猫飼うのは)1人暮らしでも大丈夫!」はとても違和感がありました。 猫側が「アタチは昼間1匹で大丈夫ニャ!」とか言うならわかるけど・・・。 ブログの方は、写真も内容もとってもすばらしいです。

次の

うにの秘密基地

うにの秘密基地

愛猫「うに」との生活を描いたブログです 「うにの秘密基地」は愛びょ王である「うに」との生活を紹介した有名な猫ブログです。 ちなみに猫の名前の「うに」は別に海産物のウニと関係があるというわけではなく、単に言葉の響きがよかったというだけであまり特別な意味はないのだそうです。 うにの写真を見るとちょっと珍しい種類の猫かな?と思うところですが、それもそのはずでうにはアメショとチンチラの間のハーフ猫だったりします。 白くて柔らかそうな毛並みと大きめのボディが一番の特徴で、見た目のとおりにのんびりした性格をしているとのことです。 「うにの秘密基地」の主役はもちろんうにですが、他にも管理人さんは2匹の猫を飼育されており、それぞれ「ももじろう(通称モミー)」と「てんてん」と呼ばれています。 この二匹は保護猫として里親を探していたところこちらの管理人さんのお宅で保護されることになったといいます。 オリジナルグッズも盛り沢山 管理人さんはオリジナルグッズのデザインもされており、うにをはじめとする愛猫二匹をモチーフにしたデザインのグッズをいくつか販売されています。 うにポーチやうにトートといった普段使いしたい可愛らしいアイテムを始めとして、人気のポストカードなどもおすすめです。 かわいらしいうにを収めた写真集も発行されており、さらにDVDもあるのでうにファンならば絶対にチェックですね。 写真集は第一弾~第三弾までの三冊が刊行されているので大手書店などで検索をしてみてください。 個人的に気に入っているのが紙袋をかぶるのが大好きといううにをモチーフにしたイラストランチトートで、小さめの使いやすいサイズになっています。 なおグッズ販売は収益の一部を動物の保護活動にあてることができるようになっているので、そちらでも猫たちを支援する活動に参加してみてもよいと思います。 DIYでいろいろ作る管理人さん 「うにの秘密基地」ではしばしば管理人さんが自作された猫グッズも紹介しています。 猫用の首輪からはじまり季節ごとの猫たちの衣装を作ったり、他にも玄関ゲートやごはん台といったものも自作されているのだそうで、ちょうどよいグッズが見つからないという人にとってかなり参考になります。 特にぜひ見てもらいたいのがてづくりのごはん台で、猫が餌を食べるときに餌や水を置くための低めのテーブルとなっています。 猫や犬といった頭を下げてものを食べる動物は、年齢が高くなってくるとこの動作がつらいと感じるようになってきてしまうので、体への負担を減らすという意味でこうしたごはん台もかなり重要です。 「うにの秘密基地」を訪れる人からの問い合わせもかなり多いようなので、気になった方はいきなり管理人さんに質問するのではなくまずはブログの記事をしっかり読んでそれで作り方を調べてみてください。 投稿者 投稿日: カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の

[B! うにの秘密基地] kawawaraのブックマーク

うにの秘密基地

愛猫「うに」との生活を描いたブログです 「うにの秘密基地」は愛びょ王である「うに」との生活を紹介した有名な猫ブログです。 ちなみに猫の名前の「うに」は別に海産物のウニと関係があるというわけではなく、単に言葉の響きがよかったというだけであまり特別な意味はないのだそうです。 うにの写真を見るとちょっと珍しい種類の猫かな?と思うところですが、それもそのはずでうにはアメショとチンチラの間のハーフ猫だったりします。 白くて柔らかそうな毛並みと大きめのボディが一番の特徴で、見た目のとおりにのんびりした性格をしているとのことです。 「うにの秘密基地」の主役はもちろんうにですが、他にも管理人さんは2匹の猫を飼育されており、それぞれ「ももじろう(通称モミー)」と「てんてん」と呼ばれています。 この二匹は保護猫として里親を探していたところこちらの管理人さんのお宅で保護されることになったといいます。 オリジナルグッズも盛り沢山 管理人さんはオリジナルグッズのデザインもされており、うにをはじめとする愛猫二匹をモチーフにしたデザインのグッズをいくつか販売されています。 うにポーチやうにトートといった普段使いしたい可愛らしいアイテムを始めとして、人気のポストカードなどもおすすめです。 かわいらしいうにを収めた写真集も発行されており、さらにDVDもあるのでうにファンならば絶対にチェックですね。 写真集は第一弾~第三弾までの三冊が刊行されているので大手書店などで検索をしてみてください。 個人的に気に入っているのが紙袋をかぶるのが大好きといううにをモチーフにしたイラストランチトートで、小さめの使いやすいサイズになっています。 なおグッズ販売は収益の一部を動物の保護活動にあてることができるようになっているので、そちらでも猫たちを支援する活動に参加してみてもよいと思います。 DIYでいろいろ作る管理人さん 「うにの秘密基地」ではしばしば管理人さんが自作された猫グッズも紹介しています。 猫用の首輪からはじまり季節ごとの猫たちの衣装を作ったり、他にも玄関ゲートやごはん台といったものも自作されているのだそうで、ちょうどよいグッズが見つからないという人にとってかなり参考になります。 特にぜひ見てもらいたいのがてづくりのごはん台で、猫が餌を食べるときに餌や水を置くための低めのテーブルとなっています。 猫や犬といった頭を下げてものを食べる動物は、年齢が高くなってくるとこの動作がつらいと感じるようになってきてしまうので、体への負担を減らすという意味でこうしたごはん台もかなり重要です。 「うにの秘密基地」を訪れる人からの問い合わせもかなり多いようなので、気になった方はいきなり管理人さんに質問するのではなくまずはブログの記事をしっかり読んでそれで作り方を調べてみてください。 投稿者 投稿日: カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の