サバク トビ バッタ 中国。 サバクトビバッタ、中国に危害をもたらす可能性は低い_中国網_日本語

三つの終末的試練に直面する中国 : 200兆匹のイナゴ軍団が中国に迫る。国連は過去1年半で個体数が「6400万倍増加した」と発表。そして、彼らはどんな荒地でも進行する能力を持つ

サバク トビ バッタ 中国

下記クリックで好きな項目にジャンプ• サバクトビバッタが日本に来ることは可能? 結論から言うと サバクトビバッタが日本に来る可能性はほぼゼロに近いようです。 実はサバクトビバッタによる蝗害 こうがい は紀元前から度々起きており、頻繁にアフリカ、中東、アジアに被害を与えています。 「え?アジアって言ったら日本も危なくない?」と思いそうですが、長い歴史の中でもサバクトビバッタが日本に渡ってきた記録はないそうです。 サバクトビバッタの被害が及んでいるアジアはパキスタンやインドなどで、日本に被害が及んだことは一度もないとのこと。 そもそもサバクトビバッタが日本に来るには、まずは中国に入る必要がありますが、中国にもサバクトビバッタは侵入することができないと言われています。 中国に侵入できない理由は以下の通りです。 ヒマラヤ山脈を超えられない サバクトビバッタの被害は中国の隣国であるインドやパキスタンまで及んでいるため、「中国への侵入も目前?」と言われていました。 しかし、パキスタンやインドから中国に侵入するには、広大な山々が連なるヒマラヤ山脈を超えないといけません。 サバクトビバッタの最大飛行高度は海抜2000mが限界であるとともに、生息の限界高度でもあるとのこと。 そのことから、平均して3000m級の山が重なる ヒマラヤ山脈をサバクトビバッタたちが超えることは基本的にはありえないようです。 気温が低いと飛行できない サバクトビバッタは名前に「サバク」とつくことから分かるように、暑い気候を好むそうです。 ヒマラヤ山脈の殆どの場所では想像通りに極寒なので、サバクトビバッタも結局 凍えて全滅する可能性が高いみたいですね。 中国への侵入の可能性はゼロではない? 上述した通り、気温や高度の問題でサバクトビバッタは基本的に中国へ入れません。 しかし、今回の爆発的な大繁殖で、 「ヒマラヤ山脈を迂回するサバクトビバッタも現れるのではないか?」とも言われているようです。 独立行政法人経済産業研究所 RIETI というところでは、 (1)インドやパキスタンを経由しチベットに至るルート (2)ミャンマーから雲南省に至るルート (3)カザフスタンから新疆ウイグル自治区に至るルート の3つがサバクトビバッタが迂回して中国に侵入する可能性があることを示唆しています。 でも今サバクトビバッタは何でも食べる「群生相」に変化しているので、 「有害な植物を食い荒らして迂回ルートからの侵入する」というのも可能性としてはありそうな気もしますよね。 ただ逆に、長年サバクトビバッタを監視している国際連合食糧農業機関 FAO では、そもそも中国がサバクトビバッタの被害を受ける対象にも含んでいません。 インドは注意を示す 「caution」、パキスタンは脅威を示す 「threat」のカラーで色付けされています。 しかし、肝心の中国はというと、サバクトビバッタの被害対象となる色すら塗られていません。 長年サバクトビバッタを監視している国連の機関が、 「そもそも中国に入る可能性はない」と判断している証拠ともとれますね。 古代からサバクトビバッタの大繁殖の被害はありますが、中国に侵入した記録がないようなので、侵入の可能性は限りなく低いのかもしれません。 サバクトビバッタが海を渡る可能性は? 仮に中国にサバクトビバッタが侵入したら、海を渡って日本に侵入することも想像できます。 そもそも 「サバクトビバッタが海を渡るほどの飛行距離をもっているのか?」というのが気になるところ。 サバクトビバッタの飛行距離とは一体どれほどなんでしょうか? サバクトビバッタの飛行距離 調べてみたところ、サバクトビバッタの飛行距離は1日に 100~200kmの距離だそうです。 また中国ニュースの日本版のネット記事によると、風に上手く乗った場合は700km以上に飛行距離が伸びるのだとか。 飛行距離が700km以上というのはエビデンスがないので正直盛っている感はありますが、風に乗ることで大きく飛行距離を伸ばせることは想像できますよね。 この飛行距離踏まえると、侵入経路次第では日本への飛来も全くのゼロではないのかもしれません。 日本への侵入経路と飛来について サバクトビバッタが海を渡るというのは極めて可能性が低いことです。 ただ上記の飛行距離を踏まえると可能性としてはゼロとは言い切れません。 ではこの侵入経路について深堀りしていきます。 朝鮮半島からの侵入経路 先ほど書いた通り、サバクトビバッタはかなりの距離を飛行します。 しかし、中国から日本までの距離はそれよりも全然ありますから、中国から直で飛来するのは難しいとのこと。 ただサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たら、流石に話は変わってきます。 仮にサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たとしたら距離的にもかなり縮まりますから、 サバクトビバッタの飛行距離でも十分飛来するのは可能です。 下の図を見ても分かりますが、韓国の釜山から対馬経由だと距離も全然近いですもんね。 ん~、ただですよ? 砂漠で生きているサバクトビバッタがそもそも中国大陸を横断して、韓国まで来ること自体がやはり考えづらいですねw 飛行距離的には可能かもしれませんが、中国には寒い地域もいっぱいあるようですから、そこを横断してくることは結構ムリがあります。 台湾から侵入経路 サバクトビバッタが中国大陸を横断して朝鮮半島へ、そこから日本へ飛来というのは色々とムリがあります。 しかし台湾経由だと 可能性的には全くのゼロでもない気もします。 というのも、1928年にフィリピンのルソン島で繁殖したトノサマバッタが、台湾や日本の石垣島、宮古島に飛来して作物を食い荒らしたことがあったとのこと。 台湾に近いフィリピンのバタン島でも200km以上の距離がありますし、石垣島は約500km、宮古島は約590kmほど離れています。 上でも書いたように、バッタ達は風に上手く乗ると飛距離大幅に伸びるので「海上の風に乗って飛来したのでは?」と言われているようですね。 その距離を飛行してきた事実があるということは、条件が揃えば サバクトビバッタも台湾経由で日本に飛来することが可能ということになります。 台湾と中国大陸の距離も近いですしから、飛行距離的にもサバクトビバッタが台湾に渡れることは実質可能と言えます。 可能性的には低いですが、風を利用して長距離を飛行できる事実がある以上、日本も油断できませんね! 日本のカビ エントモフトラ属 に弱い?・・・2020年4月17日追記 サバクトビバッタについてさらに調べていたんですが、彼らが日本に来ても被害の発生はあまり考えづらいそうです。 というのも、湿気が多い日本には「 エントモフトラ属」というカビが存在しており、この カビがバッタにとっては天敵だからのようです。 狭く平原の少ない日本の土地では、バッタ科(トノサマバッタ等)が数世代にわたって集団生活をする条件が整いにくいため、限られた地域でしか発生していない。 また、エントモフトラ属(ハエカビ属・ハエカビ目)のカビを始めとした天敵の存在も、結果として蝗害を抑えていると考えられている[34]。 このカビは寄生性のようで、昆虫などはよく寄生されて命を落とすことが多いみたいです。 仮にサバクトビバッタが日本に飛来したとしても、このカビによって日本国内での被害はかなり小さく済む可能性は高いようですね~。 ちなみに、ウィキペディアによると 「このカビの特性を利用して害虫などの駆除も過去に試された」とのこと。 その試みについての記事は見つからなかったのですが、害虫などがカビによって駆除できたら色々とメリットもありそうです。 ただし、一回も上手く言ったことがないようですよw サバクトビバッタが日本に来る可能性と侵入経路についてのまとめ サバクトビバッタが日本に来るにはまず中国に入る必要があります。 しかし、サバクトビバッタはヒマラヤ山脈を超えれないので、中国に侵入することは現実的には難しいようです。 国連の機関でも中国をサバクトビバッタの被害区域に含んでいないことから、中国侵入の可能性はかなり低いんでしょうね。 ということは、 サバクトビバッタが日本に来ることも現実的には難しいということですね。 仮に中国にサバクトビバッタが侵入しても、平均100~200kmの飛行距離を踏まえると日本への飛来は難しそうです。 朝鮮半島まで来たら流石に海を渡って飛来しそうですが、サバクトビバッタの構造上中国大陸を横断してくるのはまず不可能でしょう。 ただ、過去にはフィリピンで大量発生したトノサマバッタが、風を利用して 台湾経由で日本へ長距離飛来してきたという事例もあるので、日本も一応油断はできませんね! 関連: 関連:.

次の

三つの終末的試練に直面する中国 : 200兆匹のイナゴ軍団が中国に迫る。国連は過去1年半で個体数が「6400万倍増加した」と発表。そして、彼らはどんな荒地でも進行する能力を持つ

サバク トビ バッタ 中国

・ 大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました。 ニュース映像を見て、私自身は「習さんは武漢自体に行かなかったのでは」と邪推していましたが、病院には行かなかったにしても、武漢そのものには行ったようです。 それは、武漢の住人たちが、当日の写真などをソーシャルネットに投稿していたことからわかったものです。 ニュース映像では、習主席は、少人数で武漢の街を歩き、市民たちに手を降ったりしている光景が放映されていまして、「警備薄いのだなあ」と思っていましたが、実際には、 「武漢では、目算で 2000人ほどの護衛警察と狙撃兵が周囲を警護していた」 と、市民の人たちがソーシャルネットで述べていました。 ・ なお、米国の中国語報道メディア は、2012年以来、習主席は 10件の暗殺未遂に遭っていると報じていました。 そして、その 3月11日に武漢に入った習主席の姿を地元の人が撮影した中で、中国本土の人々の間で非常に話題となった写真が次のものです。 3月11日 武漢 ・ 武漢の地元の役人と会談した時の様子だそうですが、一人だけで座っているようにも見えます。 表情も、疲れているようにも見えるものでした。 理由や状況を中国のネットユーザーたちはいろいろと議論していましたが、それについては、まあいいです。 いずれにしましても、このような報道は、中国語での報道でしか見られないものでもありまして、最近は、中国語報道を見ることも多いのですが、3月13日の報道で、 「現在のイナゴの大群の恐ろしい真実。 薬剤散布のドローンで雲南省への侵入を阻止するのは困難かもしれない」 というタイトルの記事を見ました。 以下の記事で、アフリカから中東で発生しているイナゴの大群が、中国の隣国パキスタンにまで到達し、パキスタンでは過去最大級の農業被害が出ていることなどにふれさせていただきました。 これまで、中国当局は、過去の経験と「地形上の利点」から、中国の国内に、これらの海外から来たイナゴ(サバクトビバッタ)が侵入することはないだろうとしていました。 しかし、「イナゴの中国内への侵入の可能性」について、最近のの発表と、中国共産党農村部などの発表を合わせ読みますと、 「今年のイナゴの大群は、過去に経験したことのない規模」である可能性が高まっています。 どうやら、イナゴの状況は以下のようになっているのです。 イナゴの状況 ・国連によると、イナゴは過去1年半で「6400万倍」増加した ・現状で中国周辺には4000億匹以上のイナゴがいる可能性 ・6月までに現在の500倍の数に増加すると国連は試算 ・イナゴは最大高度 900メートルまで飛び、薬剤が届かない ・中国ではこのサバクトビバッタの他に、国内のバッタの大発生の懸念がある 最も侵入が懸念されている雲南省では「予防薬散布用の 20機のドローン」が準備されているということですが、「 4000億」のイナゴに対応できるのがどうかが疑問視されています。 なお、最も侵入が無念されているのは、以下のインドとパキスタンからの2つのルートを合わせた3カ所の国境のようです。 中東のイナゴの中国に至るまでの予想ルート ・ まずは、このことを取り上げていた記事をご紹介しまして、その後「 サバクトビバッタの持つ凄まじい集団行動能力」についてもふれたいと思います。 イナゴの大群の恐ろしい真実。 世界的に流行している新型コロナウイルスが武漢で発生したとき、東アフリカでは深刻なイナゴの被害が発生した。 そして現在、数千億のイナゴが中国の国境に近づいている。 雲南省には、イナゴ対策のために 15トンの殺虫剤と 20機のドローン(無人機)があるが、その効果には問題がある可能性がある。 たとえば、エチオピアがイナゴの被害に遭遇した際、エチオピア政府はイナゴを殺すために航空機を使用したが、航空機はイナゴに囲まれ、作業は困難をきわめた。 中国共産党林業局は、最近、東アフリカ、中東、および南アジアに広がったイナゴの被害が、パキスタンからチベットへ広がる可能性、そして、ミャンマーから雲南省に広がる可能性、あるいは、カザフスタンから新疆ウイグル自治区に広がるという 3つのルートで中国に被害を及ぼす可能性があるという緊急通知を発行した。 イナゴの大群が段階的に近づいていることに直面する中で、中国共産党の農民省、税関総局、および林業と牧草局の全国連合は、イナゴの監視と管理のための計画を発行し、すべての地域に早期の警告と対策を強化することを要求した。 中国 CCTV のレポートによると、雲南省大理ペー族自治州の森林草原局は 3月10日、サバクトビバッタの災害のリスクに積極的に対応するための一連の管理措置を採用したと述べた。 現在、雲南省大理ペー族自治州は、15. 5トンの予防および制御薬、162セットの予防および制御機器、460人の専門チームと 20機のドローンを備えている。 国連食糧農業機関(FAO)は、今年 2月11日にサバクトビバッタの災害に関する警告を世界に発行した。 中国共産党の関係者は、イナゴの中国への侵入の危険性が大幅に増加した と述べている。 イナゴの中国への侵入が一旦発生すると、農業生産を直接脅かし、生態学的環境を損ない、通常の生活秩序に影響を与え、さらに社会的危機を引き起こす事象にさえなる可能性がある。 2月、中国の隣国パキスタンは、イナゴの大発生による緊急事態を宣言した。 同じ月に、中国政府は、イナゴの発生に対応するためにパキスタンを支援する計画を議論するため、隣国パキスタンに、中国の専門家で構成される「根絶のためのワーキンググループ」を送った。 中国の専門家たちがパキスタンのイナゴの被災地を調べたとき、専門家グループは、状況が予想よりも悪いことを見出していた。 サバクトビバッタは、東アジアのトビバッタよりもサイズが大きく攻撃的であり、人を噛むことさえある。 これらの状況からは、雲南省に準備された 15トンの薬を搭載した 20機のドローンでは、イナゴの軍隊への対応には役に立たないかもしれないことが考えられる。 エチオピアでは、イナゴの大群に対して、民間の航空機を雇って薬剤を吹き付けたが、頻繁な雨がその吹き付けを妨害した。 エチオピアの噴霧器のパイロットは、以下のように述べている。 「イナゴたちは、高さ約 914メートルまで飛んでおり、しかも、その大きさは航空機の空気取り入れ口をブロックするのに十分な大きさであり、非常に危険でした」 パイロットによれば、ある日の散布作業を終了した後、航空機の機体全体が昆虫の粘液でいっぱいになり、フロントガラスも見えなくなった。 サバクトビバッタは、世界で最も破壊的な移動性害虫であると考えられており、1日あたり最大 150キロメートル移動することができる。 国連食糧農業機関の情報によると、イナゴは自分の体重とほぼ同じ重量である約2グラムを食べる。 1平方キロメートルの地域を覆うイナゴの群れは、1日に 35,000食を食べることができると報告されている。 国連食糧農業機関の害虫駆除の専門家は、2020年は、過去最大級のイナゴ侵入の年だが、私たちはこの状況に漫然と対応してはいけないと述べる。 「真剣に準備しなければ、イナゴが侵入した地域全体がイナゴの被害に飲み込まれてしまいます。 これは非常に大きな危機なのです」 食糧農業機関の関係者は、イナゴの個体数は、この 1年半で 6,400万倍増加したという。 国連は 1月、イナゴの発生に対応するために 7600万ドル(約 80億円)が必要になると述べました。 3月上旬までに、必要な金額は 1億3800万ドル(140億ドル)に増加した。 現在までに、国連に寄付された額は、そのうちのわずか 5200万ドル(50億円)に過ぎない。 必要額からは程遠いのが現状だ。 ここまでです。 サバクトビバッタのすさまじい能力 次にご紹介するのが、 「サバクトビバッタがどのように砂漠を横断できているのかがわかった」というものです。 砂漠は強風が吹き荒れるなどの、空を移する生物には極めて苛酷な場所で、そのため砂漠の空中には鳥などもあまり飛びませんが、このサバクトビバッタは、どのように砂漠の長距離を移動して、中東とアフリカの広範囲を荒らしているのか。 イナゴというのは、通常は、以下の動画のように、 何となく「無思慮にただ飛んでいる」だけのように見えます。 これはエジプトでの 3月の光景で、イナゴの大群の中を笑いながら陽気にドライブする男性たちの様子です。 これはどういうことかといいますと、何と、 「サバクトビバッタは、砂漠の強風に個体が飛ばされないように小さなグループにわかれて集まり、地面で待機しながら《少しずつ少しずつ砂漠を進んでいく》のです」 下の黒く見えるところが、「イナゴの小グループの群れのかたまり」です。 砂漠の強風にもこれで飛ばされないのです。 そして、 「小グループから、先にある小グループまでの短い距離を低く飛び」強風に流されることを最大限に避けています。 ・ ・ 草原を飛んでいる時は「大隊」として飛ぶサバクトビバッタですが、砂漠を渡る時は「小隊」に分かれて、慎重に進んでいくようなのです。 この様子を見ていて、私は、 「この人たちは…もしかして、頭がいいのでは…」 と、何だか、やや感動してしまいました。 しかし、同時に、このような事実がわかると、中国でイナゴの侵入が考えられている3つのルートが 「どれだけ荒れた土地であろうと」彼らは進んでいくはずです。 そして、その数は 4000億匹などの途方もないもので、国連の試算通りに、6月までに現在間の 500倍の個体数になるようなことがあれば、 「 200兆匹というような天文学的な数のイナゴに中国が襲われる可能性がある」 という示唆もないではないのかもしれません。 そういえば、タイトルに「三つの試練」と入れていますが、三つとは、「新型コロナウイルス」と「イナゴ」、そして、によれば、通常なら秋に発生して農作物を荒らす「ヨトウムシ」が、中国で早期の大発生をしているのだそうです。 報道には、 中国の食糧供給は複数の危機に直面している。 とあります。 もちろん、中国で深刻な食糧危機が起これば、その影響は中国だけの問題ではまったくないはずです。 新型コロナウイルスが発生した際、ウイルスそのものの問題ではない部分がどれだけ大きかったかを思います。 中国人観光客が来なくなったとか、機械や電化品の部品や製品が入らなくなったとかそういう甚大な影響を私たちは目の当たりにしています。 そういう「中国発の危機」がさらに拡大する可能性が出ているのです。 来月くらいまでには、中国へのイナゴの侵入に関しての状況も明らかになるとは思いますが、ただ、中国奥地の情報というものは、あまり外部に伝わりませんので、わからないままなのかもしれません。 ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。 お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。 されるか以下のバナーからご登録できます。

次の

中国の最新情勢をご紹介。バッタによる食料不足で中国共産党崩壊か?

サバク トビ バッタ 中国

イナゴ(サバクトビバッタ)の大群がアフリカ大陸からインドを通過し現在は中国に来襲しています。 その数は4000億とも言われており、大群は幅40km、長さ60km、重量80万トンと過去最悪の規模で世界各地の農作物を食い荒らしながら移動しています。 特に中国は新型肺炎のコロナウイルスで混乱しており、泣きっ面に蜂状態となっています。 中には日本にもやってくるのではと心配している方もいました。 以下動画と飛んでいる巨大イナゴの画像も含まれますので、苦手な方閲覧注意です。 アフリカではヘリコプターからの消毒液を巻いていましたが焼石に水状態でした。 イナゴの大群は東アフリカで発生、ソマリア、エチオピア、ケニア、南スーダン、ウガンダ、中国、インドが主な被害地となっています。 コロナウイルスとのダブルパンチで流通不全と食糧危機も危惧されています。 日本には多分来ない アフリカから欧州ではなくインドから中国に向かったのは偏西風によりでしょうか。 偏西風は日本にも向かっていますが、日本海があるので恐らく日本までは来ないはずです。 (アフリカ大陸からサウジアラビアに移動した際紅海を越えているようなので、サバクトビバッタの飛行能力があれば物理的には日本への来襲は可能ではあるようです。 ) ただし土の中に卵を産む性質があるので、土ごと人の手によって移動すれば、ヒアリのように今後日本で定着し大量発生しないとも言い切れないです。 虫が苦手な私としては何としてもこのイナゴの大群だけは阻止してもらいたいです。 先週「アフリカでイナゴが大発生!」 今朝「イナゴがインドに到達!」 夕方「イナゴが中国で大暴れ!」 無茶苦茶やね。 カラコルム越えられる訳ないね。 — 皿屋敷 sarayashiki ちなみに寿命も1か月から長くても3か月とかなり短いとのこと。 ネットの反応まとめ まずくて食べられないそうです。 しかし硬くて食べられなかった。 大量発生し群体になると、特殊なホルモンにより茶色の硬いイナゴへと変わる。 翅を硬く強固にし、長距離の飛行を可能にし、多くの個体に餌を確保させるための変化です — Herp-about. これを相変化と呼ぶ。 数が減ると、元の緑に戻るんだとか、日本でバッタと言われているのはイナゴの一種で、こういう変化は起こさない。 バッタとイナゴの違いは相変化するかしないか。 とんだ風評被害だなあ」と思っているのだ。

次の