電気料金 関東。 東京・関東で選べる電力会社71社の電気代比較シミュレーション|『正確さNo.1』新電力比較NPCプラン

関東地方の電気代平均、夏冬の電気代平均と特徴は?

電気料金 関東

00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 19. 88円 120kWh超過300kWhまで 25. 41円 300kWh超過分 26. 40円 関東エリア C (東京電力 従量電灯 C 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 286. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 19. 88円 120kWh超過300kWhまで 25. 19円 300kWh超過分 26. 01円 関西エリア 関西エリア A (関西電力 従量電灯 A 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 最初の15kWhまで 341. 02円 電力量料金 (1kWh) 15kWh超過120kWhまで 20. 32円 120kWh超過300kWhまで 24. 44円 300kWh超過分 25. 97円 関西エリア B (関西電力 従量電灯 B 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 396. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 17. 92円 120kWh超過300kWhまで 19. 96円 300kWh超過分 21. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 21. 07円 120kWh超過300kWhまで 24. 75円 300kWh超過分 25. 19円 中部エリア C (中部電力 従量電灯 C 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 286. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 21. 07円 120kWh超過300kWhまで 24. 75円 300kWh超過分 25. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 18. 58円 120kWh超過300kWhまで 25. 08円 300kWh超過分 28. 60円 東北エリア C (東北電力 従量電灯 C 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 330. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 18. 58円 120kWh超過300kWhまで 25. 08円 300kWh超過分 28. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 17. 85円 120kWh超過300kWhまで 21. 24円 300kWh超過分 21. 29円 北陸エリア C (北陸電力 従量電灯 C 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 242. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 17. 85円 120kWh超過300kWhまで 21. 19円 300kWh超過分 21. 69円 中国エリア 中国エリア A (中国電力 従量電灯 A 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 最初の15kWhまで 337. 37円 電力量料金 (1kWh) 15kWh超過120kWhまで 20. 79円 120kWh超過300kWhまで 26. 95円 300kWh超過分 27. 94円 中国エリア B (中国電力 従量電灯 B 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 407. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 18. 10円 120kWh超過300kWhまで 23. 08円 300kWh超過分 23. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 17. 46円 120kWh超過300kWhまで 22. 55円 300kWh超過分 23. 32円 九州エリア C (九州電力 従量電灯 C 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 297. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 17. 46円 120kWh超過300kWhまで 22. 55円 300kWh超過分 23. 32円 四国エリア 四国エリア A (四国電力 従量電灯A 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 最初の11kWhまで 411. 40円 電力量料金 (1kWh) 11kWh超過120kWhまで 20. 37円 120kWh超過300kWhまで 26. 48円 300kWh超過分 28. 52円 四国エリア B (四国電力 従量電灯B 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 374. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 16. 97円 120kWh超過300kWhまで 21. 69円 300kWh超過分 22. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 23. 98円 120kWh超過280kWhまで 28. 62円 280kWh超過分 30. 35円 北海道エリア C (北海道電力 従量電灯 C 相当) (下記料金はすべて税込) 区分 ご請求額 基本料金 (1契約) 1kVA につき 対象契約容量:6kVA~49kVA 341. 00円 電力量料金 (1kWh) 最初の120kWhまで 23. 98円 120kWh超過280kWhまで 28. 62円 280kWh超過分 30. 35円• 日割り計算は、一律でひと月を30日とします。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくはをご覧ください。 料金計算方法• ただし、「関西エリア A」 「中国エリア A」 「四国エリア A」 ではご契約アンペアの設定がないため、一律で所定の基本料金がかかります。 これは電力の供給に必要な燃料価格に応じて所轄の一般送配電事業者により毎月単価が設定され、燃料価格が上昇した場合は調整額を加算し、燃料価格が低下した場合は調整額を差し引きくものです。 これは、再生可能エネルギーの普及を目的に、電力会社等に買取費用に応じて交付される交付金の見込額と電力会社等の想定供給電力量等をもとに、国が定めた基準に基づき、お客様の使用電力量に応じて徴収されるもので、ニフティ会員特別でんきプランの利用料金と共にお支払いいただきます。

次の

電力自由化、日本最大の激戦区「関東の事業者」を比較してみました | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

電気料金 関東

「 tohoku-epco. jp」 「よりそうeねっと」にログインし必要事項を入力してください。 〔お乗りかえのお客さま〕 現在の契約の供給地点特定番号が分かるもの 電気ご使用量のお知らせ等 をご準備ください。 〔首都圏へお引越しのお客さま〕 お引越し先の住所をお間違えのないようご入力ください。 お支払いはクレジットカード払いまたは口座振替のみとなります。 【当社とすでにクレジットカード払いまたは口座振替のご契約をお持ちのお客さま 】 既存のご契約と同じお支払い方法をご希望される場合は、新規手続きは不要です。 ご登録いただいたメールアドレスに、契約受付が完了した旨のご連絡をいたします。 必要に応じてスマートメーターの取替作業を実施いたします。 東京電力より委託を受けた工事会社が、お客さまへ工事日時の調整のお願いのご連絡をいたします。 既にスマートメーターを取付されている場合は、取替はいたしません。 当社とのご契約内容に関する確認書類を「よりそうeねっと」内で通知いたしますので、ご確認いただきますようお願いいたします。 毎月の電気料金や使用電力量は、「よりそうeねっと」内で簡単にご確認いただけます。 燃料費調整単価等のお知らせ• ご契約に関する重要事項説明.

次の

関東 MP/AP 従量電灯 B|電気料金プランの比較表|新電力ネット

電気料金 関東

「電力会社を切り替えたいけど、どこを選べばいいか分からない…」という方に向けて、この記事ではおすすめの電力会社を紹介します。 おすすめの電力会社を見つけるには、電気料金の安さ、特典・割引の内容、キャンペーンの有無、供給実績を詳しく比較する必要があります。 しかしそれを自分でやるのは至難の業。 そこでこの記事では長年電力業界にいた筆者が徹底的に調べ上げ、 本当におすすめできる電力会社を分かりやすくまとめました。 上記の5社以外にも、様々な目的や状況別におすすめできる電力会社はあるのでそれぞれ詳しく紹介します。 初めて電力会社を乗り換えるという方も、すでに乗り換えたことがあるという方もぜひ電気代の見直しの参考にしてください! 離島を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -78円 3~4人世帯 400kwh使用 -793円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,121円 電力自由化直後からサービスを開始し、すでに20万件を超える供給実績のあるLooopでんき。 シンプルなプランとお得な電気料金で、 2020年現在もっともおすすめできる新電力です。 基本料金が0円 Looopでんきは、 基本料金が0円の新電力。 これまでの電力会社では毎月数百円から1,000円前後の基本料金を支払っていましたが、Looopでんきはその分を まるまる0円にできるのです。 基本料金はアンペアが大きいほど高いので、40A以上など契約しているアンペアが大きい方ほど節約効果も大きく、業界でも最安クラスの安さで利用することができます。 Looopでんき+ガスの契約も可能 Looopでんきは東京でガスのサービスも展開していて、 Looopでんき+ガスとしてセットで契約することが可能。 セット割が適用されることで、電気代だけでなくガス代も節約することが可能。 電気とガスをまとめたい、光熱費全体で節約したいという方にもピッタリの新電力です。 環境に優しい電気を使える また、Looopでんきは再生可能エネルギーを多く使用した環境にやさしい電源構成も魅力。 Looopでんきは電気料金の安さと環境への低負荷を両立させた数少ない新電力と言えます。 東京電力エリア、東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -47円 3~4人世帯 400kwh使用 -1,282円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,494円 エルピオでんきは電気料金の安さに特化した新電力で、特に電気をたくさん使う家庭におすすめです。 電気使用量が多いほど安くなる エルピオでんきの最大の特徴は、電気をたくさん使う家庭でとにかく電気料金が安いこと。 特に電気をたくさん使った時 300kwh~ の単価が安く設定されているため、 電気代が1万円を超える家庭などでお得に利用できます。 ガスとのセット割や基本料金0円などの飛び道具はないですが、シンプルに電気料金が安くなるのが魅力です。 料金プランはいくつか用意されていますが、関東・東北・中部エリアでは「スタンダードプランS」、関西・中国・四国・九州エリアは「使った分だけSプラン」がそれぞれ最もお得に使えるプランです。 キャッシュバックが高額 また、エルピオでんきでは高額なキャッシュバックを実施しているのも特徴。 2020年6月現在では、 電気代3ヵ月15%OFF&3,000円~20,000円のキャッシュバックを実施しています。 業界でもかなり高額なキャンペーンなので、気になる方は実施中の申し込みがおすすめです。 北海道を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -165円 3~4人世帯 400kwh使用 -736円 5人以上世帯 650kwh使用 -1,451円 電気使用量が少ない方ほどお得 シン・エナジーは電気をあまり使わない 省エネ志向の方が特にお得になる電力会社。 ここまで紹介してきた電力会社は電気をたくさん使う方がお得でしたが、シン・エナジーは月の電気代が~8,000円くらいまでの方にピッタリの電力会社です。 一人暮らしや二人暮らし、あまり電気を使わない3人家族などが該当しますね。 深夜が安くなるプラン また、シン・エナジーには 深夜の電気料金が安くなる「生活フィットプラン」も用意されています。 共働きの家庭や、日中あまり家にいない方、休日に家族が多く集まる家庭などで特に大きな節約が見込めますよ。 シン・エナジーでは現在、新規申し込みでAmazonギフト券やWAONポイントなどと交換可能な「JOICAセレクトギフト」3,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。 東京電力エリア 1ヵ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -180円 3~4人世帯 400kwh使用 -899円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,300円 電気使用量に合わせた豊富なプラン CDエナジーでは一人暮らしから大家族まで使用量に応じたプランが用意されています。 そのため、どんな使用量の方でも自分にピッタリなプランを選んでお得にすることができます。 電気とガスをセットにできる CDエナジーはガスとセットで契約することも可能。 セット割が適用されることで、電気代、ガス代がさらに0. 5%OFFになります。 他のセットにできる会社では、電気とガスいずれかしか安くできない場合が多いため、どちらも安くできるのはCDエナジーの大きな魅力です。 電気ガス代の支払いでポイントが貯まる さらに、電気ガス代の支払いで毎月独自のポイントが貯まります。 貯まったポイントはTポイントやdポイントなど様々な提携ポイントと交換できたり、貯まったポイントを電気代の支払いに充てることも可能です。 CDエナジーでは現在、新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 検討している方はお早めの申し込みがおすすめです。 東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア 1ヵ月の 節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -138円 3~4人世帯 400kwh使用 -953円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,381円 基本料金が0円 あしたでんきは、 Looopでんきと同様に基本料金が0円の新電力。 電気代は使った分だけ支払えばよく、大きなアンペアで契約していた方ほどお得になるのが魅力です。 Looopでんきに比べてサービス面は若干劣りますが、電気代はさらに100円~300円ほど安くなるように設定されています。 たくさん使う方向けのプランも用意 あしたでんきでは電気をたくさん使う人向けに「たっぷりプラン」も用意。 基本料金は3,000円かかりますが、単価が非常に安く設定されています。 電気代が20,000円を超えるような使用量が多い家庭では一か月に3,000円近くも電気代を節約することも可能です。 安心の東京電力グループ あしたでんきは新電力でありながら東京電力のグループ会社。 東電の社員も多数出向しており、電気に関するノウハウも豊富です。 そして電気料金は北海道に次いで全国2位の高さ。 そのため、数ある新電力の中から本当に信頼出来て電気料金も安くなる電力会社を選ぶのが大切です。 関東エリアでは、ランキングで紹介したLooopでんき、エルピオでんき、シン・エナジー、CDエナジーの他にも、 東京ガスの電気もおすすめです。 東京ガスの電気 東京ガスの電気はご存知東京ガスが提供する電気のサービス。 印象的なM効果もあり、新電力として契約者は全国No. 1の実績を誇ります。 東京ガスの都市ガスとのセット割が用意されており、電気とガスをセットで契約すると毎月270円が割引されます。 また、電気やガスの支払いでパッチョポイントが貯まり、様々な商品や提携ポイントと交換が可能。 また、電気のトラブルに無料で対応してくれるなどのサービスも付帯します。 電気代が安くなるだけでなく、豊富な特典や抜群の実績も兼ね備えた新電力です。 関西エリアでおすすめの電力会社は? 関西エリア(京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、和歌山、福井の一部、三重の一部、岐阜県の一部)は関東に次いで2番目に電気を使う人口が多いエリア。 電気をたくさん使う人は先ほどのランキングのエルピオでんき、Looopでんきがおすすめですが、電気をあまり使わない人は シン・エナジー、関西電力の「なっトクパック」(電気とガスのセット契約プラン)がおすすめです。 電気とガスをまとめられる関西電力がおすすめ 関西電力「なっトクパック」は、電気とガスをセットにしたプラン。 電気代、ガス代ともに安くすることができます。 特に使用量が少ない家庭では電気だけでの節約は限界があるため、ガスもセットでお得にすると良いでしょう。 関西電力エリアにおすすめ電力会社はこちらでも詳しくまとめています。 北海道では特に基本料金が高いため、 基本料金が0円の電力会社がおすすめになります。 北海道で利用できる基本料金0円の電力会社でおすすめは Looopでんき。 基本料金は契約しているアンペアによって料金が変わり、北海道電力では40Aなら1,364円、60Aなら2,046円です。 一方Looopでんきは何アンペアで契約していても0円なので、それだけで1,000円~2,000円を節約できることになります。 基本料金0円は多くの方にメリットがありますが、北海道の方は特にその恩恵を受けられるのです。 北海道電力エリアでおすすめ電力会社はこちらで詳しくまとめています。 中部地方で特におすすめの電力会社は あしたでんき、エルピオでんきの2社です。 1人~4人家族まではあしたでんきがお得で、4人以上で電気をたくさん使う家庭ではエルピオでんきがお得になります。 一人暮らしにおすすめの電力会社は? 一人暮らしの方は電気をあまり使わないため、電気をよく使うファミリー世帯とは異なる電力会社がおすすめになります。 一人暮らしの方は 使用量が少ない時の単価が安いシン・エナジー、 毎月一律額が割り引かれるCDエナジー「シングルでんき」を選ぶとお得です。 一人暮らしにおすすめの電力会社はこちらの記事でも詳しくまとめています。 電気ガスのセット契約ができる電力会社は上でも紹介したCDエナジーや東京ガス、関西電力がありますが、他にも ニチガスもおすすめです。 また、小田急グループが提供する 小田急でんき、東急グループが提供する 東急でんきも、それぞれガスとのセット契約が可能です。 スマホとまとめるのにおすすめの電力会社は? 大手スマホキャリアで電気のサービスを行っているのはauとソフトバンクの2社です。 auでんきは電気代の支払いでPontaポイントが貯まります。 また、電気のトラブルに無料で駆けつけてくれるサービスも利用できます。 オール電化におすすめは? 現在、オール電化の家庭の方で2016年より前に設定された料金プランを利用している人は、料金プランを変更してしまうと高くなってしまいます。 つまり、そうした方々は「 今の電力会社を使い続けることがおすすめ」となります。 ただそれ以降に設定された料金プラン、例えば東京電力であれば「スマートライフプラン」を利用している人には、必ず安くなる出光昭和シェルの電気がおすすめです。 Looopでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 エルピオでんき ・たくさん使う人が特に安くなる シン・エナジー ・少量使用者が安くなるプラン CDエナジー ・使用量で選べる3つのプラン ・定額サービスが無料になる3つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFF ・カテエネポイントが100円=1P貯まる 東京ガス ・少量使用者、ファミリー世帯で選べる2つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFFまたは月275円引き ・パッチョポイントが1,000円=15P貯まる あしたでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ニチガス ・200kwhまで定額。 3人家族以上で安くなる ・ガスとのセットで月300円引き 出光昭和シェルの電気 ・たくさん使う人が安くなる 楽天でんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ・楽天ポイントが最大100円=1. 開示されていないものは「開示なし」とします。 CDエナジー 開示なし あしたでんき 開示なし ソフトバンクでんき 開示なし シン・エナジー 開示なし 親指でんき 卸電力取引所 100% Looopでんき 再エネ 23. 4% 、水力 2. 卸電力取引所とは電気の取引を行う市場で、ここには火力、原子力、水力など様々な方法で発電した電気が含まれます。 また「その他」「開示なし」の場合は詳細が不明です。 そのため100%自社発電の電気を利用できる電力会社はほとんどないのが現状です。 電力会社の4つの比較ポイント 電力会社を比較する際のポイントを4つ紹介します。 電気料金 電力会社を比較する際は、まずはその電力会社の電気料金を比較しましょう。 比較の方法は、従来の電力会社(東電など)に対して、 基本料金、単価がどれだけ安いのか?を見ることです。 一般的に、以下のことが言えます。 セット割・特典の豊富さ セット割や特典の豊富さを比較することも重要なポイントです。 自分が普段からよく使うサービス(ネット、スマホ、ガスなど)とセットにすることでそれらの料金を安くすることもできたり、ポイント特典が付く電力会社では電気代の支払いでポイントを貯めることもできます。 電気料金の節約だけでなく、生活費全体をお得にしたい方はセット割・特典が豊富な電力会社を選びましょう。 ただし、セット割や特典が豊富な電力会社は電気料金の安さで少し劣る場合が多いので注意しましょう。 キャンペーン 電気の乗り換え時にキャンペーンを実施しているかどうかを比較します。 キャンペーンの内容はギフト券のプレゼントであったり、電気代のキャッシュバックであったりします。 キャンペーンやキャッシュバックは、その金額の分だけ電気代をさらに安くできたということになります。 電気料金では若干高いとしても、キャンペーンを含めると安くなる場合も多いので、キャンペーンの有無と金額はしっかり比較しましょう。 電気の供給実績 その電力会社がどれくらい電力事業の実績があるのかを比較します。 電力会社(新電力)は、大きく分けて以下の3つに分類できます。 ・電力自由化以前から電力事業を行ってきた企業 例:出光昭和シェル、ENEOS、シン・エナジー ・電力自由化に合わせて電力事業に参入した企業 例:楽天でんき、auでんき、ソフトバンクでんき ・従来の電力会社の関連会社や子会社 例:あしたでんき 自由化以前から電力事業を行ってきた企業、従来の電力会社の関連企業は電力事業に関するノウハウが豊富です。 また、多くの電気の販売実績もあります。 電気を提供するインフラ企業としての実績を比較し、安心して契約できる電力会社を選ぶことも大切です。 電力会社を乗り換える前の基本情報 おすすめな電力会社は見つかったでしょうか?最後に電力会社を乗り換える前の基本情報をまとめます。 電力会社の乗り換え方法と流れ 電力会社の乗り換えは、公式サイトから申し込むだけで完了します。 申し込む際は 電気の検針票(新電力の場合はマイページ画面)、クレジットカードまたは口座番号を手元に用意しましょう。 公式サイトから申し込む• スマートメーターの設置作業が行われる• 現在の電力会社の解約が行われる• 電気が切り替わる 申し込み者がするのは1だけで、以降は何もする必要はありません。 工事は不要 電気の切り替えで工事はありません。 スマートメーターが未設置の場合のみ設置作業が行われますが、家の外にあるメーターの簡単な取替作業なので立ち合い不要、費用も無料です。 現在の電力会社の解約作業も不要 現在契約している電力会社の解約は、申込先の電力会社が代行してくれます。 自分で解約の手続きや連絡をする必要はありません。 約1か月で電気が切り替わる 電力会社によって異なりますが、おおむね申し込みから約1ヵ月で電気が切り替わります。 切り替え当日も何もする必要はなく、自然に切り替わります。 解約金・違約金がかかる場合がある 現在の電力会社を解約する際に、解約金や違約金が発生する場合があります。 なお、この記事で紹介してきた電力会社で解約金・違約金が発生するのは以下の電力会社です。 今までは必ず地域の決められた電力会社としか契約できませんでしたが、電力自由化以降、私たちは好きな電力会社と契約できるようになりました。 電力自由化以降に登場した電力会社は「新電力」と呼ばれ、大小あわせて500社を超えるといわれています。 乗り換えても電気の品質・安定性は変わらない 電気を家庭まで送る送電網はこれまでも従来の電力会社が管理しますし、乗り換え先の電力会社で万が一電気の供給がストップしても、代わりに従来の電力会社がバックアップする仕組みになっています。 これまでと全く同じ電気を使うことができます。 まとめ いかがでしたか? かなり長くなってしまいましたが、新電力会社への乗り換えにきっと役に立つと思います。 たくさんあって選ぶのが面倒だという方もいると思いますが、そうした方にはこの記事で紹介した「」からぜひ検討してみてくださいね。 , ,•

次の