梅雨明け 予想 関東。 2020年の梅雨入り梅雨明け解説‐お天気JAPAN

【2020最新】長野県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ?|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

梅雨明け 予想 関東

気象庁が2日に発表した「1か月予報」によりますと、全国的に暖かい空気に覆われやすいため、向こう1か月全体の平均気温は、平年より高いでしょう。 平年ですと、7月下旬~8月上旬は「一年で最も暑い」という所が多い時期です。 ただ、今年は、いつもより前倒しで、真夏の前から、厳しい暑さとなりそうです。 特に、北・東日本と、沖縄・奄美では、期間の前半に「気温がかなり高くなる」可能性があります。 北海道や東北、北陸、関東甲信、沖縄地方は7月8日頃から、7月下旬~8月上旬は、東海、奄美地方は7月10日頃から「かなりの高温」が予想され、「高温に関する早期天候情報」も発表されています。 農作物の管理や、体調管理に、ご注意ください。 【7月4日~10日】梅雨末期の「大雨」の恐れ 週ごとに詳しく見てみます。 7月4日~10日の平均気温は、北・東日本と、沖縄・奄美は、平年より高いでしょう。 西日本では平年並みの予想ですが、こちらも油断はできません。 この期間、日本付近は、高気圧の縁を回る「湿った空気」の影響を受けやすくなるでしょう。 「湿った空気」というのは、雨のもとになります。 このため、北・東・西日本では、前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて、曇りや雨の日が多くなりそうです。 特に、西日本や東日本では、今週末と、5日~7日頃にかけては、大雨の恐れがあります。 過去にも、梅雨末期の大雨で、被害が発生した例がありますので、雨の降り方に十分お気をつけください。 【7月11日~17日】梅雨明けラッシュか? 7月18日~31日も、全国的に高温傾向でしょう。 22日は二十四節気の「大暑」で、暦の上では「一年で最も暑い時期」を迎えます。 実際にも「一年で最も暑い時期」に差し掛かりますが、今年は、いつもより暑さがレベルアップしそうです。 さらに、今年は新型コロナウイルス感染予防対策をしながら、熱中症にも予報対策が必要です。 無理をしないで、2メートル以上の距離が保てる所では、マスクを外して、涼しくしてください。 天気は、全国的に平年と同様で、北日本は曇りや雨の日が多いものの、東・西日本と沖縄・奄美は、晴れの日が多いでしょう。 広い範囲で、夏空の日が多くなりますので、万全な紫外線対策も心がけてください。 【北日本】北海道・東北地方 【東日本】関東甲信・北陸・東海地方 【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部 【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方.

次の

2020年の梅雨入り、梅雨明けはいつ?関東、関西、沖縄など地域ごとに傾向を解説

梅雨明け 予想 関東

関東・東京の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 関東・東京の梅雨明け予想は7月の半ばごろになります。 そして 関東・東京の梅雨明けの平年時期や、観測が始まって過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 関東・東京は沖縄が梅雨明けしてから一ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に関東・東京の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 一般的に関東地方は1都6県を指して呼びます。 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 今回は、ここに「長野県と山梨県」を入れて関東地方として扱っていますので注意してください。 関東・東京の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータでは関東・東京の梅雨明け時期、平年の様子も出ています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 関東・東京【2000年~2019年】 スポンサードリンク あとがき 2020年関東・東京の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 関東の梅雨 日にち、期間 梅雨明け予想 7月15日~7月24日ごろ 平年 7月21日ごろ 過去最も早い日 2018年6月29日ごろ 過去最も遅い日 1982年8月4日ごろ あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はジメジメした日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えはしてくださいね。

次の

関東甲信の梅雨入り・梅雨明け予想!2020は?

梅雨明け 予想 関東

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が、当初の2020年5月6日までから、5月末日までに延長されました。 外出自粛、在宅勤務など、私たちの生活に大きな影響を与えています。 さて、6月の声を聞くと予想されるのが梅雨入り。 2020年はどうなっていくでしょうか。 1.関東甲信の梅雨入り予想 まず、そもそもの梅雨入り予想について、あるサイトには「気象庁が発表した2020年の梅雨入り」とありますが、気象庁のホームページを見ても、2020年4月28日現在で梅雨入りの予想について日付は明記されていませんでした。 参考 ここでは平年の梅雨入りと昨年の梅雨入りについて記載されています。 それによると、関東甲信地方では、平年は 6月8日ごろ、昨年は 6月7日ごろとなっています。 「~ごろ」と日付を明記していないのは、梅雨入り(梅雨明けも同じ)は、例年5日間くらいの幅をもって示されるもので、その真ん中の日をとって梅雨入りの日としているからです。 2.気象予報会社の梅雨入り予想 一方で気象予報会社では独自に梅雨入り予想を発表しています。 ウェザーニュース社によると、2020年の関東甲信地方の梅雨入りは例年より遅くなり、 6月中旬とされています。 昨年の梅雨入りは6月7日ごろでしたが、それより1週間程度遅くなるとのことです。 引用元 6月には新型コロナウイルスによる緊急事態宣言はどのようになっているでしょうか。 はたして収束の方向に向かうのか。 3.私の愛用している晴雨兼用傘 以前にこのブログでも紹介しましたが、私は晴雨兼用傘を持っています。 楽天で購入 >>関連記事 また今年も活躍してくれるでしょう。 4.関東甲信地方の梅雨明け予想 梅雨入り予想に続いて、梅雨明け予想です。 先ほどの気象庁のホームページによると、関東甲信地方の梅雨明けは、平年で7月21日ごろ、昨年は7月24日ごろとなっています。 5.気象予報会社の梅雨明け予想 2020年の関東甲信地方の梅雨明けは平年並みかやや早く、昨年と比べると 一週間ほど早くなります。 引用元 6.梅雨はなぜ起こるのか、子ども向けに説明があった 梅雨がなぜ起こるかということについて、子ども向けに説明しているサイトがありました。 オホーツク海気団と、先ほどの小笠原気団のふたつ……の間には、東西に梅雨前線(ばいうぜんせん)という境目(さかいめ)ができて停滞(ていたい)します。 冷たい空気とあたたかい空気のおし合いがおこり、これが、日本の上に、たくさんの雨をふらす原因(げんいん)となっているのです。 とても分かりやすい説明です。 お子さんに聞かれたら、このサイトをみて、説明してあげてくださいね。

次の