ハイドン 弦楽四重奏。 キアロスクーロ四重奏団/ハイドン: 弦楽四重奏曲第75番

【カルテットがおもしろい】弦楽四重奏曲の名曲と名盤をまとめてみた

ハイドン 弦楽四重奏

76-2 "Fifths" ハイドンのエルデーディ四重奏曲は、パパ ハイドンの弦楽四重奏曲は、全部で83番まであります。 番号の振っていないニセモノくさいものを入れると、もっと増えるそうですが〜 最も有名で演奏されるのが、後期のエルデーディ四重奏曲と呼ばれる作品群でしょうか。 あっ 単発の1曲を、エルデーディと呼んでいるのではなく、6曲のグループ名(曲集)です。 あまり馴染みがないので、ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみたら ハイドンが、1791年から92年、94年から95年にイギリスに行っているのですが、その旅行からウィーンに戻ってきて書かれた作品だそうです。 ハイドンは、1732年生まれなので、既に60代半ばなのですが、まだ隠居するどころではなく、 創作意欲に溢れていたようです。 で、1797年〜99年頃に、エルデーディ伯爵の依頼で作られ、同伯爵に献呈されたので、ヴァイオリン2挺、ヴィオラ、チェロの弦楽四重奏曲6曲をまとめて「エルデーディ四重奏曲」と呼ばれています。 1 弦楽四重奏曲 第75番 ト長調 Hob. III:75 op. 76-1 2 弦楽四重奏曲 第76番 「五度」ニ短調 Hob. III:76 op. 76-2 3 弦楽四重奏曲 第77番 「皇帝」ハ長調 Hob. III:77 op. 76-3 4 弦楽四重奏曲 第78番 「日の出」変ロ長調 Hob. III:78 op. 76-4 5 弦楽四重奏曲 第79番 「ラルゴ」ニ長調 Hob. III:79 op. 76-5 6 弦楽四重奏曲 第80番 変ホ長調 Hob. III:80 op. 76-6 サブタイトル付きなので、とっつきやすく、親しみやすいかな。 と思います。 ちなみに、「五度」という呼び名は、冒頭の五度下降動機にもとづくもの。 「皇帝」は、第2楽章の主題が、オーストリア国家(現ドイツ国歌)「神よ、皇帝を護り給え」からの由来によるもの。 「日の出」という呼び名は、冒頭、緩やかに上昇する第1主題が、日の出をイメージさせることから。 「ラルゴ」は、第2楽章のラルゴが、印象的であることから〜と、それぞれ、愛称の由来があるようです。 クイケン四重奏団 1995年 Kuijken String Quartet 録音状態は極めて良い。 すきっとした味わいだが、とってもコクがあり、艶があり、典雅な美しい演奏だ。 カップリング: 1〜4 ハイドン 弦楽四重奏曲第75番 5〜8 ハイドン 弦楽四重奏曲第76番「五度」 9〜12 ハイドン 弦楽四重奏曲第77番「皇帝」 エルデーディ四重奏曲の全6曲(第75番〜第80番)を収録した2枚組BOXもあるし、Blu-spec CDも発売されている。 1楽章 ピリオド楽器による演奏は、苦手なのだが〜 このクイケン四重奏団の演奏には、うっとり〜してしまう。 艶のある音が、とても良い録音状態で収められており、文句のつけようのない耳のご馳走になっている。 この演奏は、ハイ、ウソ偽りなく極上でしょう。 ハイドンの弦楽は、明朗だ。 穏やかで安定感があり、いつ聴いても良い意味で平穏と言ってもいいだろうし、いささか尖っていた気分や、むっとしてた時間がウソのように消え去り、精神的に落ち着く。 まあ、これが自分でわかるんだから、すごい音楽の威力、魔力だ。 音楽の力って、やっぱ凄い。 この五度は、チェロとヴィオラの低音の響きが美しく、鎮静剤のように効いてくる。 「しぃ〜み〜 ふぁ〜し〜 みれみふぁ らそふぁ しっ みぃ〜 れどしら しっ」 いやいや、「られみら〜 れどれみ そふぁみら れ〜どしらそ ら」という音なんだそうで、アハハ、また絶対音感がないので調子が外れてしまった。 どうも、ワタシの耳は、壊れているらしい。 それじゃー 五度にならんでしょ。 2楽章 「しぃ〜 そっそ しらそら しぃ〜 どぉ ふぁ〜 ふぁみれどしぃ〜」 「しぃ〜 そっそ しらそら しぃ〜 どぉ〜ふぁみ れぇぇぇ どれみ」 さっぱりとしたピチカートで、小声で囁かれる。 残響は少なめで、あまり後に残らない点が、モダンと違うような気がする。 だが、幾分、強めに弾かれると迫力があり、大きく残響が膨らむ。 この楽章は、ヴァイオリンが大活躍してて、チャカチャカ、チャカチャカとしているが、しぃ〜ら そっそっ。 という低音部のリズムの柔らかさ、タタタタというヴィオラの動きと、動きがみんな違うのだが、それでいながら調和がとれてるんだね。 3楽章 この楽章は、超渋いのだが、そこが魅力で個性的なのだ。 ちょっぴり、硬めで暗いのだが、「れみ ふぁっふぁそ ふぁみれ れみ ふぁそ らっら れ どみらっ」というフレーズは、面白い。 動物の鳴き声にも似ているし、ヴァイオリンのフレーズを、ヴィオラのチェロが追いかけていく。 裏返った声のように響くというか、鼻づまりの音が並んでいるような感じ。 調は、ニ短調なんでしょうねえ。 で、この主題部分が終わると、舞曲のようになるのだが、渋い。 ここは典雅というより、民族舞踊なのだ。 ロマ風にも聞こえるんだが、はてさて、どこの国の音楽だ・・・って感じの中央アジア? 中近東?って感じで、暗めのエキゾチックさを感じる。 これがメヌエットだというのだが、どこの宮廷音楽なのだ。 ハイドンさん、どこかの国から輸入したでしょ。 って感じの異色さだ。 4楽章 ここも、どこかロマ風というか、ひょいと、ヴァイオリンが、くるっと上に昇る。 この語尾といい、くるくる踊った感のふるフレーズは、やはり異色だ。 で、調は風変わりで、音色がころころ変わっていく。 リンゼイ四重奏団で聴いた時は、軽やかだと思ったのだが、クイケン四重奏で聴くと、少し暗めで渋みが感じられる風味となっている。 古楽器特有の音色なだろうか、明朗なフレーズなのだが、枯れた風合いと艶のある典雅さが、ないまぜになって、不思議な風合いとなっている。 とってもコクがあり、艶があり、典雅な美しい演奏だ。 リンゼイ四重奏団 1998年、99年 The Lindsay Quartet 録音状態は良い。 安定した艶のある明るさ、和音の美しさが心地良い。 カップリング: 1〜4 ハイドン弦楽四重奏曲第75番 5〜8 ハイドン弦楽四重奏曲第76番 五度 9〜12 ハイドン弦楽四重奏曲第77番 皇帝 ハイドン弦楽四重奏曲第76番 五度 ハイドンの弦楽四重奏曲は第83番まであって、とても聴けそうにもない。 有名どころって、いったい何番? 人気があるのは? って知人に訊いたら、エルデーディ四重奏曲と呼ばれる第75番から80番かなあ。 初期は、太陽四重奏曲やロシアか、プロシアかなあ。 と言っていた。 で、ウィキで調べたら、えーっ 初期だけで31番から49番じゃん。 あのぉ〜 全部で25曲になるんですけど・・・。 どだい無理じゃん。 こんな薦め方ないよぉ。 と、泣いてしまった。 まっ とてもムリなので、エルデーディ四重奏曲からでも、所有していた盤で、こつこつ聴かないと仕方ないようである。 で、今日聴いたのは、76番 この曲は97年に作曲されてて、冒頭の第1主題が五度の間隔で下降するから〜 ニックネームが五度。 ウィキによると 第1楽章 Allegro 冒頭で五度の主題が示されるが、楽章全体の様々なところに五度の音型がちりばめられている。 トリオへのつなぎでは大胆な転調が行われる。 第4楽章 Finale: Allegro ma non troppo 途中で転調しニ長調で終わる。 とあった。 「しぃ〜み〜 ふぁ〜し〜 みれみふぁ らそふぁ しっ みぃ〜 れどしら しっ」 「しぃ〜み〜 ふぁ〜し〜 みれみふぁ らそふぁ そ しらそし れどしっみ れぇ〜 どぉ〜し(どっし) どっし」 「そっ らそらし どぉ〜 しらそら しっれみっ」 ちょっと、緊張感の走る出だしだが、このあとの主題は明るいもの。 弾むテーマで、艶のある弦の響きが美しい。 「しれそし れっれ れ〜 れどしら そふぁしら そふぁみれ どぉ〜し っれっれ・・・」 リンゼイ四重奏団の演奏も、とても深みのある音で描かれている。 チェロの主題が良いですねえ。 声が良いわ。 で、リズムも、ところどころシンコペーションが出てきたり、長調なのか短調なのか、ふっと翳りが見えたりするので、どきっとしてみたり。 平板かと思って聴いていたら、結構、クセモノだったりする。 快活な演奏で、気持ち良いのと、華やかさを感じたり、開放感があったり、とてものびやか。 で、弦の声が命かしらん〜 リンゼイ四重奏団の音質は、まろやか、弱音の部分もチャーミングに演奏されている。 2楽章 「しぃ〜 そっそ しらそら しぃ〜 どぉ ふぁ〜 ふぁみれどしぃ〜」 「しぃ〜 そっそ しらそら しぃ〜 どぉ〜ふぁみ れぇぇぇ どれみ」 この主題が、柔らかく、チャーミングに繰り返されるもの。 ここは、ちょっぴり抑制して弾んでおり、伴奏型のフレーズが、そっと寄り添って行く。 3楽章 「れみ ふぁっふぁそ ふぁみれ れみ ふぁそ らっら れ どみらっ」と、ちょっと嶮しい楽章になっている。 あらまっ ちょっと凄みのあるフレーズで、メヌエットとは思えないほど、洞窟で、怪しげに、一人祈祷しているかのような雰囲気があり、クールでダークな世界となっている。 低音のチェロとヴァイオリン、ヴィオラが、カノンで奏でているのだが、ホント、ちょっと異様な雰囲気がする。 「どっど らふぁ れっれ しっし ふぁみぃ〜」「れふぁみぃ〜 しっし れふぁみぃ〜 ふぁっそみぃ〜 ふぁっそみぃ〜・・・」 あのハイドンさん特有の陽気さは、どこへ行ってしまったのか、これは特殊、黒ミサ風だ・・・。 で、トリオの部分は、ヴァイオリンが、ひらひら〜っと軽やかに舞っていくのだが、でも、軋んだチェロが低音にあるので、ちょっと、やっぱり危険で怪しい、ダークな世界が広がっている。 う〜ん ちょっと、クセになりそうな楽章だ。 ハイドンも、こういう音楽を書くのか〜と、違う一面を見たような気がして驚いてしまった。 4楽章 ここは、ハイ、軽やかな普段のハイドンに戻ります。 速めのフレージングで軽やか。 まるで蝶々になっかのような感じで、ヴァイオリンのひらひら感が楽しい楽章だ。 ヴァイオリンはヒラヒラしているのだが、フレーズの終わりには綺麗な和音が響くので、とっても安定感がある。 で、このチェロの優美な和音が、とってもシンプルなのだが、響きの良さ暖かい気持ちになれる。 長調の楽章は、やっぱり良いねえ。 チェロの優しい響きが、安定感を感じさせながら、ふわっと暖かい空気を放出してくるのが、心地良いものとなっている。 Copyright c mamama All rights reserved.

次の

福岡ハイドン弦楽四重奏団プロフィール 福岡文化財団 主催文化事業

ハイドン 弦楽四重奏

弦楽四重奏曲第39番ハ長調op. 33-3は、によって、に作曲されたである。 まとめて出版されたop. 33「」6曲(第37-42番)中の3曲目であることから、「 ロシア四重奏曲第3番」とも呼ばれる。 また、第1楽章の第2主題が鳥のさえずりを思わせることから、「 」というニックネームで知られ、「ロシア四重奏曲」の中でも、最もよく知られている。 演奏時間:20分ほど• 作曲時期:• 33, No. FHE No. III. 39 構成 [ ] 作曲の経緯については、「」の項を参照のこと。 第1楽章 Allegro Moderato 「鳥」というニックネームは、この楽章の第2主題が、鳥のを思わせるところから来ている。 2つのの二重奏は大変魅力的である。 第2楽章 Scherzo Allegretto とはいえ、緩やかなのなだらかなによるため、と大して変わらない。 第3楽章 Adagio ma non troppo• 第4楽章 Rondo Presto 風の。 関連項目 [ ]• - ハイドン弦楽四重奏曲全曲のリスト.

次の

Haydn ハイドンの弦楽四重奏曲中心に

ハイドン 弦楽四重奏

親しみやすいメロディの宝庫の、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の解説です。 【第2楽章が有名】【楽曲を解説】ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》 聴きやすく、また親しみやすい名曲ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の、こんな解説があります。 ハイドン持前の几帳面さを放棄しない限りでの、精神のきわめて自由な飛翔がある。 すべての楽想は純化され、(中略)すっきりと性格的であり、形も見事に整っている。 (中略) (《皇帝》のニックネームは) 第2楽章変奏曲の主題旋律が「神よ、皇帝フランツを護り給え」という歌詞を付けられて皇帝讃歌として歌われたことに由来するもので、やがてそれがオーストリア国歌となったのは周知のとおりである。 (のちにドイツ国歌となります。 ) P16より引用 ハイドンは、晩年、つかえていた公爵が亡くなったあと、宮廷楽長を退き、イギリスを訪れます。 産業革命の、まっただ中だったイギリスは、さまざまな階層の国民が、高揚し、熱気であふれていました。 そんな国民の間では、「国歌」が歌われていました。 当時、ハイドンの祖国、オーストリアでは、フランスのナポレオン侵攻による危機を迎えていました。 そんな時、「国歌を歌って気持ちを高める」イギリス国民の姿を見て、ハイドンは思います。 「故郷オーストリアも、国の士気を高めるために、国歌が必要だ」と…。 そして、帰国したハイドンは、詩人、レオポルト・ハシュカ作詞の「神よ、皇帝を護りたまえ」に音楽をつけます。 それが、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の第2楽章として昇華しています。 そして、見事、国歌として採用され、長い間、国民に親しまれるものとなりました。 その後、時を経て、第2次大戦で、ナチスに併合されたオーストリア。 その国歌は、そのままドイツ国歌へと姿を変えていきました。 【各楽章を解説】ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》 それでは、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の各楽章の解説に入ります。 この曲は第1楽章から第4楽章までの4曲で成り立っています。 第1楽章 アレグロ(速く) 非常に明るく、親しみやすい曲です。 ハイドンらしい、前向きで、元気を与えてくれるような仕上がりです。 メロディメーカーのハイドンの心地いい始まりの楽章ですね。 第2楽章 ポコ・アダージョ・カンタービレ(少しゆるやかに、歌うように) シンプルな変奏曲です。 つまり、4つの変奏があるわけですが、どれもメロディラインは同じで、変奏ごとに主旋律を演奏する楽器が変わるというものです。 じっくりとメロディの美しさが堪能できます。 第3楽章 メヌエット(踊るように) ノリがよくて、リズミカル。 人々が、楽しく語らいながら、一夜を楽しく踊って過ごす。 そんなワクワクするひとときがイメージ湧きますね。 第4楽章 ファイナル・プレスト(最終楽章、きわめて速く) この、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》には珍しくハ短調(暗い基調)ではじまります。 しかし、徐々に明るさを増していき、ラストは、ハイドンらしい明るくて元気な、展開を見せながら盛り上がっていきます。 最終楽章らしく、感動的に終わっていきますね。 優雅というには、少し離れた不器用な響きの中に、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の確かな構築性がわかってくる名盤。 ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》は、どんな演奏形態をとったとしても、それなりに心地いい印象を与えてくれます。 それは、音楽の命であるところのメロディが素晴らしいからだと思います。 ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の数ある演奏の楽しみ方のひとつと言える名盤ですね。 【解説と名盤、まとめ】ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》 さて、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》の名盤の紹介と、解説はいかがでした 長い間、親しまれ、オースリアやドイツの国歌としても使われ、聴かれたり、歌われたりする機会の多い美しいメロディの宝庫。 そんな、ハイドン:弦楽四重奏曲第77番《皇帝》を聴いて、ワクワクするひとときを持つなんていうのも、悪くないですね。 そんなわけで… 『ひとつの曲で、 たくさんな、楽しみが満喫できる。 それが、 クラシック音楽の、醍醐味ですよね。 』 今回は以上になります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 過去、さまざまなクラシック音楽のさまざまな演奏を聴くにはCDが必要でした。 交通費を使い、CDショップに足を運び、お目当てのCDを購入します。 そして、持ち帰り、プレーヤーで再生して、楽しんできました。 しかし、お目当てのCDが、売られていないという目に合うこともありました(泣) そんなこともあり、CD購入は、 大変な「お金と時間」のかかる「大きなコスト」でした。 今、 「定額制の音楽聴き放題サービス」が流行っています。 これなら、ムダな「お金と時間」がかかりません。 たくさんのアーティストのさまざまな演奏を聴くことができます。 そこで今回、 「定額制の音楽聴き放題サービス」であるAmazonミュージックUnlimitedのご紹介をさせていただきます。 AmazonミュージックUnlimitedをオススメする理由は ・ どこのサービスよりも曲数が多い「6500万曲」 ・ 30日間無料で体験できる。 以上の理由です。 スポンサーリンク.

次の