ダイソー シリコン スプレー。 PEラインやロッドのガイドに!シリコンスプレーは釣りにすごく使える

100均シリコンスプレー7選!ダイソー・セリア別!用途別に使い方も!

ダイソー シリコン スプレー

公式の出している情報なので、少しでも心配であれば、上記を使った方が良いと思いますし、 効果が長持ちする可能性もあります。 ただ、最下部に お奨めいたしました「水性ワックス」、「清掃・つや出しシート」の商品名は2006年12月現在のものです。 との記載があり、もしかすると、その当時から 見直しがされていない可能性もあるので、必ずしもこれがベストとは言い切れない可能性もあります。 私は細かいことは気にしないので、今回、100均の潤滑スプレーを使ってメンテナンスをしました。 もちろん、メンテナンスをしてから何ら不具合はありません。 シリコンスプレーと潤滑スプレーの違い 最初、どうやってメンテナンスをすれば良いかわからなかったので検索をしましたが、シリコンスプレーを使ってメンテナンスしているケースもあり、実際、シリコンスプレーと潤滑スプレー、さらにクレ5-56のような、それ以外のスプレーも含めて、何がどう違うのかがよくわからなくなりました。 ということで、それについても調べてみました。 私の結論としては、 総称として液体潤滑剤に分類され、トミカのメンテナンスにおいては大差ないということです。 シリコンスプレーと潤滑スプレーについての主な違いは、 シリコンスプレーの方が汎用性が高く、金属だけでなく、ゴムやプラスチック・紙・木材など、さまざまなものに使える点です。 また、 ツヤ出し効果も高いです。 さらに詳しい情報はモノタロウの「潤滑剤の種類」がわかりやすいです。 ダイソー・セリア・キャンドゥでの取り扱い 今回使った潤滑スプレーは キャンドゥで買いました。 検索してみると、ダイソーとセリアの話はよく出てきますが、 キャンドゥで買ったという話は見つからなかったです。 近所のキャンドゥには潤滑スプレーがあったのみで、シリコンスプレーはありませんでした。 また、ネットでの情報を受けて、最初はダイソーとセリアに行ったのですが、私が行った店舗ではどちらも扱っていなかったので、店舗によってのラインナップ次第なのだと思います。 ただ、 ダイソー・セリアのみではなく、キャンドゥでも買えるので、大手の100均であればメンテナンスに使える液体潤滑剤を扱っていると思っていて大丈夫です。 100均では シリコンスプレー・ 潤滑油スプレー・ グリーススプレーが商品としてあり、トミカのメンテナンスにおいてはどれも使えるものです。 でるでるバケツやトミカのミニカーが走るコースのことを考えると、素材がプラスチックなので、 もし選べるのであればシリコンスプレーが最適です。 こちらのサイトを見ると情報が簡潔にまとまっています。 実際に行ったトミカのメンテナンスとビフォアアフター では、早速、実際に行ったメンテナンスの紹介をしています。 とはいえ、 非常に簡単ですし、簡易的なのですぐにできます! 用意するのはトミカのミニカー、コース 今回はでるでるバケツ 、潤滑スプレー シリコンスプレー 、ティッシュのみです。 お好みで綿棒を使っても良いと思いますが、ティッシュでも全く問題ありません! まず、メンテナンスする前が どれほど滑りが悪かったかをご覧ください。 さらに、状況によっては、 でるでるバケツの途中で完全に静止したりもします。 こんな状況から、 たった108円の潤滑スプレーを使ってどうなるのかを見ていきましょう! まずは、トミカのミニカーからいきます。 どの潤滑スプレーにおいても細いストローが付いていると思うので、それをスプレーの先端に付けます。 トミカ公式では、綿棒に付いて、車軸のところをグリグリするように書いてありましたが、めんどくさいので、私は 車軸に直接スプレーしました! ストローが車軸にジャストフィットするので、スプレーしやすかったです。 コツはスプレーする時に、半押しすることです。 ティッシュが湿るぐらいまで潤滑スプレーを吹きかけます。 その後、でるでるバケツは中身のコース部分 灰色のもの を取り出し、この面の部分と縁をティッシュでゴシゴシ拭いてあげれば終わりです。 拭き終わったらちょっとテカった感じになっていると思います。 自分もそうでしたが、メンテナンスというと仰々しいことをするような気がしたり、トミカが公式にアナウンスしているものを使わないとダメみたいな思い込みが発生したりもしますが、100均の潤滑スプレーでも、ちゃんとしたシリコンスプレーでも、 ちょろっとメンテナンスするだけで、子供がすごーく笑顔になってくれる変化を起こせます! ぜひ難しく考えずに、簡単メンテナンスをしてみてくださいね。

次の

100均ダイソーのシリコンスプレー7選!洗車やウィッグへの使い方や注意点も!

ダイソー シリコン スプレー

みなさんは100均の防水スプレーを使用した事はあるでしょうか。 防水スプレーは、スプレーを吹き付けておくことで雨や雪などの水をはじいて傘や衣類、靴、カバンなどが濡れるのをガードしてくれます。 100均ダイソー・セリア・キャンドゥにも防水グッズがいくつか並んでおり密かに便利グッズとして注目されています。 防水スプレーは梅雨の時期や雪の降る季節などにも便利で水を防ぐだけでなく、付着した汚れなどもスプレーしておいた場合、ふき取りやすくなり汚れも防ぐことが出来るんです。 日ごろ愛用している靴やカバン、雨具などを長持ちさせるのにも防水スプレーは非常に有効なアイテムです。 100均の防水スプレーの使用できる主なアイテムはドライクリーニングのできる衣類やスキー用品・靴・傘など綿やナイロン製の布地です。 革や和服、合皮製品などに使用するとスプレーを吹き付けた部分が変色する恐れもあるので使用前に確認をして下さい。 もちろん革にも使用できる100均の防水スプレーはありますよ。 防水スプレーはおもにシリコン製や油性のものがあり100均の防水スプレーも同じように防水・撥水成分が配合されています。 ホームセンターなどであれば1000円以上するものが多く100均の防水スプレーはそれらと成分がほぼ同様で値段も100円で購入できるのでコストパフォーマンスもいいようです。 配合成分は100均ながらきちんとされていますが、体内に吸い込むとやはり有害なものばかりなので必ず屋外で使用をしスプレーを吸い込まないようにしましょう。 そしてどのスプレーも可燃ガスが使用されていますので火気や高温になる場所には置かないでください。 またダイソー・セリア・キャンドゥのどの防水スプレーもサイズはコンパクトで手頃ながら、内容量がやや少なく感じますが、とりあえず外出用やワンシーズン用などで準備しておくぶんにはお値段的にも優しいですよね。 こちらは100均ダイソーの靴・革・布用のWaterProofForShoesコートスプレーです。 内容量は220mlで革にも使える優れものです。 配合成分はシリコンで水をしっかりと弾いて濡れやしみ、汚れも防いでくれます。 可燃ガス使用のため、火気や40度以上になる高温の場所では使用しないでください。 使用用途が多く内容量も多めなので値段は200円と少し高くなりますがこの防水スプレーが1本あれば梅雨やスキーなども靴や衣類をしっかり水から保護できるので安心です。 どの防水スプレーにするか迷われる方や、あまり使用した事がない方にはこちらの防水スプレーがおすすめです。 1本あると便利なので気になる方は試してみましょう。 こちらは100均ダイソーのシリコン樹脂成分配合のWaterproof Sprayです。 内容量は70mlでシリコン樹脂の他にはベンジン、LPGといった成分内容になっていて従来の防水スプレーと同じです。 ブルーとホワイトのストライプ柄が特徴的です。 ダイソーの防水グッズの中でも最も人気のアイテムです。 手軽に使えてサイズもとてもコンパクトで収納にも場所をとらず、見た目も可愛らしく玄関先にも馴染みやすいです。 ドライクリーニングが可能な布地なら使用できます。 なお本革や合成皮革、毛皮や絹、一部のゴム地などには使用不可です。 革製品に使用したい場合は革皮対応の防水スプレーを使用して下さいね。 可燃ガスを使用しているので火気や高温の場所には設置しないようにしましょう。 また屋外で使用しスプレーを吸い込まないようにしましょう。 会社や外出先の急な雨対策にも便利ですね。 内容量は70mlで使い方は靴やレインコート、傘にスプレーを吹きかけるだけです。 撥水タイプのスプレーで防水スプレーよりも通気が良いとされるタイプのスプレーです。 ブルーとホワイトカラーが爽やかなコンパクト型で収納時にも場所をとりません。 水弾きもよく、スプレーをした部分は水がコロコロと転がり落ちて生地が濡れません。 撥水効果も次第に使用しているうちに落ちてきますのでこまめにスプレーをしてメンテナンスをします。 手軽で使いやすく携帯にも便利です。 会社や外出先の急な雨対策にも便利ですね。 撥水性の防水スプレーの成分は引火しにくく低毒性で液体の染み込みや汚れの付着からしっかりスプレーした部分を保護してくれます。 しかし低毒性といえど使用の際は必ず屋外で使用し、スプレーを吸い込まないように安全に使用して下さい。 内容量は70mlでとってもスリム&コンパクトなボディーです。 ブルーとホワイトの爽やかなシンプルカラーで収納にも場所をとらず、スプレーをするだけで雨や雪からブーツが濡れるのを防いでくれます。 布やスウェード生地などのブーツに使用可能で雪の多い冬の時期にも重宝しそうです。 出張や旅行のお供にも手軽で使いやすく携帯しやすいのでおすすめです。 100均ダイソーには防水スプレーの他にも曇り止めや滑り止め、靴用ビニールカバーなど雨の日に便利なアイテムが揃っています。 会社や外出先などの急な雨対策にも便利ですね。 ダイソーに行かれる際には是非雨具コーナーをチェックしてみて下さい。 【セリア編】おすすめ100均防水スプレー 100均セリアのおすすめ防水スプレー こちらは100均セリアの雨や雪の日のお出かけも安心のWaterproof SPRAYです。 内容量は70mlで配合成分はエチレンエチルアクリレートコポリマー・シリコンオキサイド・LPGです。 デザインはブルーにホワイトのロゴが入った爽やかなカラーとシンプルさが可愛いらしく置いてあるだけでもおしゃれです。 セリアの防水スプレーもドライクリーニング可能な布地のものに使用します。 雪や雨の日のお出かけ前に使用すればしっかり水をはじいてくれる便利なスプレーです。 革製品には非対応のため使用には注意して下さい。 セリアの防水スプレーも可燃性のガスを使用しているので火気や高温箇所には設置しないようにして下さい。 100均セリアには防水スプレーの他にも折り畳み傘やレインコートなど雨の日などに役立つアイテムがたくさん揃っています。 セリアに行かれた際には雨具コーナーを是非チェックしてみて下さい。 会社や外出先などで急な雨対策にも1本あると便利ですね。 【キャンドゥ編】おすすめ100均防水スプレー 100均キャンドゥのおすすめ防水スプレー こちらは100均キャンドゥの雪や雨を防いでくれるWaterProofSprayです。 内容量は70mlでサイズがとてもスリムです。 デザインもブルーとホワイトの2色でとてもシンプルなので玄関先に置いていてもよく馴染みます。 この防水スプレーで大切な傘や衣類、靴を雨水や汚れからしっかりガードしましょう。 手軽で使いやすくコンパクトなので携帯用にも便利です。 会社や外出先での急な雨対策にも持ってこいです。 出張や旅行のお供にも活用して下さい。 100均キャンドゥには防水スプレーの他にも防水グッズやビニール傘、雨具など雨の日に便利なアイテムがたくさん揃っています。 キャンドゥへ行かれた際には是非チェックしてみて下さい。 防水スプレーの詳しい使い方 防水スプレーを使う前にはまず汚れを落としましょう まず防水スプレーを使用する前には必ず使用する物の汚れをしっかり落としておきます。 汚れたままスプレーを吹き付けると被膜に汚れを含んで一緒に固めてしまうことになります。 そのため落とせる汚れも落とせなくなってしまいます。 そして、防水スプレーは対象物から15cm以上離して全体にムラにならないようにかけます。 全体的に均一に防水スプレーを吹き付けたら再びよく乾かしましょう。 靴や雨具などは購入してからすぐに防水スプレーをして乾かしておくと効果も抜群です。 雨や雪の多い時には防水効果も薄れるのが早くなってくるので、できるだけこまめにスプレーをして乾かしメンテナンスをするようにして下さい。 雨や雪の降った後の雨具をこまめにケアしましょう 防水スプレーの防水効果については使用すればすぐにでも目に見えて感じることができるかと思われます。 基本的にスプレーを吹き付けるだけで、水や油を弾いて汚れにくくなったり、汚れがついても落としやすくなります。 液体を通さないのでもちろん濡れにくく、シミ汚れもガードすることが出来ます。 傘やレインコート、靴、カバン、リュックサック、などの雨具の他にも、日常使用しているテーブルクロスやエプロン、スーツや衣類の袖口やズボンの裾などにも応用が出来て便利ですよ。 ちょっとした水場などでも濡れやすく乾きにくい部分や汚れやすい箇所に防水スプレーが活躍してくれています。 ここで注意ポイントですが、防水スプレーを衣類に使用するのはあくまでも濡れやすい袖口や裾にのみ使用します。 汗対策としてわき部分や衣服全体に使用する事などは出来ません。 通気を妨げてしまい蒸れたり、余計に汗をかくといった具合になり逆効果につながりますので気を付けましょう。 防水加工は用途を理解して使用しましょう また防水スプレーのもつ防水効果は時として便利なものを不便にもしてしまいかねないので用途を理解しておきましょう。 例えば掃除用の雑巾や体を拭いたりするタオルなどに吹き付けてしまうと洗ったり水の吸収自体が出来なくなるのでNGになりますね。 さらに絵筆や万年筆、ハンコなどに吹き付けてしまったとしても墨や絵の具、インク類を吸収しなくなり使用することが出来なくなってしまうのでNGです。 私たちの身の回りには防水加工や撥水加工をしてしまうと不便になるものも実はたくさんあるので十分気を付けましょう。 また防水スプレーと曇り止めとは全く異なる為、鏡や眼鏡に使用するのもNGです。 そしてこの防水効果は吸い込んだり直接体内に入れるとかなり危険なものですので、食べ物や口に入れるものなどにも絶対に使用しないでくださいね。 防水スプレーで雨水や汚れからしっかりガードしよう いかがだったでしょうか。 100均には使用用途ごとによってそれぞれ異なる効果を発揮する防水スプレーが用意されているんですね。 そして雨具や愛用グッズたちを長く使うためにその防水機能の大切さや、応用した使い方も大変便利でした。 100均の防水スプレーはどれもコンパクトで手軽ですが優秀なアイテムなんですね。 おもに防水スプレーの「防水機能」とは水を通さない機能の事を意味しており、「撥水機能」とは水をはじく機能を意味しています。 使用する防水スプレーの機能ごとでコーティング効果が違ってきますよ。 雨具の防水加工や撥水加工に凝ってみると、憂鬱な雨の日が少し楽しいかもしれませんね。 これから梅雨の時期に入るのでいまが特に使い時でもある100均の防水スプレーを是非一度チェックしてみて下さい。 もしかしたらリピート必須のマストアイテムになるかもしれません。 防水スプレーを正しく使って日ごろ身に着けるアイテムたちを、雨水や汚れから保護できるようにガードの強化をしてみて下さいね。

次の

100均ダイソーのシリコンスプレー7種を紹介!使い方と注意点も

ダイソー シリコン スプレー

今回購入した「シリコンスプレー」の裏の部分にわかりやすい説明が書いてました。 シリコンスプレーは無機質系の滑走材あるいは離型材と呼ばれます。 吹き付けた表面にシリコン皮膜を作り、滑りやすく剥離しやすい状態にします。 グリススプレーは液状のグリスです。 オイルと同じ効果がありますが、ゼリー状のため染みにくく、 他のものに取られにくい利点があります。 潤滑スプレーはオイル系のスプレーですが、CRC5-56はその中でも 浸透性に優れています。 (正体は灯油です。 ) 検索で調べても、似たような説明はでてくると思います。 KURE(呉工業)シリコンスプレ-より、容量はすくないけど、安いので、1個買っておけばいろいろ便利に使えると思う。 あと、100円ショップに「接点復活剤」とか売ってるとありがたいんだけど、見かけませんね。 で、なんとかならないかと、手近にあった「シリコンスプレー」を吹いてみました。 ほんとは接点復活剤とかを使うべきところなのかもしれませんが。 マウスのチャタリング修理にちょっと使ってみたいので・・。 シリコンスプレーでの代用は微妙な気がする。 あまりべとつかないので、イイ感じかも。 あとはどれだけ持つかだけですけどね。 あと、シリコンスプレーですが、ホームセンターでも3倍?ぐらいの量のものが200円売っていました。

次の