妊娠後期 生理痛みたいな痛み。 妊娠後期、生理痛のような痛みの原因や対処法は?経験談

妊娠(超)初期の腹痛・下腹部痛はどんな症状?出血や激痛は流産の兆候?

妊娠後期 生理痛みたいな痛み

妊娠中期に下腹部痛で悩む妊婦さんは大勢います。 でも1度考えてみてください。 スポンサーリンク 今までの人生でにわとりの卵ぐらいの大きさだった子宮が、妊娠10週過ぎでは拳大となり、 妊娠20週には子供の頭位の大きさ になるので、何らかの 痛みやツッパリ感などの違和感が出るのは、 当たり前のことなのです。 しかし、そうは言っても大事な赤ちゃんを育てている妊婦さんにとって生理痛のような下腹部痛は心配でしょうがないですよね。 それが母親というものですから。 ちょっとでも違和感があれば産婦人科に行って診断してもらえるのが理想的ですが、なかなかそうもいかないのが実情。 ここでは、産婦人科へ行こうか、行かないか迷っている妊婦さんや、 「産婦人科へ行くほどの痛みじゃないけど気になる」という妊婦さんのために下腹部痛の原因などを紹介します。 まず、妊娠中期の下腹部痛の1番大きな原因は、急激に大きくなる子宮に靱帯がついていけないことにより 痛みはツッパリ感を引き起こすというものがあります。 こちらについては、 で、詳しく紹介してあるので、まずはこちらからチェックしてみてくださいね! 当然、羊水や胎児の体重が増えるため、 お腹に圧迫感が加えられ、下腹部痛が起こることもあります。 スポンサーリンク 目次• 生理痛のような下腹部痛の原因は? では、靱帯が引っ張れれる以外での下腹部痛の原因には 何があるのでしょうか? 先輩妊婦さんが経験した原因としては、 便秘や下痢などが多いようです。 意外にも、便秘や下痢で下腹部痛が引き起こされるんですよ! 妊娠中はホルモンの変化や食生活の変化、子宮が大きくなるなどして、 内蔵がうまく機能せずに便秘や下痢になることがあります。 また、 や、つわりが治ったことによる、 食欲の増加により、下痢になることもあります。 便秘になる妊婦さんは非常に多く、便秘になったこのとある妊婦さんは 全体の 25%程度だったという調査もあります。 下痢気味になる妊婦さんも多いのですが、下痢と便秘を交互にくり返す妊婦さんもいます。 まとめ 妊娠中期の生理痛のような下腹部痛は、 多くの妊婦さんが経験するものなのでひとまずは安心しましょう。 原因としては、靱帯の影響や、赤ちゃんの体重増加、 今回紹介した下痢や便秘などがほとんどです。 しかし、下腹部痛でも絶対安心ということではないことを 覚えておいてください。 なぜなら、切迫流産・早産の可能性もわずかながらあるからです。 妊娠中期は安定期に入っているといっても、流産・早産する可能性は0ではないのです。 もし、下腹部痛が持続的、定期的に続いたり、出血を伴っている場合はすぐに産婦人科へ行きましょう。 特に出血がある場合は、悩まずにすぐ受診することをおすすめします。 下痢・便秘がないのに下腹部痛を感じる妊婦さんは、 もチェックしておいてくださいね! スポンサーリンク.

次の

前駆陣痛とはどんな痛み?いつから始まってどんな症状が現れる?

妊娠後期 生理痛みたいな痛み

妊娠中の筋肉痛みたいな痛みって? 筋肉痛というのは、通常は運動など身体を動かすことによって痛みとなって引き起こされるものなのですが、妊娠中に似たような痛みを伴うと、「そんなにきつい運動をしていないのにどうして?」と思うはずです。 妊娠中というのは、そうでなくても心配ばかりの時期になっていますので、「何か病気が関係しているのかも?」「赤ちゃんの異変が痛みになって起こっているかも?」「安全に出産できるのかな?」といったふうに様々なことを感じてしまいます。 こういった筋肉痛のような痛みはというのは、妊娠中にはよく見受けられる痛みで、あまり珍しいことじゃないのです。 妊娠初期頃に痛みを訴える妊婦さんもいれば、妊娠中期を以降、お腹が大きくなってくるあたりから痛みに見舞われる妊婦さんもいらっしゃいます。 痛みに襲われる部位は個人差があって、足やお腹や、腰やおしりなどさまざまな部位に筋肉痛みたいな痛みが生じます。 この原因は果たして何だと思いますか?これから筋肉痛のような痛みの症状と原因に関して説明していきます。 しびれるような感覚がある筋肉痛みたいな痛みの場合 これは、運動などを行なった場合に引き起こされる、俗にいう筋肉痛の症状で、ときには熱を帯びたり、炎症をもたらすケースがある痛みになります。 最初の頃はそれとなく感じる弱い痛みからスタートしますが、ある時いきなり筋肉につっぱる感じを感じたり、強い痛みとかしびれを感じるケースがあります。 その痛みの想定できる原因は、お腹の重量に身体が適用するため、体の特定の部位に負担がかかっているからと言えるでしょう。 常に大きなお腹を支えるという事は、身体にとっても手軽なことじゃありません。 これまでなかったものを突然支える必要が出てくるわけなので、身体にはとにかく大きな負担がかかっております。 筋肉など重みを補助するベースが整っていれば、このような痛みに見舞われることはありませんが、妊娠中というのは以前と比べて、運動量も減少してしまうでしょう。 重みを補助する筋肉が少なくなっているのに、大きくなったお腹の重量を日々、かなりの時間、支えなくてはならなくなるのですから、基盤となる部位には炎症が現れて来ます。 これが筋肉疲労になって、筋肉痛のような痛みが生じるわけです。 筋肉痛はホルモンの影響もある 妊娠したら、出産に対応するためリラキシンホルモンといったホルモンが分泌されます。 リラキシンホルモンには骨盤の周りを支えているじん帯を緩め、胎児を大きく成育させる目的と出産のことを考えて骨盤を開きやすくする効き目がある訳ですが、だからといって一点集中で骨盤周辺にのみ機能するわけではないのです。 じん帯というのは、骨と骨をつなぐ帯状の繊維組織をさし、身体のさまざまな場所に見られます。 このじん帯すべてにホルモンの効き目が出てしまうことになってしまいますので、これを支えるために筋肉に対しての負荷が増えてしまうのです。 妊娠したら腰周辺だけに限らず、太ももやひざや、腕やおしりなど様々な部位に筋肉痛みたいな痛みを感じるケースがありますが、じん帯を緩める効き目のある、リラキシンホルモンがじん帯を緩めてしまいますので、筋肉痛が発生してしまうと言えます。 妊娠中頻繁に腰痛が一緒に発症する妊婦さんも多いですが、腰痛の主な原因もリラキシンホルモンの増加がひとつの原因じゃないかと考えられております。 腫れやかゆみなどがある筋肉痛みたいな痛みの場合 痛みだけに限らず、下半身などをメインに腫れやだるさや、重みなどを感じるケースでは、むくみの症状が疑われることになります。 妊娠中というのは胎児のことを考えて、胎盤にたくさんの水分が貯められます。 それから、血液の流れを向上させるため、血液中の血漿といった液体が増加しますが、この血漿というのは90%が水分で作られていることから、血液中の水分量も増加します。 それに伴って、妊娠していない状態と比較してみると、体の中の水分量は増加することになります。 身体の中の水分量が多い場合、やはりむくみやすくなってしまいます。 妊娠中のこのようなむくみの症状はしょうがないことだと思いますが、これが筋肉痛みたいな痛みの原因という事です。 むくみに関しては妊娠後期によくみられる症状なんですけど、妊娠初期から引き起こされる妊婦さんもたくさんいて、足など全体がつっぱる感じがもたらされることから、まるで筋肉痛みたいな痛みだと間違えてしまう妊婦さんもよく見られます。 重力に影響されて下半身は際立って水分が溜まりがちで、筋肉があれば水分も上の方に押し戻すことが可能で、むくむことはないのですが、本来は女性の下半身は筋肉量が多くないこともあって、むくみやすい体質の人も多いわけです。 妊娠することによって、必然的に運動量が減ってしまうことから、運動不足が原因となってむくみが躊躇にあらわれてしまうパターンといえるでしょう。 筋肉痛のような痛みは病気等の可能性もある 筋肉痛みたいな痛みというのは、妊娠中によく見かける症状になります。 加えて、軽い痛みも多いため、自身の判断で「何ともない」「耐え切れる」とそのままにしてしまう妊婦さんも割と見られます。 ところが、その筋肉痛に胎児へ悪影響が出る病気だったりトラブルが潜んでいる可能性があります。 特に以下のような症状がみられるケースでは、自己判断しないで、とにかく産科に行って診察して貰うことが重要です。 ・四六時中痛みが継続する ・出血が伴う ・我慢できないくらい強い痛みを伴う ・他に何もできなくなるほどキツイ ・お腹や腰周りに強力な痛みに襲われる こういったような症状が見られるケースでは、危ないかもしれません。 流産などの初期症状に関しては、筋肉痛のような痛みがあることもよく見られますので、かなりの時間痛みが継続したり、痛みが強力なケースでは、とにかく病院で診察を受けるようにしてください。 筋肉痛みたいな痛みを軽減する方法 それほど激しい痛みじゃないケースや、時間が過ぎていくと共に痛みに変化が起こるケースなどは、それほど心配ない場合が多く、ご自身で痛みを和らげることも可能になります。 どういった方法で痛みを軽減していけば良いのかご紹介していきます。 軽く運動する じん帯の緩みによる筋肉痛、あるいは軽いむくみなどで感じ取る痛みのケースでは、軽い運動が一番効果を見せてくれます。 程よい筋肉によるサポート力や、水分の押し上げ効果が発揮されることから、とにかく運動にチャレンジしてみることをおすすめします。 ですが、妊娠中ということも関係してますので、過激な運動はあんまり良くありません。 妊娠中、どんな人でもカンタンに行える運動は散歩になります。 散歩を、日々30分を基準としてスタートしましょう。 思い切り酸素を取り入れつつ、ちょっと早歩きで歩くことがベストです。 食材の買い物や、赤ちゃん用品を買いに行く時に早足で歩いて行くと良いでしょう。 それから、休みの日に公園内を散策してみることも望ましいですね。 散歩は妊娠中のリラックス効果にも結びつきますので、積極的にトライしてみてください。 リンパマッサージ 筋肉痛とむくみに効果のある方法にリンパマッサージが存在します。 筋肉の疲れというのは筋肉に乳酸がたまることが原因とも考えられていますが、リンパを刺激することによって血の巡りがよくなりますので、円滑に痛みが落ちていくでしょう。 加えて、むくみもリンパを流してあげることによって、身体の中の水分や血の巡りがよくなりますので、しっかりした効果が得られます。 お風呂に入りつつ、マッサージオイルなどを利用してリンパマッサージを行ってみましょう。 しっかりと睡眠をとる 筋肉が傷ついて痛む筋肉痛というのは、やっぱり就寝中生み出される成長ホルモンによって修復してあげることがこれ以上ない治療法となってきます。 それに伴って、十分な睡眠をとることが欠かせません。 加えて、重力に影響されない限られた時間である寝ている間は、むくみを解消するタイミングだったりします。 足を高くする等によって、しっかりと睡眠を取ることによって、次の日にはばっちりむくみが良くなっていくでしょう。 筋肉痛や、むくみも睡眠が治療や、改善の重要ポイントとなるので、しっかりと就寝して痛みを引き下げていきましょう。 ストレッチ 筋肉痛みたいな痛みの改善には、ストレッチも効果が期待できます。 軽くストレッチを行ってあげることによって筋肉の凝りもほぐれ、痛みは段々と取れていき、むくみだって日頃より動かさない筋肉を動作させることによって、血液循環などが良くなり改善していくでしょう。 痛みを耐えて強引にストレッチを行うことはしなくていいですが、気持ち良いくらいのストレッチは効果的ですので、とにかく日常的に痛みが消え失せるまで続けてみてはどうですか。 身体を温める じん帯が緩み、炎症を起こしていたとしても熱を帯びている痛みじゃなかったら、温めることが効果的です。 疲れをちょうど良い具合にほぐすことが可能です。 それから、むくみに影響される筋肉痛みたいな痛みも、血流やリンパの流れを温かくすることによって改善されていくので、大きい効果を獲得出来ます。 めんどくさいからとシャワーだけで済ませている妊婦さんも多いですが、湯船にじっくりつかって身体を温めてください。 食事内容を改善する 食事内容も重要になります。 とにかくむくみが生じることを防ぐため、塩分はひかえめを意識し、ほうれん草やバナナや、アボガドといった塩分を外に出すカリウムたっぷりの食材を率先して食べることを心がけてください。 筋肉痛の市販薬 筋肉痛などの湿布薬の中には、赤ちゃんに対する悪影響を考えられることにより、妊娠中には使用できない成分が存在します。 思い付きで使ってしまわないように成分についてしっかりと理解しておくようにしてください。 薬を利用するケースでは、妊娠中の薬品使用時は医師や、薬剤師に相談してから使うようにしましょう。 薬の使用は成分によって以下等の危険性があります。 胎児の動脈管収縮 胎児の循環持続症 胎児の腎不全 胎児の腸穿孔 動脈管開存症 羊水過多症 消化管穿孔 懐死性腸炎 頭蓋内出血 妊娠中の筋肉痛のような痛みの対処方法まとめ 筋肉痛のような痛みが発生する原因は、主にリラキシンホルモンの影響によって、じん帯が緩んだ状態による筋肉に対するダメージの痛みと、妊娠したことが原因の身体の水分量の増加におけるむくみの痛みに区別されます。 それぞれ妊娠が影響している痛みですので、妊婦さんならどのような人でも生じてしまうことが考えられます。 こういった筋肉痛のような痛みというのは、妊婦さんにとってさほど珍しい痛みではありませんから、必要以上に心配することは不要です。 上述でご紹介した改善方法を試しつつ、回復を待ってみることをおすすめします。 ですが、改善方法を取り組んでみても痛みが解消されないケースでは、一回医師の診察を受けてみた方が良いです。 異なる病気が潜んでいる恐れもあるでしょう。 痛みの症状を細かく先生に知らせて、できるだけ早く治療を行ってもらうことを意識しましょう。

次の

妊娠34週目 これが前駆陣痛!? 不定期な間隔で生理痛のようなシクシク重い痛み

妊娠後期 生理痛みたいな痛み

産婦人科専門医。 長門クリニック勤務。 女性特有の月経や更年期にまつわる悩みの助けとなること、また、妊娠出産期を安心安全に過ごすお手伝いすること、を念頭に置いて日々診療しています。 妊活中の人は、生理前にいつもと違う体調の変化を感じると「もしかして妊娠!?」とうれしくなりますよね。 妊娠超初期症状は、「体がだるい」「頭痛や吐き気がする」など様々ですが、腹痛もその一つです。 今回は、生理前の腹痛が妊娠超初期症状かどうか見分けるポイントや、子宮や下腹部などに痛みがあったときの対処法などをご説明します。 生理前の腹痛の原因は?妊娠超初期症状との違いは? 生理前にある腹痛の原因 生理予定日の3~10日前にチクチクとしたお腹の痛みがある場合、「月経前症候群(PMS)」と考えられます。 PMSの症状として、腹痛以外に胸の張りや片頭痛、イライラなどがある人も。 妊娠超初期症状の腹痛の原因 妊娠超初期に見られる腹痛の原因として、ホルモンバランスの変化が考えられます。 妊娠が成立すると、「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンの分泌が始まったり、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えたりと、妊娠前とはホルモンバランスが大きく変わります。 また、医学的な裏付けはありませんが、受精卵が着床したときに生じる「着床痛」を感じた、という人もいます。 関連記事 生理1週間前の腹痛は妊娠超初期症状? 妊娠が成立して間もない時期の腹痛であれば、生理予定日の1週間くらい前から感じる人もいます。 基礎体温をつけている人であれば、高温期に入ってから1週間後あたりです。 痛みの感じ方には個人差があり、子宮あたりにチクチクする痛みを感じる人もいれば、お腹全体に鈍痛を感じる人もいます。 先述の「着床痛」は、受精卵が子宮内膜に着床したときに起きるものと考えられています。 着床が完了するのは生理予定日のだいたい1週間前なので、この時期にある下腹部の痛みを着床痛と捉える人もいます。 また、着床痛のあとに「着床出血」と思われる不正出血があったという人もいますが、着床出血も妊娠超初期症状の一つです。 関連記事 生理前の腹痛が妊娠超初期症状であれば、薬には注意! 腹痛をやわらげるために薬を飲む習慣がある人もいるかもしれませんが、妊娠している可能性がある場合は、自己判断で市販薬に頼らない方が良いでしょう。 しかし、妊娠4週以降になると赤ちゃんの器官形成などに影響を与える恐れがあるため、慎重に判断する必要があります。 基本的に、着床前の段階であれば薬による影響はないと考えられますが、生理周期がずれていたり、生理予定日を勘違いしていたりする可能性もあるので、自己判断で薬を服用しないようにしましょう。 どうしても腹痛がつらいときは、医師や薬剤師に確認のうえ、妊娠中でも比較的安全に飲める薬を使うと安心です。 妊娠中は、普段の薬を飲めない、喫煙・飲酒ができないなど、日常生活での制限が増えるので、妊活中の人はそれに慣れる第一歩として考えてみてくださいね。 関連記事 生理前の腹痛が妊娠超初期症状かも…薬以外の対処法は? 生理前の腹痛が妊娠超初期症状である可能性がある場合、薬以外に試したい対処法をご紹介します。 冷えを防ぐ 痛みを少しでもやわらげるために、足湯や入浴をする、腹巻きなどでお腹を温める、温かい飲み物や食べ物を摂取するなどの方法で冷えを防ぐのがおすすめです。 また、こまめな水分補給も忘れずに。 お腹に負荷をかけない 腹痛の悪化を避けるために、お腹に力が入るような姿勢・行動はできるだけ避けましょう。 具体的には、長時間での立ち仕事を控える、重い荷物を持たない、長時間の自転車・車の運転は控える方が、お腹に負荷がかからず体が楽になります。 また、ヒールの高い靴を履くとお腹に力が入ってしまうため、スニーカーなど平らな靴を履く方が良いですよ。

次の