ヨルシカ 思想 犯 歌詞。 思想犯 (Thoughtcrime)

ヨルシカ「思想犯」オマージュになぞらえて歌詞を読み解く

対して、彼の俳句には危うい意味はありません。 ヨルシカ「盗作」の歌詞の意味を考察するための前置き 今回の曲を考察するにあたり、重要なのは楽曲名でもあり、アルバム名にもなっている「盗作」という行為について考えなければならないので、手始めにその点を解剖していく。

Next

思想犯 歌詞 ヨルシカ ※ outage.smeco.coop

何一つもなくなって、地位も愛も全部なくなって。 この二つを結びつけたオマージュは秀逸であり、両者が持つ特性を見事に昇華させていると言えるでしょう。 歌: 作詞:n-buna 作曲:n-buna 他人に優しいあんたにこの心がわかるものか 人を呪うのが心地良い、だから詩を書いていた 朝の報道ニュースにいつか載ることが夢だった その為に包丁を研いでる 硝子を叩きつける音、何かの紙を破くこと、 さよならの後の夕陽が美しいって、君だってわかるだろ 烏の歌に茜 この孤独も今音に変わる 面影に差した日暮れ 爪先立つ、雲が焼ける、さよならが口を滑る 認められたい、愛したい これが夢ってやつか 何もしなくても叶えよ、早く、僕を満たしてくれ 他人に優しい世間にこの妬みがわかるものか いつも誰かを殴れる機会を探してる ビール瓶で殴る街路灯、投げるギターの折れる音、 戻らない後悔の全部が美しいって、そういうのさぁ、僕だってわかるのに 言葉の雨に打たれ 秋惜しむまま冬に落ちる 春の山のうしろからまた一つ煙が立つ 夏風が頬を滑る 他人に優しいあんたにこの孤独がわかるものか 死にたくないが生きられない、だから詩を書いている 罵倒も失望も嫌悪も僕への興味だと思うから 他人を傷付ける詩を書いてる こんな中身のない詩を書いてる 君の言葉が呑みたい 入れ物もない両手で受けて いつしか喉が潤う その時を待ちながら 烏の歌に茜 この孤独よ今詩に変われ さよなら、君に茜 僕は今、夜を待つ また明日。

Next

ヨルシカ「思想犯」オマージュになぞらえて歌詞を読み解く

hito ni yasashii anta ni kono kokoro ga wakaru mono ka hito wo norou no ga kokochi ii, dakara uta wo kaiteita asa no houdou nyuusu ni itsuka noru koto ga yume datta sono tame ni houchou wo toideru garasu wo tatakitsukeru oto, nanika no kami wo yabuku koto, sayonara no ato no yuuhi ga utsukushii tte, kimi datte wakaru daro karasu no uta ni akane kono kodoku mo ima oto ni kawaru omokage ni sashita higure tsumasakidatsu, kumo ga yakeru, sayonara ga kuchi wo suberu mitomeraretai, aishitai kore ga yume tte yatsu ka nanimo shinakutemo kanaeyo, hayaku, boku wo mitashite kure hito ni yasashii seken ni kono netami ga wakaru mono ka itsumo dareka wo nagureru kikai wo sagashiteru biiru bin de naguru gairotou, nageru gitaa no oreru oto, modoranai koukai no zenbu ga utsukushii tte, sou iu no saa, boku datte wakaru no ni kotoba no ame ni utare aki oshimu mama fuyu ni ochiru haru no yama no ushiro kara mata hitotsu kemuri ga tatsu natsukaze ga hoho wo suberu hito ni yasashii anta ni kono kodoku ga wakaru mono ka shinitakunai ga ikirarenai, dakara uta wo kaiteiru batou mo shitsubou mo keno mo boku e no kyoumi da to omou kara hito wo kizutsukeru uta wo kaiteru konna nakami no nai uta wo kaiteru kimi no kotoba ga nomitai iremono mo nai ryoute de ukete itsu shika nodo ga uruou sono toki wo machi nagara karasu no uta ni akane kono kodoku yo ima uta ni kaware sayonara, kimi ni akane boku wa ima, yoru wo matsu mata ashita. しかしながら、先にも触れたように自分の経験の中には他者の芸術作品が必ず入り込んでしまう。 男性の音域にも近いかもしれませんね。

ヨルシカ 思想犯 歌詞

物語の主人公は国家により極刑相当の 「思想犯罪」と定められた 「ノートに自分の考えを記して整理する」行為に手を染めています。 大サビ 嗚呼、まだ足りない。

Next

ヨルシカ 歌詞 思想犯

おうじゃのけんを作るのに必要なオリハルコンが落ちています。 つまり、既に死によって作品が評価されるという行為も、実は他の誰かが歩んだ道筋であり、結果、音楽はすべて盗作でしかないという主人公の皮肉が込められているのだ。

ヨルシカ 思想犯 歌詞

前置きはいいから話そう。