ティン ダングル アキュート ケルベロス。 遊戯王カード考察:≪ティンダングル・ドールス≫蘇生も出来るし墓地肥やしも出来るしエースの強化もしてくれる

ティンダングル・アキュート・ケルベロス【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

ティン ダングル アキュート ケルベロス

不気味ながらもかっこいい感じ…好きだわぁ 現状唯一のティンダングルリンクモンスター。 ティンダングル3体を素材に要求し、自身の打点は墓地にベース・ガードナーを含むティンダングルが3種以上存在することで3000に効果。 攻撃宣言したバトルフェイズ終了には、ティンダングルトークンの生成ができるので、リンク先に呼べばそのまま打点が500上がります。 ティンダングルのリンクということでなんだかんだ活躍するエース?切り札?ポジ。 トークンを素材に2体目、3体目のアキュートをリンク先に呼んだりもできるので、鋭角から3体出てくる光景は絶望そのもの。 程よい実力もあってロマンも持ち合わせる1枚! 単体ではあまり強くありませんが、他のティンダングルとのコンボで強力になるカード。 まず、ティンダングル・トリニティをリンク素材にするのは基本です。 そうしてサーチしたジェルゴンヌの終焉の戦闘・効果で破壊されず、効果の対象にもならなくなります。 しかしそれを破壊されてしまえばただの3000打点になってしまうので、それをリカバリーするならリンク先に適当なティンダングルを2体置くことで、戦闘で破壊されない攻撃力4000となります。 もちろんこれでナーゲルの守護天を発動時に直接攻撃することで初期LPを吹っ飛ばすこともできますが、相手はこのカードを優先して破壊しようとしてくるので効果で破壊された時用にミラーフォースなんかを貼っておくとまんまと引っかかってくれます。 トリニティの効果でドロネーを墓地に送っておけば相手ターンに3体展開して自分ターンにリバース、アドを大量に稼ぎつつ2体目、3体目に繋げることができます。 オイラーサーキット・ナーゲルの守護天との組み合わせで送りつけワンキルができるのでロマンを求めるなら是非。 私的声に出して読みたい遊戯王モンスター2017アワード受賞。 墓地にベースガードナーを含む3種類以上のティンダングルが揃っていることでリンク3モンスターとしては破格の3000打点を手に入れる財前のエースモンスター。 さらにリンク先にカードを置くことで攻撃力は最高4500に成長する。 また攻撃するたびにティンダングルトークンを生み出す。 生み出したトークンはイントルーダーのリリースに使ったり、このカードの攻撃力を上げるほかオイラーサーキットで送りつけることもできる。 攻撃力とトークン生成くらいしかできない、さらに攻撃力アップには条件もあり効果無効化にも弱いなど愚直さは否めないカードだが乗りに乗ったときの爆発力と攻撃力も見ものである。 現状ティンダングルのエースモンスター。 打点は超弩級なのでリバースで撹乱してからの一気に食いちぎる役目を託したい。

次の

廷达魔三角之锐角地狱犬(75119040)

ティン ダングル アキュート ケルベロス

メインデッキの中で高いカードはツインツイスターとおろかな副葬くらいのもので、針虫の巣窟を採用している都合上、ここはもっと安価で墓地からも発動出来るギャシー・サイクロンでも良いでしょう。 ただ、手札のティンダングルカードを墓地に送る手段として、現状ではツイツイを採用しています。 如何に素早く墓地に「ティンダングル」モンスター並びにティンダングル・ドロネーを送るかがこのデッキのキモです。 針虫の巣窟や終末、ダークァーを用いて墓地にキーカードを送れるかが鍵。 墓地にベースガードナーを含むティンダングルモンスター3体とティンダングルドロネーという条件さえ整ってしまえば、あるいは受動的ですが、相手からの戦闘ダメージに合わせて伏せてあったドロネーの効果を用いれば、攻撃力3000超のエースモンスター、ティンダングル・アキュート・がポンと飛び出してきます。 ストレージを漁れば30~50円程度で購入できるノーマルカードたちで構成されたデッキからでも大型モンスターは呼べるのです。 ナーゲルの守護天があれば、ティンダングルモンスターは戦闘・効果への耐性を得ます。 ナーゲルはサイクロンなどで破壊されたり針虫や副葬で墓地に落ちてもティンダングルカードをコストに自身の効果でデッキから同名カードをサーチ出来るので、場持ちも中々。 これ、ノーマルカードですよ。 【使用感】 難敵は戦闘破壊されないモンスターと、対象を取らずにこちらを除去してくる大型モンスター。 純構築の場合、どうしても大型モンスターの除去能力には欠けます。 悪魔の嘆きや星遺物の傀儡の枚数を減らして緊急脱出装置やエアフォースなどに変えても良いかと思います。 回してみると、案外アキュートは出せます。 状況次第では一気に決めに掛かれることも多々。 ただリバーステーマの宿命か、どうしても後攻はつらく、先攻制圧や複数のモンスターを展開されたら戦況をひっくり返す前に押し切られてしまいます。 ナーゲルによる場持ちの良さが災いし、拮抗勝負で強引に突破することも難しいと感じます。 それでも、使っていて楽しいデッキであるのは確かです。 も、アキュートさえあれば他は無くてもいいです。 皆様も是非、自宅やショップのストレージから探してみてはいかがでしょうか。 以上、【純構築ティンダングル】のデッキレシピ紹介でした。 yumichankawaii.

次の

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「ティンダングル」テーマ紹介

ティン ダングル アキュート ケルベロス

3 "Tindangle" monsters Gains 3000 ATK if you have 3 or more "Tindangle" monsters with different names in your GY, including "Tindangle Base Gardna". Gains 500 ATK for each "Tindangle" monster it points to. EXTREME FORCEで登場した闇属性・悪魔族のリンクモンスター。 特定の条件下で自己強化を行う2つの永続効果、ティンダングルトークンを特殊召喚する誘発効果を持つ。 リンク素材にはティンダングルモンスター3体が指定されている。 ティンダングルの展開手段には蘇生効果を持つ《ティンダングル・エンジェル》や《ティンダングル・ドロネー》、自己再生する《ティンダングル・イントルーダー》等が存在する。 しかし、そのほとんどが裏側表示での特殊召喚であり、3体のティンダングルを表側表示で一気に展開するのは難しい。 場合によっては、無理にリンク召喚しようとせず《ティンダングル・ドロネー》の 1 の効果による特殊召喚を狙うと良いだろう。 また、《デブリ・ドラゴン》から蘇生する事で、リンク2か4のリンクモンスターに繋げられる。 1 は墓地に《ティンダングル・ベース・ガードナー》を含むティンダングルモンスターが3種類以上存在する場合の自己強化。 単体では攻撃力0だが、この効果により攻撃力3000にまで強化される。 若干厳しい条件ではあるが、リンク召喚する際や《ティンダングル・ドロネー》を使って特殊召喚する際に自然と満たせることが多い。 その条件から墓地除外が弱点となるので、使う場合は対策も講じておきたい。 2 はリンク先のティンダングルモンスターの数だけ自己強化する効果。 1 効果と合わせて最大攻撃力4500となるが、送りつけなどをしない限り攻撃力4000が限界と考えていい。 送りつけも狙う場合はティンダングルトークンを《オイラーサーキット》で渡すのが良いだろう。 3 はこのカードの攻撃後にティンダングルトークンを特殊召喚する効果。 このカードのリンク先に出すことで 2 の自己強化を補助できる。 ステータスは低いが、ティンダングルなので《ナーゲルの守護天》を使えば維持しやすい。 《オイラーサーキット》の送りつけと併せてもいい。 リンク素材などにする手もありこのカードと合わせてリンク4モンスターをリンク召喚したり、《リンクリボー》をリンク召喚して相手の攻撃を牽制してもよい。 英単語「Acute」にはいくつか意味があるが、その中の一つに「鋭角の」がある。 モチーフの1つであろうティンダロスの猟犬が鋭角から現れる事にちなんでいるのだろう。 ケルベロスについては《フレイム・ケルベロス》を参照。 ただ、このモンスターのデザインは犬とは似つかない異形のものとなっている。 ティンダロスの猟犬は獲物を追う性質から「猟犬」と呼ばれているだけであり、実際には犬とは全く異なる存在であるため、そういった点ではモチーフに忠実とも言える。 アニメの攻撃や特殊召喚の演出を見るに、クトゥルフ神話に登場する「闇をさまようもの」もモチーフになっていると思われる。 ナイアルラトホテップの化身の1つで、輝くトラペゾヘドロンにより召喚され、コウモリのような黒い翼と炎を噴きだす三つの目を持つという。 「リンク3」「リンク素材が3体」「自己強化の条件がティンダングルモンスター3種類以上」「 1 の自己強化の数値が3000」「効果を3つ持っている」など「3」と関わりが深いモンスターである。 ケルベロス自体も3つの首を持っていることから3に馴染みのある存在と言える。 リンク3、リンクマーカーの位置、リンク先のモンスターによって自己強化する効果など、《デコード・トーカー》と共通点が多い。 《ティンダングル・ドロネー》の効果で特殊召喚された。 《ティンダングル・ハウンド》・《ティンダングル・エンジェル》が墓地にあることで攻撃力3000となり、《ファイアウォール・ドラゴン》の戦闘破壊を狙った。 通常罠《ドップラー・フェーズ・コーティング》により戦闘ダメージを与えるに留まるが、バトルフェイズ終了時に 3 の効果でティンダングルトークンを特殊召喚して自己強化に繋げた。 その後も、《ジェルゴンヌの終焉》によって付与された耐性と、自身の効果で得た高い攻撃力でPlaymakerを追い詰めた。 だが、最終的には墓地の《ティンダングル・ハウンド》・《ティンダングル・エンジェル》が《ファイアウォール・ドラゴン》の効果で手札に戻され、攻撃力0の状態で攻撃され晃は敗北した。 攻撃名は「アキュート・マス・ブレイズ」。 アニメにおける 1 の効果は《ティンダングル・ハウンド》・《ティンダングル・エンジェル》が墓地に存在する場合、該当モンスター1体に付き1500アップというものだった。 なお、この時は墓地に《ティンダングル・ベース・ガードナー》が存在していたため、OCG効果でも 1 の効果の上昇値に変化はなかった。 このカードの特殊召喚の際には三角形や魔物の描かれた巨大な石扉から3つの炎が飛び出し、その炎が合わさってこのモンスターが現れるという演出がなされている。 通常のリンク召喚と演出が異なるのは、《ティンダングル・ドロネー》の効果によって特殊召喚したからであろうか。 作中ではAiから《ティンダングル・ハウンド》の上位種として「もっと怖そうなワンちゃん」「すげえ怖いワンちゃん」と呼ばれている。 在动画中,当墓地中存在「廷达罗斯三角的猎犬」「廷达罗斯三角的天使」(兄与妹)时,这张卡的攻击力就会上升,OCG化后改成包含「廷达罗斯三角的底边守卫者」的3种类以上的「廷达罗斯三角」怪兽。 那是因为「廷达罗斯三角的锐角地狱犬」在动画中初登场时,晃的墓地存在「廷达罗斯三角的猎犬」「廷达罗斯三角的天使」「廷达罗斯三角的底边守卫者」这3种怪兽。 也可能捏他了克苏鲁神话中奈亚拉托提普(Nyarlathotep)的其中一个形态「燃える三眼」(夜魔)。

次の