エクセル 年賀状 宛名。 ワードで年賀状の宛名を印刷!差し込み文書で簡単作成!

年賀状の宛名印刷もWordとExcelなら簡単!

エクセル 年賀状 宛名

年賀状の基本• 年賀状アプリ• 年賀状作成 ソフトなど• パソコン年賀状 の作り方1• パソコン年賀状 の作り方2• 年賀状 お役立ち情報• 喪中はがきの 基本• 暑中見舞いの 基本• 暑中見舞い お役立ち情報• 時候の挨拶• 季節の挨拶状と 文例• 年賀状と文例• 一般挨拶状と 文例• 結婚関連の 書状と文例• はがきと手紙の 豆知識• 年賀状ソフトの 活用• ワープロソフトで作る年賀状の、宛名面の作り方は、「Microsoft Word(ワード)」と「Microsoft Excel(エクセル)」を使った例をご紹介します。 「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」は、ほとんどのWindowsマシンで使われていると思います。 ただし年賀状の宛名の印刷となると、Office系ソフトの操作全般に慣れていない方は、かなり苦戦しそうです。 年賀状などはがきの宛名作成には、「Microsoft Word」の「差し込み印刷」の機能を使い、宛名にする住所録データを文面に読み込みます。 「はがき宛名面印刷ウィザード」を使えば、比較的スムーズに宛名を作成することができます。 「はがき宛名面印刷ウィザード」では「差し込み印刷」の機能が自動的に使われ、宛名のデータが入った住所録ファイル(ここでは「Microsoft Excel」ファイル)を参照します。 Word文書とExcelデータを連携させていますので、Office系ソフトの操作に慣れていないと戸惑うところもあるかもしれません。 住所録データの作成も含め、作業時間は余裕をもって用意しておきましょう。 お持ちのExcelの住所録データを使うこともできますが、シートの最初の行(1行目)は宛名に差し込むフィールド名(項目)を記入しておきましょう。 ただし、ウィザードで使用するフィールド名にしないと上手く宛名に割り当てられない場合がありますので、ここでは、ウィザードで生成されるExcelシートに新たに宛名データを入力する手順で進めます。 まずWordを起動させ、「はがき宛名面印刷ウィザード」を開始します。 「差し込み文書」タブをクリックします。 表示が切り替わったら、「作成」グループにある「はがき印刷」をクリックし、ドロップダウンリストから「宛名面の作成」を選択します。 「はがき宛名印刷ウィザード」のミニウィンドウが表示されます。 手順に沿って操作を進めていきます。 「次へ」をクリックします。 はがきの種類を選びます。 宛名の書式を設定します。 [次へ N ]をクリックします。 のステップで「縦書き」を選択した場合は[宛名住所内の数字を漢数字に変換する]と[差出人住所内の数字を漢数字に変換する]両方にチェックを付け、「横書き」を選択した場合は両方のチェックをはずすのがおすすめです。 差出人の住所などの情報を入力します。 宛名面にご自分の氏名・住所などを載せる場合は、[差出人を印刷する I ]にチェックを付け、データを入力します。 [次へ N ]をクリックします。 差し込み印刷を指定します。 [次へ N ]をクリックします。 これで終了です。 ウィザードの終了画面になります。 [完了 F ]をクリックします。 通常文書と同じ印刷操作では全ての宛先が印刷されません。 「はがき宛名面印刷」用の印刷を行います。 「はがき宛名面印刷」タブを開きます。 「プリンターに差し込み」ウィンドウが表示されますので、必要に応じて印刷するレコードを指定し、「OK」をクリックします。 「印刷」ウィンドウで「OK」をクリックすれば、いよいよ印刷開始! この場面では印刷プレビューができませんので、印刷操作を行う前に確認しておきましょう。

次の

ワードで年賀状の宛名を印刷!差し込み文書で簡単作成!

エクセル 年賀状 宛名

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 顧客リストなど、Excelで作成した名簿をもとに宛名印刷をしたいことがあります。 こうしたケースでは、ExcelのデータをWordで利用する「 差し込み印刷」の機能が思い浮かびますよね。 しかし、差し込み印刷はそれなりに手間のかかる作業です。 経験者なら「数件の宛名印刷のためにやるのは面倒...... 」と感じるのではないでしょうか? そんなときに試してほしいのが、今回紹介するテキストボックスの活用ワザ。 【 エクセル時短】第88回では、セルのデータをテキストボックスに表示し、VLOOKUP関数と組み合わせて Excelだけで差し込み印刷を行うテクニックを紹介します。 テキストボックスに数式を入力してセルを参照 まずは下準備として、VLOOKUP関数を使って入力済みの顧客リストから郵便番号や住所などのデータを抽出できるようにしておきます。 VLOOKUP関数の使い方は、本記事の末尾にある関連記事を参照してください。 ここでは以下の画面のように、セルC2に入力した「印刷対象No. 」を基準に、名前や郵便番号、住所を抽出できるようにしました。 「名前」「郵便番号」「住所」の右側のセルにVLOOKUP関数が入力されています。 1テキストボックスを挿入する 「名前」「郵便番号」「住所」のデータを表示するテキストボックスを挿入しましょう。 実際には不要ですが、ここでは仕上がりがイメージしやすいように、はがきの画像の上にテキストボックスを置いていきます。 [挿入]タブにある[テキストボックス]ボタンをクリックします。 データを表示したい位置をドラッグすると、テキストボックスが挿入されます。 2テキストボックスに数式を入力する テキストボックスの背景と罫線の色は、あらかじめ「なし」に設定しておいてください。 3セルの内容が表示された テキストボックスにセルC4のデータ=郵便番号が表示されました。 同様に操作して住所と名前も表示しましょう。 テキストボックスの位置やフォントサイズは調整しておいてください。 「様」はテキストボックスにそのまま入力します。 4ほかのデータを差し込む 宛名の体裁になったので、ほかのデータもテキストボックスに差し込んでみます。 セルC2に入力した「印刷対象No. 」の値を変更すると、VLOOKUP関数によって郵便番号や住所、名前が変わり、それに伴ってテキストボックスのデータも切り替わります。 印刷用のシートを用意する ここまでの操作で、テキストボックスで差し込み印刷を行う仕組みを理解できたと思います。 しかしこのままでは、はがきにうまく印刷できません。 印刷用に新しいワークシートを用意しましょう。 用紙のサイズを「はがき」に設定し、先ほど作成したテキストボックスをコピペして、数式を修正していきます。 5新しいワークシートの用紙サイズを変更する 新しいワークシートを追加し、用紙サイズを「はがき」に設定します。 「改ページプレビュー」に切り替えておくと、印刷範囲がわかりやすくなります。 6作成済みのテキストボックスをコピペする [Ctrl]キーを押しながら作成済みのテキストボックスを選択し、コピーします。 ワークシートを切り替えて貼り付けます。 はがきの画像は実際には不要です。 この時点ではセルとテキストボックスのリンクが切れるため、テキストボックスには何も表示されなくなります。 7リンクを設定し直す テキストボックスをクリックし、数式バーで「Sheet1! 」を追記してリンクを修正します。 これは「Sheet1の」という意味で、別のワークシートを参照するときの常套句です。 同様に、ほかのテキストボックのリンクも修正します。 先ほどと同じように、セルC2に入力した「印刷対象No. 」を変更して結果を確認してみてください。 8宛名印刷を実行する プリンターにはがきをセットし、印刷を行います。 まずは普通紙で試し印刷を行い、はがきとのズレがないかを確認するといいでしょう。 以上、セルのデータをテキストボックスに表示し、VLOOKUP関数を使って差し込み印刷を行うテクニックでした。 数件だけ送り忘れてしまった案内状などで便利なので、ぜひ試してみてください。 close 閉じる.

次の

年賀状の宛名印刷のやり方 エクセルとワードで簡単に作成を!

エクセル 年賀状 宛名

エクセルで作成した住所録を使い、ワードで宛名の印刷を実行するという形ですね。 ではさっそく順番に方法を説明していきます。 ぜひ参考にして下さい^^ 年賀状の宛名印刷 エクセルで住所録を作ろう 年賀状の宛名印刷するために、送り先の住所録を作っていきます。 まずはエクセルを起動させて新規のページを開いて下さい。 1.項目の入力 さっそくシートの1行目に、住所録の項目名を入力します。 2.送り先の個人情報の入力 2行目以降には、それぞれ個人の情報を入力していきます。 (こちらも画像参照) 「連名」「敬称2」「住所2」(セルD・E・H)というのは、特にない場合は空白のままでOKですよ。 名前を「住所録」などにしておくと分かりやすいですね。 こちらは後で使いますから、 この時どこに保存したのかしっかり覚えていて下さいね!(簡単にメモしておいてもいいかも) 住所録の作成は、たったのこれだけになります。 保存出来たらエクセルは閉じてもらっても構わないので、今度はワードで年賀状を作成していきましょう! 1.ワードで白紙の文書を開いたら、ファイル・ホーム・挿入など並んでいる欄の「 差し込み文書」をクリックします。 「 次へ」をクリックして下さい。 2. はがきの種類を選ぶ画面になります。 3. 縦書きか横書きかを選択する画面となります。 お好みで構いませんが、ここでは例として「縦書き」を選択したものとして進めていきますね。 「 縦書き」を選んだ後、「 次へ」をクリックして下さい。 ちなみに「差出人の郵便番号を住所の上に印刷する」のチェックは特にいりません。 (入れてもいいですが) 4. 書式の設定です。 ここでは3つの項目があるので、簡単に説明しておきますね。 『フォント』:宛名面の書体です。 特にこだわりがなければそのままで良いかと。 どちらでも特に問題はありませんが、漢数字にしたい場合はここでチェックを入れます。 ( 個人的には2つとも入れるのがおすすめ) 設定が完了したら「 次へ」をクリックして下さい。 5. 差出人の情報を入力します。 (差出人を印刷しないのならここはスルーでOK。 「差出人を印刷する」のチェックを外して下さい。 ) 印刷する場合、 「差出人を印刷する」にチェックが入っていることを確認。 その後、氏名、郵便番号、住所など必要な情報(印刷したい)を入力して下さい。 情報を入力出来たら「 次へ」をクリックして下さい。 6. 宛名に差し込む住所録の指定です。 ここで エクセルで作った住所録を使いますよ! ・「 既存の住所録ファイル」にチェックを入れ、 「 参照」からエクセルで作った住所録ファイルを選びます。 「参照」をクリックすると、フォルダが開くと思うので、まずは住所録を探しましょう。 「住所録」が見つかったらそれをクリックしてから、右下の「 開く」をクリックして下さい。 (「住所録」をダブルクリックでも可) 指定出来たら(住所録ファイル名が表示されていたらOK)「 次へ」をクリックして下さい。 7.設定が終了したので「 完了」をクリックして下さい。 8. テーブルの選択画面になります。 住所録が入力されているシート名を選びます。 9. プレビュー画面になります。 この時に 他の人の住所録データもしっかりと反映されるか確認します。 別の人の宛先などもきちんと反映されていたらOKですよ。 ちなみに他の気になる部分もこのときに修正していきます。 なぜか余計な文字が入っていた場合などは削除して、他の宛名画面でも確認する。 10. プレビューでのチェックが完了したら後は 印刷するのみです。 (上の画像にも載っている部分です) 「プリンターに差し込み」というのが表示されるので、こちらを選んでいきます。 「すべて」でもOKですが、いきなり全部印刷すると何か間違っていたり、綺麗に印字されなかった時に困りますので、「現在のレコード(プレビューで表示されているもの)」を選び、まずは一枚試してみてからするのがおすすめですよ。 (もし、ちゃんと印刷できなかった、失敗してしまったなどの理由で『書き損じはがき』が出てしまった場合は、少しの手数料で新しいはがきと交換してもらえますよ。 出来るだけ無駄にしたくない場合はそちらも検討してみて下さいね。 詳しくは【】から確認出来ます。

次の