松浦 勝 人 沢尻 エリカ。 鈴木ふみ奈、むちむちショット連投! ハプニングの「お詫び」にファン感謝(2013年8月21日)|BIGLOBEニュース

松浦勝人の年収や身長!歴代彼女は沢尻エリカや鈴木亜美?モテる理由!

松浦 勝 人 沢尻 エリカ

【牧元一の孤人焦点】試写を見た。 映画「猫は抱くもの」(6月23日公開)だ。 主演は沢尻エリカ。 単刀直入に言えば、彼女を見に行った。 酔っぱらって怒りをあらわにするシーンがとても良い。 絵画のモデルになる場面が極めて美しい。 私服のミニスカートから伸びる足がセクシーだ。 その艶やかな歌声を聞くこともできる。 とにもかくにも、沢尻エリカという女優の圧倒的な存在感を痛感する。 彼女にとって6年ぶりの主演映画だという。 6年と言えば長い時間だ。 映画界が放っておいたのか、沢尻自身が選択していたのか、つまびらかではないが、鑑賞者としてはようやく巡り合えた感がある。 最近、彼女が出演した映画「不能犯」を劇場で見てあらためてその魅力に触れたが、やはり、存在感が圧倒的な沢尻エリカという女優には物語の主人公がよく似合う。 彼女がMCを務めるNHK・BSプレミアムのドキュメンタリー番組の取材会を思い出した。 それは一昨年の秋、東京・渋谷のNHKのスタジオで行われたが、会場には通常の取材会よりも多くの人が集まっていた。 つまり、マスメディアや関係者以外の人たちもそこにいたのだ。 その中の1人がこう漏らした。 「沢尻エリカを一目見てみたかった」。 気持ちは良く分かる。 一目見てみたいと思わせる女優。 それが沢尻エリカなのだ。 過去に、「別に」発言騒動があったので、また何か奇抜な言動があるかもしれないという好奇心が働いた部分もあるだろう。 しかし、興味を抱く根幹は、その言動より、その存在である。 こんな女優はほかにいない。 「猫は抱くもの」の監督は犬童一心氏。 6年前の沢尻の主演映画「ヘルタースケルター」(蜷川実花監督)を見て以来、「いつか自分も彼女から違った魅力を引き出したい」と思い続けていたという。 今回の作品はある意味で「ヘルタースケルター」以上に沢尻の女優としての可能性を広げることに成功したと思う。 今後、彼女の主演作を撮ってみたいと思う監督が増えるだろう。 彼女自身はこれからどんな女優を目指すのか。 人気女優の道を進むのか、演技派女優の道を進むのか…。 いや、しかし、こんな通俗的な問い掛けはやはり意味を持たない。 彼女は、唯一無二、沢尻エリカなのだから。 編集局文化社会部所属。 放送担当。

次の

エイベックス松浦勝人は沢尻エリカの薬仲間で愛人?黒い噂の真相とは!

松浦 勝 人 沢尻 エリカ

エイベックス本社ビル(「Wikipedia」より/Kakidai) 4月18日付「文春オンライン」記事は、 エイベックス代表取締役会長の 松浦勝人氏が常習的に大麻を使用している疑いがあると報じた。 記事内では松浦氏と一緒に薬物を使用したという同社元社員の証言や、証拠とされる音声データ、松浦氏と元社員のLINEのやりとりなどが紹介されている。 松浦氏は過去にも『週刊文春』(文藝春秋)などで薬物使用疑惑が報じられてきたが、週刊誌記者は語る。 「最近では芸能人が薬物がらみで逮捕されると、所属事務所は即時に契約を解除するケースが多いなか、昨年、事実上エイベックス所属の沢尻エリカが起訴された直後、同社は『本人を更生するための支援をいたします』という異例のコメントを発表しました。 沢尻は2009年に当時所属していた大手事務所から契約を解除され、その理由が薬物使用だったという情報が当時、業界内では広まりましたが、それを承知の上でエイベックスは11年に沢尻と業務提携契約を結び、その後、沢尻は同社の事実上マネジメント下に置かれました。 その後は、松浦氏と沢尻が一緒に薬物を使用しているという報道が出たこともあった。 沢尻の公判前、エイベックスはマスコミ各社からの問い合わせに対しても『初公判ですべて話すから』という対応で、沢尻本人による謝罪やコメントなどは出しませんでした。 「エイベックスの現取締役には、検察で刑事部長や公安部長を歴任した人物がおり、過去にも警視庁トップである警視総監OBなどを顧問に迎え入れてきましたが、13年に松浦氏や所属アーティストの薬物使用疑惑が報じられるようになって以降、こうした傾向は強くなりました。 警察OB、特に部長職以上の経験者クラスは、辞めた後も現役の元部下たちに指示して動かしたり、情報を提供させたりと、警察に一定の影響力を持っている。 そのため、芸能事務所や大手マスコミなどに限らず、警察OBを役員などとして迎え入れる企業は少なくない。

次の

【浜崎あゆみ】沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に|日刊ゲンダイDIGITAL

松浦 勝 人 沢尻 エリカ

11月16日、法律違反の合成薬物「MDMA」を所持していたとして警視庁に逮捕された沢尻エリカ容疑者。 これまで映画「パッチギ!」や「ヘルタースケルター」など様々な話題作に出演し、現在も「人間失格 太宰治と3人の女たち」が公開中の彼女の逮捕に衝撃が広がっている。 「とりわけ大迷惑を被ったのがNHKですよ」とテレビ関係者が語る。 「沢尻容疑者は来年1月に始まるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に斎藤道三の娘であり、織田信長の正妻となる『濃姫』の役で出演する予定でした。 すでに相当部分を撮り終えているうえ、極めて重要な役柄のため『代役を立てるにしても放送に間に合わない』とNHKは大パニックですよ」 CM業界も大ダメージを受けている。 「沢尻容疑者が逮捕される前日の15日は、ちょうど泉里香らと共演する求人サイト『インディード』のCMの新シリーズが始まった日。 『CM開始日の逮捕は勝新太郎以来じゃないか?』ともっぱらの話題です」と同関係者。 そんな沢尻容疑者にのしかかるのが巨額の賠償金だ。 「5億を超えることは間違いないと言われている。 一部を事務所が肩代わりする可能性はあるにしても、本人の負担は避けられない。 こうした事情から、今後の彼女は『あの仕事』に転身するしかないとの声が上がっているんですよ」(前出・テレビ関係者) その仕事とは。 「ネット配信で広告料を稼ぐユーチューバーです。 今の時代、成功すれば女優よりも儲かるのは間違いない。 沢尻容疑者のプライドが邪魔をするかもしれませんが…」(前出・テレビ関係者) 「ユーチューバー・沢尻エリカ」の誕生なるか。 (牧マコト).

次の