花子くん最終回。 【花子くん】アニメ12話ネタバレ感想!ついに最終回!

【地縛少年花子くん:63話】最新話ネタバレ|六番がカンナギ様を求めた理由|漫画キャッスル

花子くん最終回

-1年後- 高校二年生となった寧々ちゃんのクラスに新しい担任がやってくる。 ーーそれは紛れもない、花子くんであった。 完全な妄想ですが、 やはり何回か過去に飛んで 普くんが落とした鍵など伏線があるあたり 過去で 普くん達と繋がり 何かしら原因で寧々ちゃんがつかさくんに殺されてしまい 普くんが つかさくん殺してしまうパターンで現在に至っているのかなと。。 寧々ちゃんを殺したことに怒り 普くんがつかさくんを殺して 自分も 自殺してしまったていう流れみたいな感じで 普くん、つかさくんが死んだ原因が寧々ちゃんに繋がっているとしたら 寧々ちゃんが殺されるのを阻止して そこで未来が変わるとか.. 最終的に誰も死ぬ事の無い未来に変わる。。 とかだったらいいなとも思いましたが そうなると 今の花子くんが存在しないことになってしまうし 現在の寧々ちゃんとの出会いもなかったことになるので 難しいですね.. 笑 そして 普くんがつかさくんを殺した理由が 寧々ちゃんを殺したからだとすると 今のつかさくんが現代で寧々ちゃんに会った時知らなそうな感じなのもうーんって感じだし.. 「俺を殺した時の顔も良かったよ」と言っているので 殺された原因は覚えているはずですが、寧々ちゃん見た時なんもなかったら 違うのかな。。 ?ともおもったり.. 花子くんが最後 叶えてみせるって 宣言してる辺り やっぱり無理だった.. だけど未来の改変というのは禁忌とされるものだから、つちごもり先生の犠牲の上でも、なにかしらの障害が寧々ちゃんの前に立ちはだかるのではないかと思います。 そしてその障害となるものを花子くんが最終的に解決してくれて、でもその代償に花子くんが消えてしまって……と、こんな予想をしております。 個人的には花寧々はすごく好きなんですが、二人が結ばれるendはないかなと半ば諦めてます…。

次の

地縛少年花子くんのアニメのストーリーは何巻のどこまでかネタバレ!最終回の結末は?

花子くん最終回

地縛少年花子くんの2期はある? まずは、 地縛少年花子くんの2期があるのかどうか、というところから。 判断には 製作委員会がどれくらい儲かったか、ということが大事で、その指標となるのがDVDの売上。 ……なんですけど、DVDはまだ販売されていません。 なので 確実な予想はできないという状態です。 ただ、 原作の売上は好調なようで、累計発行部数が 200万部を突破。 アニメ放送後の売上は未発表ですが、アニメから入った方も相当多いでしょう。 ですので、 2期の望みはけっこうあるのではないかと考えています。 地縛少年花子くんの2期の放送日はいつ? では、 地縛少年花子くんの2期の放送はいつになるのか? ここに関しても、当然ですが公式の発表はありません。 ただ、もし2期があると仮定して考えるなら、 1~2年後の可能性が高いです。 というのも、単純にアニメ2期って1期のかなり後になることがほとんど。 最終回放送後、すぐに2期決定!ってなった作品でも、放送までに1年ほどかかります。 花子くんは今のところ2期決定の発表もありません。 発表後から1年以上かかるとなると、 1~2年後の2021年冬~2022年冬ごろの放送となりそうです。 花子くんの2期放送にはかなり時間がかかりそうですから、 続きが気になるなら原作で読むことになります。 というわけで、 2期の内容は原作のどこからか?どんな内容になるのか?ということを次にご紹介します! 地縛少年花子くんの2期のストーリーは原作の何巻からかネタバレ! それでは、 地縛少年花子くんの2期のストーリーについて。 アニメ1期では、~、そしてちょっと飛んでがアニメ化されました。 5巻~6巻にヤシロの秘密に関する大切なエピソードがあったんですが、1期ではアニメ化されず。 ですので、2期は原作ののエピソード、「3人の時計守」からとなるでしょう。 というわけで、 花子くん2期がどんな話になるのかを解説していきます! ネタバレが苦手だから自分で続きが読みたいよ、って方は無料アプリのでどうぞ。 かなり最近の話まで読めます。 学校の時間を操るという七不思議による被害が増えていた。 (C)あいだいろ 時間が勝手に進み、老いてしまう。 そんな現象が起きていたのだ。 彼女だけが、被害にあっていないのだ。 (C)あいだいろ 蒼井茜。 葵の幼馴染で、彼女のストーカー一歩手前の男子が、時計守だったのだ。 彼は現在を司る時計守。 葵を守るため時を止める力を望み、時計守と契約したのだ。 (C)あいだいろ ヤシロたちは彼と協力し、学園内の時間を進めているもうひとりの時計守「ミライ」を止めることになるのだった。 (C)あいだいろ 触れたものの時間を進めてしまう、おてんばな怪異が逃げ出してしまった。 それが今回の事件だった。 彼女を捕まえれば、すぐに終わる。 それだけのはずだった。 それだけのはずなのに、花子くんは光に言う。 (C)あいだいろ 「ヤシロがあの子に触られないようにして。 絶対に」 深刻な表情。 本気でミライを警戒している花子くんを怪訝に思いながらも、ミライを捕まえることに成功した。 「さいごに、おねぇちゃんをかっこよくしてあげる」 (C)あいだいろ 「ヤシロ!」 ミライに触れられたとたん、ヤシロは動かなくなってしまう。 姿は変わっていない。 ときが進んだわけではない。 花子くんはずっとそのことを知っていながら、隠していた。 光はそれに激昂する。 「ふ……ふざけんな!」 しかし、花子くんは反論するのだ。 「少年に出来ることなんて何もないよ。 ヤシロの命の時間は生まれたときから決まってたものだ。 変えちゃいけない仕組みがあるってこと……少年だって、知ってるでしょ?」 生者が死者にできることはない。 死にゆく運命を変えることなんて、許されない。 花子くんはそれをよく知っていたし、光もそれを実感していた。 彼を見て、なんとか励ませないかと考えるヤシロ。 そんな彼女に、花子くんは「少年のことばっかりだね」とちょっと不服そう。 (C)あいだいろ 「寂しかったのに」「シンパイしてたのに」としおらしいところを見せますが、いつものようにイタズラするとヤシロに拗ねられてしまいます。 そんな姿を茜に見られ、こう言われてしまう。 花子くんも一緒に行けるように、ヤシロ階段での夏祭りに、3人で行くことに。 (C)あいだいろ ヤシロの浴衣姿を素直に褒める光と、なぜだか直視できず、からかってしまう花子くん。 ヤシロが怒って光と会話していると…… (C)あいだいろ どうしてか、胸がざわついてしまう。 無自覚な照れと嫉妬が超かわいい。 幼いあまねはわんぱくで、世話を焼いていくうちに、ヤシロに心をひらいていきます。 (C)あいだいろ 珍しく花子くんがリードされる姿がめちゃめちゃかわいい。 最高です。 (C)あいだいろ 「おはよ」 花子くんが、生きている。 柚木普として、何故かヤシロのクラスメイトになっているのだった。 そして、光も奇妙な出来事に巻き込まれていた。 「おはよう、源くん」 (C)あいだいろ 三葉が生きている。 そんなはずはない。 でも、もしかしたら。 そう思いながら、光は三葉と一緒に過ごす。 この世界での出来事は、夢のようだった。 あまねとともに過ごす日常。 死んだはずの三葉と、一緒に遊ぶ幸せ。 (C)あいだいろ 何にも代えがたい、幸福な日々。 それに違和感を抱かないクラスメイトたち。 ……この世界は本当じゃない。 七不思議の四番、 「美術室のシジマさん」によって作られた境界だったのだ。 (C)あいだいろ 彼女は言った。 「元の世界に戻るのは、簡単です」と。 (C)あいだいろ 「柚木普と三葉惣助。 ヤシロは思い悩みます。 屋上で天体観測をする、ヤシロとあまね。 思い切って、ヤシロは聞きます。 どんな人なの?そんなに俺に似てるの?と。 「うん。 似てる。 花子くんはね……色々めんどくさいの それにいつもセクハラしてくるし……すぐふざけるし……」 「えっ、そいつホントに俺に似てるの?」ちょっと引きながら聞くあまね。 「でも、きらいじゃ……ない」 (C)あいだいろ 「好きなの」 そういって、ヤシロは彼の顔を覗き込む! (C)あいだいろ 「一緒に逃げよう、ほんとの世界まで!」 ……でも。 あまねはヤシロを気絶させた。 あまねは本当のことを知っていた。 花子くんの姿へ戻る。 元の世界へ戻ろうとする光に、彼は言い放つ。 「どうしてこの世界を壊そうとするの」と。 花子くんは言う。 彼はヤシロのために、この世界に彼女をいざなった。 そう願って、虚構の世界へと彼女を閉じ込めようとしているのだった……。 そう光に言い放った花子くん。 そして、その言葉をしっかり聞いていた人間が一人いた。 (C)あいだいろ ヤシロである。 初めて知った自分の寿命に動揺する。 そして、彼女は花子くんに詰め寄る。 どうして、一人でこんなことをするのか。 何も言ってくれない花子くんのことが、ヤシロには分からなかった。 「どうして……どうして俺はこんなことするんだろうね」 そうつぶやいてから、花子くんはヤシロのことを抱きしめた。 (C)あいだいろ 「大丈夫。 俺がヤシロを助けてあげる」と。 去っていく花子くん。 ヤシロは最初、悲しくてしょうがなかった。 この世界で、あまねとして接しているとき。 彼は何を考えていたんだろう。 いつも一緒にいた彼は、何を思っていたんだろう。 楽しそうに笑っていたのも、演技だったのかな。 そうこぼすヤシロに、光は言う。 「アイツの本当を引っ張り出してやれるとしたら先輩なんじゃねーかなってオレは思います! だって……」 (C)あいだいろ 「アイツが一番気ィ許してんのは、先輩ですから!」 その言葉に、ヤシロは決心する。 絶対に、花子くんの本音を聞き出すと。 ヤシロの作戦で、もう少しでたどり着けるところで花子くんが邪魔をした。 二人きりになるヤシロと花子くん。 ヤシロは花子くんに、本音を伝えます。 「私の寿命が短いからって何よー! 私は……来年は違う夏野菜を育てる予定だし!受験勉強が終わったら鮮烈な女子大生デビューするし! オトナなお店でお酒だって飲んでみたいし! 将来は真っ白なウエディングドレスを着るのよ!! ……ずっとここにいるなんていやだ」 (C)あいだいろ 「ちゃんと生きていたいの!!」 そして。 「私のためじゃなくって。 花子くんがどうしたいのか教えてよ。 花子くんは私にどこにも行かないで、ここにいて欲しいの!?」 (C)あいだいろ 「違う!!!」 つい、本音が出てしまった。 言うつもりがなかったのに……。 そんな表情で、彼は続ける。 「どこにも行かないでほしいなんて、思ってるわけないだろ……。 そんなの、俺と同じだ。 未来なんて無い。 罪を償うためだけに存在してる俺と……」 彼は続ける。 本当は、誰が死のうが、関係なかった。 でも、楽しかった。 彼女のおかげで、たくさんの思い出ができた。 ヤシロのために花子くんが作り出した架空の世界。 それについに決着が付きます。 花子くんの嫉妬、ショタあまねとの絡み、そして本当はヤシロのことを助けたかった花子くん……!! などなど、 デレの破壊力が1期とは段違いです!アニメでハマった方は原作もどうぞ! 地縛少年花子くんを楽しむなら ちなみに、地縛少年花子くんをお得に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介します。 【公式】無料アプリ、マンガUPで原作が配信中! まず地縛少年花子くんの原作はで配信されています。 無料で配布されるポイントでかなり読み進めていけるので、 とりあえずダウンロードがおすすめです。 しかも、今なら一冊半額クーポンが貰えるので、好きな巻を50%オフで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントが付くので、単行本を全巻揃えるならここが安く済むのでぜひどうぞ。 今なら2週間無料で試すことができるので、お金をかけずに地縛少年花子くんのアニメが見直せます。 すると、会員登録メールが届く、という流れです。 ほかは特に設定することありません。 お支払いにamazon payを利用するにチェックして購入確定をクリック お支払い方法などを設定する必要がありますが、 これは無料期間を過ぎたときのためです。 2週間の無料期間中にやめれば、お金はかかりません。 まとめ 地縛少年花子くんの2期についてでした。 放送はまだ未定ですが、2期がある可能性自体はけっこう高め。 ただ、時間はかかりそうで、 1~2年後になりそうです。 2期のストーリーは、原作の・の時計守のエピソード ~くらいまでとなるでしょう。 花子くんが嫉妬したり、ヤシロを助けようと陰ながら頑張ったり、本心から、ヤシロのことを大切だと宣言したり……。 もう、 デレが最高なので、アニメから入った方はぜひ原作も読んでみてください! 原作はマンガUPで配信中!無料でアニメの続きを読めるのでぜひ! 2期の応援にもなるかと思います。 2期の内容を一気に読むことが出来ます。

次の

地縛少年花子くんアニメ無料動画1話~最終回まで全話フル視聴できる見逃し配信サイトまとめ│オトメexpert

花子くん最終回

他者という鏡に自分を反射した結果、寧々は水底の誘いをける。 怪異とはそこで引くものではなく、強引に水を広げ、少女を魚に戻す。 コミカルだった魚たちが、怪異の本性を顕にする恐ろしさが、上手く演出できてるシーン。 すると人魚の家臣である魚が寧々を迎えにきたのでした。 というのも寧々は人魚の鱗を口にしていたため、通常の決まりとして現人魚の次に人魚の席に就く姫だったからです。 人間の世界では恋愛不向きな寧々ですが、魚の世界に来れば権力者からもモテると言われ気持ちが揺らぎます。 そして花子くんとの縁を切り、新しく人魚と縁を結ぶことができる人魚の血を手渡されたのでした。 迷ってしまった寧々はヤコや土籠に相談しますが、「いいんじゃない?」と2人から言われてしまい、より迷ってしまうこととなったのでした。 寧々はもちろん断ろうとしましたが、どうしても連れて帰りたい魚たちは寧々を魚の姿に変えて説得してきます。 個々でまた気持ちが揺らいでしまった寧々でしたが、花子くんが助けに来てくれたのでした。 花子くんを見た魚たちは「御姫様を返せ」と言いますが、「ヤシロは俺のこと好きなんだから」と花子くんに言われてしまいます。 さらに花子くんの包丁で刺身にすると脅され、魚たちは帰っていきました。 寧々が土籠に魚について相談しに行った時、「花子くんが過去など自分についてのことを教えてくれない」と言っているのを側で花子くんも聞いており、そのことについて寧々に話します。 「俺の事が知りたかったらいつか教えてあげる。 その時まで助手でいてね。 」と花子くんがいい、寧々と花子くんは指切りで約束したのでした。 最後のシーンが本当に上手くまとまっていてよかったなと思いました。 個人的には2期あるんじゃないかな?と感じます。 つかさくんが壁に書いていた絵とかも伏線になっていましたし、まだまだ話の途中を感じさせるシーンが多かったですよね。 漫画が完結した頃に2期やるんじゃないかなと思います。 最終回に人魚姫回を持ってきたところが良かったですね。 綺麗に終われた感じがします。 ネタバレを文字だけで読んでも、 なかなか情景や表情が想像できないところもあるかと思います。 声も楽しむ要因の一つですし。 魚が寧々を迎えにきたが、花子くんの阻止のおかげで行かずに済んだ• 光とミツバの問題は未解決で、光はミツバを助けると宣言• ミツバは桜たちと仲間になり生活している こんな感じです! それでは最後までご覧いただきありがとうございました! ・花子くんグッズを取り扱っている場所一覧はから ・花子くんの作画崩壊についてはから ・花子くんのセリフに関してはから.

次の