友 が みな 我 より えらく 見える 日 は。 【オンラインで読む】 友がみな我よりえらく見える日は オンライン

友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ

友 が みな 我 より えらく 見える 日 は

「友がみな我よりえらく見えるとき」というのが、誰にとってもあるかもしれない。 いつもそう思ってしまう人もいれば、あるときにふと、そう感じてしまう。 自分の人生は誰のものでもなく、自分のものだとわかりながら、それでも、ときに、「友がみな我よりえらく見えるとき」が日常に差し込んでくるかもしれない。 著作『友がみな我よりえらく見える日は』(幻冬舎アウトロー文庫)のタイトルを目にしたときにそんなことを思ったのだけれど、ぼくがこの本を手にしたのは、このタイトルからではなく、「上原隆」によって書かれた本だからである。 上原隆を知ったのは、鶴見俊輔を補助線として吉野源三郎の名著『君たちはどう生きるか』を読み解く、上原隆の著作『君たちはどう生きるかの哲学』(幻冬舎新書、2018年)を知ったときであった。 そして実直な視点と文体に惹かれて、ぼくは上原隆の他の著作を読んでみたくなったのだ。 こうして、『友がみな我よりえらく見える日は』のページをひらくことになる。 その扉の詞には、石川啄木の『一握の砂』からの言葉が置かれている。 「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ」(石川啄木)。 本のタイトルはここから来ているようだ。 上原隆は、インタビューを通して、市井の人びとの人生をきりとって、それぞれ短い文章にまとめている。 目次を見るだけでも、さまざまな人びとが取り上げられているのがわかる。 友よ、容貌、ホームレス、登校拒否、芥川賞作家、職人気質、父子家庭、女優志願、等々。 ここではそれぞれの詳細ではなく、この本のモチーフについて、上原隆の別の著書の文章をあげておきたい。 あるとき、鶴見さんがこういった。 「マルクスがすごいのは資本論を書いたからじゃない。 餓えという問題を見つけたからなんだ。 問題を解決することよりも、自分の問題を見つけることが重要なんだ。 私にとって「自分の問題」は何だろうと考えた。 映画監督になることが高校生の頃からの夢で、映画会社に入ったのに、自分の映画は作れなかった。 …自分には才能がないのだと認めざるを得なかった。 私は落ち込み、部屋にひきこもり、毎日、鶴見さんの本だけを読んで過ごした。 そんなふうだった三十代の十年間を思い出した。 あのとき、鶴見さんの本を読むことで自尊心をささえていたなと。 そして、これは「自分の問題」ではないかと気づいた。 「困難に陥り、自尊心が傷つき、自分を道端に転がっている小石のように感じるとき、人はどうやって自分を支えるのか」 上原隆『君たちはどう生きるかの哲学』(幻冬舎新書、2018年) 上原隆は、この「自分の問題」を手がかりに、人に会い、話を聴き、本を書いた。 その本が、『友がみな我よりえらく見える日は』(1996年)である。 この本ができたとき、はじめて、鶴見俊輔がほめたのだという。 「市井の人々の生き方を記録」と紹介されたりするなか、鶴見俊輔があるとき、上原隆に言ったのだという。 「あなたの書いているものは文学ですね」、と。 『友がみな我よりえらく見える日は』を読みながらぼくが感じていたのは、それぞれの人びとの「物語」が語られているのだということ。 「文学」だという鶴見俊輔と共振するところだと思う。 ところで、「自分の問題」を見つけるときというのは、ある意味で、「他者との比較」(…よりえらく見える、など)から離れてゆくときでもある。 ぼくたちは日々、直面する問題を解決していくけれども、もっと根源的な次元において「自分の問題」を見つけてゆくこと。 「他者との比較」から離れ、いわば<自分との比較>がはじまる。 今日の自分は昨日の自分と比較してどうか。 「自分の問題」が、どう生きられているか。 こうして、<自己実現>ということが、根源的な「自分の問題」と共に、歩みはじめるのである。

次の

啄木「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ/花を買ひ来て…」何の花?

友 が みな 我 より えらく 見える 日 は

3月10日土曜日、久しぶりに五十川リファインセンターで社内「TQC発表会・マナー研修会」を開催しました。 青空と暖かな日差しに恵まれ、現場の方多数が参加してくれました。 TQC(=現場作業品質向上)では、清掃事業部 部長を中心としたホテル客室業務改善小集団活動の3年間に及ぶ奮闘振りとその成果達成が発表され、さながらテレビドラマを観ているような感動を覚えました。 清掃事業の管理部員と現場従業員との 一丸となった改善活動に大きな拍手が送られました。 テナント社員との日頃からの信頼相互交流が、良い仕事を続けていく秘訣ですね。 また設備管理マナー演技は、女子トイレの不具合復旧作業というハードルの高い舞台です。 朝日ビルメンの伝統と底力を改めて感じ取ることができた研修会でした。 もうすぐ今年の桜も咲きます。 朝日ビルメン創業68年目の春が始まります。 事業構成.

次の

「自分の問題」の延長線上に。

友 が みな 我 より えらく 見える 日 は

「友がみな我よりえらく見えるとき」というのが、誰にとってもあるかもしれない。 いつもそう思ってしまう人もいれば、あるときにふと、そう感じてしまう。 自分の人生は誰のものでもなく、自分のものだとわかりながら、それでも、ときに、「友がみな我よりえらく見えるとき」が日常に差し込んでくるかもしれない。 著作『友がみな我よりえらく見える日は』(幻冬舎アウトロー文庫)のタイトルを目にしたときにそんなことを思ったのだけれど、ぼくがこの本を手にしたのは、このタイトルからではなく、「上原隆」によって書かれた本だからである。 上原隆を知ったのは、鶴見俊輔を補助線として吉野源三郎の名著『君たちはどう生きるか』を読み解く、上原隆の著作『君たちはどう生きるかの哲学』(幻冬舎新書、2018年)を知ったときであった。 そして実直な視点と文体に惹かれて、ぼくは上原隆の他の著作を読んでみたくなったのだ。 こうして、『友がみな我よりえらく見える日は』のページをひらくことになる。 その扉の詞には、石川啄木の『一握の砂』からの言葉が置かれている。 「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ」(石川啄木)。 本のタイトルはここから来ているようだ。 上原隆は、インタビューを通して、市井の人びとの人生をきりとって、それぞれ短い文章にまとめている。 目次を見るだけでも、さまざまな人びとが取り上げられているのがわかる。 友よ、容貌、ホームレス、登校拒否、芥川賞作家、職人気質、父子家庭、女優志願、等々。 ここではそれぞれの詳細ではなく、この本のモチーフについて、上原隆の別の著書の文章をあげておきたい。 あるとき、鶴見さんがこういった。 「マルクスがすごいのは資本論を書いたからじゃない。 餓えという問題を見つけたからなんだ。 問題を解決することよりも、自分の問題を見つけることが重要なんだ。 私にとって「自分の問題」は何だろうと考えた。 映画監督になることが高校生の頃からの夢で、映画会社に入ったのに、自分の映画は作れなかった。 …自分には才能がないのだと認めざるを得なかった。 私は落ち込み、部屋にひきこもり、毎日、鶴見さんの本だけを読んで過ごした。 そんなふうだった三十代の十年間を思い出した。 あのとき、鶴見さんの本を読むことで自尊心をささえていたなと。 そして、これは「自分の問題」ではないかと気づいた。 「困難に陥り、自尊心が傷つき、自分を道端に転がっている小石のように感じるとき、人はどうやって自分を支えるのか」 上原隆『君たちはどう生きるかの哲学』(幻冬舎新書、2018年) 上原隆は、この「自分の問題」を手がかりに、人に会い、話を聴き、本を書いた。 その本が、『友がみな我よりえらく見える日は』(1996年)である。 この本ができたとき、はじめて、鶴見俊輔がほめたのだという。 「市井の人々の生き方を記録」と紹介されたりするなか、鶴見俊輔があるとき、上原隆に言ったのだという。 「あなたの書いているものは文学ですね」、と。 『友がみな我よりえらく見える日は』を読みながらぼくが感じていたのは、それぞれの人びとの「物語」が語られているのだということ。 「文学」だという鶴見俊輔と共振するところだと思う。 ところで、「自分の問題」を見つけるときというのは、ある意味で、「他者との比較」(…よりえらく見える、など)から離れてゆくときでもある。 ぼくたちは日々、直面する問題を解決していくけれども、もっと根源的な次元において「自分の問題」を見つけてゆくこと。 「他者との比較」から離れ、いわば<自分との比較>がはじまる。 今日の自分は昨日の自分と比較してどうか。 「自分の問題」が、どう生きられているか。 こうして、<自己実現>ということが、根源的な「自分の問題」と共に、歩みはじめるのである。

次の