キン肉マン314話。 キン肉マン第313話感想 実り豊かな未来を守るために、「調和の神」の存在を明かす!

キン肉マン313話『真実への十四階段!!』の巻

キン肉マン314話

@前話までのあらすじ ジャスティスマンに導かれ、超人墓場こと聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)に足を踏み入れたキン肉マンたち。 墓守鬼(はかもりおに)たちから大歓声で迎え入れられたジャスティスマンは、先の悪魔超人侵攻で敗死した完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)の死体がそのまま放置されている状況を憂い、自らの名に下に手厚く葬ってやるよう指示を出す。 モーツァルトだったのか、聞いていたのわ。 音楽に関しては、元神ですら予見できなかった人間の恵みの産物。 ザ・マンが超人達と会談する。 前シリーズの時は考えられなかったことだわ… ゴールドマンとの約束を忠実に守るザ・マン。 未来を超人達に託したことで、表情が穏やかになったよ。。。 弟子に教わるとはまさにこのことなのか。 今は亡き、完璧超人始祖達にも聞かせてあげたかった… やはりキン肉マンの存在が超人界を大きく動かしたということ。 偉大過ぎるでしょ! さあ、いよいよ語られる真実。 超人達のその許されざる思想は、天界の神達に反感をかっていた… ついに神々との確執につながっていくのか! まさにサイボーグ009の世界観そのものに。 天界の神の思想は2つに分かれており、超人の排除を強く推す勢力が存在していた。 そして、明らかになる「調和の神」という存在。。。 調和の神が全ての元凶なのか?! ついにザ・マンの口から語られた真の黒幕の存在。 「調和の神」とのことだが… 確かに今まで散見されていた事柄が一本の線で繋がっていくような… 後付けのような… カピラリア七光線で宇宙中の超人が死滅させられた発端は、傲り高ぶり過ぎた超人の粛正であったが、それを推進した神が調和の神ということになるのかな。 話が壮大なり。。。 それにしても、ザ・マンの変わり様には、 驚きとともに安堵しましたね。 そうか、あの大決戦の後に、こう変わったんだなと。 人間が作った音楽を愛でる心のゆとりが出来たということ、 かつての弟子達にようやく感謝する日が訪れたんだなぁ…と。 最後までザ・マンを信じ続けたガンマンやサイコマンに聞かせてあげたかった… 話を戻して、 調和の神の存在が明かされることで、 どのような展開になっていくのか! ここから最短で約1ヶ月更新はありませんが、 とにかく連載が続くことを願って、 次回まで座して待ちましょう!.

次の

キン肉マン313話『真実への十四階段!!』の巻

キン肉マン314話

実に3週間ぶりのキン肉マンですが,皆様いかがお過ごしだったでしょうか。 世間ではコロナウイルスだかなんだか,暗い話題が続いているけれど,今週の312話「開かれし天への歩道!! 」の感想を書いていく。 さて,今週のあらすじなのだけど,ジャスティスマンに導かれてキン肉マンたちがザ・マンに会うというところ。 はっきり言って,ほぼ話は進んでいない。 ただ,見どことは色々あった。 2つほど見ていく。 1つが敗れ去った始祖たちの死体の話。 「聖なる完璧の山」に入った瞬間,ミラージュマンの死体が転がっているのである。 超ホラーである。 (web版312話,5頁目「こ・・・この死体は!」) そうなのに,ジャスティスマンは軽く手を触れた後,「さあ次に進もうか」である。 シュールすぎて笑えてしまった。 埋葬は無理でも,そのマントを体にかけてやるとか,色々できることはあるだろうと。 (web版312話,6頁目。 もっと他にやることはないんかい!) こんな感じで,「聖なる完璧の山」にはミラージュマンのほか,アビスマンの死体も転がっていた。 さらに画面には出てこなかったけれど,ペインマンの死体も転がっているっぽい。 始祖たちは墓守では「ふれることすらはばかれる尊い存在」だから埋葬できなかったと言うけれど,本当ですかね・・・。 指事がないと動けないという,使い得ない人材感がただよってる。 ただ,始祖たちの体って腐ったりしないんだね。 普通なら腐敗してとんでもないことになっていると思うんだけど。 2つめの見どころとして,再登場したザ・マンである。 なんと,ザ・マンは牢屋の中にいて,レコードを聴いていたりするのだ。 ザ・マンが牢屋の中にいる,これは想像するに悪魔将軍に負けてしまったことで色々会ったのだろうと思う。 なら,レコードは余計じゃないかな・・・。 牢屋の中で楽しんでいてもいいのだろうか。 そのあたりは来週で教えてくれるだろう。 話は変わるのだけど,キン肉マンの休載中,Twitterの世界では色々あった。 『100日後に死ぬワニ』が流行ったりもしたけれど,「キン肉マンアニメ化」がトレンド入りしてたことを話さないわけにはいかない。 てっきり,「えっ,マジ?」と思って見てみたのだけど,ゆでたまごの嶋田先生が呼びかけたことがきっかけで話題になっただけで,別にアニメ化が決まったというわけではなかった。 なんだ,まだ決まったわけじゃないんだ。 僕自身,キン肉マンとの出会いは小学生の頃見た王位争奪戦である。 アニメ化されればファンの裾野は広がるだろう。 ただ,ちゃんとファンは見るんですかね・・・。 俺も含めて古参のキン肉ファンは若くても30歳過ぎ。 40歳過ぎが当たり前で,50代という方もいるかもしれない。 そんな層がアニメを見るのだろうか・・・。 俺は漫画は好きでよく読むけれど。 アニメはあんま見ない。 当時は高校生か大学生くらいのときやっていたキン肉マン2世もアニメは見ていなかった。 そして,大問題として声優はどうするのだろう。 僕はキン肉マンといえば神谷明さんのイメージが強すぎて,彼が声をあてていないと見る気はあんまりしないんだ。 このあたりをなんとか頼みますよ・・・。

次の

キン肉マン第313話感想 実り豊かな未来を守るために、「調和の神」の存在を明かす!

キン肉マン314話

キン肉マン【第314話】のネタバレ 前回のあらすじ… ザ・マンはキン肉マン達を歓迎します。 そして、真実を語り始めるザ・マン。 自分は超人を活かす神だったが、天界では、超人を倒そうとしていた存在があった。 それが調和の髪であったと教えるザ・マンでした… ザ・マン、神を降りた理由… ザ・マンは、天界に居た時、慈悲の神として、調和の神との激しい論争が起きた時代があったと言います。 その時、地上の超人達も荒れ始めた時期。 調和の神は、全宇宙にカピラリア光線を照射しました。 ザ・マンの10人の弟子達以外はほぼ死に絶えました。 その計画を進めていった調和の神。 ザ・マンは、超人の死滅を免れる為、神の座を降りました。 超人の種を残す為、ザ・マンは自ら模範となって正しい方向へ超人を導いた。 神に文句を言われない完璧な超人を作る。 それが完璧超人の始まりだったと告げるザ・マンでした… アリステラ、大号泣する… そんな最中アリステラが、ザ・マンに質問します。 自分達の先祖、オメガの民が神超えを何故目指したのかと聞いてきます。 すると、ザ・マンは、口を開きます。 オメガの民の発展スピードは目覚ましかった。 嬉しい事であったが、同時に超人界の輪を乱し、罪深き蛮行も重ねて行ってとても悩んだと。 その言葉に驚きを隠せないアリステラ。 アリステラの先祖達の進化は、ザ・マンの想像を超えた。 超人の可能性を示してくれた。 しかし、天界の神はそれを許しはしなかった。 そこでザ・マンは、オメガの民を粛正する素振りを見せ安全地帯に逃がしてやった。 それが、オメガの星だったと教えるザ・マン。 アリステラは、自分の祖先はザ・マンのお陰で活かされたと気づきます。 ザ・マンは、自分の判断がアリステラ達を苦しめ、不幸な歴史を歩ませてしまった。 すまなかったと謝罪するザ・マン。 するとその言葉を聞いたアリステラは、大号泣するのでした… ザ・マンが持つカピラリアの欠片… その話を聞いていたソルジャー。 ソルジャーは、アリステラ達を打倒する相手はザ・マンではない。 本当に警戒すべきなのは、調和の神だと言います。 ザ・マンは、邪悪五大神が自分達の方についたのも調和の神を失脚させたいからだと言います。 するとブロッケンJrがザ・マンに聞きます。 天界に調和の神を止める奴がいないなら、カピラリア光線が発射されれば超人が死滅すると叫びます。 ザ・マンは、ブロッケンJr に安心しろと言います。 ザ・マンは、神の地位を放棄する前にとある条件を出した。 全宇宙にカピラリア光線を照射できる装置。 これを神の数108の欠片に分断しそれぞれに預けろと… 再照射する場合は、全ての神の同意が必要となる。 それを認めさせた。 欠片は自分も持っていると明かすのでした… ザ・マン、笑う… ザ・マンは、レコードプレーヤーを開きます。 すると箱の中から、輝く欠片が姿を現します。 このカピラリアの欠片が無いと照射はできない。 ジャスティスマンが倒したサタンは、この欠片が狙いであった。 サタンは、欠片が回収できれば神に格上げできると約束され動いていたのだとザ・マンは推測していました。 だから、自分に恨みを抱き、オメガの民に目を付けて超人墓場に入ろうとした。 実体化して何とかここまで来ようと画策した。 しかし、キン肉マン達の奮闘で危機は阻止された。 キン肉マン達の独自の力で切り抜けるのを見たかったとザ・マンは嬉しそうに笑うのでした… 「キン肉マン」の漫画をすぐに無料で読む方法 以上、キン肉マン【第314話】のネタバレをご紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。 U-NEXTを使えば31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるので「キン肉マン」が無料で読めますよ。 最新話は無料で読むことはできませんが、最新刊や単行本、他漫画は無料でよむことはできますのでおすすめです。 キン肉マンの最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 sakura. 次々と明らかになる真実で驚きを隠せませんでした! 調和の神から超人を護る為、神の座を降りたザ・マン。 オメガの民の急成長に驚くも、蛮行に心痛めるザ・マン。 やがて、天界の神からオメガの民を護る為、オメガの星へと逃がした真実。 自分達が活かされたのだと知り号泣するアリステラが印象的でした。 調和の神に粛清されぬように、事前に交渉。 カピラリアの欠片を入手し、照射を防ぐ手段も考えたザ・マン。 超人愛に溢れていましたねー。 サタンも神の格上げを狙って欠片を狙ってきた。 しかし、キン肉マン達の奮闘で阻止できた。 キン肉マン達の力を喜ぶザ・マンが偉大だと思いましたよ。 本当の脅威、これからの対応をザ・マンがどうキン肉マン達を導いていくのか? 次の話が速く読みたいですね! 次回のキン肉マン【第315話】掲載の週刊プレイボーイ更新日は7月6日になります! まとめ 以上、キン肉マン【第314話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 sakura.

次の