いびきラボ 使い方。 いびきで悩む僕が使って効果あったいびき防止グッズを口コミランキング

【いびきラボ】いびきを録音してくれる、高機能で人気の無料アプリ

いびきラボ 使い方

アプリ:いびきラボの使い方は? それでは早速、 いびきラボの使い方を学習していきましょう! いびきラボ:基本的な使い方はいびきや寝言をスコアに記録・再生! アプリをダウンロードしたら 起動してみましょう。 起動したら、はじめに 就寝時間を設定します。 就寝時間とは、床についてから入眠するまでの時間のことをさします。 いびきラボでは入眠までの時間を就寝時間と表現していますが、正しくは 『入眠戦時(にゅうみんせんじ)』といいます。 次に 『要因』を選択していきます。 これは、いびきをかいてしまう要因を特定するために 就寝前にチェックしておく項目です。 『アルコール』『鼻づまり』『入浴』など計12項目の要因を選択できます。 就寝時間と要因の設定が終わったら、 スマホを電源コードに接続していびきラボのスタートボタンを押し、スマホを裏向きにして枕元に置きます。 これでいびきの録音準備が完了です! まとめると以下のようになりますね。 録音した音声の中で、いびきをかいてしまっていることが判明したら、次は いびき対策を設定していきましょう! メニュー画面で 『対策』をクリックし、何か対策を講じたら設定の項目にチェックを入れていきましょう。 『マウスピース』『横向きに寝る』『のどスプレー』など 12項目から選択可能です。 (のどスプレーがいびきに効果的なのかは疑問が残りますが) 自分が実践している項目をチェックしたら、就寝していびきを録音をしいろいろと試行錯誤していきます。 そうすることで、 自分に一番合った対策がわかります。 効果の出る対策を見つけたらしめたもの! これで自分のいびきともおさらばです。 いびきがなくなれば快眠につながり、日々の体調も良くなってくること間違いなしです!.

次の

【人気いびき録音アプリ】いびきラボの使い方 Android・iPhone対応

いびきラボ 使い方

いびきがすごく大きくいびき外来にいったところ睡眠時無呼吸症候群と診断されてしまった岩城です。 ので、ほかにいびきが軽減できるいびき防止グッズを色々試してみました。 今回はそんな いびきに悩む僕が実際に使ってみて良かったいびき防止グッズを効果、感想とともに口コミレビューしてみます。 僕にとって効果が高かったものの順に紹介しています。 新しいグッズを使ったときは追加していきたいと思います。 通常時のいびきラボのスコアです もっとひどい人もいますが、これでもいびきの録音を聞くとすごいうるさいです。。 さらにお酒を飲むとスコアは「大きい」でいっぱいになります。 通常時はこちらなので、こちらを基準に比較していきます。 いびき外来の先生にすすめられて 基本的には横向きで寝るようにしています。 (いびきは仰向けに寝ると大きくなります。 のど回りの筋肉が寝ると緩んで下に落ちるので空気の通り道が狭くなり、いびきが大きくなります。 特に歳をとるとたるみも大きくなるのでさらに大きくなる。 横向きに寝るとそれがましになります。 ) ただ寝てるときに勝手に仰向けになっているので、意識して横向きに寝るようにしてなれる必要があると思います。 あと僕の場合、夜になると鼻づまりがひどいので、病院で鼻スプレー処方されています。 僕のからだの状態 ・中肉中背で太ってはいません。 BMI23程度です。 ・夜になると鼻づまりがひどいです。 ・寝てるときは口呼吸になっています。 ・睡眠時無呼吸症候群です。 ・お酒を飲むといびきはさらに大きくなります。 ・加齢とともにいびきが大きくなってきています。 昔からいびきは大きいです。 それでは行ってみましょう。 おすすめ順です。 ブリーズライト 鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」 色々試してみて一番よかったのはブリーズライトです。 ちょっと昔からある有名なグッズですよね。 過去にも使ってみたことがあって、そのときも鼻の通りがよくなったのですが、今回改めて買って試してみました。 すると衝撃のスコアでした!(結構びっくり) ブリーズライトをつけて寝た時のいびきラボのスコアです 色々試したあとのほうに買ったのですが、 いびきラボのスコアがこんなに顕著によくなったケースがなかったのでびっくりしました。 スコアはほぼ「軽め」になりました。 録音したいびきを聞いてみても、「ぐおー」という音ではなくて、ほぼ寝息の音です。 僕の場合は、 鼻づまりがひどいのでブリーズライトをつけると、かなりそれだけでも鼻の通りがよくなるのが実感できます。 明らかに呼吸自体楽になるのでいびきも軽減されるのも納得です。 僕のように 鼻づまりがあり、口呼吸になっている人は効果がでやすいかもしれませんのでおすすめです。 あと、ほかのグッズよりも つけるのも楽ですし、 コストも比較的安い部類なのも良いです。 1つづつ個包装されています。 ノーズピン mute ノーズピン「mute」 その次はノーズピンのmuteです。 こちらもブリーズライト同様に鼻の気道を確保するようなグッズです。 使い方は鼻の穴にシリコンゴムをセットして鼻の通りを良くします。 鼻の穴を物理的に広げるという商品です。 箱がおしゃれですね。 かたちの違う2タイプが4サイズ入っています 中には2種類のシリコンゴムが入っていて、XS、S、M、Lの4サイズ入っています。 上の画像の左の形状のほうは少し硬いです。 右側のほうが柔らかいです。 僕は右側のほうが良かったです。 左は少し形状のせいか右のより同じサイズでも小さめの形です。 muteをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアはさらに衝撃で、 ブリーズライトより良いスコアです。 録音したいびきを聞いてみてもいびきの音ではなく、寝息の音です。 スコアだけを見るとブリーズライトよりも良いですが、このくらいのスコアの差はほぼ違いがないくらいです。 日によってもスコアは結構変わりですので、だいたいの目安でみてください。 ブリーズライトを1位にしてこちらは2位にしています。 理由ですが、このノーズピンミュートは、 寝てる間に必ずと言っていいほど取れてしまいます。 (あくまでも僕の場合です) 僕が神経質なのかもしれませんが、初めてつけて寝たときは鼻になんかついて苦しい夢を見ました。。 (笑)次からはないですが ですが、取れてしまうのは毎回です。 装着したときに鼻に違和感があるのと、 少し窮屈です。 小さめのサイズをつけると鼻の奥にいってしまうのと、違和感があるのは変わりません。 上のいびきラボのスコアはなんとか付けなおして朝までつけて寝た時のものです。 途中で外れたときはスコアも途中から大きくなるので、効果は明らかにあると思います。 つけても気にならないのであれば、ブリーズライトよりもコストは安くなるのでこちらが良いですね。 こちらも鼻づまりがひどい人には効果が大きいかもしれないのでおすすめです。 ネルネル 鼻呼吸を促す口閉じテープ「ネルネル」 次は口テープのネルネルです。 口テープはいびき外来の先生にもすすめられました。 口テープはいびきに効果があるのは間違いないようです。 1シート3枚づつです ほかにも口テープは試してみましたが、僕はこのネルネルが一番良かったです。 何が良かったかというと、 大きさと質感です。 サイズも大きく、横幅もあるので取れにくいです。 それと質感が紙テープ?に近い感じで違和感も少ないです。 ほかの口テープは寝てる間に取れやすいのですが、このネルネルはいつも朝まで取れずに完走できます。 さっきのmuteもそうですが、効果があっても 取れずに朝までその状態をキープできるのかは大きいです。 ネルネルをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアもそれなりに効果があるようです。 いびきは減っています。 スコアはこんな感じなのですが、録音したいびきを聞いてみるとところどころ「ぐおー」といういびきをかいています。 おそらく、口テープで口は閉じられているのですが、口呼吸を通常しているので、 口の隙間から口呼吸していると思います。 口テープは口呼吸を促す目的もあるので、 貼ることでいびきは軽減しています。 そもそも いびきの原因のほとんどは口呼吸です。 病院で診察してもらったときに見せてもらって教えてもらったのですが、 口を閉じているといびきは出ないです。 いびきは口を開けて口呼吸していることでのどが振動しいびきがでます。 (人によっていびきの原因は違うので全員ではないですが、ほとんどの場合がこれが原因のようです) 2つ3つ貼って隙間をなくせばさらにいびきは減ると思いますが、僕の場合、鼻づまりがあるので完全に口を閉じてしまうのは多分無理なので(鼻呼吸できないので自然と口呼吸になる)鼻を改善する必要もあります。 いびき改善では、口テープは必須だと思います。 口テープと合わせてほかのグッズも併用するかたちで考えた方が良いと思います。 僕も必ずつけるようにしています。 鼻づまりがあまりない人は、口テープで大きく改善できる可能性があります。 口テープではこれが一番おすすめです。 ねむるん 看護師おすすめ口呼吸テープ「ねむるん」 次も口テープですが、口テープのねむるんです。 これは Amazonでベストセラーになっていて口テープで一番売れています。 値段も安いのも理由だと思います。 なので僕も最初に買って試してみました、 1シート5枚づつです サイズも ネルネルに比べると幅が狭いです。 男性用女性用として鼻に部分の切れ込みの大きさが上下で入れ替えらますがこれはあまりどちらでも良いですね。 女性にはこちらの方が狭いので良いのかもしれないです。 男性では小さいと思います。 質感はかなり薄くて、薄いバンドエイドのような質感です。 ねむるんをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアも効果が出てるのが分かるスコアです。 付けたほうがいいですね。 いびきの大きさもネルネルと同じような感じです。 いびき軽減効果は口テープはどれも同じようなくらいです。 劇的に改善することはないかもしれませんが、確実にいびきは小さくなります。 口テープの重要なポイントは、 朝まで取れない。 つけても違和感がない。 ものを選ぶといいと思います。 これは個人差がありますのでいくつか試してみるといいと思います。 舌用マウスピース 舌を沈下させないようにする舌用マウスピース 舌にはめるマウスピースです。 舌用マウスピースとか舌安定マウスピースとか言われています。 Amazonで検索すると同じような商品がたくさん出てきます。 (おそらくどれも同じです。 ) 舌用マウスピースにノーズピンが一つ。 あとケースと説明書が入っています。 マウスピースで睡眠時の舌を前方に固定することで喉奥の気道を開き呼吸を楽にするという商品です。 舌を強引に口の外で固定する感じです。 装着した感じはおしゃぶりをしゃぶっている感じになります。 (ちょっと見た目恥ずかしいかもですね。 ただ僕が使ってみた感じは かなり強引に口呼吸をさせないようなつくりになっているので、口呼吸になっている人は いびき改善にかなり効果があると思います。 ただ僕が使った感じではいくつか難点があり、 「違和感がある」「よだれがでる」、というのがありました。 (これは個人差があると思います。 数回使うと慣れたというのもあります。 )このあたり使ってみて気にならない、問題ないのであれば効果が大きいと思います。 値段も高くないので一回試してみる価値はありおすすめです。 口呼吸が原因でいびきが大きくなっている人は ほかのどの商品よりも強引に口呼吸をできなくさせると思います。 試してみてください。 12追記: 僕が購入した商品は現在Amazonでは販売されていないみたいですので同じような商品で一番売れているもののリンクを貼っておきます。 違いはないと思います。 上でも書きましたが、いびきの原因のほとんどは口呼吸していることが原因ですので、口テープは必要で口呼吸から鼻呼吸で寝られるようにすることが重要だと思います。 (鼻通りを良くして口呼吸から鼻呼吸にさせる) 口呼吸になっている人は、舌の筋力が弱い場合が多いので口呼吸を改善する「あいうべ体操」はおすすめです。 あいうべ体操をして舌の筋力をつけて、口テープで鼻呼吸になれていくというのが良いと思います。 あいうべ体操はこちらが分かりやすいです。 同じ人が書いています。 あとこちらでは紹介していませんが、枕を変えることも効果があります。 人によっては大きく変わると思いますので試してみてください。 CPAPを使うことでいびきを一切なくすことはできましたが、継続していくことができなかった僕は、現時点では、ブリーズライトと口テープのネルネルを併用しています。 それでいびきの大きさはかなり劇的に改善できていますので、当面はこれで続けていこうと思います。 参考にしてください。 2018-05-29 おまけ:試したみたけど僕にはあまり効果が感じれなかったもの 紹介した商品以外にも結構な数のいびき防止グッズを試してみてはいますが、僕にとっては効果がなかったけど話題なものも、気になったものも紹介しておきます。 またその逆もあると思います。 詳細記事のリンクを貼っていますので、興味のある方はご覧ください。 いびきサプリ「サイレントナイト」 サプリもいくつかありますが「サイレントナイト」という商品を試してみました。 だいたいどのサプリも成分は似たり寄ったりで、コエンザイムQ10がいびきに効果があるとしています。 1袋で1ヶ月分くらい入っています。 サプリなので物理的に何か変化があるわけではないので、期待せずに試してみましたが、1ヶ月飲み続けましたが僕には何もこれといった変化はありませんでした。

次の

快眠を妨げる存在!いびきを対策できるいびきラボが便利

いびきラボ 使い方

就寝時間・・・録音を開始するまでの時間を設定できます。 基本は30分後のままがおすすめです。 いびき対策・・・いびき対策グッズを使用する場合は設定しておくと、いびきデータの比較がしやすくなります。 要因・・・アルコールや鼻づまりの設定ができます。 こちらも設定すると、いびきデータの比較がしやすくなります。 可能な限り充電器に接続してくださいと確認がでますので「よし」をタップします。 フルに充電されていれば、充電器に接続しなくても朝まで大丈夫です。 録音の待機状態になりますので、このまま枕元に置いておくだけで自動的にいびきが録音されます。 翌朝起きたら画面をスワイプして録音を停止してください。 いびきデータの確認と再生方法《実際の録音データを掲載》 いびきの録音データを確認するには、画面上部の「統計データ」をタップして画面を開きます。 いびきのモニタリング時間と、そのうちどれくらいいびきをかいていたかの時間とパーセンテージ等が分かります。 実際にいびきを聞くには「再生ボタン」をタップします。 また、いびきを聞きたい時間の波形を直接タップしてもいびきを再生することができます。 実際に録音したいびきデータを掲載します。 上の画像の波形の一番左側の部分です。 自分のいびきを客観的に聞くとうるさいことが分かります・・・ いびきデータの日毎の比較 いびきラボはいびきスコアという点数を独自に算出してつけてくれます。 いびきスコアが高くなるほどいびきが激しいということになります。 いびきスコアを確認するには、「グラフのマーク」をタップします。 アルコールを摂取していないときのスコアは22~23ですが、お酒を飲んだときは35になっています。 一般的にアルコールを飲むといびきをかきやすいと言われていますが、しっかりとデータで確認出来ました。 また、上の画像の一番右側ではいびきスコアが低くなっていますが、この日はいびき対策グッズのを使用していました。 はじめて使用したので、無意識のうちに途中で自分で外してしまって途中からいびきが録音されていましたが、パートナーに確認したところ、ナステントをつけている間はいびきはしていなかったそうです。 いびきラボの画面と録音データも掲載します。 こちらの録音データは、上の画像の統計データ一番左の小さい波形(1と2の間)の部分の音です。 少し鼻づまりをしていたというのと、はじめて使ってうまく装着できていなかったというのもあってか、空気が通る音が気になります。 それでも、上の波形データでは穏やかの範囲に収まっていますのでナステントは効果があることが分かります。 いびきラボの口コミ・評判 Instagramを見てみると実際にいびきラボを使っている人が投稿していますので、いくつか紹介していきます。

次の