ワールド オブ ウォー シップ wiki。 World of Warships Wiki*

CoD:WWⅡ攻略まとめwiki

ワールド オブ ウォー シップ wiki

アップデート 3. 2パッチノート ・トレーニングルーム トレーニングルームを作成し、戦闘をカスタマイズして、友達を招待します。 カスタマイズオプションには、モードタイプ、マップ、ティア、艦種、各チーム(観戦者を含む)のプレーヤー数が含まれます。 トレーニングルームは、試合メニュー(推測)にあります。 トレーニングルームでは、プレーヤーは参加するチームを選択できる。 また、観戦者になり、友達の試合を観戦することもできます。 部屋の所有者のみが試合を開始する権限を持っています。 開始すると、すべてのプレーヤーが戦闘に参加します。 なお、ボットはトレーニングルームのバトルに追加できません。 また、ルームは招待されたレベル5以上のプレーヤーのみが参加できます。 トレーニングルームを作成するには、プレーヤーがレベル15に到達することが条件です。 試合はランダム戦と同じ形式ですが、プレーヤーはいつでも戦闘離脱が可能です。 観戦者はゲームに影響を与えることはできませんが、どのプレーヤーを観察するかを選択し、さまざまな観客モードで観戦できます(詳細はパッチノートで後ほど説明します) 戦闘結果は、プレーヤーの戦闘統計には含まれず、このモードでは、勲章は考慮されず、報酬も提供されません。 また、消耗品やサービスの費用は適用されません。 トレーニングルームでのバトルは、ミッションやバトルオナーにカウントされません。 ブリッツロイヤルの改善 ゲームが始まると、ランダムなバフ(アイテム?)がマップに表示されます。 それらを拾うと、戦闘全体のプレーヤーの艦艇のステータスが向上します。 バフを取得した場合、バフアイコンをタップして詳細を確認できます。 バフタイプは4種類あり、それぞれ3回まで積み重ね可能。 艦隊チャレンジは、3種類があります。 標準チャレンジ:通常のミッション チームチャレンジ:このチャレンジを完了するには、プレーヤーは少なくとも1人の艦隊メンバーとチームを組む必要があります ウルトラチャレンジ:スタンダードチャレンジとチームチャレンジが完了したときにロックが解除されます チャレンジごとに独自の完了報酬を提供します。 プレーヤーは報酬を得るために艦隊に最小限の貢献をしなければなりません。 少なくとも1つのチャレンジを完了すると、最終的な報酬のロックが解除されます。 艦隊が完了するすべてのチャレンジは、最終的な報酬クレートをレベルアップします。 フリートチャレンジが更新された後、最終的な報酬クレートが自動的にミッション参加プレーヤーに送信されます。 艦隊を離れたプレーヤーは、次のミッションが更新されるまで艦隊チャレンジに参加できません。 ・造船所の変更 これらの艦艇は造船所から削除されます Tier V戦艦 ジューリオ・チェーザレ Tier VIII戦艦 ローマ Tier VIII巡洋艦 摩耶 Tier IX戦艦ミズーリ Tier VIII駆逐艦 雪風 Tier IX巡洋艦 吾妻 これらの艦艇が造船所に追加されます Tier V戦艦 エンジコート Tier VIII戦艦 紀伊 Tier VIII巡洋艦 ミハイル・クトゥーゾフ Tier IX駆逐艦 ベンハム Tier IX巡洋艦 クロンシュタット 今後、数か月にさらに艦艇が追加されます ・レジェンド装備の追加 レジェンド装備は、船の潜在能力を最大限に引き出すために使用できるエリート装備です。 レジェンド装備はデモインとモンタナに追加されます。 レジェンド装備のアイコンと説明は金色です。 レジェンド装備は、フリー経験値と引き換えに入手することも、直接ゴールドと一緒に購入することもできます。 レジェンド装備はシルバーで換金されます。 他の艦艇は、今後のアップデートでレジェンド装備を追加します。 設定の新しいオプション 設定で自動ロックオンの無効化、有効化、または画面上のトグルを提供する新しいボタン! 船の向きを水上に表示できる新しい設定(本家と同じ感じになる模様)。 アイコンの場所変更 デイリーコンテナーと初勝利広告の場所が入れ替わりました 背景の課金アンロック 以前は技術ツリーでのみロック解除できたポートも、ゴールドでロック解除できるようになりました。 戦闘WikiのSAP弾 SAP弾の情報が「弾種2」の下のバトルWikiに追加されました。 新しい司令官とポートレート 新しいイタリアの司令官が司令官箱に追加します。 新しいポートレートも追加されています。 フリー経験値のチュートリアルについて これをアクティブになる方法は2つあります。 1つ目は、プレーヤーがフリー経験値を交換するためのインターフェイスに入ったときに発生し、2つ目は、プレーヤーがフリー経験値を交換するための最小要件に達したときに発生します。 チュートリアルが利用可能になると、ポートでフリー経験値を交換するためのボタンが強調表示され、プレーヤーに思い出させることができます。 押すと、簡単な紹介が表示されます。 ・チームビクトリーブリッツ チームビクトリーブリッツが実装されます。 つまり、プレーヤーはチームでチームを組んで競争に参加する必要があります。 最初のチームビクトリーブリッツは、6月の第1週に予定されています。 ・チームボーナスイベント チームでプレイするための追加ボーナスがこのイベントで提供されます。 更新時間と入手のアイコンがチームボタンの上に表示されます。 アイコンを押すと詳細を確認できます。 ・バグの修正 ブラック神風の名前がポルトガル語、トルコ語、韓国語、ロシア語などのさまざまな言語で修正されています。 プリンツ・オイゲンの魚雷の説明で4x2となっていたため、4x3の魚雷発射管に修正されました。 大西洋の誤ったゲームモードの説明が修正されました。 過去のアップデート一覧.

次の

「ワールド オブ ウォーシップス(WoWs)」スリル満点なオンライン海上ストラテジー!|オンラインゲームPLANET

ワールド オブ ウォー シップ wiki

評価は他の皆さんがされてるので割愛します。 私が始めた頃は、お互いに狙いあってAPで削り合う戦略的要素と緊張感があるゲームだったんですが。。。 現状はHEを当てれば角度とか関係なしでダメージと火災でスコアをAPの倍以上に伸ばせるシンプルで残念なゲームになりましたよ。 主砲の大きさ?そんなの気にしないでください。 駆逐艦の主砲でも戦艦にHEで着火したらHPでの割合ダメージで高ティアの戦艦に約60秒で数万のダメージが簡単に出せますよ。 現状ではAPでのメリット要素がバイタル貫通以外全くなく、HEで的当てだけしてると、APのカスダメより大きな有効ダメ、そして何より戦功章の放火犯、災害誘発、大口径、共謀者がすぐに取れますね。 運営さん、そろそろ火災発生率の確立調整、火災ダメージと応急工作班、修理班の見直しとかもしないとマズくないです??? バランス崩壊したらどんなにグラフィックが綺麗なゲームでも"絵に描いた餅"なんだよねぇ。。。 単調な的当て作業ゲームが好きな方なら続けられるのかも。 空母のReworkが来てから元々クソゲーぽい 雰囲気はあったが一気にクソゲーに。 空母のゲーム支配率が高すぎて 他の艦船は空母からの防衛を最優先にせねばならず アップグレード・スキルといった装備面は対空一色。 行動も単艦で動くと即沈められるような状態になるため 艦隊行動が必須となり、戦術的な自由度が全くなくなった。 防衛で戦術・装備等の自由度を縛られても当の空母は お構いなしに選択の自由度が高く空母以外が標的以外の 何者でもない。 また、上記の状況で艦隊行動からはずれたら攻撃される為 ゲームルールの一つである制圧戦などは全く機能していない。 空母は空母で単艦行動や、艦隊行動から外れたのを 削り殺していくだけの何の戦略も無く漸減していくだけで 活躍したことになる有様。 これ一体何のゲームなんですかね? World of Warshipsなんて大層な名前つけないで World of Aircraft Carriersとかにした方が よっぽど今の状況にマッチしているんじゃない? 何を基本にバランスとっているかわからないが、 今回のアップデートでなおさらバランスがおかしい。 元々おかしいのが、なおさら基地外なほどおかしくなっている。 勝率も95%超えていたのが、今回のクソバランスで45%に下がるほど。 マッチングも確実に自分を追従してくるNP艦なので、味方のNP団子に 連れていくとコトゴトク沈没。 4対1で 戦艦で巡洋一隻に的を合わせ距離5km撃っても 弾は散布しすぎ、距離5kmの一斉掃射にかかわらず一発も当たらない。 これを3回繰り返しても一発も当たらないクソ仕様。 この糞ゲーに課金すれば、ぼったくりで負け試合だけしかマッチングしない。 基地外開発のやりたい放題で客を見下している。 自分はどちらかというと運営に対する否定的な意見を書く人ですが今回はプレーをしている人について書いてみたいと思います ・自分の役割を理解していない人 偵察が出来ない駆逐艦&空母 沈めと言ってるのではありません駆逐艦は情報取ったら逃げてもいいのです 空母の人は攻撃を片手間でやってほしいんですけどね 駆逐艦を支援できない巡洋艦 射界が取れないような見当違いなところへ行く巡洋艦は駆逐艦を見殺しにしていると思ってください それを支援できない戦艦 早めに巡洋艦を葬らないと駆逐艦と巡洋艦が溶けます 前進することでダメージを多少なりとも吸収して他艦の負担を軽減するべきです 制空をしない空母 空母が面倒なのはわかるんですけどね 対空砲火がきつくなって空母辞めた はっきり言って攻撃してくる敵機より制空しない味方空母の方がヘイト高いです ・自分の持ち場から離れる人 左右方面に配置された時はその壁側からは敵は来ません よって全員でCに行こうぜとかの指示でもない限り基本的に正面の敵に対峙しましょう 持ち場から離れると手数不足になりその方向は不利になります もちろん側射が狙えるや射界を取るための動きは有りですよ ・優先的に狙う艦を理解していない人 目の前に駆逐艦が居るのに駆逐艦や巡洋艦が戦艦や巡洋艦を撃ったらあきまへん そんなの戦艦にやらせておけばいいのです もちろん情況により戦艦が駆逐艦を先に狙うこともあります ・他人のケツを追いかける人 配置はランダムなのでその時は諦めて先行しましょう 開幕動かないでいられると正直展開が遅れ不利になります ただしHPが減ったからとか雷撃の接近のため 戦闘中に起こるシチュエーションであって開幕にやっても意味は有りません に戦艦に盾になってもらうは有りです WoWsは生き残ることが上手なプレーヤーというわけではありません 沈んでもいいのです役割さえ果たせば でも回避盾って憧れるよねアレで生き残るんだからすごいわ 三年以上続けてきたプレイヤーとしてのレビューを述べたいと思います。 まず、wowsに向いているプレイヤーは「軍艦・ミリタリー好き」、「向上心・忍耐力がある」ものだと考えています。 このゲームは軍艦のモデリングや背景のグラフィックが素晴らしく、海戦をしている様は迫力もあります。 次に、「向上心・忍耐力がある」ことについては、ゲーム内のシステムの理解や艦の性能についての知識が必要な場面があります。 一試合ごとに反省と修正を繰り返しができる向上心と忍耐力が求められます。 まずは、クランへの加入や動画配信の視聴を行い基本を学ぶのが良いと思います。 不満点を上げるとしたら、チュートリアルが少なく内容も薄いため、自分からwikiや動画で探さなくてはならない。 ほぼ勝てる分隊の組み方が存在すること。 よくレビューされるマッチング調整は、個人的には確率の揺らぎだと考えています。 勝てる日もあれば負ける日もあるだけです。 最後に、恐らく初心者にとっては現環境は覚えなければならない知識が多く、上級者が混じる中にマッチングするためキツイと思います。 しかし、ゲームの流れを変えられる、または味方の支援をして勝ちに導けるようになると、このゲームの楽しさに気付くと思います。 …ちゃんとWOWS Wikiは読もうね.

次の

迫力の艦隊バトルを『World of Warships』でいち早く体験できるチャンス! 50名のアルファテスターを電撃オンライン優先枠で募集中!!

ワールド オブ ウォー シップ wiki

ウォーゲーミングジャパンは、『World of Tanks(ワールド オブ タンクス)』の空戦版となるタイトル『World of Warplanes(ワールド オブ ウォープレーンズ)』の、現在の開発状況を紹介する動画を公開した。 『World of Tanks』同様、この『 World of Warplanes』も、過去の空にて実際に活躍した航機を中心に、さまざまな機体が登場する、にゃ。 今回、プレイヤーの皆さまに、よりリアルな感覚を楽しんでいただけるように、Wargaming. netのスタッフ6名が、18機の実際に使用された航空機を用意し、2週間かけて、カリフォルニア・チノにて、そのエンジ音の収録を行った、にゃ。 その収録風景、さらに実際のゲーム内映像をお送りする、にゃ。 さらに今回の映像では、今まで発表れた機体以外の航空機も公開されている、にゃ。 そう、今年劇場で放映されたあのアニメの航空機 、にゃ。 なお、 映像は海外で製作されたものなのであり、英語ナレーションが行わているにゃ。 そこで、以下に動画内語られているナレーション部分を要約した文章を用意したので、文章と照らし合わせながら、映像を見てほしい、にゃ。 One Aire リアルなグラフィックを追求するだけがWargaming. netではない。 プレイヤーに最高のミリタリーエインターテイメントを提供するのが、Wargaming. netの使命である。 ここはロサンジェルスから100キロ離れた、チノ、カリフォルニア。 今回の録音のために結成された6人のスタッフと、博物館に飾られていた18機の本物の航空機が一同に集結し、2週間収録を行った。 飛行場では、かの伝説的なエースパイロット、マルセル・アルベールが、まるで1943年に損傷した愛機Yakで命がけの生還を果たしたときの様子を再現したかのようなエンジン音が響き渡った。 吠えるエンジンの音は、君を魅了するであろう。 この迫力は、とても人工的に作り出せるものではない。 今回使用された機体は、1930年から1950年を生き残ってきた猛者達であり、ほとんどの機体が実際の戦闘を経験している。 録音は複数のマイク、多彩な角度、思いつく限りの方法で、可能な限りの録音が行われた。 エンジンの始動や、低回転、アイドリング、高回転、アフターバーナー……。 これにより『World of Warplanes』のゲーム内のエンジン音は限りなく現実に近いものとなった。 今回の録音により『World of Warplanes』ではカメラの位置、距離、行動、すべての状況に対応したエンジン音が適応されることになる。 プレイヤーはゲーム内にて簡単な操作ながら、その音を感じることができるだろう。 例えばアフターバーナーだ。 実際に操縦している時と同じ音が『World of Warplanes』で体験できる。 まぁ…多少静かかもしれないが。 そのため『World of Warplanes』開発スタッフは、音の編集を最小限に抑えた。 それは、プレイヤーにより現実に近い音を提供するため、だ。 過去、これらの航空機が集結したのは、2001年、映画『パールハーバー』が撮影された時だけだろう。 さあ、思う存分、音響空間を堪能してくれ。

次の