高津区 アトピー。 アトピー性皮膚炎の治療は、川崎市高津区溝の口駅徒歩1分。女性医師の皮膚科専門医院

高津区の湿疹・かぶれでお困りなら│さるや皮フ科

高津区 アトピー

漢方内科 耳鳴り、不眠、不安症、めまい、むくみ、肥満、過敏性腸症候群、高血圧症、糖尿病、喘息、無気力、慢性咳、慢性疲労症候群でお悩みの方。 一般内科 高血圧、糖尿病、高脂血症、慢性気管支炎、喘息、慢性胃腸炎 漢方婦人診療 冷え症、生理不順、生理痛、不妊症、内膜症、PMSなど女性特有の症状を漢方でサポート致します。 更年期診療 漢方皮膚科 湿疹、蕁麻疹、ニキビ、皮膚炎、円形脱毛症、掌蹠膿疱症、顔面部の難治性皮膚疾患等でお悩みの方。 小児皮膚科 小児漢方耳鼻治療 アトピー診療 美容注射(自由診療) プラセンタ・ビタミンC・ニンニク 整形外科 慢性腰痛、慢性肩関節炎、坐骨神経痛、ヘルニア、膝関節痛、慢性膝関節炎、線維筋痛症などにお悩みの方。 漢方を用いた治療も行っております。 漢方心療内科 不眠、不安神経症、胃腸の不調、線維筋痛症、耳鳴りなどストレスに起因する様々な不定愁訴を漢方薬でサポート致します。 漢方アレルギー診療 季節性のアレルギー性鼻炎、花粉症、慢性副鼻腔炎、肌荒れ、湿疹でお悩みの方。 漢方薬を中心に根本からの治療を目指します。 小児アレルギー 当クリニックでは、西洋医学の優れた検査方法を用いると同時に、漢方薬治療の伝統手法である弁証(舌診・脈診)を行い、漢方薬と西洋薬を組み合わせて処方しています。 医師によるきめ細やかな問診をもとに、あなた専用のオーダーメイドな処方を 提供します。 田園都市線、溝の口、宮崎台、鷺沼、たまぷらーざ、あざみ野、青葉台、藤が丘、市が尾、長津田、などの周辺地域だけでなく、都筑区、港北区、緑区、相模原市、横浜市、多摩区、麻生区、世田谷区、町田市、新百合ヶ丘、中央林間、東京都全域など遠方の患者様も多く来られております。 漢方薬についてのご相談や治療についてのセカンドオピニオンなど、いつでもご相談頂ければと思います。 また、英語と中国語での対応が出来ます。

次の

アトピー性皮膚炎の治療は、川崎市高津区溝の口駅徒歩1分。女性医師の皮膚科専門医院

高津区 アトピー

小児科 1人で悩まないで、まずは私たちにご相談ください さまざまな疾患の治療はもちろん、子育てについてのご相談にもしっかりとお答えします 一年を通して、ご相談が多い風邪を始めとする、さまざまな疾患の治療から、ちょっとしたお悩みの相談も受け付けております。 例えば、健診やアレルギー、育児、いじめなど、ご相談いただいている内容は、幅広いです。 当クリニックでは、お子さまに痛みや負担をできる限り与えることなく診断することを大切にしており、必要ない検査は、なるべく行わない方針です。 例えば、小さなお子さまの視力を測るのは難しいため、当クリニックでは、光を当てるだけで視力測定できる機械を使用しております。 こうした、お子さまにとって不快になりにくい検査は、率先して取り入れています。 また、保護者さまのちょっとした一言に診断、治療のヒントが見つかることもあります。 そのため、診察の際は必要な情報を聞き出せるように話し方、聞き方に注意しています。 院長はもともと子ども好きなので、何でも話せる「町の小児科」を目指して医師になりました。 どんなことでも、遠慮なくご相談ください。 新生児の診療 痛み、苦痛の少ない検査を取り入れています 新生児には、熱もないし呼吸も問題ない、意識もしっかりしているけれど、何となく様子がおかしいという時があります。 英語で「Not doing well」と呼ばれるこの状態には、重大な病気が隠れていることがあります。 そのため、新生児の診療については、「何か違う」という状態を見逃さないように心がけています。 例えば、細菌、ウイルス、真菌などに感染して、中枢神経に炎症が起きる新生児髄膜炎は、発熱などを伴うことはありません。 しかし、突然激しい症状を示すことがあるため、その前段階で気づくことが大切です。 新生児は、病気の発見が遅れると、短時間で進行して生命に危機が及ぶ場合もあります。 「何か普段と違う、様子がおかしい」と思われたら、悩まず、すぐに受診をお願いします。 この他にも、先天的な問題やダウン症などを抱えるお子さまの育児についてのご相談、NICU(新生児特定集中治療室)から退院された赤ちゃんのフォローアップも行っております。 なぜなら、ワクチン接種の対象となっている病気は、生命に関わるものばかりだからです。 接種していただく予防接種のほとんどが、ワクチンが充実していなかった時代に多くの人が犠牲になった病気です。 予防接種は、かけがえのないお子さまの命を病気から守るために行います。 病気になってから後悔しても手遅れということも多いので、接種を忘れたり、見逃したりするのは危険です。 当クリニックでは、さまざまな種類がある予防接種をできるだけ少ない負担で進めていただけるよう、スケジュール調整をさせていただきます。 一部、費用が必要なものもありますが、現在では、ほとんどのワクチンが公費で接種できます。 どうぞ、お気軽にご相談ください。 料金は料金表をご確認ください。 市町村によっては公費負担があります。 発達については、保護者さまが心配されていることが多いため、「大丈夫です」と太鼓判を押して不安を軽減させることが私たちの役目だと考えます。 また、健康な状態を知っていただくことで、何か異変があった際に早期の発見が可能になります。 もし病気があったり、発達の遅れが認められたりする場合は、それを見逃すことなく、早期治療の開始につなげていきます。 乳幼児健診は、明らかな病気がない健康な時に医療機関を受診する、貴重な機会でもあると私たちは考えています。 通常の診療時にも、多様なご相談にお応えしておりますが、普段はあまり受診しない、あるいは、いつも風邪などの症状があって、それ以外のことを話す機会がないという方も、乳幼児健診は、さまざまなご相談をしていただくチャンスです。 育児に関する不安、悩みなど、どうぞ遠慮なくお聞かせください。 なお、健診の際は、母子手帳と赤ちゃんをくるむためのタオルをご持参下さい。 料金は料金表をご確認ください。 市町村によっては公費負担があります。 アレルギー科 お子さまのご両親に正しく、本当にためになることだけをお伝えします お子さまの負担となる検査はなるべく行わず、一人ひとりに適した生活指導や治療を実践しています アレルギー科は、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、食物アレルギーで受診される方が多くなっています。 中でも、アトピー性皮膚炎のご相談には多くお応えしております。 お子さまの肌は、大人の肌とは違う特性があり、それをしっかり把握していないと適した治療を行うことはできません。 当クリニックでは、肌の特性を踏まえた上で、必要となる日常のスキンケアについて、丁寧に指導し、一人ひとりに適した薬による治療と併せて、アトピー性皮膚炎をコントロールすることを目指します。 また、気管支喘息については、3歳位までに早期治療を受けると、多くの場合改善が可能な病気なので、早めにご相談していただくことが大切です。 喘息の検査には、息を吹き込む呼気NO濃度測定器を使用しますが、5~6歳以上にならないとうまく使えないので、小さなお子さまには診察で対応しております。 最後に当院の食物アレルギーの診療では、アレルギーを引き起こす食品を除去するのではなく、食べながらの予防・治療を行っています。 検査数値よりも「食べてみてどうか」ということが大事なので、アレルギーの血液検査は基本的に行いません。 最近は、アレルギー科に関する病気の治療法や情報もインターネットで、簡単に調べられますが、誤った情報や情報の取り違えもあるので、正しい情報を伝えることも、私たちクリニックの仕事です。 ご質問、ご不明点には、わかりやすくお答え致します。 お気軽に来院ください。 アトピー性皮膚炎 「赤ちゃんの湿疹がよくならない」と受診される方が、大半です。 しつこい湿疹があるとすぐ、アトピー性皮膚炎の薬剤治療が必要と思われがちですが、多くの場合は、スキンケアで改善します。 早い段階で湿疹を改善させ、肌のバリア機能を改善すれば、アトピー性皮膚炎は予防できる疾患です。 そのため、当クリニックでは0歳児からのスキンケアを重視しています。 肌の質には個人差があるので、ケアの方法はさまざまですが、清潔に保つことが基本です。 すでにアトピー性皮膚炎が見られる場合も、スキンケアを見直しと、薬の選択が合っているか、アレルギーは無いかなど、改善しない要因を洗い出します。 必要な場合は、ステロイドも処方しますが、患者さまに適した方法でスキンケアを行えば、ステロイドを使わずに済むケースもたくさんあります。 また、長期にわたってアトピー性皮膚炎が続いている場合は、検査を行うこともあります。 生活習慣全般にわたって聞き取りを行うと、ハウスダストが原因のケースが多いため、住空間も肌と同様に清潔に保ち、アレルゲンを取り除いて行く事が重要となります。 気管支喘息 呼気NO濃度測定器で肺活量を確認し、検査します。 咳が長引くなどの理由で受診される方は、気管支喘息の疑いがあります。 また、風邪で受診された際、胸に聴診器を当てるとゼーゼー、ヒューヒューと喘鳴(ぜんめい)が聞こえ、診断されることもあります。 ただし、音がしないケースもあるので、丁寧な診察が必要です。 息を吹き込んで使う、呼気NO濃度測定器という検査機器は、5~6歳以上のお子さまでないと使用が難しいので、それより小さなお子さまには使用しません。 そのため、小さなお子さまの場合は、診察や丁寧な経過観察が重要です。 現在、気管支喘息の治療は、1日1回の内服薬が中心です。 正しく、1年間服用すれば、多くは改善させることができます。 ただし、5~6歳を過ぎると治療が難しくなるので、できるだけ早期に発見し、早く内服薬の治療を開始することが必要です。 吸入器は、内服薬の作用が期待できない場合、喘息の発作が起こった時に使用します。 喘息治療というと吸入器がつきもののように思われがちですが、最初から内服薬と吸入を併用することはありません。 食物アレルギー アレルギーの原因となる食品で多いのは、やはり、卵や乳製品、小麦です。 かつては、食物アレルギーの原因がわかると、その食品を食べないのが一般的でした。 しかし、特定の食べ物を除去することは、栄養摂取の点で問題があります。 さらにその食品を使わないよう、日々の食事を作るのは、大変な手間です。 現在、食物アレルギーの治療法は変わってきており、医師の指導のもとで、食べて反応を診るという方法が主流です。 まったくアレルギーの原因となる食品を食べられないというのはごく一部のケースなので、少しずつ食べて、その食品に体を慣らしていくという考え方です。 また、食べることは予防につながることもわかっています。 治療では、クリニックで食べていただく場合もありますが、反応が出るまで時間がかかることもあり、ご自宅で食べて状態を確認していただきます。 皮膚が赤くなった、かゆくなったという場合には、すぐに受診していただき、診察します。 また、お子さまの苦痛、負担となる検査は行わないという基本ポリシーから、血液検査は、ほとんどの場合行いません。 アトピー 他の医院で薬を処方してもらっても、服用をやめるとアトピーが再発し、アトピーが良くならないと失望している親御さんや、アトピービジネスに頼ろうとしている、もしくは頼ってしまった方のかけこみ寺として、情報や治療についてお伝えしています。 なお、治療というのは、肌に合ったスキンケアと薬の服用が行われている状態を意味します。 スキンケアは「清潔」「保湿」「紫外線対策」が重要であり、自己判断せずにそれらに関して正しく理解することが改善への第一歩だといえるでしょう。 スキンケアをおろそかにし、ステロイドなどの薬に頼ってばかりでは根本的な改善にはなりません。 そのような考えもあり、当クリニックはステロイドを比較的使わないようにしていますが、症状の程度によっては使用するようにしています。 アトピーは遺伝も関係するため、保護者さんにアトピーの症状がある、もしくは以前症状があった場合、は早めにご相談ください。 症状が出てからではなく、早くからの正しいスキンケアでアトピー発症の抑制を行うことは十分可能です。

次の

【川崎市高津区・土日診療OK】皮膚科 ランキング

高津区 アトピー

文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には、ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイズを変更してください。 色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 育児相談できる窓口 事業名 内容 育児相談 0歳から就学前のお子さんの健康や育児についての相談を受けます。 栄養相談、歯科相談もできます。 【要予約】 お母さんの健康相談 産後のお母さんの体調や授乳についての相談ができます。 母乳マッサージはありません。 【要予約】 アレルギー相談 気管支喘息、アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患についての相談を医師がお受けします【要予約】 乳幼児特別相談 0歳から就学前までのお子さんの疾病や発育、発達について医師が相談をお受けします。 【要予約】 幼児相談 心理相談員の先生が対面で、1歳から就学前のお子さんの発達の相談をお受けします。 【要予約】 女性コーナー 女性のライフサイクルに応じた健康相談です。 女性のあらゆる相談に医師や助産師、保健師が応じています。 【要予約】 こども相談 保健師・心理職・社会福祉職・こども教育相談員・助産師・栄養士が電話や面接で0~18歳のお子さんについて、子どもや家庭、学校に関するさまざまな相談をお受けします。 必要に応じて関係機関を紹介します。 受付:平日の午前8時30分~午後5時 電話:044-861-3315~3316 0歳から18歳未満のお子さんのことで悩む市民の方からの相談を受け付けます(電話でも来所でもOK)。 児童相談所は次のことについて中心的な窓口となります。 お子さんを家庭で育てていくことが困難となり、施設や里親宅でお預かりしなくてはならない場合の窓口です。 御家庭でお子さんの面倒を見ることができないような緊急的な事態が起こったときには、お子さんを一時的にお預かりしています。 「子どもを虐待してしまう…」と保護者からの訴えや、「近所で子どもの激しい泣き声や、親の怒鳴り声がして心配だ…」という相談や通告の窓口となります。 「里親になりたい」という希望を持っている方の相談の窓口となります。 問合せ先 午前8時30分~午後5時 電話 044-877-8111 児童虐待防止センター 対象となるお子さん 中原区・高津区にお住まいの0~18歳までのお子さんです。 専門スタッフ 医師,看護師,ケースワーカー,心理職,言語聴覚士(ST),理学療法士(PT),作業療法士(OT),児童指導員,保育士,栄養士,他 相談の流れ• 保護者の方からのお電話による相談申込み• 初回面接 (お子さんの発達について心配なことについてお話をうかがいます)• 検査 (心配な事柄に応じて専門スタッフによる検査を行います) ・薬等を使う医学的検査とは異なります。 初回診察 ・以上の結果で、外来相談・グループ指導・通園療育などの利用が決まります。 問合せ先 川崎市中央療育センター 住所 中原区井田3の16の1 電話 044-754-4559 ファクス 044-788-9263 受付時間 午前8時30分~午後5時 川崎市発達相談支援センター 高津区で楽しく子育てするための 民生委員・ 児童委員、 主任児童委員をご存知でしょうか? 地域には、厚生労働大臣から委嘱を受け地域福祉の推進に向けて活動している 民生委員・ 児童委員がいます。 地域住民の身近な相談役、社会福祉の制度やサービスの情報提供、関係機関と連携しながら住民とのパイプの役割を果たしています。 また住民相互の支えあいの活動を自らおこない、福祉コミュニティづくりの推進を行っています。 子育てに関しても身近な相談窓口になります。 主任児童委員は、地域において児童福祉に関しての活動を専門的に担当する委員です。 地域担当の民生委員、児童委員と協力して、子育てや青少年の健全育成を推進支援しているさまざまな関係機関・団体と連携をはかりながら、児童やその家庭の問題解決に向けた援助活動を行っています。 問合せ先.

次の