サファイア 映像。 山田孝之、戦の前の腹ごしらえ!柄本時生&伊藤沙莉加入で本格始動「全裸監督」本編映像

クリスタル映像

サファイア 映像

解説 「波止場の弾痕」のマイケル・レルフとバジル・ディアデンの製作・監督チームの作品。 撮影の際、この物語は秘密にされた。 その種のミステリー映画だという製作者の要望により、この欄においても結末は伏せる。 脚本は舞台女優で劇作家のジャネット・グリーン。 撮影はハリー・ワックスマン、音楽はフィリップ・グリーン。 出演は「愛情の花咲く樹」のナイジェル・パトリックのほか、イヴォンヌ・ミッチェルら。 1960年製作/イギリス 原題:Sapphire 配給:日本RKO ストーリー 冬の月曜日に、ロンドン郊外の遊園地で若い娘の惨殺死体が発見された。 ハザード警部(ナイジェル・パトリック)とリーロイド警部(マイケル・クレイグ)が事件の担当になった。 死因は心臓の刺傷で、Sの字のついたハンカチーフが手がかりだ。 警部らはロンドン中の学校を調べ、王室音楽学校で、サファイアという女学生が欠席していることを知った。 その恋人で建築料の学生デイビッド(ポール・マッシー)が死体を確認した。 二人は近く結婚するはずだ。 警部らは彼女の兄でバーミンガムの医師ロビンスを呼んだ。 意外にも、彼は黒人だった。 彼らの父は白人、母は黒人だったのだ。 サファイアのタンスにナイトクラブで踊る写真があった。 相手は破れていた。 検屍のうえ、彼女は妊娠三カ月とわかった。 デイビッドは相手が自分だと認めた。 近く奨学金でローマに留学するが、それを止めても結婚するつもりだったという。 看板屋の両親も、姉のミルドレッド(イヴォンヌ・ミッチェル)も、土曜に彼女が赤ん坊のことを話しにきたといった。 喜んで家族にするつもりだったと。 ミルドレッドは船乗りの夫の留守中、双生児を実家で育てている。 サファイアが高級下着店の常連で、一度、背の高い黒人ときたことが判った。 ポールという黒人の法科学生と踊っていたことも。 ポールが調べられた。 今は弁護士の彼は彼女が白人と結婚するというので絶交したという。 アリバイもあった。 が、ハザード警部は、彼がナイト・クラブでサファイアのことからジョニーという黒人とケンカしたと聞きこんだ。 ジョニーが容疑者として捕まった。 彼は犯行を否定した。 が、その部屋から、サファイアが半分破った写真の完全なプリントが出た。 相手は彼だ。 短刀とワイシャツが出てきた。 血はサファイアのそれと同型だった。 ジョニーは犯人か?.

次の

アニメ「リボンの騎士」の動画を1話から最終回まで見た感想!サファイアの勇気に元気をもらった!

サファイア 映像

沿革 [ ] の監督だったが独立して興した。 『東郷映像』という会社を買収し商号変更(9月)する形で設立された。 村西は実質的な経営者であったが、には就任していない。 会社設立直前に村西がクリスタル時代の違反容疑で逮捕されて制作活動を自粛。 この間は別の監督によって撮影された作品がリリースされたが、売り上げが低迷した。 しかし、村西の復帰と、に・の作品が大ヒットしてから上昇気流に乗る。 、といったクリスタル時代からのスタッフに加え、、、、など、実力派のを次々スカウトして制作態勢を強化。 さらにや、といったトップクラスのAV女優をキャスティングし、ヒット作を連発した。 ビックマン、 裸の王様などの関連会社を抱え、にはダイヤモンドグループ全体でAV業界の販売シェアの15%を占めるに至った。 さらに、日本ビデオ映画のブランドで一般作品(非アダルトのオリジナルビデオ映画)にも進出した。 12月には衛星放送事業に進出しようとして関連会社の ダイヤモンド衛星通信を設立。 しかし同社に対する過大な投資が経営の足を引っ張る形となり、折からのAV不況などの要因も加わって、半ばには業績の悪化が顕著になった。 同年12月にはにを申請するに至ったが、この事実をもってが2月、「ダイヤモンド映像が事実上」と報道。 ダイヤモンド側は「(倒産は)事実無根」との声明を出したものの、報道が決定打となり再建が暗礁に乗り上げてしまう。 事態を打開するため、同年4月、関連会社の パワースポーツ企画販売を ダイヤモンド・エンターテイメントと改称、事業の主軸を同社に移行させたが、同年11月、ダイヤモンド映像が銀行取引停止処分となり倒産、全ての制作・営業拠点を差し押さえられたことから、ダイヤモンド・エンターテイメントも活動停止に至っている。 倒産時点でダイヤモンド映像自体の負債額は30億円だったが、関連会社の倒産などにより村西は45億~50億円とも言われる負債を背負ったとされる。 主要レーベル(関連会社のレーベル含む) [ ]• 「 ダイヤモンド映像」期• ダイヤモンド映像• ビックマン(BIG MAN)• 裸の王様• ヴィーナス(VENUS)• パワースポーツ• 日本ビデオ映画(JVM)• ビックワークス• 「 ダイヤモンド・エンターテイメント」期• ダイナマイト(DYNAMITE)• デビュー(DEBUT)• マドンナ(MADONNA)• プレイガール (PLAY GIRL) 出演女優 [ ]• 他 関連項目 [ ]•

次の

【特集】【PCエンジン mini全タイトルレビュー!】「銀河婦警伝説サファイア」

サファイア 映像

沿革 [ ] 出版社「アド企画」や、アダルトビデオメーカー「三和プロモーション」を経営していた西村忠治が、摘発で解体されたチェーン「北大神田書店グループ」の総帥・草野博美を制作監督に迎え10月に創業。 草野は西村社長の処遇に恩義を感じ、創業とともに「西村」より名を借りて「」を名乗るようになった。 クリスタル映像としての第一回リリース作品は「私、犯されました。 新幹線の中で…絵梨花20歳」(1984年10月5日発売)。 初期においてはやといった先行メーカーに作品の水準、売れ行きともに大きく水を空けられていた。 村西の著書『ナイスですね』()によれば、当初志向していたドラマ路線の作品的・営業的な行き詰まりから、にドキュメンタリー風のに転換。 その結果、ソフトなカラミが主体だった他社作品との差別化に成功し、業績も大きく改善したことから、「完全本番主義」をレーベルカラーとして強くアピールするようになった。 また同時期に、当時のでは珍しかったを「顔面シャワー」と称して多くの作品に導入したことも反響を呼び、同社への注目度はこの時期飛躍的に高まった。 6月、村西とおるが無許可のから17歳のモデルの派遣を受け、AVに出演させたとして・違反容疑で逮捕。 以後も村西が同社を離れるまで当局による摘発が相次ぐが、却って「クリスタル映像は過激らしい」という同社に対する認知度を高める結果となった。 1986年10月、村西の制作になる『SMぽいの好き』がリリースされる。 当時在学中だった黒木香が知的なお嬢様口調を駆使しつつ、村西との動物的とも言える過激な性行為を披露した本作は、多くの文化人が絶賛するなど大反響を呼んだ。 村西と黒木はテレビ、雑誌などのメディアに引っ張りだこになり、「ナイスですね~」といった村西独得の話法も大いに話題になった。 「村西とおるが所属するビデオ会社」として、クリスタル映像の名も一般レベルで広く知られるようになる。 村西とクリスタル映像の蜜月時代は、、村西が自身のアダルトビデオ会社であるを設立し、独立したことで終焉を迎えた。 制作基盤を失ったクリスタル映像は、同時期に制作活動を停止したWAKO(AV問屋最大手・アイ信のレーベル)の制作陣を迎え、新たなブランドイメージ確立を目指すが、看板だった村西を失った打撃は大きく、決定的なヒット作にも欠けたため、次第に業績が低迷していった。 この窮地を救ったのが、から翌年にかけてAV女優として活動しただった。 人気絶頂にあった彼女のレンタルAV作品のうち、およそ半数をクリスタル映像が制作、業績回復のきっかけとなった。 社長の西村も後年のインタビューで、飯島愛がこの時期、同社の生命線となっていたことを述懐している。 1990年代中盤以降は、、、、、といった各年代における人気女優を集中的にキャスティングし、単体作品において堅実なリリースを続ける一方、前後から本腰を入れ始めた企画もののジャンルにおいても、『FUCK FUCK FUCK』シリーズ、『スーパーGスポット』シリーズなど数多くの人気シリーズを生み出してきた。 近年はにおける配信にも、積極的な取り組みを見せている。 、創業以来加入してきたを脱退、(制販倫)を自ら立ち上げ、業界に衝撃を与えた。 制販倫の設立当初はほかに加盟メーカーはなかったが、のちに(KMP)などが加盟している。 関連会社に有限会社 (前身は コンフィデンス・社長は西村忠治が兼任)がある。 かつては海外ポルノを扱う ハリウッド・ホームビデオ・ジャパンという関連会社もあった。 クリスタル映像• クリスタル映像/スーパークリスタル(1984~• メシア(MESSIAH)(1991~1998)• ヴィーナス(Venus)(1997~)• マニアック(MANIAC)(1990~)• エルメス(HERMES)(1993~)• マダムマニアック(MADAM MANIAC)(1998~)• コンフィデンス/シー・ツー・コーポレーション• コンフィデンス(Confidence)(1988~1990)• グレートコンフィデンス(GREAT CONFIDENCE) 1991~1992)• コンフィデンス(Confidence)(新)(1993~1994)• セシル(Cecile)(1994)• クィーン(QUEEN)(1994~1999)• ソフィア(SOPHIA)(1994~1995)• ピュア(PURE)(1995~)• タッチ(Touch)(1997~1999)• グレイス(GRACE)(1999~)• ファン(Fan)(1999~) 出演女優一覧 [ ] 五十音順• (あいざわもも、2007年3月~)デビュー• (あいだすみれ、2004年6月~)• (あいはらりさ、2004年12月~)デビュー• (あおつきりこ、2006年2月~)デビュー• (あおやまなな、2006年6月~)デビュー• (あおやまゆい、2007年8月~)デビュー• (あかいりんご、2007年8月~)デビュー• (あかつきるな、2005年4月~)• (あさくらみお、2002年12月~)デビュー6• (あさひなゆい、2003年1月~)デビュー• (あそうまりも、2003年5月~)デビュー• (あっとゆー、2005年7月~)• (あやなきょうこ、2002年7月~)• (いしかわ すずか、2006年5月~)デビュー• (いずみあや、2007年2月~)デビュー• (おおぞらあすか、2002年10月~)• (おがわなみ、2006年9月~)デビュー• (おがわねね、2004年2月~)• (おざわまりあ、2009年9月)• (かおるさくらこ、2003年2月~)• (かわみねさくら、2006年5月~)デビュー• (くろさわあい、2007年8月~)復活• (きこうでんみさ、2007年5月~)デビュー• (きたがわみか、2003年8月~)デビュー• (きたむらまい、2005年8月~)デビュー• (きみじまさやか、2009年9月~)デビュー• (こいずみまゆ、2002年3月~)• (こさかめぐる、2007年10月~)• (こさかれおん、2006年3月~)デビュー• (ごとうしょうこ、2004年9月~)デビュー• (こまち、2008年9月~)デビュー• (こまちななみ、2005年10月~)デビュー• (こみねひなた、2008年10月~)デビュー• (さいとうここみ、2004年9月~)デビュー• (さえきうるみ、2002年12月~)デビュー• (さえきなな、2007年7月~)• (さかいるんな、2002年12月~)デビュー• (さきあいら、2005年11月~)デビュー• (さくらいあやみ、2002年9月~)• (さくらぎここあ、2004年3月~)デビュー• (さくらひめこ、2003年12月~)デビュー• (さくらもなみ、2006年1月~)デビュー• (さなだはるか、2006年12月~)デビュー• [ ](さやか、2005年8月~)デビュー• (しらいしみく、2006年4月~)デビュー• (しらゆきあや、2004年11月~)デビュー• (せなりか、2004年1月~)デビュー• (つきのりさ、2009年5月)• (なかいみほ、2004年7月~)デビュー• (なかのちなつ、2002年5月~)• (ななせかすみ、2007年10月~)• (にいやまあいり、2001年11月~)• (にしだみさ、2003年2月~)• (ののはなの、2008年1月~)デビュー• (はねだゆうか、2005年2月~)デビュー• (はやさかひとみ、2002年6月~)• (はるなまい、2002年10月~)デビュー• (ひのひかり、2005年7月~)デビュー• (ひらいあや、2008年2月~)デビュー• (ふじさわみほ、2007年4月~)デビュー• (ほしありす、2003年3月~)デビュー• (ほしかわひかる、2003年10月~)• (ほしさきあいり、2001年11月~)デビュー• (ほしのまき、2007年8月~)• (ほしのるう、2001年10月~)デビュー• (まきさくら、2002年1月~)• (まざきあむ、2003年11月~)• (まりあでぃぞん、2007年12月~)デビュー• (みずはらあき、2005年4月~)デビュー• (みつきあんな、2002年1月~)デビュー• (みやざきゆうか、2002年4月~)デビュー• (もちづきなな、2004年4月~)デビュー• (もちだかおる、1996年4月~)デビュー• (ももこみゆ、2004年6月~)デビュー• (もりながみか、2004年10月~)デビュー• (もりむらはにー、2002年7月~)• (やおとめかのん、2007年7月~)デビュー• (やすはらまみ、2003年9月~)• (ゆうきりか、2006年7月~)デビュー• (ゆきのまひる、2004年8月~)デビュー• (ゆめみあい、2006年12月~)デビュー• (りり、2006年10月~)デビュー• (れのん、2005年5月~)デビュー• (わかくさよつは、2006年11月~)デビュー• (わかばやしめぐ、2003年7月~)デビュー クリスタル映像関連の主な事件 [ ] 1986年4月、販売用の海外制作ビデオ、海外作品を審査手続きを経ず輸入、違反容疑で東京税関が検挙。 1986年6月、村西とおるが無許可モデル事務所からモデルを派遣させたとして違反容疑で逮捕。 さらに17歳の芸名・正木麗子をAV(「恥らい麗子」)に出演させた違反容疑で再逮捕。 処分保留で釈放。 1986年12月、ハワイでロケ中の村西とおる一行が現地警察に違反(資格外活動)容疑で逮捕。 違反(不道徳行為)容疑にも問われ起訴、懲役370年を求刑されるがが成立し翌年7月に釈放。 1988年4月、村西とおるが17歳の芸名・高槻真理子をAV(「吹きすぎてしまった私」)に出演させた児童福祉法違反容疑で逮捕。 罰金30万円。 1988年9月、既にダイヤモンド映像を立ち上げていた村西とおるがクリスタル時代に16歳の芸名・をAV(「風のファンタジー」)に出演させた児童福祉法違反容疑で逮捕。 懲役1年執行猶予5年。 村西は少女の面接を担当したとされ、監督も逮捕されたが不起訴。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の