アメリカ 10 年 債 利回り。 米国債利回りの推移とチャート(2年債・10年債・30年債)|株式マーケットデータ

米国債利回りの推移とチャート(2年債・10年債・30年債)|株式マーケットデータ

アメリカ 10 年 債 利回り

米国10年国債とは 米国10年国債(読み方:べいこくじゅうねんこくさい|英語:us government bonds 10 year)とは、米国の財務省が国の運営に必要な資金を集めるために発行する、期間が10年ののことです。 大国である米国の国債は世界的に信用度が高く、その売買量も世界最大であるため、各国からのの主要な先として利用されています。 また、安全な としての認識も高いため、有事の際は米国の国債に資金が流入しやすい傾向があります。 米国10年国債利回りについて 米国の国債の中でも、の指標として見られているのが「 」です。 の場合も同様のことが言えますが、10年物の国債というのは、先進国であればほとんどの国で発行されており、残高も豊富で売買も活発であるため、長期金利の指標となっています。 特に、経済大国である米国の「米国10年国債」は、金融商品の中でも最大の金融商品として世界中の投資家に認識されて取引されていますので、米国10年国債にが集まっているかどうかを見れば、投資家がリスクを取っている状態にあるのか、リスクを回避している状態にあるのかが判断しやすくなりますし、米国10年国債のはとも連動しやすいので、とりわけ注目度が高いです。 また、米国10年債の利回りは、の先行指標としても使われることがありますので、より世界からの注目度は高い国債です。 :姉妹サイト「」の解説ページ 米国10年国債の利回りの推移 米国10年国債の利回りの推移は、当サイトの姉妹サイト「」で確認できます。 また、 の推移(チャート含む)も「株式マーケットデータ」で確認できます。 動画で解説ーYouTubeー• 関連記事• 金利特集 金融商品に投資する場合に必ず見ておかなければならない「金利」に関する主な記事を集めてみました(姉妹サイト含む)。 :の記事より(姉妹サイト) :の記事より(姉妹サイト) :より(姉妹サイト) :より(姉妹サイト)•

次の

アメリカ 国債利回り

アメリカ 10 年 債 利回り

相場が堅調そのものの昨今ですが、なんか暴落の兆しはないの?と思って色々ググっていると、米国の長短金利差というある種の指標にいきつきました。 長短金利差のデータ分析は別の記事で残すとして、10年債利回り、2年債利回りのヒストリカルデータを入手するのに一苦労してしまったので、備忘録として残しておこうと思います。 たぶんこういうことを慣れてる方や、英語が苦にならない人は全く問題にならないと思いますが、恥ずかしながら英語アレルギーなもので、、 まず米国FRBのサイトにいきます。 このサイトを進んでいくと各種利回りのCSVデータにいきつくのですが、直接深部のURLを張り付けるのは、あまりマナーとしてよろしくないとのことですので、下記のように図で追っていきます。 1.サイトトップの右上にある「Data」タブをクリック。 2.真ん中右あたりの「Data Download Program DDP 」をクリック。 3.Interest Ratesの下の「Selected Interest Rates H. 15 」をクリック。 Interest Ratesの日本語訳が「金利」です。 csv」というファイルをコンピュータのローカルに落とすことが出来ます。 csv」も中身が少し分かりにくいので、データ処理方法まで残しておきます。 csv」をexcelで開くと、下記のような画面が立ち上がります。 (2018年1月14日現在) F列1行目セルに「Market yield on U. Treasury securities at 2-year」 J列1行目セルに「Market yield on U. Treasury securities at 10-year」 と書かれています。 つまりF列が2年債利回り、J列が10年債利回りを表しているわけです。 将来列の順番が変わる可能性もあるかもしれませんので、1行目を確認してその列が何を表しているかを確認すると良いですね。 これでヒストリカルデータは入手することが出来ましたが、グラフ化するのにひと工夫が必要です。 このまま直接グラフを作成すると、下図の右上のように塗りつぶされたようなグラフが出来てしまいます。 これは利回りの行の中のセルに、たまに「ND」が入っているため、このセルを「0」とみなしてグラフを作成してしまっているからのようです。 数字とゼロを行き来するから、グラフが塗りつぶされたように見えるんですね。 ここで、横に新しい列を作ってexcelのif関数を利用して、「セルにNDが入っていたら、そのセルの上の数字に入れ替える」という文章を作ります。 今回は以上です。

次の

アメリカの10年債利回りと短期金利と株式市場【金利とダウ平均】(1990年12月~2018年2月)

アメリカ 10 年 債 利回り

世界の金利チャート 週足 世界中で政策金利の引き下げ合戦が行われています。 株式投資家もFX投資家も世界の金利に対して動きをチェックする必要があります。 今回は下記の金利を比較しています。 US10Y(米国10年債) CN10Y(中国10年債) IT10Y(イタリア10年債) CA10Y(カナダ10年債) AU10Y(オーストラリア10年債) GB10Y(英国10年債) JP10Y(日本10年債) DE10Y(ドイツ10年債) 比較チャートは簡単に表示することができます。 まず米国債を出してそれをローソク足からラインチャートに替えます。 これらを比較した時に、世界中の金利が下がっているのが分かります。 最近は金利が下がり続けているので聞... (US10Y)米国債10年利回り 週足 2016年の安値に接近してきました。 安値を割るかどうかですべてが決まるわけではありませんが、非常に注目されるポイントだと思います。 新型肺炎の影響でマーケットが荒れてきました。 NYダウや日経225が大幅下落となり、ゴールドが上昇しています。 直近はリスク回避の動きになっていますね。 このような時には、どのチャートに注目すればよいかは難しいところです。 ただ、大きく上昇している銘柄や大きく下落している銘柄などの動きに注目することで、ヒントを探すこともできるかもしれません。 チャートの動きって似た動き形状にもかかわらず、方向が真逆になることも多々あります。 チャート分析をしていていつも感じることは、決め付けたトレードは絶対に良くないということですね。 チャートの流れに素直に対... (US10Y)米国債10年利回り 日足 コロナショックで国債の利回りは大きく下落し過去最低を更新し未知への世界に突入しました。 そこからは、2カ月ほど膠着状態となっていました。 そして、トライアングルを形成していました。 どちらに抜けるかに注目していましたが、上放れてきました。 一先ず小さな変化です。 コロナショックの時に上下に振れた高値と安値のところに水平線を引きました。 まだ、その高値、安値共に更新されていませんので、大きな変化にはなっていませんが、大きな変化を待っていてはチャンスを逃してしまいます。 小さな変化の時に仕掛けて、それが大きな変化に繋がった時にはチャンスをゲット出来る状態にしたいものです。 普段からラインを引いていると、ラインを引かなくても、ここがトライアングルになっているとか、フラッグ(... コロナウィルスが市場に与えた影響は大きいように見えるが、他の疾患と比較にしても猛威という程ではない。 真っ当な人間ならば即座に行き着く回答だろう。 では、基本的には全てを織り込むと言われる市場でなぜ近年稀に見る急落が発生しているのか。 その原因は、「約2年に及ぶ米国債利回り低下」の可能性が高い。 要するに債券への資金逃避が全ての資産クラスに影響を与え始めたのだ。 米国10年債の利回り低下は2018年後半から断続的に続くトレンドだ。 2018年後半といえばダウの急落と重なる。 無論、日経平均も2018年10月に付けた2万4000円台から12月25日のクリスマスには2万円割れを記録した。 その後の市場では「最後のひと上げ」論が盛り上がり、ダウは史上最高値を更新、日経平均も急反発を起こした。 だが、その陰で10年債利回りは低下... 2020年3月3日、RBA 豪州準備銀行)が0. 25Pの利下げを決定、 豪政策金利は0. 5%に引き下げられました。 3月19-20日の米FOMCではすでに0. 5~0. 75Pの利下げを織り込んでおり、 これまで高金利であった米国もいよいよ1%を割れる事態となることも考えられます。 12日にはECBが中銀預金金利を現行のマイナス0. 5%から過去最低のマイナス0. 6%に 引き下げるとの観測も高まっている他、 英国でも新型コロナウイルスの影響を受け利下げ思惑が高まっています。 主要国の長期債(10年債)利回りを比較してみると、 JGB(日本国債)が0%金利に固定されて動きがない中で、 世界の金利が真っ逆さまに0%金利方向に落ちてきていることが伺えます。 (ドイツ除く) 日銀がマイナス金利の深堀りに動かぬとなれば、 足下では動か... (US10Y)米国10年債利回り 週足チャート 2020年は中国の預金準備率引き下げによりNYダウが史上最高値を更新して始まりました。 ところが、米国がイランの最高司令官を殺害したことで地政学的リスクが一気に高まりました。 マーケットの動向を読みにくくなったと感じている方も多いのではないでしょうか。 ニュースを見ているとポジションを獲り難い展開が昨年から続いていました。 つまり、リスク選好とリスク回避の動きが同時進行するという異常事態になっていたということです。 これを異常事態と素直に受け止めてしまうと、ポジションを獲ることが難しくなります。 ですが、チャートの動きを見てチャートに素直に対応していれば、昨年の2019年は比較的獲りやすいチャートだったと思います。 さて、2020年が昨年同様に分かり易いチャートになる...

次の