トレンドブログ 悪質。 NHK『クローズアップ現代+』追跡! トレンドブログ|かなった|note

新型ウイルス不安に付け込む悪質トレンドブログ!デマ情報拡散して広告収入: J

トレンドブログ 悪質

このページの目次• トレンドブログはグーグルから嫌われていると断言する3つの理由 トレンドブログはグーグルから嫌われていると断言する3つの理由とは、次のとおりです。 【理由1】グーグルがトレンドブログを徹底排除した過去がある 【理由2】トレンドブログ業界をグーグル社員が潜入調査している 【理由3】トレンドブログが社会問題化しつつある これらを一つ一つ解説します。 どこから読んでも大丈夫です。 【理由1】グーグルがトレンドブログを徹底排除した過去がある 2013年から2015年にかけて。 グーグルは外部スタッフを大量動員してトレンドブログの大粛清を敢行しました。 目視によって発見したトレンドブログに対して次から次へと手動ペナルティを果たし検索結果の圏外へと排除したのです。 そのとき、私が運営していた2つのトレンドブログも圏外に飛ばされました。 以下のキャプチャ画像が、私の2つのトレンドブログに手動ペナルティが果たされた時の、グーグルから送られてきた通知メールです。 わざわざ コストをかけてまで、グーグルはトレンドブログを排除しようとしたわけです。 グーグルがどれほどトレンドブログを嫌っているかは、この一事だけでもお分かりかと思います。 質の低いトレンドブログだけが手動ペナルティを喰らうという都市伝説 グーグルの嵐が吹き荒れていた頃のことを知らない人たちが次のように話しているのを聞いたことがあります。 手動ペナルティによって圏外に排除されるのは質の低いトレンドブログだけだ あの頃よりトレンドブログの質は向上しているので今後はペナルティの心配はない 残念ながら、これらの説は根拠のない憶測に過ぎません。 2013年から2015年にかけて、圏外に排除されたトレンドブログの中には、トレンドブログとは思えないほどの独自性の高いブログも数多く含まれていました。 また、トレンドブログの質はまったく向上していません。 相変わらず見るに耐えないレベルの低いものばかりです。 そればかりか、 トレンドブログは悪質化しています。 悪質化については、理由3で詳しくお伝えいたします。 関連記事 手動ペナルティによって検索結果の圏外に飛ばされるという経験。 手動ペナルティを5日で解除してもらうことに成功した経験。 この記事ではこれら2つの実体験をお伝えしています。 【理由2】トレンドブログ業界をグーグル社員が潜入調査している この情報はグーグル社員とパイプを持つ知り合いから聞かされた話で、ウラが取れているわけではありません。 よって確実な情報ではない可能性があることを承知の上でお読みください。 とあるトレンドブログの巨大コミュニティの中にグーグル社員がスパイとして入り込み、トレンドアフィリエイト手法の調査をしているのだそうです。 目的はただ一つ。 そこで教えられている トレンドアフィリエイト手法を、規約変更等によって骨抜きにするためです。 グーグルはそこまでしてトレンドブログを抹殺しようとしているわけです。 グーグルのトレンドブログへの嫌悪感は尋常でないレベルのものであることが推察できます。 Youtubeトレンドアフィリエイトが通用しなくなった真相とは 以下は私の憶測です。 そのつもりで読んでください。 上に述べた、グーグルが潜入調査したとあるトレンドブログの巨大コミュニティでは、Youtubeを使ったトレンドアフィリエイト手法も教えていました。 ところが、そこで教えたトレンドアフィリエイト手法が、 Youtubeの相次ぐ利用規約によって実践できなくなってしまったのです。 このことからも、グーグルがトレンドブログをこの世から抹殺するために、潜入調査までしている実態を窺い知ることができるかと思います。 【理由3】トレンドブログが社会問題化しつつある 2017年以降、大手企業が運営する美容健康系の巨大メディアが相次いで閉鎖に追い込まれ、また美容健康系の個人アフィリエイターが一瞬にして収入を失った騒動をあなたはご記憶かと思います。 ことの発端は、某巨大メディアが投稿していた根拠のない健康系の記事が問題視されたことした。 その小さな出来事は瞬く間に社会問題となり、上にのべたような相次ぐメディアの閉鎖などに発展したのです。 これと同じ動きがトレンドブログの周囲で起こり始めていることを、あなたはお気づきでしょうか? 2019年上半期まで、ニュースに取り上げられることが一度もなかった トレンドブログが、2019年下半期以降は「加害者」としてニュースに取り上げられるようになったのです。 トレンドブログが社会問題化することをグーグルが恐る理由 トレンドブログが社会問題化することで、利益を失う最大の被害者はグーグルです。 なぜなら、もしトレンドブログが社会問題化すれば、グーグルアドセンスに広告を出稿している広告主企業は黙ってはいないでしょう。 よく考えてください。 ルイヴィトンやグッチは『VOGUE PARIS』などの高級誌には広告を出しますが、低俗な週刊誌に広告を出したりなどはしません。 これと同じことで、グーグルアドセンスに広告を出稿している広告主企業の多くは低俗な媒体に広告など出すことを嫌うはずです。 ところが、 トレンドブログという名の、低俗な週刊誌よりも俗悪なメディアに自社の広告が掲載されていることを広告主が知ったら何が起こると思いますか? 広告主がグーグルを見限るでしょう。 グーグルとしては自社の利益を守るためにも、このようなリスクを持っているトレンドブログを嫌わない理由などありません。 関連記事 この記事では、社会問題化しつつあるトレンドブログの悲観的な未来についての予想を述べています。 グーグルがトレンドブログを嫌う2つの理由 グーグルがトレンドブログを嫌っていると断言できる理由。 ご納得いただけましたでしょうか。 では、グーグルがトレンドブログを嫌う理由は何なのか。 一緒に考えてみましょう。 【推測1】広告主が離れるリスク 上にも述べましたが、低俗な週刊誌よりも俗悪なメディアに広告を掲載するようなことは、多くの広告主企業は決してしません。 しかし、広告主企業の意に反して、 自社の広告が芸能人の不倫ネタや凶悪犯罪のデマ情報で溢れかえっているブログに載っていることに気がついたら。 その瞬間、広告主はグーグルを離れてゆくでしょう。 広告主がグーグル離れを起こせば、グーグルは収益を失います。 経営が成り立たなくなります。 グーグルが自社の利益を脅かすトレンドブログを嫌うのは自明のことです。 【推測2】商品価値が下落するリスク グーグルの主力商品は「検索結果ページ」です。 検索結果ページの品質が高いほどユーザーが増え、ユーザーが増えるほど広告収入が増えるのがグーグルのビジネスモデルです。 その主力商品である検索結果ページに、低俗・悪質・低品質なブログが表示されてしまったら。 それだけで商品価値は大きく損なわれてしまいます。 商品価値が損なわれればユーザーは減り広告収入は減少してしまいます。 広告主が離れるリスクをともない、尚且つ、自社の主力商品の価値まで脅かすトレンドブログという名の寄生虫を、グーグルが賢明に駆除しようとするのは当たり前のことではないでしょうか。 グーグルに嫌われたくないあなたが取るべき選択とは グーグルに嫌われたくない。 というより、収入源を失いたくなあなたが取るべき選択はもうお分かりかと思います。 そうです。 今すぐトレンドブログを廃業することです。 でも、そのトレンドブログのドメインを捨てる必要はありません。 そのドメインパワーを使いつつ、 グーグル 広告主 検索ユーザー この三者を満足させる高品質な資産ブログを構築してください。 あなたが新たな第一歩を踏み出せるよう90本の無料オンライン動画教材も用意しました。 今日から新たなチャレンジを始めてください。

次の

トレンドブログで儲かるけどペナルティ対象になるネタは?悪質記事は書かない!

トレンドブログ 悪質

すべての不義に鉄槌を!じゃなかった 悪質なトレンドブログに鉄槌を! そしてすべての トレンドブログに鉄槌が下って欲しいと思う今日この頃。 いや思わず本音が出てしまいました。 ごめんなさい。 トレンドブログの存在は、ネットに粗悪な情報があふれる温床になっていると考えています。 Google様どうかお願いします。 鉄槌を下してください! 今現在のGoogleの検索システムはトレンドブログ、トレンド記事について超有利なシステムになっています。 事件や芸能ゴシップが発生した場合、みなネットで検索し新たなトレンドワードが出現します。 その事態に即座に反応し、表示させるGoogleの検索システムは素晴らしいものなんですが。 それを利用し悪質な誤情報や釣り記事を執筆し、収入を得ているブロガーや企業サイトは山ほどあります。 ちなみに個人ブログのように見せかけた、会社運営ブログは皆さんが思っている以上に多いです。 会社ぐるみでやられたら、情報を求めているユーザーや個人ブロガーはたまったものじゃないですよね。 悪質でないにしろ、粗悪な記事を大量に作成しているブログやサイトは多々見受けられます。 この現状は一昔前のツールで作成され全く意味のなさない大量の記事が投稿された、スパムサイトに似ています。 その時期は全く意味のない文字の羅列だけに、広告が張り付けられたサイトが氾濫していました。 嘘の登録料金や利用料金を請求する詐欺サイトも、このころにたくさん見受けられましたね。 しかし悪質なトレンドブログは誤情報で、サイトに飛んだ人以外も被害を被ります。 その意味ではスパムサイトや詐欺サイトよりも、許されないと感じています。 ひとたび大きな事件や芸能ゴシップ 結婚、離婚、逮捕 が起これば、大量の記事が数時間もたたないうちに反映されます。 ただの個人ブログのニュースがトップページに表示されるなんて一昔前は考えられませんでした。 最新のニュースはヤフーのトップニュースなど、大企業が運営しているサイトしか表示されていませんでしたから。 悪質なトレンド記事で関係のない人達が被害 有名な出来事は東名高速事件で誤情報を流し、企業や全く関係のない人たちが巻き込まれた事件です。 国内のニュースや事件を取り扱うキュレーションサイト「 モノローグ」が、確定ではない誤情報記事を投稿しました。 そのせいで容疑者と同じ苗字の企業や関係者が多大な被害を被ることになります。 この「 モノローグ」というサイトはすでに閉鎖されていますが、この一つのサイトが問題の原因となったわけではありません。 2chや他のまとめサイト、トレンドブログでも同じような誤情報で溢れかえっていました。 目先の利益のために、誤情報でユーザーを釣っていたのです。 その誤情報に釣られたネットユーザー達が 「本名や住所をネットに晒すネット死刑」「営業妨害まがいの凸電」など多大な迷惑を掛けました。 今後このような事件は起こってほしくないものです。 しかし目先の利益に囚われて、自身のことしか考えていない人たちがいる限りなくなることはないでしょう。 トレンドブログが嫌い トレンドブログ自体が悪いと言っているわけではありません。 このサイトやブログが誤情報や釣りの温床になっているからです。 そう自分のページビュー数のため、つまり収益のためだけに誤情報や確定ではない情報を、ろくに調べもせず記事にする行為が許せないだけです。 トレンドブログのPV数に嫉妬しているというのも少しはありますよ。 ブログ一ヵ月目にPV数万越えとかですね。 正直信じられないブログも多々ありますが、中には数か月で実績を残す天才もいます。 でも真っ当なやり方ではないでしょう。 私はその方法を教えられても、真似をしたくはありません。 トレンドブログが嫌いな理由 トレンドブログを一番嫌いな理由は、私自身が大きな失敗をしているからです。 そのせいでブログを一つ爆破させました。 このブログを閉鎖させたことはちょくちょく他の記事にてお話していると思うのですが、あまり詳しくはお話していないと思います。 トレンドブログでの出来事ではないのですが、トレンド的な記事を執筆した時の出来事です。 ある事件についてことさら詳しく記事にさせていただきました。 誤情報でも釣りでもありません。 事実の記事です。 その記事を執筆している時トランス状態になり、かなりの煽り文章を入れました。 これについては申し開きもありません。 すべて私が悪いです。 謝罪いたします。 そしてその情報が事実であっても、時には関係者を傷つけるということです。 その情報が事実であったこそ傷つけたのかもしれません。 そして私の書き方も悪かったのでしょう。 関係者からクレームを受けました。 当該記事の削除を要求するクレームです。 いやー始めての出来事だったので、これには肝を冷やしました。 関係者にお詫びのメールをさせていただき、すぐさま記事を削除しました。 半日でPV数が20ほどの記事だったのでしたが、正直この反応の速さににも驚きましたね。 正直要求は記事の削除だけでしたので、ブログを削除するまでの出来事ではなかったと思います。 ただモチベーションがダダ下がりしました。 そしてPV数のためにトレンド記事を書くことに追われて、 興味のない情報を記事にしていることが何より一番疲れていました。 何のためにブログを始めたのかと自問自答しましたね。 『 自由に生きたい、人生を楽しみたいために始めたのではなかったのか?』と。 そしてブログを閉鎖させました。 閉鎖させたときは、ものすごい解放感でしたね。 「 やったー!苦痛から解放されたぞー!!」ってなりました。 そう私にとってトレンドとは苦痛だったのです。 トレンドブログの将来性 今現在トレンドブログは「 即座にPV数を稼げる」「 そしてすぐに収益が期待できる」点では事実です。 アフィリエイトですぐに結果を残したいのであれば、この選択は間違いではありません。 しかしトレンドブログの将来性はあまり明るくないと考えています。 そしてそう考えていますので、私はこういったブログを運営しません。 アドセンス規制強化の可能性 今現在の粗悪な情報が氾濫しているトレンドブログの状況ですが、Googleはあまりよく思っていないと考えています。 過去、Googleの検索システムが大幅アップデートされたことにより、スパムサイトや詐欺サイトが大量に粛清されていきました。 今後トレンドブログが粛清されないとは限りません。 しかもアクセス数至上主義であるトレンドブログは、基本的にアドセンスに収益を頼っている状況です。 アドセンスの規約もいつ変更されるかわかりせんよ? 実際にyoutubeでは審査がめちゃくちゃ厳しくなっています。 youtubeは2017年4月に、YouTube収益化条件を総再生回数10,000回と設定しました。 そして2018年2月20日にはYouTubeの収益化条件が変更されます。 「過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」+「チャンネル登録者数が1,000人以上」とさらに規制が強化されます。 そしてyoutubeの収益もGoogleアドセンスによって成り立っています。 いつブログやサイトのアドセンスに、youtubeと同じような改変が起こるかわかりません。 現在はブログやサイトのアドセンスの審査条件は明文化されていません。 明らかになっているのは独自ドメインが必須で無料ブログでは不可ということぐらいですかね。 それが「 最低訪問ユーザー数」「 最低ページビュー数」がアドセンスの審査対象になり、明文化される可能性があるということです。 ブログやサイトのアドセンス参入障壁がさらにきつくなるかもしれません。 そのようなアドセンス頼りのブログ運営は、今後行き詰ると考えています。 トレンド記事のゴミ化 トレンド記事は短期的なPV数を獲得する力には優れていますが、トレンドが無くなればその記事はゴミと化します。 そのためPV数を稼ぐために、収益を稼ぐために自転車操業で記事を執筆しなくてはなりません。 そして興味もない情報で、毎日トレンド記事を書きたいと思いますか? 私は絶対にしたくはありません。 上記で記事のゴミ化と表現しましたが、価値のない記事ということです。 価値のない記事は価値のないサイトに直結します。 『価値のないサイト 』そんなもの、私は作りたくありません。 実際運営していた方で、日々のトレンド記事の更新を一ヵ月やめただけでアクセス数が100万PVから 10万PVに落ちたそうです。 半年も放置したらPV数は一万を切るんじゃないですか? いやはやトレンドサイトはゴミの量産場ですよ。 アクセス数の割に対してあまり稼ぐことはできませんし、運営している間全速力で走り続けなければならない・・・ 生産性が一切ないですね。 うん記事がゴミなんじゃなくて、ブログやサイト自体がゴミなんです。 まとめ トレンドブログは即座に収入を得ることができるブログです。 ブログ初心者にお勧めしている情報商材が多いのもわかります。 そしてそれが一番魅力的に映ることも理解しています。 しかし私の経験したことや将来性を考える限りではお勧めできません。 などがあるからです。 その意味でブログ初心者向きではありません。 ブログを運営するということは、「 ユーザーに有益な情報を提供する」ということを第一に考えて運営してほしいものです。 有益な情報であれば、対価としておのずと収益もついてくるでしょう。 そしてこれからブログを始めようとしている人も、目先の利益にとらわれて、粗悪なトレンド記事を執筆することはやめましょう。 しかしトレンドブログの運営やトレンド記事がすべて悪いと言っているわけはありません。 ユーザー第一ということを忘れなければ、決して粗悪で悪質な記事にはならないはずですから。 実際にそういった質の高いトレンドサイトやトレンドブログが評価されている所もあります。 そういった質の高いブログやサイトは、Googleが見放すとは考えられません。 皆さんも質の高いブログ作りを目指してはどうでしょうか?•

次の

新型ウイルスでもネットに拡散 追跡! トレンドブログ

トレンドブログ 悪質

すべての不義に鉄槌を!じゃなかった 悪質なトレンドブログに鉄槌を! そしてすべての トレンドブログに鉄槌が下って欲しいと思う今日この頃。 いや思わず本音が出てしまいました。 ごめんなさい。 トレンドブログの存在は、ネットに粗悪な情報があふれる温床になっていると考えています。 Google様どうかお願いします。 鉄槌を下してください! 今現在のGoogleの検索システムはトレンドブログ、トレンド記事について超有利なシステムになっています。 事件や芸能ゴシップが発生した場合、みなネットで検索し新たなトレンドワードが出現します。 その事態に即座に反応し、表示させるGoogleの検索システムは素晴らしいものなんですが。 それを利用し悪質な誤情報や釣り記事を執筆し、収入を得ているブロガーや企業サイトは山ほどあります。 ちなみに個人ブログのように見せかけた、会社運営ブログは皆さんが思っている以上に多いです。 会社ぐるみでやられたら、情報を求めているユーザーや個人ブロガーはたまったものじゃないですよね。 悪質でないにしろ、粗悪な記事を大量に作成しているブログやサイトは多々見受けられます。 この現状は一昔前のツールで作成され全く意味のなさない大量の記事が投稿された、スパムサイトに似ています。 その時期は全く意味のない文字の羅列だけに、広告が張り付けられたサイトが氾濫していました。 嘘の登録料金や利用料金を請求する詐欺サイトも、このころにたくさん見受けられましたね。 しかし悪質なトレンドブログは誤情報で、サイトに飛んだ人以外も被害を被ります。 その意味ではスパムサイトや詐欺サイトよりも、許されないと感じています。 ひとたび大きな事件や芸能ゴシップ 結婚、離婚、逮捕 が起これば、大量の記事が数時間もたたないうちに反映されます。 ただの個人ブログのニュースがトップページに表示されるなんて一昔前は考えられませんでした。 最新のニュースはヤフーのトップニュースなど、大企業が運営しているサイトしか表示されていませんでしたから。 悪質なトレンド記事で関係のない人達が被害 有名な出来事は東名高速事件で誤情報を流し、企業や全く関係のない人たちが巻き込まれた事件です。 国内のニュースや事件を取り扱うキュレーションサイト「 モノローグ」が、確定ではない誤情報記事を投稿しました。 そのせいで容疑者と同じ苗字の企業や関係者が多大な被害を被ることになります。 この「 モノローグ」というサイトはすでに閉鎖されていますが、この一つのサイトが問題の原因となったわけではありません。 2chや他のまとめサイト、トレンドブログでも同じような誤情報で溢れかえっていました。 目先の利益のために、誤情報でユーザーを釣っていたのです。 その誤情報に釣られたネットユーザー達が 「本名や住所をネットに晒すネット死刑」「営業妨害まがいの凸電」など多大な迷惑を掛けました。 今後このような事件は起こってほしくないものです。 しかし目先の利益に囚われて、自身のことしか考えていない人たちがいる限りなくなることはないでしょう。 トレンドブログが嫌い トレンドブログ自体が悪いと言っているわけではありません。 このサイトやブログが誤情報や釣りの温床になっているからです。 そう自分のページビュー数のため、つまり収益のためだけに誤情報や確定ではない情報を、ろくに調べもせず記事にする行為が許せないだけです。 トレンドブログのPV数に嫉妬しているというのも少しはありますよ。 ブログ一ヵ月目にPV数万越えとかですね。 正直信じられないブログも多々ありますが、中には数か月で実績を残す天才もいます。 でも真っ当なやり方ではないでしょう。 私はその方法を教えられても、真似をしたくはありません。 トレンドブログが嫌いな理由 トレンドブログを一番嫌いな理由は、私自身が大きな失敗をしているからです。 そのせいでブログを一つ爆破させました。 このブログを閉鎖させたことはちょくちょく他の記事にてお話していると思うのですが、あまり詳しくはお話していないと思います。 トレンドブログでの出来事ではないのですが、トレンド的な記事を執筆した時の出来事です。 ある事件についてことさら詳しく記事にさせていただきました。 誤情報でも釣りでもありません。 事実の記事です。 その記事を執筆している時トランス状態になり、かなりの煽り文章を入れました。 これについては申し開きもありません。 すべて私が悪いです。 謝罪いたします。 そしてその情報が事実であっても、時には関係者を傷つけるということです。 その情報が事実であったこそ傷つけたのかもしれません。 そして私の書き方も悪かったのでしょう。 関係者からクレームを受けました。 当該記事の削除を要求するクレームです。 いやー始めての出来事だったので、これには肝を冷やしました。 関係者にお詫びのメールをさせていただき、すぐさま記事を削除しました。 半日でPV数が20ほどの記事だったのでしたが、正直この反応の速さににも驚きましたね。 正直要求は記事の削除だけでしたので、ブログを削除するまでの出来事ではなかったと思います。 ただモチベーションがダダ下がりしました。 そしてPV数のためにトレンド記事を書くことに追われて、 興味のない情報を記事にしていることが何より一番疲れていました。 何のためにブログを始めたのかと自問自答しましたね。 『 自由に生きたい、人生を楽しみたいために始めたのではなかったのか?』と。 そしてブログを閉鎖させました。 閉鎖させたときは、ものすごい解放感でしたね。 「 やったー!苦痛から解放されたぞー!!」ってなりました。 そう私にとってトレンドとは苦痛だったのです。 トレンドブログの将来性 今現在トレンドブログは「 即座にPV数を稼げる」「 そしてすぐに収益が期待できる」点では事実です。 アフィリエイトですぐに結果を残したいのであれば、この選択は間違いではありません。 しかしトレンドブログの将来性はあまり明るくないと考えています。 そしてそう考えていますので、私はこういったブログを運営しません。 アドセンス規制強化の可能性 今現在の粗悪な情報が氾濫しているトレンドブログの状況ですが、Googleはあまりよく思っていないと考えています。 過去、Googleの検索システムが大幅アップデートされたことにより、スパムサイトや詐欺サイトが大量に粛清されていきました。 今後トレンドブログが粛清されないとは限りません。 しかもアクセス数至上主義であるトレンドブログは、基本的にアドセンスに収益を頼っている状況です。 アドセンスの規約もいつ変更されるかわかりせんよ? 実際にyoutubeでは審査がめちゃくちゃ厳しくなっています。 youtubeは2017年4月に、YouTube収益化条件を総再生回数10,000回と設定しました。 そして2018年2月20日にはYouTubeの収益化条件が変更されます。 「過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」+「チャンネル登録者数が1,000人以上」とさらに規制が強化されます。 そしてyoutubeの収益もGoogleアドセンスによって成り立っています。 いつブログやサイトのアドセンスに、youtubeと同じような改変が起こるかわかりません。 現在はブログやサイトのアドセンスの審査条件は明文化されていません。 明らかになっているのは独自ドメインが必須で無料ブログでは不可ということぐらいですかね。 それが「 最低訪問ユーザー数」「 最低ページビュー数」がアドセンスの審査対象になり、明文化される可能性があるということです。 ブログやサイトのアドセンス参入障壁がさらにきつくなるかもしれません。 そのようなアドセンス頼りのブログ運営は、今後行き詰ると考えています。 トレンド記事のゴミ化 トレンド記事は短期的なPV数を獲得する力には優れていますが、トレンドが無くなればその記事はゴミと化します。 そのためPV数を稼ぐために、収益を稼ぐために自転車操業で記事を執筆しなくてはなりません。 そして興味もない情報で、毎日トレンド記事を書きたいと思いますか? 私は絶対にしたくはありません。 上記で記事のゴミ化と表現しましたが、価値のない記事ということです。 価値のない記事は価値のないサイトに直結します。 『価値のないサイト 』そんなもの、私は作りたくありません。 実際運営していた方で、日々のトレンド記事の更新を一ヵ月やめただけでアクセス数が100万PVから 10万PVに落ちたそうです。 半年も放置したらPV数は一万を切るんじゃないですか? いやはやトレンドサイトはゴミの量産場ですよ。 アクセス数の割に対してあまり稼ぐことはできませんし、運営している間全速力で走り続けなければならない・・・ 生産性が一切ないですね。 うん記事がゴミなんじゃなくて、ブログやサイト自体がゴミなんです。 まとめ トレンドブログは即座に収入を得ることができるブログです。 ブログ初心者にお勧めしている情報商材が多いのもわかります。 そしてそれが一番魅力的に映ることも理解しています。 しかし私の経験したことや将来性を考える限りではお勧めできません。 などがあるからです。 その意味でブログ初心者向きではありません。 ブログを運営するということは、「 ユーザーに有益な情報を提供する」ということを第一に考えて運営してほしいものです。 有益な情報であれば、対価としておのずと収益もついてくるでしょう。 そしてこれからブログを始めようとしている人も、目先の利益にとらわれて、粗悪なトレンド記事を執筆することはやめましょう。 しかしトレンドブログの運営やトレンド記事がすべて悪いと言っているわけはありません。 ユーザー第一ということを忘れなければ、決して粗悪で悪質な記事にはならないはずですから。 実際にそういった質の高いトレンドサイトやトレンドブログが評価されている所もあります。 そういった質の高いブログやサイトは、Googleが見放すとは考えられません。 皆さんも質の高いブログ作りを目指してはどうでしょうか?•

次の