レヴォーグ sti スポーツ。 レヴォーグsti試乗レポート2018 不満・辛口・評価はこれだ!

レヴォーグ STI Sport EyeSight Black Selection

レヴォーグ sti スポーツ

今の愛車を高く買い取ってもらうこと! 下取りではなく、 しっかり高額査定をしてもらうこと がなによりも大切です。 実際、 ディラーの 下取りでは40万だったクルマが 買取業者で70万円になったなんて話は よくあることなんです。 多くの業者にクルマをみてもらうことで 販売業者・買取業者同士で競い合い あなたのクルマの買取価格が ドンドン吊り上がっていきます。 1社ではなく なるべく多くの業者にみてもらうのがコツです。 レヴォーグSTI Sportは、スバルの技術を凝縮させた ハイクオリティ車です。 レヴォーグの中で一番グレードの高い STI Sportは実際に運転してみるとどうなのか? 試乗した評価をご紹介します。 subaru. jpg レヴォーグSTI Sportは通常のレヴォーグと何が違うのか レヴォーグの中で一番ハイスペックな仕様となっているのが「 STI Sport」です。 ちなみに、 STIとはスバルの子会社の名前( スバルテクニカルインターナショナルの略)で、 モータースポーツへの参画やパーツ開発を担当している会社のことです。 世界ラリー選手権でチャンピオンを獲得するなど、ラリー界では知らない人はいないでしょう。 レヴォーグ STIは、 STIがエンジニアとして量産車開発に加わり、 レヴォーグのGTツアラーとしての資質をさらに究めたモデルなのです。 具体的には、以下の2点がレヴォーグ STIの特徴です。 ・ 足回りが強化されている ・内外装にこだわっている 実際に走行してみると、どのような評価があるのかみてみましょう。 WRXとは、スバルインプレッサのスポーツタイプの車種のことです。 レヴォーグは、 ブースト圧が高く設定されていることと、 CVTという無段階変速機が採用されていることで、 効率良く加速できると評価されています。 また、 コーナリングがスムーズであることが評価されています。 subaru. jpg ビルシュタイン社は、 スポーツ走行を目的とした車のアフターパーツを製造・販売しているドイツのメーカーで、同社のパーツは多くのモータースポーツに使用されている程、信頼されています。 ビルシュタイン製のダンパーを採用することで、 しなやかな乗り味と操舵応答性を共に高めているのです。 また、ステアリングギヤボックスの取り付け剛性を向上していることで、さらに操舵応答性を高めています。 ステアリングギヤボックスは、簡単に言えば 車の方向転換を楽にする装置のことです。 剛性を高めていることでハンドル操作の遊びを減らしてくれているので、 コーナリングもスムーズに運転することができるのです。 レヴォーグ STIを試乗してみると、走り心地に関しては、 辛口評価が少ないことがわかりました。 乗り心地は街乗りだと硬く感じる レヴォーグSTIの不満点で、 硬さを指摘する口コミが目立ちました。 ひとつは、レヴォーグ STI は 足回りが特に強化されている点。 もうひとつは、レヴォーグ STIは ホイールが18インチと大きい点です。 しかし、スポーツタイプの車に乗り慣れている人にとっては、その 硬さの程度がそれほど気にならない、という印象です。 subaru. つまりレヴォーグ 1. 一方、 1. 見た目は 1. S 機能では スポーティな加速と ダイレクトな変速を体験することができます。 コーナリングも要チェック レヴォーグ STIは コーナリングの良さも評価されています。 6と 2. 0を試乗) レヴォーグ STIの試乗の際は、 曲がり道でのハンドル操作を楽しんでみるのも大切ですね。 レヴォーグ STIのダンパーは、ビルシュタイン社と共同開発し「しなやかな乗り味と操舵応答性を共に高めている」と謳っていますが、これは 実際に試乗してみないことには実感できません。 また、運転席のシートがスポーツ仕様となっており、メイン部とサイド部を異なる素材にすることで 運転時の硬さをカバーしています。 【レヴォーグ】の値引きから追加40万円安くする方法!少しの手間だけ・・ 「新型レヴォーグ欲しい!でも高い・・」 「少しでも安くならないもん??」 「値引き交渉とか苦手」 「できるだけ一番お得に買いたい!」 「言いなりの値段で買うのが嫌」 こんな感じで レヴォーグの値引き方法で どうすれば一番いいのか・・ と考えている方は たくさんいらっしゃいます。 周りの方に体験談や相談しても 正確な答えは得られず どうすれば 安くレヴォーグを買うことができるのか 本気で考えている方にお伝えしたいことがあります。 裏技的な方法ですが・・ 今の愛車を高く買い取ってもらうこと! 下取りではなく、 しっかり高額査定をしてもらうこと がなによりも大切です。 実際、 ディラーの 下取りでは40万だったクルマが 買取業者で70万円になったなんて話は よくあることなんです。 多くの業者にクルマをみてもらうことで 販売業者・買取業者同士で競い合い あなたのクルマの買取価格が ドンドン吊り上がっていきます。 1社ではなく なるべく多くの業者にみてもらうのがコツです。 スポンサードリンク.

次の

VM系レヴォーグSTIスポーツを2016年4月11日発表 チューニング内容などを解説

レヴォーグ sti スポーツ

メニュー• 8月20日予約発売開始 納車は9月末移行を予定 2020年6月29日追記 次期レヴォーグは 8月20日より予約販売を開始、パワーユニット設定は1. 8L水平対向ターボ AWD駆動方式 CVTトランスミッションの設定のみ。 4Lターボ車はリリースされると言う噂はあるが後期型 レヴォーグ D型 に追加される可能性もありそうです。 グレードラインナップは次の通り ・GT 17インチアルミホイール装着のベースグレード ・GT-H 18インチアルミホイール装着のミドルグレード ・STI 最上位グレード 新型 レヴォーグ 市販車外観デザイン レヴォーグCM撮影現場を目撃しましたと言う情報がソーシャルネットワーク上にちらほらと掲載されています。 テレビへ露出すると言うことは確定デザインという事で、もし買い替えをお考えの方はご参考までに。 掲載された写真にはSTIオーナメントがフロントグリルに見えるので、 上位グレードのレヴォーグで、 アンダースポイラー下には短いですがスキッドプレートが装着されている オプション設定なのかは不明。 特筆する点としてはCピラーに掛けてルーフが下がっているので後部座席のルーフトップのクリアランスが気になるところ。 生月でスバル「レヴォーグ」が CM撮影してたぞ! — りょうた ryota5480 レヴォーグ フルモデルチェンジ 確定内容 ・次期レヴォーグの発売時期は2020年9月頃、既に商談は始まっているそうです。 ・搭載されるエンジンはFA18型では無く、 新開発1. 8L水平対向ターボエンジンで 最高出力200ps 最大トルク30. 0kg. mを発生 ガソリンはレギュラー。 ・駆動方式はAWD トランスミッションはCVTのみのラインナップでMTは設定されない。 8Lモデルが発売され 2021年4月に2. 4Lモデルが発売されるそうです ベストカー情報。 新型レヴォーグを買うなら、リセール情報を確認し下取り価格が大幅に下落していなければまず1. 8Lグレードを買ってから翌年2. 4Lへ買い替えするのも有り。 新開発1. 8L水平対向エンジンってどうなの? スバルが次期レヴォーグ公式ページで公開していた1. 8L水平対向エンジン。 写真を見て思ったのがインタークーラーがFA・FBエンジン向けのよりも大いですね。 現行VM系レヴォーグは残念ながら事故率が高く 特に2. 0L直噴ターボFA20型エンジンを搭載するVMGにはオーバースペックだとスバルは憂慮している様です。 次期レヴォーグには車格に見合った アイサイトと相性がよくマイルドな味付けにするべく開発されたのが1. 8L水平対向エンジンらしい。 エンジン性能は詳細が判明次第追記致します。 もし、どっちのレヴォーグを買うか迷っているなら パワフルかつ激速が好みはVMG、 安全性と経済性を重視は次期モデルがおすすめだと予想します。 「」 写真はFA20型ターボエンジン。 レヴォーグ・STI・SPORT プロトタイプ 東京オートサロン2020 1月10日~12日に幕張メッセ開催 にてレヴォーグ・STI・SPORTのプロトタイプを発表。 大阪オートメッセ2020にて実車を見てきました。 余りにもキープコンセプト感高くこれだとちょっとつまらないなと言うのが第一印象です。 STI・SPORTコンセプトの主な内容は「STI製フロント・サイド・リヤアンダースカート及びフォグランプ上にLEDアクセサリーライナー」を装着。 期待していたブレーキまわりはVM系レヴォーグと同じ片持ち。 フェールリッド 給油口の蓋 も現行型とほぼ同じ。 余りにもインパクトが無いのか会場ではメインのレヴォーグでは無く、左隣に展示していた「WRX S4 STI Sport GT CONCEPT」 WRブルーメタリック塗装やレカロセミバケットシートに6ポットブレーキを採用するなどインパクトが高い内容。 の方が注目度が高かった。 レヴォーグ・プロトタイプ 最新画像 モーターショーで次期レヴォーグ・プロトタイプを見てきました。 実物を見た感想は、現行型レヴォーグと大きく変わることはなかった。 あえて言うと 少しクロスオーバーテイストが強くなったと言う印象です。 写真を見ながら気になった点をピックアップさせて頂きます。 フェンダーのタイヤハウス部分のデザインが八角形風になっている、もしかしたらクロスオーバーテイストのレヴォーグ Outbackと被る も将来的に設定されるのかもしれない。 アッパーグリルのノーズ部分が強調されていて現行型と差別化がされてはいるが、 ライト類が減ったので綺羅びやかな部分が損なわれている。 LEDアクセサリーラーナーが設定されると思うのだが、それでもさみしい感じは否めない。 ホークアイにターンランプが組み込まれているので、一灯式ヘッドライトだけだとフロントフェイスが寂しい。 サイドからの見た目は、大型ルーフスポイラーが余り目立たない工夫がされており、ノーズが長くなった分やはりSUVテイストが若干あります。 スポーツワゴンのイメージからアーバンステーションワゴン。 5J P. 114. 3 オフセット55mm。 ブレーキは片持ちキャリパー。 リヤ側はテールレンズのデザインが綺麗で高級感高いのだが、フォレスターにもやや似ている気もする。 ちなみにテールレンズは水平対向をイメージしたデザインとしていると言う。 その他気になるところでは、ラテラルリンクが長くなっているようにも見え、マフラーメインパイプが蛇の様に曲がっている。 レヴォーグコンセプトモデル VIZIV Touring 2018年3月6日発表 スバルは次期レヴォーグのコンセプトモデル「VIZIV Touring」を 2018年3月6日開催ジュネーブモーターショー発表するそうです。 公開されたティザー画像はリヤのテールランプだけですが、ヘッドライトと同じホークアイブレーキランプが今までの ぶつぶつLEDからきれいなラインで点灯している。 モータショー向けの試作車の為このまま市販される訳では無いが全体的な次期レヴォーグはVIZIV Touringを柔らかくした感じのデザインになると思われる。 2020年 レヴォーグ フルモデルチェンジ予想 スバルは北米の排気ガス規制強化対策としてFA型2. 0Lと1. 6Lエンジンから1. 8Lと1. 5Lダウンサイジングターボエンジンへシフトた 新型レヴォーグは2019年発売へ。 FA16からダウンサイジングされた 新開発1. 5L水平対向エンジンを搭載するレヴォーグは1年遅れの 2020年頃登場するとの事。 これまでのスバル車の主力エンジン「EJ20 FA20 FB16 FB20」は廃止。 2019年までに新開発されるFA18?とFB15?エンジンがメインに。 フロントフェイスは東京モーターショー2017に出展された「」に似たデザインが採用されると予想されます。 新開発エンジンを搭載するモデルの第一弾は人気のスポーツワゴン「レヴォーグ」で現行VM系は2019年にマイナーチェンジする「レヴォーグF型」 E型は2018年登場 が最終モデルとなると予想されます。 フルモデルチェンジから一年後にFA15水平対向ターボエンジン搭載するレヴォーグ発売。 2016年10月発売のインプレッサに採用された「DYNAMIC X SOLID」と言うコンセプトが採り入れられるが徐々にモーターショーで発表されたコンセプトモデルのデザインに近づいていく仕上がりに。 WRXのVA系が発表される前のコンセプトデザインに採用されている様な切れのある綺麗なラインに光るヘッドライトイルミネーションが採用されると思われる。 次期レヴォーグのプラットフォームはSGP プラットフォームはGDB派生のシャシーから低重心で剛性が高く軽量化を施しハイブリッドシステムも搭載できる「スバル・グローバル・プラットフォーム」ベース。 今以上の乗り心地に静音性とハンドリング性能の向上が期待できると思われます。 VM系レヴォーグは車重が1550kg前後あるのだが次期新型はWRXと同じくらい1470kg前後となる可能性も。 軽量ならダウンサイジングターボエンジンのハンデもある程度無くなるし、フライングカーペットと称されるプラットフォームは低重心ローポジションで安定したハンドリングが期待できる。 これにアイサイトバージョン4. 0が組み合わさりより利便性の高い自動車に生まれ変わる。 次期レヴォーグ予想エンジンスペック 現行VA系の2. 0リッター水平対向DOHCターボエンジンは300psを発生するが、1. 8リッター水平対向DOHCターボエンジンは恐らく200psも行かない可能性も。 排気ガス規制対策の為ブースト圧も抑えられると思われる。 4L水平対向ターボエンジン最高出力予想270ps前後。 8L水平対向ターボエンジン最高出力予想170ps前後。 5L水平対向ターボエンジン最高出力予想140ps前後。 かげまるさんこんばんは。 次期レヴォーグは1. 5Lターボ仕様になる可能性があるのですね。 これは経済的には従来より少し楽になるかもしれないですね!! 6Lの頃は2Lクラスの扱いで納税しなければなりませんでしたが、もしこれが実装されれば、1. 5Lの方はかなり需要が期待できると思います。 スバルさんのターボ車は「マニアック」だというイメージが定着していましたが、これを機に売上を伸ばしていただいて、今後も独立したメーカーとして頑張って頂きたいと思うところです。 GT-Sのスポーツ シートでは、ホールド性の良さは 分かりますが、リクライニング時の際には、大柄な為に肩周辺部に どうも違和感が有り、出来れば ソフトタッチな Vスポーツ車に装備されれば有難いのですが??? 5月のE型 発売 が待ち遠しいですね。 来年、フルモデル F型のエンジン部は各ダウンサイズの反面 VM系 よりボディサイズが拡大するとの ネット情報も有るので、日本の道路幅からすると 今回の E型に希望を膨らませる事にします。

次の

[速攻試乗!]スバル レヴォーグ「STIスポーツ」はSTI、そしてスバルの今後をも示唆する!(2/4)

レヴォーグ sti スポーツ

「STI」と聞くと本格的なスポーツカーを想像しますが、レヴォーグSTI Sportはどちらかというと、コンフォート寄りで普段使いでも違和感のない仕上がりが特徴です。 STIのコンプリートカーというよりはレヴォーグのトップグレードという位置づけとなります。 しかし、エクステリアは専用フロントバンパーや専用アルミホイールを装着しているので、スポーツワゴンを訴求するには十分なビジュアルを持ち合わせています。 それは、インテリアを見渡しても同様の感覚を味わうことができます。 もちろん、見栄えだけではなく、スポーティな走りを支えるエッセンスがいくつも加えられています。 まずは車体を支える足回りです。 サスペンションはビルシュタイン製のショックとスプリングで構成され、高められた車体剛性によりコーナリングでも粘りのある走りを実現しています。 アイサイトも標準装備、待望のブルーのカラーラインアップも スバルの最上級スポーツセダンWRX STIには「アイサイト」が搭載されていませんでしたが、レヴォーグ STI Sportには最新バージョンのアイサイトがしっかり装備されています。 やはりトップグレードという位置づけから外すことのできない装備だったのでしょう。 東京オートサロンでコンセプトモデルとして出されていたモデルにはMTトランスミッションが奢られていたため、市販車にも搭載されるのでは?と話題になっていましたが、トランスミッションは従来通りのみとなります。 しかし、兼ねてから噂になっていた車体カラー「WRブルー• パール」はこのSTIモデルに満を持して設定されることとなりました。 スバルのイメージカラーでもあるこのカラーを待ち望んでいた人も多かったため、販売の主力カラーとなるのは間違いなさそうです。 レヴォーグの走行性能は従来モデルでも実証されていましたが、今回STIグレードで足回り• 車体剛性が強化されたことで、より一層、レーシーな印象が際立つモデルとなりました。 販売開始は2016年7月21日。 スポーツカーへの憧れを諦めきれないお父さんもレヴォーグSTI Sportなら夢を叶えられるのではないでしょうか?.

次の