あい きゃ ん ふら い。 通常発声練習

点字五十音表―社会福祉法人ほくてん

あい きゃ ん ふら い

概要 [ ] 本作は、によるアイドル育成を舞台とした一般的な選択肢タイプのアドベンチャーゲームである。 LiLiM DARKNESSに代表され、一部のLiLiM作品にも存在する要素を持った作品として知られる。 その寝取られ要素は、アイドルとしての人気が上がることでアイドルを付け狙う魔の手(が噂される、人気男性アイドル、お笑い芸人、危険思考のなど)が次々現れるかたちで表現されている。 キャラクターデザイン、原画はが担当している。 本作のオープニングテーマソング「アイドルKiss! により()化され、に『上巻「そんなこと……したくありませんっ」』が、に『下巻「わたし……しちゃいました」』が発売された。 クプーのようなファンタジー要素は排除されてアイドル寝取られアニメに特化されており、4月にはレイナをヒロインにした新シリーズが発売されている。 あらすじ [ ] の天道良太は、ごく普通の生活を送っている聖華学園に通うであった。 ある日の夜、街中といっても人通りの少ない夜道、曲がり角を曲がったところで、走ってきた少女と出会い頭にぶつかってしまう。 ぶつかった弾みでその少女とキスをしてしまうが、なぜかその瞬間、少女はステージ衣装に変身してしまう。 さらに驚いたことに、その少女の後ろには人語を解する羽付きの小さな謎の生物が登場する。 良太にとっては何が何だか分からず、いろいろと質問をするが、その少女は、ひとまずはこんな衣装で外にいるのは恥ずかしいからと言い、良太の家で話をすることになる。 良太の家で落ち着いて聞いた話はこうだった。 小さな謎の生物は魔法の国「ドリームキャッスル」からやってきた使い魔で、名前はクプーという。 クプーは女の子の夢を叶えるためにやってきたのだと言い、今はその少女、藤堂美夕に仕えている。 美夕の夢はアイドルになることであり、クプーはその夢を叶えるために魔法の力で美夕をアイドルにしている。 具体的には、アイドル衣装への変身、緊張を抑えて自信を持たせるなどの効果があるという。 昔はクプーの力でも充分アイドルとして通用したのだが、今はそれでは全然足らず、美夕の致命的な弱点であるのために、オーディションはことごとく一次審査で失敗してしまっていたのだという。 クプーは半人前であるがゆえ、クプーの魔法は21時で切れてしまうという欠点を持っていたが、良太が美夕とキスをすることでその魔法効果が復活したことから、どうやら良太は特異体と呼ばれる、使い魔の魔法効果を増大させるという特殊な力の持ち主であることが判明する。 そして、美夕の夢実現のために良太の力を貸してほしいと持ちかけられ、悩んだ挙句、協力することとなった。 しかし、協力すると言った後から、重大な事実が判明する。 1つ目は魔法効果を増大させるには美夕とキスをしなければならないということ、2つ目は美夕のマネージャーになるということ、3つ目は田舎出身で上京のためにほとんどお金をつぎ込んだ美夕には寝泊まりするところがなく、良太の自室に寝泊まりする必要があるということだった。 登場キャラクター [ ] 声優はゲームのみ メインキャラクター [ ] 天道良太(てんどうりょうた) 本作の主人公。 美夕と出会うまではごく普通の大学生であったが、美夕に出会うことで人生が大きく変わることとなった。 主人公は特異体であり、クプーなど使い魔の持つ魔法効果を増強させる力を持つ。 美夕の夢に関わる魔法で言えば、アイドルへの変身効果を高め、魔法持続時間に関する制限を取り払う効果を持つ。 ただし、その魔法効果を増強させる力を発揮するには魔法の対象(美夕)と粘膜接触する必要があり、簡易的な方法としてはキスであり、より高い効果を得るにはセックスする必要がある。 主人公の父親はピアノの調律師で、母親とともに現在海外に長期出張中である。 祖父の良信は過去に超大手プロダクションの社長をしていたという経験を持っている。 栗毛で腰まで伸びるロングの髪が特徴。 ただし、アイドルに変身しているときはピンク髪となる。 幼少の頃は体が弱く、母親が体を丈夫にさせたいからと外で遊ぶように言うも、外に出るとすぐに体を壊してしまうという病弱体質であった彼女であったが、ある年の大晦日にテレビで見たカウントダウンライブを見て、その歌と歌詞と、歌姫に魅せられてアイドルへの道を目指す。 そして田舎、寂れた港町から上京し、あらすじ節に記された経緯で主人公宅に寝泊まりしつつ、アイドルを目指すこととなった。 大きくなってからも、明るい性格(どちらかといえば天然ボケ気味)ではあるものの、人見知りが非常に激しく、極度のである点がアイドルへの道の障害となっている。 ファーストキスは主人公との事故によるものであったが、それ以降の主人公とのキスはクプーの魔法効果を高めるために意図的に行うものであり、アイドルを目指すためならば構わないと、意を決してその方法を受け入れた。 また、アイドルを目指すためには、人見知りの激しいのも何とかしないといけないと考え、主人公と一緒の学園に通うこととなった。 クプー 声: 正式名称をクリストファー・ランデール・プロビデルIV世といい、魔法の国ドリームキャッスル(通称ドリキャス)からやってきた使い魔。 二頭身キャラで、身長は人の顔の2倍程度。 上端に星を形どったロッドを右手に持ち、空中に浮かんでいる。 青髪、紫色の羽が特徴。 口癖は、会話の末尾に「クプー」をつけること。 ドリキャスベストジーニスト第2位受賞の実績を持つ。 美夕との出会いは、クプーが空腹のために行き倒れているところを美夕が見つけ、食べ物を与えたところから始まっている。 恩返し的な意味合いもあって美夕に仕えているが、その実力は口とは違って完璧とは言い難い。 アイドルへの変身能力も、主人公の魔法効果増強の力がなければ21時で切れてしまうほどである。 ただし、美夕を主人公と同じ学園に転入させるために関係者の洗脳を問題なく行うなど、変身以外にも様々な魔法能力を持っており、全ての魔法が半人前というわけではない。 なお、クプーは近年アイドルになるのが難しくなったのは、アイドルの純粋培養を止めた業界と、曲を買わなくなったファンのせいだと語っている。 完璧主義で、成績も運動神経もトップクラス。 主人公とはクラスメイトの関係にある。 栗毛で腰まで伸びるロングの髪が特徴。 ただし、アイドルに変身しているときは金髪となる。 トップアイドルになるのが夢で、美夕と同じように、ドリームキャッスルの住人ホーリーを使い魔に、魔法をつかってのアイドルを目指している。 美夕が主人公と出会ってから初めて参加するオーディションにはレイナも参加し、それがきっかけでレイナがライバルであることが発覚する。 ただし、レイナは美夕ごときをライバルとは思っていない。 オーディションに受かってからは、超大手の芸能事務所「スターライトファクトリー」に所属して、トップアイドルへの道を登っていく。 ホーリー 声: 正式名をフォーカス・リンドバーグ・ホルディバインIX世といい、クプーと同じくドリームキャッスルからやってきた使い魔。 二頭身キャラで、身長は人の顔の2倍程度。 ピンクの髪、宝石付きの髪飾り、白い羽、かなり毒舌なところが特徴。 クプーとは比べ物にならないほど優秀な使い魔で、レイナよりも過去に既に地球人の女の子の夢を叶えた実績を持つ。 現在はレイナに仕えており、レイナの夢を叶えると一人前の称号が得られることになっている。 サブキャラクター [ ] 南野智美(みなみのともみ) 声: 芸能事務所「TFA芸能プロダクション」の社長兼マネージャー。 オーディションの特別賞を受賞したものの、芸能事務所から声を掛けられることなく、最後のところで声を掛けてきたのが、南野だった。 小さな事務所ではあるが、新人を見出すその眼は確かなもの。 山下悠斗(やましあゆうと) 声: ドラマやCMなど、テレビをつければ必ず写っていると言われるほどの人気男性アイドル。 主人公とは比較的近所に住み、時々公園で会うこととなる。 寺田幸二(てらだこうじ) 声: 美夕とレイナが出場するオーディションの主催を務める、テレビ番組のプロデューサー。 などの噂がある。 主人公の祖父、天道良信のせいで芸能界を長く追放されていたという苦い経験を持つ。 高崎徹(たかさきとおる) 声: 売れっ子バンド「ブラッディ・アンセム」のボーカルを務める。 ワイルドな容姿が特徴。 テレビでの音楽活動も行っているが、ライブ活動をメインとしている。 村田隆志(むらたたかし) 声:胸肩腎 お笑い芸人。 耳まで割けているかのような口が特徴。 どちらかというとボケを担当。 新人アイドルを合コンに誘い出し、持ち帰ることを企んでいる。 根岸甚蔵(ねぎしじんぞう) 声:ルネッサンス山田 芸能記者。 寺田の側近の1人でもある。 様々な裏社会へのルートを持ち、表沙汰になることなく死体を闇に葬り去るなどの力を持つ。 櫻井拓也(さくらいたくや) 声:胸肩腎 主人公のクラスメイト。 アイドルの追っかけをやっているオタク人間。 主題歌 [ ] オープニングテーマソング「アイドルKiss! Getchu. com. 2016年7月3日閲覧。 2010年1月26日閲覧。 2009年8月28日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。 PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。 PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

きゃしなふ

あい きゃ ん ふら い

概要 [ ] 本作は、によるアイドル育成を舞台とした一般的な選択肢タイプのアドベンチャーゲームである。 LiLiM DARKNESSに代表され、一部のLiLiM作品にも存在する要素を持った作品として知られる。 その寝取られ要素は、アイドルとしての人気が上がることでアイドルを付け狙う魔の手(が噂される、人気男性アイドル、お笑い芸人、危険思考のなど)が次々現れるかたちで表現されている。 キャラクターデザイン、原画はが担当している。 本作のオープニングテーマソング「アイドルKiss! により()化され、に『上巻「そんなこと……したくありませんっ」』が、に『下巻「わたし……しちゃいました」』が発売された。 クプーのようなファンタジー要素は排除されてアイドル寝取られアニメに特化されており、4月にはレイナをヒロインにした新シリーズが発売されている。 あらすじ [ ] の天道良太は、ごく普通の生活を送っている聖華学園に通うであった。 ある日の夜、街中といっても人通りの少ない夜道、曲がり角を曲がったところで、走ってきた少女と出会い頭にぶつかってしまう。 ぶつかった弾みでその少女とキスをしてしまうが、なぜかその瞬間、少女はステージ衣装に変身してしまう。 さらに驚いたことに、その少女の後ろには人語を解する羽付きの小さな謎の生物が登場する。 良太にとっては何が何だか分からず、いろいろと質問をするが、その少女は、ひとまずはこんな衣装で外にいるのは恥ずかしいからと言い、良太の家で話をすることになる。 良太の家で落ち着いて聞いた話はこうだった。 小さな謎の生物は魔法の国「ドリームキャッスル」からやってきた使い魔で、名前はクプーという。 クプーは女の子の夢を叶えるためにやってきたのだと言い、今はその少女、藤堂美夕に仕えている。 美夕の夢はアイドルになることであり、クプーはその夢を叶えるために魔法の力で美夕をアイドルにしている。 具体的には、アイドル衣装への変身、緊張を抑えて自信を持たせるなどの効果があるという。 昔はクプーの力でも充分アイドルとして通用したのだが、今はそれでは全然足らず、美夕の致命的な弱点であるのために、オーディションはことごとく一次審査で失敗してしまっていたのだという。 クプーは半人前であるがゆえ、クプーの魔法は21時で切れてしまうという欠点を持っていたが、良太が美夕とキスをすることでその魔法効果が復活したことから、どうやら良太は特異体と呼ばれる、使い魔の魔法効果を増大させるという特殊な力の持ち主であることが判明する。 そして、美夕の夢実現のために良太の力を貸してほしいと持ちかけられ、悩んだ挙句、協力することとなった。 しかし、協力すると言った後から、重大な事実が判明する。 1つ目は魔法効果を増大させるには美夕とキスをしなければならないということ、2つ目は美夕のマネージャーになるということ、3つ目は田舎出身で上京のためにほとんどお金をつぎ込んだ美夕には寝泊まりするところがなく、良太の自室に寝泊まりする必要があるということだった。 登場キャラクター [ ] 声優はゲームのみ メインキャラクター [ ] 天道良太(てんどうりょうた) 本作の主人公。 美夕と出会うまではごく普通の大学生であったが、美夕に出会うことで人生が大きく変わることとなった。 主人公は特異体であり、クプーなど使い魔の持つ魔法効果を増強させる力を持つ。 美夕の夢に関わる魔法で言えば、アイドルへの変身効果を高め、魔法持続時間に関する制限を取り払う効果を持つ。 ただし、その魔法効果を増強させる力を発揮するには魔法の対象(美夕)と粘膜接触する必要があり、簡易的な方法としてはキスであり、より高い効果を得るにはセックスする必要がある。 主人公の父親はピアノの調律師で、母親とともに現在海外に長期出張中である。 祖父の良信は過去に超大手プロダクションの社長をしていたという経験を持っている。 栗毛で腰まで伸びるロングの髪が特徴。 ただし、アイドルに変身しているときはピンク髪となる。 幼少の頃は体が弱く、母親が体を丈夫にさせたいからと外で遊ぶように言うも、外に出るとすぐに体を壊してしまうという病弱体質であった彼女であったが、ある年の大晦日にテレビで見たカウントダウンライブを見て、その歌と歌詞と、歌姫に魅せられてアイドルへの道を目指す。 そして田舎、寂れた港町から上京し、あらすじ節に記された経緯で主人公宅に寝泊まりしつつ、アイドルを目指すこととなった。 大きくなってからも、明るい性格(どちらかといえば天然ボケ気味)ではあるものの、人見知りが非常に激しく、極度のである点がアイドルへの道の障害となっている。 ファーストキスは主人公との事故によるものであったが、それ以降の主人公とのキスはクプーの魔法効果を高めるために意図的に行うものであり、アイドルを目指すためならば構わないと、意を決してその方法を受け入れた。 また、アイドルを目指すためには、人見知りの激しいのも何とかしないといけないと考え、主人公と一緒の学園に通うこととなった。 クプー 声: 正式名称をクリストファー・ランデール・プロビデルIV世といい、魔法の国ドリームキャッスル(通称ドリキャス)からやってきた使い魔。 二頭身キャラで、身長は人の顔の2倍程度。 上端に星を形どったロッドを右手に持ち、空中に浮かんでいる。 青髪、紫色の羽が特徴。 口癖は、会話の末尾に「クプー」をつけること。 ドリキャスベストジーニスト第2位受賞の実績を持つ。 美夕との出会いは、クプーが空腹のために行き倒れているところを美夕が見つけ、食べ物を与えたところから始まっている。 恩返し的な意味合いもあって美夕に仕えているが、その実力は口とは違って完璧とは言い難い。 アイドルへの変身能力も、主人公の魔法効果増強の力がなければ21時で切れてしまうほどである。 ただし、美夕を主人公と同じ学園に転入させるために関係者の洗脳を問題なく行うなど、変身以外にも様々な魔法能力を持っており、全ての魔法が半人前というわけではない。 なお、クプーは近年アイドルになるのが難しくなったのは、アイドルの純粋培養を止めた業界と、曲を買わなくなったファンのせいだと語っている。 完璧主義で、成績も運動神経もトップクラス。 主人公とはクラスメイトの関係にある。 栗毛で腰まで伸びるロングの髪が特徴。 ただし、アイドルに変身しているときは金髪となる。 トップアイドルになるのが夢で、美夕と同じように、ドリームキャッスルの住人ホーリーを使い魔に、魔法をつかってのアイドルを目指している。 美夕が主人公と出会ってから初めて参加するオーディションにはレイナも参加し、それがきっかけでレイナがライバルであることが発覚する。 ただし、レイナは美夕ごときをライバルとは思っていない。 オーディションに受かってからは、超大手の芸能事務所「スターライトファクトリー」に所属して、トップアイドルへの道を登っていく。 ホーリー 声: 正式名をフォーカス・リンドバーグ・ホルディバインIX世といい、クプーと同じくドリームキャッスルからやってきた使い魔。 二頭身キャラで、身長は人の顔の2倍程度。 ピンクの髪、宝石付きの髪飾り、白い羽、かなり毒舌なところが特徴。 クプーとは比べ物にならないほど優秀な使い魔で、レイナよりも過去に既に地球人の女の子の夢を叶えた実績を持つ。 現在はレイナに仕えており、レイナの夢を叶えると一人前の称号が得られることになっている。 サブキャラクター [ ] 南野智美(みなみのともみ) 声: 芸能事務所「TFA芸能プロダクション」の社長兼マネージャー。 オーディションの特別賞を受賞したものの、芸能事務所から声を掛けられることなく、最後のところで声を掛けてきたのが、南野だった。 小さな事務所ではあるが、新人を見出すその眼は確かなもの。 山下悠斗(やましあゆうと) 声: ドラマやCMなど、テレビをつければ必ず写っていると言われるほどの人気男性アイドル。 主人公とは比較的近所に住み、時々公園で会うこととなる。 寺田幸二(てらだこうじ) 声: 美夕とレイナが出場するオーディションの主催を務める、テレビ番組のプロデューサー。 などの噂がある。 主人公の祖父、天道良信のせいで芸能界を長く追放されていたという苦い経験を持つ。 高崎徹(たかさきとおる) 声: 売れっ子バンド「ブラッディ・アンセム」のボーカルを務める。 ワイルドな容姿が特徴。 テレビでの音楽活動も行っているが、ライブ活動をメインとしている。 村田隆志(むらたたかし) 声:胸肩腎 お笑い芸人。 耳まで割けているかのような口が特徴。 どちらかというとボケを担当。 新人アイドルを合コンに誘い出し、持ち帰ることを企んでいる。 根岸甚蔵(ねぎしじんぞう) 声:ルネッサンス山田 芸能記者。 寺田の側近の1人でもある。 様々な裏社会へのルートを持ち、表沙汰になることなく死体を闇に葬り去るなどの力を持つ。 櫻井拓也(さくらいたくや) 声:胸肩腎 主人公のクラスメイト。 アイドルの追っかけをやっているオタク人間。 主題歌 [ ] オープニングテーマソング「アイドルKiss! Getchu. com. 2016年7月3日閲覧。 2010年1月26日閲覧。 2009年8月28日時点のよりアーカイブ。 2010年1月26日閲覧。 PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。 PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。 PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

通常発声練習

あい きゃ ん ふら い

中国人は促音の発音が苦 手 中国人は日本語の促音の発音がとても苦手です。 なぜなら、中国語には促音の発音がないからです。 中国語は難しい発音ばかりなのに、それでも、中国人にとって、苦手な発音があるのには、ちょっとびっくりしてしまうかもしれませんが。 例えば、日本語を習い立ての学生はこの文「明後日は特急に乗って、出張に行ってきます」 あさってはとっきゅうにのって、しゅっちょうにいってきます がなかなか言えません。 だいたいこう言ってしまいます。 「あさてはときゅうにのて、しゅちょうにいてきます」と。 中国人はこの促音の「っ」を1拍溜め置くことが苦手です。 ですから、いつも先程の文のように、促音の「っ」を抜いて、発音してしまうことが多いです。 きっと、中国語はスピードが速いですので、一拍を置くようなことがないからなのでしょう 笑 ですから、逆に言えば、日本人が促音の「っ」を抜いて発音すると、中国人が話すあの片言の日本語を真似することができます 笑 そうすれば、『ナオミとカナコ』で、高畑淳子さんが演じたあの李社長のようになれます 笑 促音の練習をするときは、促音がない単語とある単語を一緒に並べて、練習するのがお勧めです。 例えば、 きて きって さか さっか めちゃ めっちゃ とても とっても これらの練習を することによって、2つの発音の違いを理解させることができます。 ただ、理解できたとしても、それを定着させるのはなかなか難しいのですが。 ですから、毎回、授業のウォーミングアップとして、促音がたくさん入った文を読ませると良いと思います。 中国人は長音の発音も苦 手 それから、中国人は日本語の長音の発音も苦手です。 例えば、「おじいさん」の「い」、「おばあさん」の「あ」、「おねえさん」の「え」、「おにいさん」の「い」などです。 外来語では、「コンピューター」や「ケーキ」、「コーヒー」などの「ー」の伸びる音がなかなか言えません。 なぜなら、中国語には長音もないからです。 そのため、長音が難しく感じ、「おじいさん」を「おじさん」、「おばあさん」を「おばさん」、「おにいさん」を「おにさん」、「おねえさん」を「おねさん」、「コーヒー」を「コーヒ」などのように、長音を抜いて、発音してしまうことが多いです。 ですから、こちらも、長音がない単語とある単語を一緒に並べて練習するのがお勧めです。 例えば、 おじさん おじいさん おばさん おばあさん おかさん おかあさん ビル ビール コラ コーラ ホラ ホラー こちらも、これらの練習をすることによって、2つの発音の違いを理解させることができます。 ただ、理解できたとしても、それを定着させるのは難しいのですが。 ですから、毎回授業のウォーミングアップとして、長音がたくさん入った文を読ませると良いと思います。 そうすれば、促音・長音の発音に対する苦手意識もなくなり、だんだん促音・長音の発音に慣れてきて、李社長のような日本語の発音ではなく、NHKのアナウンサーのような日本語の発音をすることができるようになってきます 笑.

次の