赤ワインに合う料理。 ワインに合う料理15選。組み合わせるポイントが分かれば簡単!

【みんなが作ってる】 赤ワイン 合うのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

赤ワインに合う料理

にんにく 2かけ• しょうゆ 大さじ3• みりん 大さじ3• マーマレードジャム 大さじ1• オリーブオイル 少量• 塩 少々• 粒こしょう 少々• 水 100cc• 付け合わせ用レタス 少量• 付け合わせ用トマト 2個• 骨付きのラムに塩、こしょうをします。 にんにくはスライスに切ります。 レタスは手でちぎって食べやすい大きさにします。 トマトは櫛形に切ります。 フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを炒めます。 にんにくに火が通ったら、骨付きラムを並べて焼きます。 フライパンに水、醤油、みりん、マーマレードジャムを入れて煮詰めます。 更にレラス、トマトを盛り、骨付きラムを盛って出来上がりです。 牛もも肉 200g• トマトケチャップ 小さじ2• 赤ワイン 50cc• サラダ油 少量• バター 少量• 塩 少々• こしょう 少々• 水 150cc• じゃがいもは皮を剝いて大きめの一口大、たまねぎはくし形に切ります。 にんじんは乱切りにします。 牛もも肉は一口大に切って塩、こしょうをします。 鍋にバターを入れ、牛もも肉を焼きます。 たまねぎ、にんじんを入れて炒めます。 水、ワインを入れて煮込みます。 じゃがいも、デミグラスソース、トマトケチャップを入れてじゃがいもが柔らかくなるまで煮込みます。 皿に盛って出来上がりです。 鶏もも肉 1枚• 塩 少々• こしょう 少々• カットトマト缶 1缶• にんにく 1かけ• バジル 乾燥 少々• 塩 少々• こしょう 少々• サラダ油 適量• 鶏もも肉は余分な脂を取り除き、皮目を包丁かフォークで穴をあけます。 フライパンにサラダ油をひき、鶏もも肉を皮目を下にして入れます。 フライパンにフタをして両面をじっくり焼き、塩、こしょうをかけます。 別なフライパンにサラダ油を入れて、にんにくとたまねぎを炒め、カットトマト缶を入れ煮詰めます。 トマト缶のフライパンにバジル、塩、こしょうを入れて味を調えます。 皿に鶏もも肉をのせ、上からトマトソースをかけて出来上がりです。 牛ステーキ肉 2枚• じゃがいも 2個• ミニトマト 4個• 塩 少々• 粒こしょう 少々• にんにく 1かけ• バター 少量• しょうゆ 好みで 少量• マヨネーズ 少量• 塩 少々• こしょう 少々• じゃがいもは皮を剥き、8等分に切ります。 にんじんは皮を剝いていちょう切りにします。 にんじんを茹でます。 じゃがいもは茹でてつぶし、にんじんとマヨネーズ、塩、こしょうを入れて混ぜます。 ミニトマトを洗います。 フライパンにバターとニンニクを入れ、好みの焼き方で牛ステーキ肉を焼きます。 塩、粒こしょうで味をつけます。 牛ステーキ肉を食べやすい厚さに切ります。 皿に牛ステーキ肉とポテトサラダ、ミニトマトを盛って出来上がりです。 好みで牛ステーキ肉にしょうゆをかけます。 冷凍むきえび 200g• マカロニ 80g• ホワイトソース缶 1缶• 牛乳 200cc• とろけるチーズ 50g• パン粉 適量• 塩 少々• こしょう 少々• バター 大さじ1• むきえびは解凍をして水気を取ります。 たまねぎはスライスします。 マカロニはパッケージの表示通りに茹でます。 フライパンにバターを入れて、むきえびとたまねぎを炒めます。 ホワイトソース缶と牛乳を入れてなめらかになるまで混ぜます。 火を止めてマカロニを入れ混ぜます。

次の

宅飲みやパーティーにピッタリ!赤ワインに合う絶品おつまみ16選

赤ワインに合う料理

赤ワインには甘口と辛口は存在しない? 白ワインには甘口と辛口とがありますが、赤ワインでは一般的に甘口とか辛口といった表現はされません。 どうしてなのか、ご存じですか? もちろん赤ワインにも甘みはありますが、赤ワインを口に含むと、苦みや渋み、酸味、コクなどが他の要素も重要な指標となります。 そのため、赤ワインについては、味の違いを「甘い」とか「辛い」と表現するのではなく、 「重い」とか「 軽い」という風に表現します。 全体の骨格や構造を指す表現と考えてください。 赤ワインはボディで表現する 赤ワインの味の違いは、「重いワイン」「軽いワイン」という風に表現しますが、赤ワインのラベルには「重い」とか「軽い」とは表記されていませんよね。 では何と表記されているかというと、「 フルボディ」「 ミディアムボディ」 「ライトボディ」と表記されています。 これが、赤ワインの味わい深さを表現するキーワードです。 赤ワインを選ぶ際は、「ボディ」をチェックして、好みのタイプのものを選びます。 それぞれの、ボディの特徴は以下のとおり。 ・フルボディ 濃厚で重みのある赤ワインのこと。 渋みが強く、コクがあり、風味も豊かです。 ポリフェノールが多く含まれていて、色も濃いものが多いのが特長です。 ・ライトボディ フルボディの赤ワインと反対で、軽やかな赤ワインのことを指します。 自己主張が強くなく、軽くて飲みやすいワイン。 渋みが少なく、見た目の色も薄いのが特徴です。 ・ミディアムボディ フルボディとライトボディの赤ワインの中間に当たる 重すぎず、軽すぎない赤ワインです。 なぜ甘口の赤ワインが少ないのか? ワイン初心者でも比較的飲みやすいと感じられるのは甘口のワインですが、赤ワインではあまり甘口のものを見かける機会が少ないと思いませんか。 白ワインには甘口のものも多いのに、赤ワインには甘口のものが少ないのはどうしてなのでしょうか? 甘口のワインを造り出す製法を確認してみましょう。 ワインの「甘口」「辛口」を決めるのが、 発酵の過程でブドウ由来の糖分がどれほどワインに残るかということ。 発酵によって糖分がアルコールに変わりますが、その発酵を途中で止めれば糖分がワインに残るので甘口のワインができるのです。 発酵を止めるために、発酵を進める働きをする酵母は取り除かれます。 このため、甘口のワインはアルコール度数が低いことが多いです。 その他にも、後から糖分を添加する方法もあります。 したがって、白ワインだけでなく赤ワインでも甘口のワインは醸造可能です。 しかし、白ワインの場合は、フルーティーな香りのワインを製造するために、 発酵温度を赤ワインよりも低く設定しています。 そのため、発酵を止めやすく、糖分をワインに残した甘口のワインも多く造られるのです。 それに対して赤ワインは、 果皮などから色やタンニンなどを充分抽出するために、白ワインよりも発酵温度を高く設定して製造します。 発酵を止められないわけではありませんが、じゅうぶんな抽出をするために、結果として、糖分がなくなるまで発酵を進めることが多くなります。 また白ワインよりも赤ワインの方が、 熟成期間が長くとられます。 酵母を取り除いたとしても、例えば樽で熟成させる場合には、糖分が高いと再発酵する可能性があります。 したがって、管理のしやすさからも糖分がなくなるまで発酵を進めることが赤ワインには多いのです。 とはいえ、繰り返しになりますが、甘口の赤ワインがないというわけではありません。 ドイルの ドルンフェルダー種や、イタリアの ランブルスコ種などの品種からは、甘口の赤ワインも造られています。 これらの赤ワインは、発酵を途中で止めて糖分を残すため、アルコールが低めのワインとなっています。 そのほかの甘口の赤ワインとして、 酒精強化ワインのような甘味果実酒などが挙げられます。 酒精強化ワインというのは、発酵の途中でブランデーなどの蒸留酒を加えることで発酵を止め、糖分を残したワインです。 このタイプの赤ワインは、アルコール度数の高い蒸留酒を加えるので、甘口でありながらアルコール度数の高いワインができます。 甘口の赤ワインの選び方 甘口の赤ワインは、 産地・ブドウの品種・ボディで選ぶのがおすすめです。 ・産地 ワインは産地によって味わいが変わります。 ドイツやイタリア、日本などでは甘口の赤ワインも造っているので、これらの産地から探してみましょう。 ・ブドウの品種 いくつかありますが、代表的なものではドルンフェルダー種があります。 色の濃い赤ワインを造るための試みの中で生まれた、比較的新しい品種です。 また、微発泡ワインの品種であるイタリアのランブルスコ種も有名です。 ほかには、キャンベルアーリー種などからも甘口の赤ワインが造られています。 ・ボディ 甘口の赤ワインは、アルコール度数が低めのライトボディのものが多いです。 甘口の赤ワインに合う料理 甘口の赤ワインに合わせる料理は、少し甘味のある食材や味付けのものがおすすめ。 塩気のきいた料理との相性も良いですよ。 ・アンチョビとオリーブのトマトパスタ アンチョビやオリーブ、ケッパーの塩気と唐辛子のスパイスがきいたパンチのあるパスタ。 甘口の赤ワインとよく合います。 スパゲッティを入れ、袋の表示時間を目安にゆでます。 耐熱のボウルにAを入れて混ぜ、ラップをかけて電子レンジ 600W で3分加熱します。 2にトマト水煮、塩を加えて混ぜ、再びラップをして電子レンジ(600W)で8分加熱します。 ゆでたスパゲッティの湯をきって加えて混ぜ、器に盛ってパセリを散らします。 ・ミートオムレツ 赤ワインはひき肉料理との相性が抜群!卵のまろやかさが加わったミートオムレツは、甘口の赤ワインと一緒にどうぞ。 塩と黒こしょうを加えて混ぜ、粗熱を取り出します。 フライ返しで卵の両端を中央に寄せるようにして形を整えていきます。 反対側も少し焼いたら器に盛ります。 もう1回も同様にして焼きます。 ソースの材料を混ぜてかけ、クレソンを添えたら完成です。 ・鶏肉の生ハム巻きソテー ワインのおつまみにピッタリのメニュー。 バジルの香りがアクセントです。 バジルの葉は1枚ずつにします。 鶏肉は食べやすい棒状に切り、Aをもみ込みます。 生ハムは大きいものは幅を半分に切ります。 生ハムを広げ、鶏肉とバジルの葉をのせて巻きます。 (生ハムの塩分があるので1巻きか2巻きにします)。 フライパンにオリーブ油を入れ、強めの中火で熱し、2とアスパラガスを加えて2分ほど焼きます。 焼き目がついたら上下を返してさらに2分焼き、レモン果汁を加えてからめます。 器に盛ったら、レモンを添えましょう。 おすすめの甘口の赤ワイン ・バック・エクストリシモ・セミドゥルセ〈赤〉(参考小売価格:税抜950円) やや甘口の赤ワイン。 濃いチェリーレッドの色が美しい、なめらかな飲み口の ワインです。 ・ランブルスコ・ロッソ(参考小売価格:税抜850円) ランブルスコ種から造られた微発泡の赤ワイン。 程よい甘みが特長です。 ・うれしいワイン〈甘口・赤〉(参考小売価格:税抜450円) ブドウの味わいが楽しめる、 フルーティーな甘さが魅力の赤ワインです。 まとめ 赤ワインは、白ワインと違って「甘口」「辛口」と表現されることがほとんどありません。 とはいえ、甘口の赤ワインもないわけではなく、いくつかのブドウの品種からは甘口の赤ワインも造られています。 こちらでご紹介したワインを参考に、甘口の赤ワインも味わってみてください。 おすすめの甘口赤ワインの購入はこちら ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします).

次の

【みんなが作ってる】 ワインに合う料理のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

赤ワインに合う料理

新卒後に飲食業で勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。 営業職を経て、現在同社の通信販売部でワインの販売、運営しています。 ソムリエの資格は受験資格を満たした後、すぐに取得済。 Instagramフォロワー数 約20,000名以上 MESHI WINEアカウントはこちらから• Twitterフォロワー数 約1,300名 実は赤ワインの煮込み料理は、皆さんが思っているよりもずっと簡単です。 こちらを読み終えたころには、 自宅にあまっている赤ワインで、誰でもすぐに美味しく作ることができます。 もし自宅に赤ワインがなかったり、どんな料理用の赤ワインを買った方がいいかわからないひとは、読み進める前に下記で解決してください。 赤ワインもあまってるし、もし簡単に作れるならやってみたい! さっそく赤ワインを使った代表的なレシピ「牛肉の赤ワイン煮込み」の作り方を紹介します。 赤ワインの用意や材料が整っている方は参考にしてください。 材料 材料は皆さんがよく聞く「ビーフシチュー」とほぼ同じようなものなので、特別になにか用意しなければいけないことはないので、気軽に作ってみてください。 ちなみにこの「コク」の定義ですが、非常に曖昧で決まった定義がいまのところはないそうです。 ですが、ただ単に味の濃い薄いだけではなく、甘味や酸味、その他のいくつもの味の成分が複雑に絡み合い、料理の味自体に厚みが出ることを一般的に「コク」というようになったそうです。 肉を赤ワインで煮込むことで、その時一緒に使う食材にはない、赤ワイン独特の風味が複雑に交わることで「コク」が出るということです。 また、深い色をだすことに関しても、赤ワインの色は他のワインにくらべで色素が濃いので、長時間煮込んだりすることで深い色合いにすることができます。 タンパク質は主に「筋繊維タンパク質」と「コラーゲン」とで分けることができ、この 「筋繊維タンパク質」の繊維に、赤ワインのもつアルコール成分が入り込むことで、肉本来持つ水分をゆっくり保つことができ、柔らかくなるという仕組みです。 要するに、水分のない肉は固くパサついたものになってしまいますので、この「水分量を保つためにワインを使う」ということだけ覚えておいてください。 また、アルコールに含まれるエタノールには、食材の殺菌効果も期待できます。 こちらに関しては下記の記事に詳しく書いているので、是非ご覧ください。

次の