乳がんアメブロ。 トリプルネガティブ

副作用の抑制方法が改善し、新たなスタンダードとして普及し始めた 乳がん患者の生存率を改善した術後補助化学療法「TC療法」

乳がんアメブロ

乳がんのステージ4とは、乳房以外の臓器にがんが転移している段階です。 乳がんが転移しやすい臓器としては、骨、肺、肝臓、脳などがあります。 転移が確認された臓器が、例えば骨だけであっても、この時点でわずかながん細胞が全身に及んでいると考えられるため、転移がある場合には基本的には完治するということは考えにくい状態となります。 がんでステージ4というと、一般的には「余命いくばくもない状態」というイメージがありますが、乳がんは進行が比較的ゆるやかなタイプも多いため、必ずしも末期的な状態とは限りません。 もちろん楽観はできませんが、最新の治療を組み合わせることで、がんと長く共存できる患者さんが増えています。 乳がんのステージ4の状態について、詳しく解説していきましょう。 専門家にインタビューしたより詳しい記事は以下からご覧ください。 乳がんのステージ4では、転移した先によって以下のような症状がみられます。 骨転移の症状 乳がんでもっとも多い骨転移では、まず転移した部位の痛みが出てきます。 最初は軽い痛みから始まりますが、しだいに強くなっていき、鎮痛剤を投与しないと日常生活に支障をきたすまでになります。 特に、背骨に転移してかたまりを作った場合、脊髄や枝分かれした神経を押し、麻痺・しびれを起こすこともあります。 また、がんが転移した骨はもろくなるため、少しの動作で骨が折れてしまう「病的骨折」も起こりやすくなります。 首の骨に転移し、骨折を起こすと、呼吸をつかさどる神経が麻痺することで呼吸ができなくなることもあり、骨を固定する手術が必要になる場合があります。 その他、骨から血中にカルシウムが溶け出すことで「高カルシウム血症」となり、便秘や吐き気、多飲多尿、意識がもうろうとするなどの症状が出る場合もあります。 肺転移の症状 乳がんが肺に転移すると、長く続くがんこな咳や、血痰、胸痛、息切れなどの症状が出やすくなります。 特に胸膜に転移すると、胸水が溜まり、呼吸困難や発熱を起こすこともあります。 肝転移の症状 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、症状の出にくい丈夫な臓器ですので、乳がんが転移しても初期のころにはほとんど症状がみられません。 しかし進行すると、上腹部痛やみぞおちの圧迫感、食欲低下、倦怠感などが現れるようになります。 また、腫瘍によって胆汁の通り道である胆管がふさがれると、白目や皮膚が黄色っぽくなる「黄疸」という症状が出るほか、腹膜に転移して腹水が溜まると、おなかがパンパンに膨れ上がることもあります。 脳転移の症状 脳転移の症状は、脳のどこに転移したかによってさまざまです。 頭痛やめまい、吐き気などをはじめ、言語障害や視覚障害、味覚障害、運動障害、人格の変化など、転移した部位によって多様な症状が起こり得ます。 ステージ4の乳がんの生存率 「全国がんセンター協議会の生存率共同調査(2016年2月集計)」によると、乳がんのステージ4の5年生存率は、33. つまり、100人中70人近くは、5年以内に命を落としてしまうということです。 ただし、この数値はがん全体のなかでは、比較的高いほうだといえます。 また、この数値は2005年~2007年の間に乳がんの治療を受けた患者さんを対象としたものですので、現在ではさらに数値が上がっている可能性があります。 実際、乳がんでは新しい治療薬がどんどん登場していることもあり、治療成績は確実に向上していますので、ステージ4で発見された患者さんでも、うまくがんと付き合いながら長く生存しているケースも少なくありません。 ステージ4の乳がんの治療法 ステージ4の乳がんでは、遠隔転移している以上、基本的に手術はあまり行なわれません。 抗がん剤やホルモン薬、分子標的薬などを使った薬物療法が中心となり、それでうまく腫瘍が縮小すれば、その後で手術ができる可能性もあります。 ただし、転移先の病巣を切除できると判断された場合は、局所コントロールのための手術が行なわれる場合もあります。 根治を目的とした手術ではありませんが、体のなかから少しでも腫瘍を減らすことで、QOLの改善が期待できます。 また、ステージ4になるとつらい症状が色々と出てくることが多いため、それを緩和するためのケアも重要になります。 たとえば、痛みに対する鎮痛剤の投与が代表的です。 痛みの程度が強い場合は、モルヒネなどの医療用麻薬が使われることもあります。 モルヒネと聞くと、「依存性がある危険な薬」というイメージを持つ人も多いのですが、実際は医師の管理のもとで適切に使用する限り、そのような心配はほとんどありません。 また鎮痛効果も高く、痛みのレベルに応じた適切な薬を使うことで、8割以上の患者さんの痛みが和らぐともいわれています。 乳がんは近年、日本女性の罹患者数が急増していることもあって、医療の進歩が目覚ましいがんの一つです。 タイプにもよりますが、乳がんは進行がゆるやかなことも多いため、がんとうまく付き合いながら長く共存できる人も増えています。 ステージ4と診断されても悲観的になりすぎず、受けられる治療は前向きに受けるようにしましょう。

次の

いつか見る夢へ・乳がんブログ

乳がんアメブロ

虎の門病院乳腺・内分泌外科部長の 川端英孝さん 早期乳がんの術後化学療法において、短期間の抗がん剤治療でも十分と予測される患者の治療法が大きく変わろうとしている。 今までは4サイクルのAC療法がスタンダードとされていたが、それに代わって新たに登場した4サイクルのTC療法が広く普及し始めた。 患者とその家族もTC療法の治療効果はもとより、副作用とその対策などについて理解を深めていくことが求められる。 術後補助化学療法として普及し始めたTC療法 最近、乳がんの手術後の補助化学療法として、抗がん剤のタキソテール(一般名ドセタキセル)とエンドキサン(同シクロホスファミド)を組み合わせたTC療法を行う病院が増えてきました。 「TC療法は4サイクルの術後補助化学療法に、タキサン系抗がん剤(タキソテール)を組み入れたことが大きな特徴です。 抗がん剤による術後補助化学療法が適切な患者さんの中でも、『短期間の抗がん剤治療でも十分』と予測される方に適した治療法です」 こう指摘するのは虎の門病院乳腺・内分泌外科部長の川端英孝さんです。 その目的は、全身に存在しているかもしれない乳がんの微小転移巣を根絶することです。 微小転移巣の根絶によって再発を抑え、治癒をめざすことが目標になります。 ノルバデックス(一般名タモキシフェン)などによるホルモン療法や、抗がん剤による化学療法、ハーセプチン(一般名トラスツズマブ)による分子標的治療などから患者の状態に即して必要なものを選び、最適な順序で治療を進めるのが基本です。 抗がん剤による術後補助化学療法はホルモン受容体などのがんの性質と、再発のリスクを考慮して適用され、さらに「強力な化学療法が必要不可欠とされ る患者」と、「短期間の化学療法で十分とされる患者」に分けられます。 「後者の『短期間の化学療法で十分』と予測される患者さんに適しているとして普及し始めたのがTC療法なのです」 これまでは4サイクルのAC療法がスタンダードとされてきましたが、4サイクルのTC療法のほうが治療効果に優れ、副作用の点でも心臓の毒性などが少ないと評価されたからです。 TC療法が注目を集めた9735試験とは TC療法が最初に注目されたきっかけは、2005年の第28回サンアントニオ乳がん学会(米国)において発表されたTC療法とAC療法の治療効果を比べる無作為化比較試験(US Oncology Research 9735試験)の報告です。 「9735試験は進行病期がステージ1~3の手術可能な早期乳がん患者さん1016人を対象に行われました。 そのうち約70パーセントがホルモン受容体陽性、約50パーセントが腋の下のリンパ節(腋窩リンパ節)などへの転移が認められた患者さんです。 手術の後、全員を無作為に2つのグループへ分け、一方(506人)に4サイクルのTC療法、もう一方(510人)には4サイクルのAC療法を行い、比較をしました」 4サイクルのTC療法は1サイクルを3週間として初日にタキソテールとエンドキサンを点滴で投与した後に休薬し、それを4回繰り返す治療法です。 4サイクルのAC療法はタキソテールの代わりにアドリアシンを点滴で投与します。 無再発生存率と生存率が有意に良好 9735試験はTC療法群とAC療法群の無再発生存率(再発が認められずに生存している患者の割合=DFS)と生存率(OS)を比較するのが主要な目的です。 加えて、副次的に副作用(毒性)の発現などの比較も目的とされました。 Jones S, et al. J Clin Oncol 2009;27:1177-1183より一部改変 「2005年の第28回サンアントニオ乳がん学会の報告では、化学療法開始から5年目の時点における無再発生存率がTC療法群は86パーセント、AC療法群は80パーセントで、TC療法群はAC療法群よりも有意に優れていたと発表されたのです」 その2年後(07年)に第30回サンアントニオ乳がん学会で報告された、より長期にわたる経過観察では、さらにTC療法の優位性が明らかになりました。 「化学療法開始から7年目の時点における無再発生存率はTC療法群81パーセント、AC療法群75パーセントでした。 TC療法群の無再発生存率がAC療法群を上回ったのは5年目の成績と同じなのですが、それに加えて生存率でもTC療法群(87パーセント)がAC療法群(82パーセント)を有意に上回ったとの結果が新たに発表されたのです(右図)」.

次の

ウィッグ事情 : 乳がんブログ

乳がんアメブロ

侵攻性で転移しやすく、予後が悪いと言われてます。 でもこれはこの3つのマーカーに反応しない、その他集団ってことであって、一括りにはできないはずだと思っています。 私の場合はどうなんだろな。 今のところ目に見える転移はないけど、増殖率高いっていうのが嫌だな。 乳腺にできたがんのくせにホルモンに反応しない、増殖率高いくせにHER2に反応しない、いったい何をエサにそんなに育ってるわけ?謎。 なんで急に病状確認してるかっていうと、原因は昨日の診察。 昨日はFEC2クール目投与から2週間目の診察でした。 絶賛骨髄抑制中で、血液検査の結果は白血球1100、好中球25%。 前回よりはマシだけど、やっぱし3日連続ノイトロジン注射の刑となりました。 腰痛ぇよ。 ・・まぁそれはいいとして、今回エコーで腫瘍の大きさ確認やるのかな?と思ってたんですが、それは来週2クール終わった時点でやりましょうと。 ちょっとガッカリ。 前回の診察時に、もしFECの効果があまりなさそうなら中止して次の薬にしましょうと言われていたので、気になって主治医に聞きました。 効果がないこともありますか?と。 「トリプルネガティブの場合、アンスラサイクリン系は効きにくいんですよね、HER2陰性だから。 あ、全員がそうってわけではないですけど。 」という返答。 そういう記事、見かけて気になってたけどやっぱりそうなの? 今も腫瘍は触って分かる大きさで、前より小さくなってるかどうか、正直分からないんです。 2クール終わって縮小が見られないなら4クールやる意味はないと私も思います。 2クールまでが一番効果が表れるはずで、そのあと劇的に小さくなることは多分ないから。 まだわからないけど、もし本当に効果がなければを前倒し、そしてその後は?前倒しで手術?それとも他の薬試すのかな。 というかが効く保障もないじゃない。 これも効かなければ?下手したら効く薬に当たるまで延々と試すことになる?ちょっと待って・・・それは嫌だ。 体が持たないがな! 標準治療に乗っかって、半年やって腫瘍を小さくして手術+治療。 納得した上での治療プランでした。 が効いてくれることが前提ですよ。 なのにどうしよう、揺らいできた。 いや、まだ来週まで分からないし、主治医と相談すればいい話だけど、でも。 うぅー何が最善なんだろ・・・。 hanauta45.

次の