パクソジュン 筋肉。 サムマイウェイ再放送予定2020年!放送決定!パクソジュンの筋肉美がやばい

腹筋はパク・ソジュン、肩はコン・ユ、太ももはイ・ジョンソク…男性の「理想のカラダ」を発表

パクソジュン 筋肉

Contents• U-NEXTの登録方法と解約方法については画像を交えて別記事で紹介しています。 詳しくは下記よりご覧ください。 パクソジュンさんが 俳優を目指すきっかけとなったのは中学校3年生の頃に「アニメーションサークル」に入ったことだったようです。 それまでは野球選手になるのが夢だったそうですよ。 意外ですよね。 中学校を卒業して、高校に入学すると俳優への夢を実現させるために「演劇学院」に通うようになりました。 高校時代で既にスカウトの経験もあったそうですが、スカウトされた芸能事務所へ母親と向かうと金銭を請求されたそうです。 パクソジュンさんに本当に興味があるとしたら、金銭は請求されないと思いその場で辞退したこともあるそうです。 俳優を夢見ていて、スカウトされているのに冷静に判断できるってカッコイイですよね! 高校卒業後は「ソウル芸術大学(演技科)」へ進学しました。 進学してすぐに兵役を終えているので、パクソジュンさんは芸能界へ入る前に兵役を済ませていたようですね。 兵役を終えたその翌年に芸能事務所「キーイースト」と契約しています。 パク・ソジュンの代表作(映画)• パーフェクトゲーム• 悪のクロニクル• ビューティー・インサイド• リアル• ミッドナイト・ランナー• Be With You ~いま、会いにゆきます• パラサイト 半地下の家族• 使者 2018年7月からはパクソジュンさんを見つけ、そして育ててくれた10年来のマネージャーと共に「Awesome ENT」という事務所へ移籍しています。 今ノリに乗っている韓国のラブコメ神「パク・ソジュン」。 ) 魔女の恋愛:2014年 仕事一筋のオトナ女子に年下男子が猛接近!トキメキ度120%のラブコメディ 39歳独身のジヨンは有能な熱血記者。 ある日、25歳のバイト青年ドンハと最悪の出会いを果たすが、なぜか彼と同居することになってしまう。 最初は衝突する2人だったが、ドンハはジヨンの純粋さに惹かれ、彼女にアプローチを開始。 ジヨンの心も揺れ始め… 「魔女の恋愛」ストーリーより 大ヒット台湾ドラマ「敗犬女王」をリメイクした作品です。 韓国のラブコメ女王「オム・ジョンファ」と繰り広げられる恋が…ん~~最高にドキドキしちゃう!パクソジュンさん演じる役が純粋過ぎて胸キュンです! 彼女はキレイだった:2015年 「キルミー・ヒールミー」のパク・ソジュンとファン・ジョンウム主演のラブコメディ 子供の頃は美人で優等生だったが、成長して残念な容姿になってしまったヘジン。 そんなある日、彼女の下に、子供の頃いじめられっ子だった初恋相手・ソンジュンから1通のメールが届く。 15年ぶりに彼と会うことになり、胸を躍らせるヘジンだが…。 「彼女はキレイだった」ストーリーより パクソジュンさんの出世作!見ていて心が温まるドラマで、見ていて楽しいです。 胸キュンポイントとしては、主演の「パク・ソジュン」「ファン・ジョンウム」に加えてSUPER JUNIORのチェ・シウォン、カリスマファッショニスタのコ・ジュニが織りなす男女4人の恋模様。 笑って泣けて…の最高傑作なので、ソジュンファンは見て損なし! 花郎(ファラン):2017年 新羅時代のイケメンエリート男子の姿を描いた青春本格時代劇 親友・マクムンを何者かに殺されたムミョンは、マクムンの父から息子を殺した者の正体を明らかにして欲しいと懇願される。 頼みを引き受けたムミョンはマクムンの本名・ソヌの身分証を受け取り、ソヌとして青年組織・花郎で訓練を受けながら犯人を探っていく。 「花郎<ファラン>」ストーリーより ファランの見どころは何といってもイケメン揃いなところ!パク・ソジュン、ミンホ達が男の友情を築いていく姿に胸キュンすること間違いなし!!更に キュンキュンポイントとして三角関係やめちゃくちゃカッコイイ剣術アクションなど見逃せないシーン満載です! サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~:2017年 アラサー男女のじれったい恋模様とリアルな現実を描くラブコメディ テコンドーをやめ、ダニ駆除の仕事に就いたドンマンと、アナウンサーの夢を諦め、デパートの案内係をしているエラ。 20年来の幼馴染みの2人は、かつての夢をもう1度目指そうと決意する。 そんななか、2人の前にそれぞれの元カノと新カレが現れ…。 「サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~」ストーリーより パクソジュンと言えば「筋肉」が凄いと有名ですよね!?このサム、マイウェイでは格闘技選手を演じているパクソジュンさん。 鍛え上げられた肉体(筋肉)や、飾り気のない直球ド・ストレートの愛情表現に胸がキュン!! テンポ良く進むストーリーで見やすく、更にはキャラクターが魅力的なので「サム、マイウェイ」の世界観に引き込まれたら…一気見しちゃうかも!? キム秘書はいったい、なぜ?:2018年 ツンデレ御曹司と敏腕秘書の甘い恋の駆け引きを描くシンデレラ・ラブコメディ 容姿、頭脳共に完璧だが超ナルシストな大企業の副会長・ヨンジュンは、退職したいという秘書・ミソを引き留めるべく、渾身のプロポーズをするも失敗。 そんななか、ヨンジュンの兄で人気作家のソンヨンがアメリカから帰国し、ミソにアプローチし始める。 まとめ いかがでしたか。 今回は韓国で大人気俳優のパクソジュンさん主演のドラマを5つ紹介しました!.

次の

パク・ソジュン

パクソジュン 筋肉

概要 [ ] 本名はパク・ヨンギュ(박용규)。 家族構成は父・母・弟2人。 中学生までは野球選手が夢だったが高校1年生の頃から俳優を夢見るようになり、演技科へ進学。 在学中に軍務を終え(2010年5月に除隊)のマネージャーとの縁からキーイーストと契約、同事務所の「新人1号アーティスト」となる。 会社との契約後、1年間は自分の期待と違い本当に大変な時期だったと告白。 2011年、パン・ヨングク()のミュージック・ビデオ「I Remember」に出演しデビュー。 2012年、ドラマ『』で本格的な演技活動を始める。 趣味はパソコンゲーム、野球(現在、プレーボーイズ(韓国芸能人野球チーム)に所属)。 特技は掃除。 人物 [ ] 芸能界に友人が多く、なかでも俳優の、、BTS()の(キム・テヒョン)、シンガーソングライターのPeakboyとは、日頃から「ウガウガの会」の仲間として、旅行に出掛けたり互いの家でパーティーを開くなど、特に親しく交流している。 2013年• 2014年• 演技大賞:ニュースター賞(温かい一言)• 第12回ヘラルド東亜ライフスタイルアワード:ベストスタイル賞• 2015年• ファッショニスタ・アワーズ:TVファッション部門()• MBC演技大賞:ミニシリーズ部門 男性優秀演技賞、10大スター賞、男性ネチズン人気賞(/彼女はキレイだった)• MBC演技大賞:ベストカップル賞(キルミーヒールミー)• 第36回:人気スター賞()• 2017年• 第54回:新人男優賞()• 第37回韓国映画評論家協会賞:新人男優賞(ミッドナイト・ランナー)• 第6回韓国映画俳優協会 スターの夜授賞式:韓国映画人気スター賞(ミッドナイト・ランナー)• 第2回アジア・アーティスト・アワーズ:俳優部門 ベストスター賞、ファビュラス賞()• :ミニシリーズ部門 男性優秀演技賞、ネチズン賞、ベストカップル賞(サム、マイウェイ)• 2018年• 第9回今年の映画賞:新人男優賞(ミッドナイト・ランナー)• 第13回ソウル・ドラマ・アワーズ:韓流ドラマ男性演技者賞(サム、マイウェイ)• 第6回アジア太平洋スターアワーズ:中編ドラマ部門 男性最優秀演技賞()• コスモ・ビューティー・アワーズ:今年の輝く美しい偶像賞• 第8回韓国観光の星授賞式:観光貢献者分野 功労者部門• 2019年• 第13回:AFAライジングスター賞(キム秘書はいったい、なぜ? ) アルバム [ ] 年度 アルバム 2012 OST 〈New Dreaming〉 with JB 2014 OST 〈내 맘에 들어와〉 2015 OST 〈너를 보낸다〉 OST 〈먼 길〉 2017 花郎 OST 〈서로의 눈물이 되어〉 MV [ ] 年度 ミュージックビデオ 2011年 パン・ヨングク 『I Remember』 2014年 더원 the One 『하나둘셋넷』 2017年 キム・ジス 『Dream All Day』 MC [ ]• 2014 演技大賞 CM [ ]• 2013 Olleh KT• 2013 地球への愛公益広告• 2014 UNIONBAY その他 [ ]• 2014 善良な図書館建設広報大使(視覚障害児童のための図書館建設プロジェクト) 脚注 [ ] []• コンテンツY公式• Kstyle 2018年7月9日記事• NAVER記事• キーイーストの所属事務所1号俳優パクソジュン、よちよち歩きからランニングまで• キーイースト公式• 日本公式• 朝鮮語. TV REPORT. 2012年1月16日. 朝鮮語. TV REPORT. 2014年7月1日. Kstyle. 2014年11月3日. Kstyle. 2017年6月28日. Kstyle. 2016年11月29日. Kstyle. 2018年3月16日. Kstyle. 2019年1月17日. Kstyle. 2018年8月17日. 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

パク・ソジュン、年下の彼氏にしたいNo.1!2019年ドラマで引っ張りだこ!

パクソジュン 筋肉

芸名にした理由は?本名は? 本名はパクヨンギュ 박용규 さん。 大学在学中に兵役を終え、24歳(韓国年齢)でデビューしたものの、オーディションは落ちてばかりでなかなかうまくいきませんでした。 そんな時芸能界ではよくあることですが、「名前を変えたらどうだろうか?」とパクソジュンさんも思ったようです。 たいがいは作名所へ行き作名士が占いで決めるのですが、パクソジュンさんの場合は自分で考え、それを作名士にみてもらいOKを出されたというケースだそうです。 本名も改名したの? 韓国では芸名で活動していて、本名まで改名する人が時々います。 さんがそうですね。 パクソジュンさんは本名までは改名していません。 今も家ではヨンギュと呼ばれているとのこと。 韓国で「ソジュン」という名前は洗練された都会的な、いまどきなイメージがあります。 いかにも現代的な名前で、ソジュンというおじいさんはまずいないでしょう。 対して、ヨンギュというとすごく庶民的な、全然あか抜けない感じの、おじさん、おじいさんにもいそうなお名前なのです。 そのため 「近所のお兄さんみたいな親近感ある本名を持つスター」に選ばれたことがあります。 そして 「いつでもどこででも自信を持ってお見せできるようにする、というのが俳優としての役割だと思う」 と語っています。 キム秘書がなぜそうか、のタイトルになぞらえて「パクソジュンの体つきはなぜそうか」というパロディ記事もありました(笑) 映画「ミッドナイトランナー」の時は役作りのために、主にウェイトトレーニングをやり、アクションスクールで柔道も習ったそうです。 2019年1月のさんのインタビューで 「私が通っているジムがパクソジュンさんと同じところなんです。 同い年だけど、彼は学校の先輩だからお互い敬語使う仲で。 osen. kr参考) とのことで、パクソジュンさんがミルクシスルを愛用していることがわかりました。 ミルクシスルとは肝臓に効き目があると言われるハーブです。 どのメーカーまでは特定されていないのですが、楽天でも売っています。 筋肉のための食事は? 体を作るために 「朝起きてすぐ、さつまいもを食べる。 2時間ごとにさつまいも、鶏の胸肉を食べる。 」 とのこと。 「時々オレは何をやってるんだろうってすごく苦痛になる時もある。 運動を始めたら3週間は耐えなければならない。 そうすれば体のリズムができて継続できるようになる。 ピラティスも時々やるけど、すごくいい」 やはりすごく苦痛な瞬間がたくさんあるんですね。 2017年のインタビューで 「運動を始めて8年目ですでに習慣となった」と話していて今では運動しないほうが体の調子が悪くなるのだとか。 ストレッチをたくさんして、汗を流すことで一日を気分良く過ごすことができるんだそうです。 スポンサーリンク パクソジュンの性格は真面目? パクソジュンさんは、たびたびインタビューでご自身の性格について「人見知り」だと語っています。 子供時代は恥ずかしがりやで消極的だった、人見知りをどうにかしたいけど天性のものだ、と。 しかし、俳優になってからは自分から先に近づいていくようにし、 「打ち解けるために冗談もよくいいます。 」 と話しています。 またご自身の最大の強みは「忍耐」だそうです。 目標に向かって、簡単にあきらめずできるところまで頑張る。 そんなところが自分をぶれることなく俳優を続けてきた原動力になっているのだとか。 実は無名時代はルックスのことをたくさん指摘されていたようです。 「自分の顔がコンプレックスでした。 見た目のことでたくさん指摘されて、この道は自分に正しいんだろうか、いつも悩んでいました。 そんなコンプレックスを作ってくださった方々が今は私に見た目がいいと言ってくれるんですよ。 (笑)その方に今は感謝しています。 絶えず努力できたのはその方々のおかげだから。 以前は話し方も今よりはるかにどもりがちで、子供っぽく、男らしくないと言われたこともあります。 そのような部分を直そうと努力したので今の自分になることができたと思います」 大変な努力家なんですね。 そしてパクソジュンさんを調べていくとよく出てくるキーワードが「責任感」 「撮影現場の雰囲気はいつもよくなければいい作品は作れない、主演として自分がその雰囲気を作ってリードする責任があると思う」 (2015年魔女の恋愛インタビュー) 責任感が強いあまり、反省が多いようです。 「キム秘書がなぜそうか」で演じたナルシストのイ・ヨンジュン役によって、パクソジュンさん自身の性格にも影響したとのこと。 「自分の行動や結果について、足りなかった部分ばかり考えている。 だからいつも悲観的で冷静になる。 ところが、イヨンジュンというキャラクターは自分自身を愛している。 私はこれまで自分をほめるということをしてこなかった。 」 イヨンジュン役との出会いにより、自分に厳しすぎる性格を省みるようになったとのことです。 礼儀正しくて、人柄がめっちゃよかった とのことです。 スタッフや共演者に評判がいいというのは、本当のようですね。 今もその気持ちは変わらないけど、座右の銘というほどではない。 特に座右の銘っていうのもない。 あるときから、言葉に縛られたくないと思うようになった。 以前は自分はいつも正直で正しい人間でなければいけない、と思っていて、そうすると行動に制約がかかる。 犯罪を犯すわけでもないのだから、楽に過ごせるように座右の銘というのは決めないことにした」 責任感が強いことはいいことですが、そのあまりに自分で自分を苦しめているのではないか、30代はもっと肩の力を抜いていこうと思っているようでした。

次の