ご留意 意味。 「ご留意ください」の意味とビジネスメールでの使い方と例文集

「留意事項」とは?意味や言い換え!例文と解釈

ご留意 意味

「留意事項」とは? 「留意事項」を分解して解釈• 「留意事項」の表現の使い方• 「留意事項」を使った例文と意味を解釈• 「留意事項」の類語や類義語・言い換え 「留意事項」とは? この表現は心に留め置かれたい事柄、という意味になります。 ビジネスシーンなどでもよく見かけるのではないでしょうか。 簡単に言えば 「気をつけないと悪い状況になる」という意味でありますが、 「注意事項」という表現の方が悪い状況になるというニュアンスが強いため、 「留意事項」という表現の方が当たりが柔らかくなります。 そのため、ビジネスにおいては目上の人などと話をする時、 「留意事項」という表現が使われることが多いと考えられています。 例えば 「以下の『留意事項』をお読みください」などと表現できます。 「留意事項」を使った例文1 「以下が 「留意事項」になりますので、覚えておいていただけますようお願いいたします」 「留意事項」はしっかりと目を通しておかなければいけません。 覚えておかなければいけないこと、忘れてしまったらミスにつながりかねないこと、などが書かれていますのでしっかりと見ておく必要があります。 例えば避難訓練をする時など、教師たちはどのように動いたら良いのか、子供たちにどのように声かけをしたら良いのか、何か緊急の事態が起こったときはどうするか、などということを留意しておかなければいけないですよね。 避難訓練だからといって気を抜いてはならず、本番と同じように教師たちが動かなければいけません。 そのような内容が書かれている箇所は 「留意事項」になります。

次の

「留意」の意味と使い方とは?類語・注意との違いや例文も解説

ご留意 意味

「留意」の意味 「留意」は「ある物事に心をとどめ、気をつけること」と言う意味です。 「りゅうい」と読みます。 ある物事を心に留めて気にしておくわけです。 「意」つまり「気持ち」に「留める」と書きますので、文字通りの意味ですね。 「留意する」などの形で使われることが多いです。 例文で使い方を確認しておきましょう。 「留意」の例文• 服装に留意する。 健康に留意する。 納期や予算について留意しながら仕事をする。 いずれも、 そのことを心にとどめて常に気にしながら何かを行ったり生活したりする、というような意味であることがお分かりいただけると思います。 「注意」の意味 「注意」は「気をつけること、気を配ること」「警戒すること、用心すること」という意味です。 また「忠告する」という意味でも使われます。 「注ぐ」と「意」という漢字でできている言葉です。 気持ちや意識を、ある物事に集中して「注ぐ」というイメージですね。 日常的に使っている言葉だとは思いますが、例文で確認しておきましょう。 「注意」の例文• 細心の注意を払う。 歩行者の飛び出しに注意する。 あの人の言動には要注意だ。 「留意」と「注意」の違い さて、「留意」も「注意」も、「気をつける」という意味ですね。 「留意」と「注意」は類語の関係にあります。 では、この二つの違いはどういった点になるのでしょうか。 まず、 「留意」というのはある物事を「心に留めておく」ことです。 そして 「注意」は「気を配ったり警戒したりする」ことです。 つまり、 「留意」は何かをしている間、日常的になど、ある程度長い期間何かを心にとどめて気にしておく、という意味です。 それに対して 「注意」は、神経を集中させて特に気をつけたり、危険に対して用心する、という意味です。 「注意」の方が危機的な状況に対して使うと考えるとわかりやすいでしょう。 「留意」は「注意」ほど集中して気をつけるのではなく、心にとどめて気にしておく程度の気をつけ方です。 「留意」の方が、気をつける対象が抽象的だったり継続して行うことだったりします。 「注意」の方が具体的なことや短時間または瞬間的なことに対して使われます。 例文で違いを確認してくださいね。 【留意の例文】• 健康に留意してください。 (今は病気ではありませんが、健康状態に気をつけながら過ごしてください)• 栄養バランスに留意して毎日のメニューを選ぶ。 朝晩と昼間の寒暖差がありますので、服装にご留意の上お越しください。 【注意の例文】• 健康に注意してください。 (病気の疑いがあるので、受診するなどして早めに対策をとってください)• 飛び出し注意!• 車に注意して横断する。 オレオレ詐欺に注意してください。 「注意」のほうが警戒の意味合いが強く、ちゃんと気をつけないと危険な目にあうなど、悪い状態になるということがお分かりいただけると思います。 「留意事項」とは? 「留意」はビジネスシーンでは特に「留意事項」という形でよく使われます。 「留意事項」の意味としては、「心に留めおかれたい事柄」ということになります。 似た言葉に「注意事項」もありますが、「留意」と「注意」の違いを考えるとわかるように、「注意事項」のほうがより「気をつけないと悪い状況になる」という意味合いになります。 ですので、 ビジネスの場では目上の方やお客様にも失礼に当たらないよう「注意」よりも柔らかい表現である「留意」を使うことが多いのです。 【例文】• サービスご利用にあたっての留意事項• 以下のご留意事項をお読みの上お申し込みください。 職員募集・採用にあたっての留意事項 まとめ 「留意」と「注意」の違いについてご説明いたしました。 これまで「留意」と「注意」を気にして使い分けていなかったという人も多いかもしれません。 ですが、意味の違いがありますので、特にビジネスシーンで使う際は誤解のないように正しい言葉を使っていきたいですね。 ぜひ参考になさってください。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の

ご留意の意味とは?健康・体調にご留意ください等の使い方・例文も

ご留意 意味

「留意」の意味をわかりやすく整理すると、「気をつけること」「注意」に分けられます。 「健康に留意する」や「服装に留意する」といった代表的な表現を考えると、イメージが浮かびやすいでしょう。 また、「留意事項」といった言葉もあります。 これは「注意事項」とほぼ同じ意味で、「気をつけるべき事項」「注意するべき事項」という意味があります。 一方、「留意」の正確な意味は「ある物事に心を留めて気をつけること」「注意」となり、ただ「気をつけること」というわけではありません。 ただ、「心を留めて」の意味がわかりづらいので、まずは「気をつけること」「注意」というイメージを持っておいてください。 「心を留めて」の意味は、以下で詳しくご紹介します。 「留意」が持つ「心を留める」の意味は? 「留意」を敬語表現にすると「ご留意」となります。 特にビジネスシーンでしばしば使用されるので、きちんと意味を知っておきましょう。 「ご留意」は、「ご留意のほどよろしくお願いいたします」といった表現で使用されます。 もっとシンプルな例では、「ご留意ください」という表現もあります。 「ご留意ください」は、「気をつけてください」「注意してください」を丁寧した表現です。 例えば「お体にご留意くださいませ」といった表現で使用されます。 「ご留意」は敬語表現として、相手に対して敬意を示すことができます。 「ご」というのは尊敬・謙譲・丁寧を表す敬語表現ですが、「ご留意」の場合は尊敬語または丁寧語として考えることができます。 尊敬語とは? ここで、敬語について整理してみましょう。 「ご留意」の「ご」は尊敬語または丁寧語となりますが、まずは尊敬語となる仕組みをご紹介します。 尊敬語は、動作をする人 動作主 を敬う言葉です。 例えば「おっしゃる」という尊敬語がありますが、「おっしゃる」は「言う」の尊敬語で、「言う」という動作をする人を敬います。 「彼がおっしゃる」であれば、「言う」という動作をする「彼」を敬うことができます。 同じように、「ご留意ください」という表現を考えてみましょう。 この場合、「留意」という動作をするのは相手です。 ここで「留意」を「ご留意」と表現することで、「留意」という動作をする人、つまり相手を敬うことができます。 動作をする人を敬うので、「ご留意」の「ご」は尊敬語になるという仕組みです。 丁寧語とは? 「ご留意」は、「ご」を丁寧語として考える場合もあります。 丁寧語とは、話の相手を敬う言葉です。 例えば「です」「ます」は丁寧語ですが、会話を「です・ます」調にすると、相手に対して丁寧な印象があります。 これは「です」「ます」という丁寧語が、話の相手を敬うからです。 「ご」が丁寧語になる場合、名詞の前に置かれます。 例えば「ご飯」「ご用」「ご無用」など、「ご」を名詞の前に置くと丁寧な表現になります。 「ご留意」も同じように考えると、「留意」という名詞の前に「ご」が置かれているので、丁寧語として考えることができます。 一方で、先ほど例に挙げた「ご留意ください」の場合、「ご」は尊敬語として考えるとわかりやすいでしょう。 「留意」は名詞ですが、「ご留意ください」は「留意」という動作として考えることができます。 そして「ご留意」の「ご」を、動作をする人を敬う尊敬語として考えると、イメージしやすいでしょう。 「ご留意」が謙譲語になる例はあるか? 「ご」は尊敬・謙譲・丁寧の全ての意味がありますが、「ご留意」の「ご」は、一般的には尊敬語または丁寧語となります。 謙譲語の仕組みについても、整理しておきましょう。 謙譲語は、動作の対象を敬う言葉です。 尊敬語のように動作をする人を敬う言葉ではありません。 例えば「言う」の謙譲語に「申し上げる」という言葉がありますが、「私が申し上げる」と表現すると、「言う」という動作の対象、つまり言われる人を敬います。 ここでは、「言う」という動作をする「私」を敬うことはありません。 謙譲語は、基本的に自分の動作について表します。 自分の動作をへりくだって表現することで、自分を下の立場として示し、その動作の対象、つまり相手を敬います。 しかし、「ご留意」の場合は「ご留意ください」といった表現が多いため、「ご留意」を相手の動作として表現します。 つまり「ご留意」は謙譲語としてではなく、尊敬語として使用される例が一般的です。 「留意」の使い方は? 「注意」が持つ「警戒」や「相手に向かって気をつけるように言うこと」という意味は、「留意」とはニュアンスが異なります。 「留意」の意味には「注意」も含まれていますが、「警戒」や「相手に向かって気をつけるように言うこと」の意味とは違います。 「注意」が「相手に向かって気をつけるように言うこと」を意味する場合、「彼に注意された」といった表現があります。 ここで「留意された」とは言いません。 「留意する」は「気をつける」という意味があるだけで、他人に気をつけるように「言う」という意味ではありません。 また、「警戒」も「留意」とはニュアンスが異なります。 「警戒」は「用心」という意味で、「留意」が持つ「気をつけること」よりも強い意味です。 「留意事項」「警戒事項」といった表現を比較すると、イメージしやすいでしょう。 「警戒」は「留意」だけでは足りず、さらに用心する必要があることを意味します。 敬語表現もおさえてビジネスマナー向上へ 今回は「留意」の意味や使い方、敬語表現、例文などをご紹介しました。 「留意」は「ある物事に心を留めて気をつけること」「注意」という意味があります。 「留意事項」や「留意する」といった表現を見ると、イメージが浮かびやすいでしょう。 一方で、「注意」とはニュアンスが異なる場合があるので、使い分けを整理することも大切です。 また、「留意」はただ「気をつけること」という意味ではありません。 「ある物事に心を留めて気をつけること」を意味するので、「注意して気をつけること」「気にかけて 心配して 気をつけること」というニュアンスをおさえておきましょう。 「留意」はビジネスシーンでも使用されるので、敬語表現も知っておくことが大切です。 ビジネスマナー向上のためにも、「留意」の意味や使い方をおさえ、活用してみてください。

次の