美奈子 毒親。 親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本 (こころライブラリー)

【ノンフィクション】美奈子のばっくれ長男シオン!新漂流家族の感想

美奈子 毒親

毒親とは、子供にとって毒となる存在の親を意味します。 親が子供に与える影響は甚大ですが、子供の人生に多大な悪影響を与えるのが毒親の定義です。 厄介なのは、毒親ほど自分が子供にとって毒になっている自覚がない点です。 毒親ほど、「あなたを愛しているから」「どれほどあなたのために自分を犠牲にしているか」と、自分の言動の根底に、子供への愛があると主張します。 幼少期から毒親に苛まれると、ある意味洗脳状態になります。 外の世界に出たときに、「うちの親は普通じゃない」と気付いても、長い年月によって植え付けられた「子供は親に従順であるべき」という価値観を払しょくできず、逃げたいのに逃げられなくなってしまうのです。 何年にもわたる精神的支配は、親子関係だからこそ成せる業。 だからこそ、毒親の問題は非常に根深く、1人だけで解決しようとしても抜け出せない難しい問題です。 過干渉タイプの毒親の根底にあるのは、子供への深い愛情です。 「子供に素晴らしい人生を送ってほしい」と、心から願っています。 そのためには、どんな努力も惜しみません。 子供に多くの習い事をさせ、子供を脅かすと認識した存在を遠のけ、子供の評価を高めようと必死になります。 ここで問題なのが、過干渉タイプの毒親の「子供の評価=親の評価」という考え方です。 「まだ経験の浅い子供が、自分の考えだけで正しい道を選べるはずがない」と思い、自分の経験や知識を惜しむことなく子供に与えて導くのが当然と考えています。 子供の人生が幸せか否かは、親の行動で変わると思っているのです。 そのため、子供の評価が低くなるような出来事が起こると、自分を責めてしまいます。 「このままではいけない」と自分を追い詰め、子供を成長させようと必死になるあまり、子供が負担に感じていることに気付けません。 だから「あなたのためを思っているのに、なぜわかってくれないの?」という発言につながるのです。 高学歴が多いのも、支配型タイプの毒親の特徴です。 「学歴は人生を豊かにする」という信念があり、非常に教育熱心な親になります。 普通の教育熱心な親と毒親の違いは、子供の好き嫌い、得意不得意を考慮せず、自分のやり方を通していれば、子供の人生は豊かになるのだと信じて、子供に様々な課題を強要する点です。 「自分だってできたのだから、我が子にもできるはず」と、融通の利かない思考を持っています。 毒親の教育熱心さは、教育虐待につながりやすいのも特徴です。 支配型タイプの毒親は自分が与えた課題を子供がクリアできないと、激しく罵倒したり、睡眠時間を削って長時間勉強させたりします。 子供が学歴とは関係ない職業になりたいと思っても、支配型タイプの毒親は一切認めません。 毒親は毒親に育てられているケースが多いです。 自分の親が行った育児方法が、自分の育児指針に無意識になっているのです。 育児という未知の世界を、全くのオリジナルで開拓するのは難しく、自分の経験、すなわち毒親の育児方法に倣ってしまい、毒親の連鎖が発生してしまいます。 毒親に育てられた大人は、健やかな愛情表現がわからないのです。 父親か母親どちらかが、まっすぐな愛情を受けて健全な精神で育っていて、かつ育児に積極的に参加してくれれば、簡単には毒親の連鎖に陥りません。 しかし、夫婦仲に問題があると、精神的に不安定になり、すがれるのは自分の記憶のみ。 毒親的な言動を子供にとってしまいます。 毒親のタイプはさまざまですが、孤独感が強いのが特徴です。 毒親と子供の関係が良好なはずはなく、親も苦しんでいます。 だけど、誰も助けてくれない孤独感から、共依存のような関係に発展してしまうのです。 あなたの親は毒親?次の問いに「はい」か「いいえ」でお答えください。 「はい」が多いほど毒親度は高まります。 ・「あなたのため」と良く言われた ・「口答えするな」とよく言われた ・一方的に叱られることが多かった ・周囲と良く比較されてはダメな子呼ばわりされた ・友達関係に度々口出しされた ・自分の意見は常に否定された ・褒められた記憶がほとんどない ・何をしてもダメ出しばかりされた ・親から勉強をノルマとして課せられていた ・自分の進路なのに親が勝手に決めた ・恋愛に対してのチェックが厳しく恋人の存在を隠さなければならなかった ・無断でスマホチェックを何度もされた ・必要最低限のものも買い与えられなかった ・親は自分に無関心だった ・親が情緒不安定で、家庭内では常に気を遣わなければならなかった ・親にすがられ、自分の予定を何度もキャンセルした ・親からの暴言は日常的だった ・親から暴力を何度も受けた 毒親への対策は、とにかく逃げるのが基本です。 毒親と向かい合って親子関係を良くしようと思ってはいけません。 どんな形であれ、毒親と関われば関わるほど、あなたは一方的に傷つけられてしまいます。 ですので、まずあなたがやるべきは、毒親と物理的に距離をとることです。 最も手っ取り早いのは、毒親が簡単には訪れることができない遠方への引っ越しです。 しかし、仕事や経済的理由で、いきなり引っ越しが難しい場合もあるでしょう。 今は同じ家に住むしかない状況ならば、生活リズムをずらしたり、自分の部屋の環境を整えたりして、可能な限り顔を合わせないようにしましょう。 外に出る予定を入れて、家そのものにいる時間を減らすのも大切です。 毒親はあらゆる手段を使って子供とつながろうとします。 無関心タイプの毒親でも、経済的支援を子供から得るために、放任にはなりません。 自分のために子供の情報を把握し、都合よくコントロールしようと画策します。 そのため、あなたは毒親に対して秘密主義に徹するべきです。 自分の情報は可能な限り親に渡さないようにしましょう。 子供のころから親の指示に従うよう育てられているため、質問には反射的に答えそうになるかもしれません。 だけど、情報を渡せばあなたは毒親の支配から逃げられなくなります。 強い意志を持って、毒親の質問をはぐらかしてください。 別々に暮らしているなら、「忙しいから」と理由をつけて、連絡があってもすぐに切ってしまいましょう。 一緒に暮らしているなら、その場を立ち去り自室か家の外に出るのが良いでしょう。 毒親はしきりに「愛」という言葉で、子供の罪悪感を刺激して支配しようと企てます。 だけど、毒親の語る「愛」とは、自己愛そのものです。 自分のために子供を愛しているつもりになっているだけ。 子供の自由を尊重できない理由を「愛」にすり替えているだけなのです。 子供は無条件に親からの愛情を欲します。 だから、あなたも「愛」という言葉を出されると、毒親でも無下にできない気持ちになるでしょう。 また、「本当に自分を愛してくれるかも」というわずかな希望にすがり、毒親の要求に応えたくなるかもしれません。 しかし、毒親が簡単に変われないのは、経験からあなたも熟知しているはずです。 今まで毒親がどのように「愛」を語ったのか、よく思い出してください。 そして、もう二度とその言葉に惑わされないようにしましょう。 毒親があなたに老後の面倒を見させようと考えていた場合、あるいは金づるだと思っていた場合、あらゆる手段であなたの引っ越し先を探そうとします。 探偵や興信所を利用する可能性も高いです。 毒親に居場所を知られないようにする対策として、引っ越し先の住民票と戸籍に閲覧制限をかけましょう。 総務省ではDV等支援措置として、以下のような対策をしています。 以下法務省公式ホームページから引用 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 1 DV等支援措置の目的 DV等被害者の方を保護するため、住民基本台帳の一部の写しの閲覧(住民基本台帳法(以下「法」といいます。 )第11条、第11条の2)、住民票の写し等の交付(法第12条、第12条の2、第12条の3)及び戸籍の附票の写しの交付(法第20条)について、不当な目的により利用されることを防止します。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 参照:法務省公式ホームページ 申請は、住民票のある役所に「住民基本台帳事務における支援措置申」提出にて行います。 1年間の期間が定められていますが、申請すれば延長が可能です。 毒親との絶縁方法を解説していますが、民法第877条では、親子、兄弟姉妹はお互いに扶養することが義務付けられています。 以下民法から引用 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 第八百七十七条 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。 2 家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。 3 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 残念ながら、法的に毒親と絶縁する方法はありません。 あなたが毒親から遠く離れても、経済的に毒親が困窮すれば、あなたのところに扶養義務の連絡が入るかもしれません。 しかし、扶養は努力義務であり、放棄しても罰則はありません。 毒親から心理的に完全絶縁するために、金銭的援助を一切しないと決意しましょう。 毒親はどこまでも付け上がります。 あなたがお金を出すことがわかれば、再びあなたの人生を脅かすでしょう。 あなたの親が毒親だと気付き、自分の人生をダメにされたと感じたとき、強い憤りと憎しみを感じるかもしれません。 場合によっては、「今まで自分を苦しめた復讐をしてやりたい!」という気持ちになるでしょう。 しかし、毒親への復讐を果たしたとしても、あなたの心は救われません。 なぜならば、あなたが本当に望んでいるのは、親からの真っ当の愛だからです。 毒親があなたの理想の親となる可能性は限りなく低く、復讐を果たしても、本当に欲しい愛情は決して手に入れられないことがわかるでしょう。 復讐への執念を燃やしているときは、それが生きるパワーになりますが、目的を果たした後に残るのはむなしさです。 あなたの心を救うには、一刻も早く毒親から離れて、自分の人生を自由に生きること。 親から得られなかった親愛と信頼の関係を、別の誰かと築けば良いのです。 毒親と絶縁して連絡を絶てば、その後の末路はわからなくなります。 あなたとしては、「少しは自分の行いを反省しているだろうか」「落胆しているだろうか」と思いたいところでしょう。 しかし、毒親ほど子供への愛情を盾に取ることを忘れてはいけません。 一方的に我が子から絶縁された毒親は、悲劇のヒロイン状態に陥ります。 「私の愛がわかってもらえなかった」と、自分の不幸に対して感情を高ぶらせ、周囲からの同情をひこうとします。 あなたからの経済的援助を必要としない場合、「一生懸命育てたのに、なんて親不孝な」と、絶縁後もあなたを責め続けるでしょう。 あなたに経済的負担をかけていた毒親の場合はどうでしょうか。 この手の毒親はとにかくしぶといのが特徴です。 金づるであるあなたを失った後は、さまざまな方法で自分の生活を保とうと必死になるでしょう。 当てがなければ生活保護コース一直線です。 場合によっては、野垂れ死にするかもしれません。 毒親が子供に対して行うあるあるエピソードをまとめました。 思い当たる節があるなら、あなたの親も毒親要素ありかもしれません。 そのため、子供は自分に自信を失い、何をしてもダメなんだと思い込む。 更には、ちょっとした発言も自慢になるのではと過剰反応し、自分を卑下するようになる。 過剰に空気を読んでは、「自分さえ我慢すれば良いのだ」と、自己犠牲の精神が身についてしまう。 振り切りたくても、「それでも自分に関心を向けている」と嬉しい気持ちがわずかにあり、どうしてもお金を渡してしまう。 毒親の呪縛から少しでも逃れられるように、あなたにおすすめの本を紹介します。 ・不幸にする親 人生を奪われる子供(著書:ダン・ニューハース) ・親毒:なぜこんなに生きづらいのか(著者:kokko) ・親に壊された心の治し方「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本(著者:藤木美奈子) ・気づけない毒親(著者:高橋リエ) ・子どもを攻撃せずにはいられない親(著者:片田珠美) ・毒親サバイバル(著者:菊池真理子) ・「毒親」の正体:精神科医の診察室から(著者:水島広子) ・毒親の棄て方:娘のための自信回復マニュアル(著者:スーザン・フォワード) ・毒になる親:一生苦しむ子供(著者:スーザン・フォワード) ・母がしんどい(著者:田房永子) ・ワタシの母は、毒親でした。 (著者:加藤なほ).

次の

親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本 (こころライブラリー)

美奈子 毒親

NHKの金曜夜の人気ドキュメント番組『ドキュメント72時間』に対し、こちらも根強いファンを持つ日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。 8月11、18日放送のテーマは「新・漂流家族 2019夏 ~美奈子と夫と8人の子供~」。 大人気シリーズが2週にわたって放送された。 『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)より あらすじ 『痛快!ビッグダディ』シリーズ(テレビ朝日系)で一躍有名になった美奈子の4度目の結婚相手は、元プロレスラーの佐々木義人。 義人は収入安定のためバス運転手に転職し、結婚4年で2人の子どもが生まれた。 幼い子どもたちは大家族で楽しそうに暮らしているが、思春期を迎えた長男星音(しおん)と長女の乃愛琉(のえる)はともに高校を中退してしまう。 佐川急便で契約社員となった乃愛琉が着実な生活を送る一方で、星音はバイト探しにも身が入らない。 高校を辞めてバイトも辞めたことを義人に叱責された星音は、普通科の高校に行きたかったのに、美奈子に金銭面のことを言われたために、普通科高校の進学を諦め通信制の高校を選んだのだと明かす。 ぎくしゃくしていた家族は、1泊旅行をすることで久しぶりに少し話すきっかけを得て、番組は星音が新たなバイト先を探す姿で終わる。 長男に謝罪を求める美奈子と、謝る義父 私は大家族モノが昔から苦手で、見ることを避けていた。 その理由は「子どもが(特に上の子どもが)かわいそうだから」だ。 そのため『ビッグダディ』系譜の「漂流家族」も今回初めて見たのだが、懸念していた「(特に上の子どもが)かわいそう」を直撃していて、すっかり暗い気持ちになっている。 長男・星音は働きながら学ぼうと、通信高校に入学し料理人コースに進んだものの中退。 義父・義人との話し合いの中で、自分が納得して学校を決めたんだろと叱責されると、「普通科高校に行きたくて、お金がどうのこうのって(美奈子に)言われたから、自分で稼いで行ける学校にした」 と話し、結婚したてでお金なかったと言われたのだと、涙しながら話す。 義人はこの話を聞いて「それは知らなかった、ごめんね」と謝っている。 学費が出せないという事情の裏には、事故や病気といったやむを得ないケースもあるだろうが、「結婚したてでお金がなかった」ことは「やむを得ない」とは思えない。 この家の場合、どう考えても子どもをこさえすぎていることが経済的困窮につながっているように見えるのだ。 今の時代、 「普通科高校に行くこと」に大して意味はないように思うが、「行きたくても高校に行かせてもらえなかった」では、まったく話が変わってくる。 星音はアルバイトを無断欠勤の上退職してしまうなど自堕落な生活を続け、美奈子は「迷惑かけたことくらい謝れ、ちゃんと顔見て」と叱る。 指摘はもっともなのだが、それよりも美奈子が先に星音へ普通科高校の進学を断念させたことを謝るのが先だろうと思ってしまう。 威力の強い毒親は自分を顧みないし、それを子どもは事前に悟って諦めてしまうのだろう。 長男の星音もそうだし、長女の乃愛琉からもそんなあきらめを感じてしまう。 佐々木家の子どもは、幼い子は多くの兄弟に囲まれ屈託なく楽しそうなのだが、思春期を過ぎた子どもは、目にどこか諦めの色が見えるようになる。 そうさせていることについて、おそらく何も感じてないのであろう美奈子にイライラしてしまった。

次の

outage.smeco.coop: 親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本 (こころライブラリー) eBook: 藤木美奈子: Kindleストア

美奈子 毒親

後編も前編も見ました。 前編ではもう義人さんは、美奈子の上をいくキャラで異常にヤバヤバなダンナであり、父親だと思いましたが、後編は一変、義人さんより美奈子の方が幼稚でしたね~旦那を立てる気がまず見受けられないし、旦那さんに向かってうるせー!黙れ!家出てけ!は無いですね~旦那がこの言葉を言うならまだしも(旦那でもダメなんですが)旦那に対して言う言葉じゃないですよね~。 無痛分娩も医師が危ないと言っているのに、無痛がいい!!と義人さんもいってましたが、ワガママです。 痛いのも我慢出来ないなら妊娠するな!と言いたくなりました。 昔なら無痛なんて選択出来ないんですから。 子供達がしてくれたおかえりのサプライズより旦那さんからの指輪のプレゼントで泣くのも、いかにも自分の幸せの方が大事かと言うことが伝わってきます。 旦那さんは美奈子の幼稚さも分かった上で、今回の出産の頑張りを誉めたて指輪をプレゼントしたのはこれからの糧に繋がるといいのですが... 美奈子はすぐ感謝も忘れますからね。 しかし、似た者夫婦だな~と思いました。 後編ではしおん君の将来を美奈子は聞く耳も持たず、義人さんは応援してあげれるような感じだったのでまだ義人さんの方がましかな... と思いました。 今は放っとく!なんてしおん君、本来なら今、将来を決める大事な時期、親のアドバイスも一番必要な時です。 放っとくって... と今までも放っとおたじゃない!と言いたいですね。 何より子供達が心配です。 しおん君、あんな親には頼りたくても頼れなくて葛藤してるのでしょうね。 可哀想でなりませんでした。 美奈子さん自身、これ以上子供を産んでも果たして育て上げることができるのか? 疑問に思っています。 確かに、長男は18歳になったとはいえ、高校を卒業しただけです。 きちんと就職もできていなければ、ほぼニート状態となっていただけです。 仕事を探して家にお金を入れて欲しい・・・。 親ならこう思うのは無理もないと思います。 でも、それは、きちんと就職をさせてから言うべきセリフであり、就職もどこでもいいから・・と雇ってくれるわけではありません。 やはり、正社員として安定した雇用に就くためには、相応の教育も必要だったと思います。 高校も通信制高校ではなく、商業高校や工業高校・専門学科の高校への進学も考えて欲しかった。 ですが、一番大事な時期に、母親は離婚・再婚を繰り返し、再び妊娠・出産となり、子供の教育のことには全く関心がない状態。 これでは教育をしてきたとはいえず、現に長男は再び家を出ていきました。 出ていったはいいが、住民票などがなければ、安定した仕事を探すことはできません。 子供達が自分の居場所がない・・とこぼし、早く家を出るか?再婚相手の男性と窮屈な思いをして家に居続けるか?の二択しかないのも、教育をしているとは言い難いと思っています。

次の