ホワイト ソース レンジ。 電子レンジで作る「ハンバーグソース」の人気レシピ5選

余った「ホワイトソース」で作れる!人気アレンジレシピ5選

ホワイト ソース レンジ

基本のホワイトソースの作り方 まずはノーマルのホワイトソースの作り方から見ていきましょう。 グラタン、ドリアなどに欠かせない一般的なホワイトソースです。 【材料】 2人分 バター 大さじ2 小麦粉 大さじ3 牛乳 500cc 塩 少々 黒こしょう 少々 【作り方】 1.バターと小麦粉をボウルに入れる。 2.ボウルに軽くラップをかけて600wで1~2分加熱する。 バターが溶けたらレンジから取り出す。 バターと小麦粉を混ぜ合わせてクリーム状になっていればOK。 4.そこに計量した牛乳を少しずつ加えて伸ばしていく。 少しずつ入れてだまにならないようよく混ぜ合わせていく。 5.滑らかに仕上がれば完成。 塩・黒こしょうで好みに味を調える。 初めにバターと小麦粉を加熱したら、牛乳は加熱せずにそのまま伸ばしていくパターンのホワイトソースの作り方です。 ホワイトソースを通常小鍋で作る時は、弱火でコポコポと煮立たせるようなイメージがあるかと思うので、え?!と感じるかもしれませんが、小麦粉に火が入っているので大丈夫です。 私はチキンピラフの上にかけて、少しチーズを散らしてオーブンで焼き上げ、チーズドリア風に仕上げてみました。 ホワイトソースに玉ねぎを入れておくと、例えばソースをかけるのがお肉やお魚だったら野菜の栄養がそこで摂れますよね。 忙しいお母さんは、栄養バランスを考えるのも大変だと思います。 摂れるところで摂っておく!というのも大事です。 2.そこに小麦粉を加える。 だま防止として、たまねぎに小麦粉をしっかりと絡めておくのがおすすめです。 3.そこにバターを加える。 4.さらに牛乳も加える。 しっかりと混ぜたらふんわりとラップをして600wのレンジで3分ほど加熱する。 加熱が足りなかったら1分ごとに加熱を足していってください。 ホワイトソースにとろみが出たら塩と黒こしょうを少々加えて完成。 今回はチキンピラフの上にかけてみました。 チキンピラフは少し濃いめの味付けの味噌醤油味で仕上げてあります。 味噌のコクと醤油の辛さにクリーミーなホワイトソースがよく絡んで美味しいです。 我が家の定番の一品でもあります。 豆乳ホワイトソースの作り方 最後は豆乳ホワイトソースの作り方です。 基本のホワイトソースの牛乳を豆乳に置き換えるだけです。 なので、これまで同様とっても簡単です。 牛乳は乳脂肪がある分、コクのある仕上がりとなりますが、豆乳を使うとあっさりめの味にはなります。 とはいえ豆乳ならではのまろやかさが加わって、とても美味しいですよ! 豆乳ベースのホワイトソースは牛乳とはまた異なる魅力があります。 和風味のピラフなどと相性がいいので試してみてくださいね! 【材料】 2人分 バター 大さじ1 小麦粉 大さじ1 豆乳 2カップ 塩 少々 黒こしょう 少々 【作り方】 1.耐熱ボウルにバターと小麦粉を入れる。 ラップをふんわりとかけて600wのレンジで1分ほど加熱する。 バターが完全に溶けていたらレンジから取り出す。 バターと小麦粉をしっかりと混ぜ合わせる。 バターと小麦粉が溶けたところに、豆乳を加えていく。 混ぜ合わさったら、ふんわりとまたラップをかけて600wのレンジで2分加熱する。 レンジから取り出してとろみがついていなかったら30秒ごとに加熱していってください。 ボウルの下に小麦粉が固まりやすいので、しっかりと下からすくい上げるように混ぜていくのがポイントです。 とろみがついたら塩と黒こしょうで味を調えて完成。 とろみが足りないかな?と思っても、少し時間を置くと写真のように表面にグルテンの膜が張り、混ぜ合わせていくととろみが増します。 これはどのホワイトソースにも共通することなのですが、やや早めかな?というところでレンジから出して少し様子を見るのが失敗しないポイントになります。 豆乳ベースのホワイトソースは通常のホワイトソースとはまた異なる魅力があり、豆乳の方が好き!という方も結構いるのではないかと思います。 その一方で豆乳の風味が気になる…という方もいるかもしれません。 風味もアップするので一度試してみてくださいね! まとめ レンジを使うとわずか5分ほどでだまのないホワイトソースを簡単に作ることができます。 「ホワイトソースは面倒くさい!」という従来のイメージを、少しはかき消すことができたのではないでしょうか? またアレンジ次第でホワイトソースにバリエーションを持たせることもできるのです。

次の

ホワイト ソース 作り方 。レンジを使って簡単に。グラタン作ってみた

ホワイト ソース レンジ

こんばんは。 午前中にもうすっかり洗濯物が乾くような日差しでした。 取り込む洗濯物に、まだ4月の末だけど 夏のにおいがする気がする。 いいにおい! お立ち寄りいただいてありがとうございます。 訪問とっても嬉しいです。 よかったらゆっくりしていってください。 この間、 もっとホワイトソースたっっぷりにしたいなあーと 何度か作り直してみました。 乾麺・お野菜・薄力粉、お塩、牛乳、バター ぜーーんぶ入れてチン!して出来上がり。 ホワイトソースたっぷりにしたかったので 牛乳の量を増やしました。 この日の献立は もっと ホワイトソースたっぷり レンチン12分マカロニグラタン キャベツとスモークサーモンのサラダ(レモンとオリーブオイル ダケ) ロメインレタスとミニトマトのサラダ・バジルドレッシング 舞茸と人参のバルサミコ炒め えのきの たまごとじスープ 本当なら お弁当DAYSなハズだから お昼にアツアツを食べるのは 今だからこそ。 温度を楽しむお昼ごはん 一緒に食べれるのもうれしい。 ホールコーンは缶汁を切る。 薄力粉を全体にまぶす。 ベーコンは厚さ2,3ミリの拍子木切りにする。 2)耐熱ボウルにペンネ、1、バター、塩の順に入れて 牛乳を加える ペンネがなるべく液体に浸っているようにする。 *** (加熱時間はペッケージに記載されたゆで時間の 1・2倍 蒸らし時間もあわせてゆで時間の1. 5倍で どんなマカロニも火が通りました) たっぷりホワイトソース 軽く混ぜるとこんな感じになります。 4)耐熱容器に分け入れ ピザ用チーズを のせトースターで焼くか、さらにレンジで1分加熱する。 ホワイトソース多めで さらに好きな感じになりました。 ちょっと前までは ずっと窓を開けていると 肌寒くも感じたけど。 もうポカポカだなあ。 続きは家族日記です。 皆さま穏やかに春の日を迎えていますように。 meet会議で泣いちゃいそうでした 昨日の夜 ユウは学校の委員会をmeet会議。 黒幕父さんと そんなユウの様子を見て 私もたまーにzoom会議とかするけども 大勢で当たり前のように集まってきて オンライン会議とかって 今どきだねえと話しました。 そして 全体ミーティングの後は 同学年同士のミーティングだから。 と 何故か カチューシャ付けてミーティング. 楽しみ方も色々なのね^^ そしてミーティング終盤。 とってもとってもとーーーっても久しぶりに ユウの友達の顔を見れました。 そしておしゃべり出来ました。 ああ かわいい。 元気そうでうれしい。 うれしい。 かわいい。 本当にうれしい。 本当にかわいい。 ユウの友達は特に、おばちゃんに会ったり話したりしたいという 願望なんてなかっただろうけど。 しかも おばちゃんのすっぴん顔なんて 画面通してみたくもなかっただろうけど 優しいユウの友達は 私の歓喜ぶりにつきあってくれて 30分くらい 世間話したり 恋バナしたり。 うれしかった かわいかった。 泣いちゃいそうでした。 (いや、泣いてた。 ) 若者って 子どもって ただそこに居てくれるだけで どんなに元気をもらえているか。 と思う。 中年のおばちゃんは 何もかえせなくてごめんね。 ユウの友達が、ユウが、 ううん。 みんなみんなが たくましく青春を謳歌できる日を 心から願って また泣いちゃいそう。 by yomecafedays.

次の

余った「ホワイトソース」で作れる!人気アレンジレシピ5選

ホワイト ソース レンジ

基本のホワイトソースの作り方 まずはノーマルのホワイトソースの作り方から見ていきましょう。 グラタン、ドリアなどに欠かせない一般的なホワイトソースです。 【材料】 2人分 バター 大さじ2 小麦粉 大さじ3 牛乳 500cc 塩 少々 黒こしょう 少々 【作り方】 1.バターと小麦粉をボウルに入れる。 2.ボウルに軽くラップをかけて600wで1~2分加熱する。 バターが溶けたらレンジから取り出す。 バターと小麦粉を混ぜ合わせてクリーム状になっていればOK。 4.そこに計量した牛乳を少しずつ加えて伸ばしていく。 少しずつ入れてだまにならないようよく混ぜ合わせていく。 5.滑らかに仕上がれば完成。 塩・黒こしょうで好みに味を調える。 初めにバターと小麦粉を加熱したら、牛乳は加熱せずにそのまま伸ばしていくパターンのホワイトソースの作り方です。 ホワイトソースを通常小鍋で作る時は、弱火でコポコポと煮立たせるようなイメージがあるかと思うので、え?!と感じるかもしれませんが、小麦粉に火が入っているので大丈夫です。 私はチキンピラフの上にかけて、少しチーズを散らしてオーブンで焼き上げ、チーズドリア風に仕上げてみました。 ホワイトソースに玉ねぎを入れておくと、例えばソースをかけるのがお肉やお魚だったら野菜の栄養がそこで摂れますよね。 忙しいお母さんは、栄養バランスを考えるのも大変だと思います。 摂れるところで摂っておく!というのも大事です。 2.そこに小麦粉を加える。 だま防止として、たまねぎに小麦粉をしっかりと絡めておくのがおすすめです。 3.そこにバターを加える。 4.さらに牛乳も加える。 しっかりと混ぜたらふんわりとラップをして600wのレンジで3分ほど加熱する。 加熱が足りなかったら1分ごとに加熱を足していってください。 ホワイトソースにとろみが出たら塩と黒こしょうを少々加えて完成。 今回はチキンピラフの上にかけてみました。 チキンピラフは少し濃いめの味付けの味噌醤油味で仕上げてあります。 味噌のコクと醤油の辛さにクリーミーなホワイトソースがよく絡んで美味しいです。 我が家の定番の一品でもあります。 豆乳ホワイトソースの作り方 最後は豆乳ホワイトソースの作り方です。 基本のホワイトソースの牛乳を豆乳に置き換えるだけです。 なので、これまで同様とっても簡単です。 牛乳は乳脂肪がある分、コクのある仕上がりとなりますが、豆乳を使うとあっさりめの味にはなります。 とはいえ豆乳ならではのまろやかさが加わって、とても美味しいですよ! 豆乳ベースのホワイトソースは牛乳とはまた異なる魅力があります。 和風味のピラフなどと相性がいいので試してみてくださいね! 【材料】 2人分 バター 大さじ1 小麦粉 大さじ1 豆乳 2カップ 塩 少々 黒こしょう 少々 【作り方】 1.耐熱ボウルにバターと小麦粉を入れる。 ラップをふんわりとかけて600wのレンジで1分ほど加熱する。 バターが完全に溶けていたらレンジから取り出す。 バターと小麦粉をしっかりと混ぜ合わせる。 バターと小麦粉が溶けたところに、豆乳を加えていく。 混ぜ合わさったら、ふんわりとまたラップをかけて600wのレンジで2分加熱する。 レンジから取り出してとろみがついていなかったら30秒ごとに加熱していってください。 ボウルの下に小麦粉が固まりやすいので、しっかりと下からすくい上げるように混ぜていくのがポイントです。 とろみがついたら塩と黒こしょうで味を調えて完成。 とろみが足りないかな?と思っても、少し時間を置くと写真のように表面にグルテンの膜が張り、混ぜ合わせていくととろみが増します。 これはどのホワイトソースにも共通することなのですが、やや早めかな?というところでレンジから出して少し様子を見るのが失敗しないポイントになります。 豆乳ベースのホワイトソースは通常のホワイトソースとはまた異なる魅力があり、豆乳の方が好き!という方も結構いるのではないかと思います。 その一方で豆乳の風味が気になる…という方もいるかもしれません。 風味もアップするので一度試してみてくださいね! まとめ レンジを使うとわずか5分ほどでだまのないホワイトソースを簡単に作ることができます。 「ホワイトソースは面倒くさい!」という従来のイメージを、少しはかき消すことができたのではないでしょうか? またアレンジ次第でホワイトソースにバリエーションを持たせることもできるのです。

次の