軍配 英語。 軍配

「軍配」の意味とは?「軍配が上がる」など使い方や英語も解説

軍配 英語

相撲を英語で説明しよう 相撲協会の英語サイト 大相撲に関するいろいろな英語に接することができます 相撲は日本の国技 national sport で、外国からこられている方も大変興味を持たれています。 最近 横綱 朝青龍の問題で相撲が話題になることが多いので大相撲や横綱に関する英語を紹介してみたいと思います。 1.相撲と力士 相撲はsumo wrestlingといっています。 力士はsumo wrestlerです。 2.相撲部屋と親方 相撲部屋のことはstableといっています。 stableには馬小屋という意味もあります。 相撲部屋をとりしきる親方はstable masterといいます。 3.場所 相撲は年間6場所開かれます。 この場所のことは英語ではtournamentといっています。 開かれる月と都市は1月、5月、9月が東京、3月が大坂、7月が名古屋、11月が福岡です。 大相撲夏場所はSummer Grand Sumo Tournamentといいます。 4.横綱、番付 番付はrankでいいと思います。 英語では横綱はgrand championといいいます。 ちなみに大関はchampion、関脇はjunior championといっています。 5.巡業 今回は朝青龍が巡業を休んでモンゴルでサッカーをしていたことが問題になっていますが、この巡業のことはtourといいます。 6.ちょんまげ、まわし 力士の髪型、ちょんまげ はtopknotといいます。 knotは結ぶということです。 力士がしめる まわし はloinclothといいます。 loinはサーロインステーキなどにも使われる腰のあたりのことをいいます。 7.土俵、土俵入り 土俵はringといいます。 ringはボクシングやプロレスなどでも使われますね。 土俵入りはring entering ceremonyといいます。 8.上手投げ、下手投げ 代表的な決まり手 winning technique の上手投げはarm throw with an outside grip、下手投げはarm throw with an inside grip です。 9.寄り切り、押し出し 寄り切りはforcing out, 押し出しはpushing outといいます。 10.行司、呼び出し 行司はreferee、レフリーのリーのところにアクセントがあります。 取り組み bout の前に力士を呼び出す呼び出しはusherといいます。 usherは劇場などで席まで案内する人のこともいいますね。 今度、大相撲を見ているときにこれ英語でなんていうか知ってる?て話題にしてみてください。 へーって感心されると思いますよ。

次の

【NPO法人 行司】:相撲を英語で説明しよう

軍配 英語

概要 [ ] 以降、合戦の指揮官(大将)がを振る際に捧持する光景が見られるようになる。 古くから軍兵の指揮を執るときは、総(ふさ)に柄(え)を付けた「采配」という道具が用いられたが、早くから実用性は薄く、もっぱら威儀を整えるために使用されるのみであった。 室町期に入りの隆盛に伴って、に方位・方角や、・天文・、、などをした軍配団扇が好んで用いられるようになり、武将やの肖像にも多く描かれたものが残っている。 当時の軍配者にとって、合戦の勝敗は本人のみならず一族の盛衰にもかかわる重大事であり、出陣のや方角で吉凶を占い、天文を観察して未来を予測することは軍配者の大きな役割であった。 団扇は古くから悪鬼を払い、霊威を呼び寄せるという意味合いで、神事などにも用いられてきたものである。 その形状は、円形、(ひょうたん)形、楕円形などの板に柄(え)を付けたもので、羽に相当する板はの革や木、鉄製で、柄は鉄製の物が多く見られる。 以降はの隆興とともに流派ごとの形式化が進み、もっぱら儀容を繕うための装具として重みを増していったが、江戸末期の西洋軍学流入によって実用に供されることはなくなった。 行司の軍配 軍配といえばのが使用することで広く知られている。 大相撲の「審判規則」(行司)の第一条では「行司が審判に際しては、規定の装束(直垂、烏帽子)を着用し、軍配を使用する。 」とされている。 形状や材質に関する規則はない。 新入りの行司が最初に所有する軍配は先輩行司や部屋の師匠などから贈られる。 軍配を複数もち本場所用と巡業用に分けている場合もある。 の際には、まず軍配で両者を割り、立ち上がる瞬間にこれを上げる。 また勝敗が決するときに勝者の側へ向けて軍配を上げる。 相撲に軍配が使われるようになった所以は、、武士たちが陣中で相撲を取るときに、行司役の武将が勝敗を裁定する道具として使ったからであるという説がある。 江戸時代、が始まった初期は扇子やなどが用いられていたが、に入って、それらのかわりに軍配が使われるようになった。 相撲の軍配は、などで作られ、枠に金属を嵌め、柄は鉄や木などが使われた。 軍配の房• (): 紫• 立行司(、、)• : 紫白• : 朱• : 紅白• : 緑白• 以下: 緑または黒 なお、勝負が決まったときに軍配を上げることから、一般にも勝利することを「 軍配が上がる」、あるいは勝者と認めることを「 軍配を上げる」というようになった。 生物種への名称の転用 [ ] 生物学の分野では、軍配団扇のような、左右に広がっていて、先端部が丸みを帯び、先端部の中央がくぼんでんでいる形状を、軍配形と呼ぶことがある。 以下はそれに拠って命名された種の例である。 (全身の形から)• ・(葉の形から)• ・(果実の形から) 家紋 [ ] 唐団扇(とううちわ) 軍配団扇を象った 軍配団扇・唐団扇(ぐんばいうちわ・とううちわ〈からうちわ〉)は日本の家紋「団扇紋」の一種である。 死者をよみがえらせる神通力を持つとされる(しょう りけん・のの一人)の持ち物であり、軍神として信仰されていたの持ち物であることから家紋に使用された。 初見は『源平盛衰記』の児玉党が使用した旗指物の記述である。 使用 児玉党一族と児玉党に関係する一族のほか、、猪俣氏、などが用いた。 脚注 [ ]• 2019年10月30日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 日本・中国の軍師が持つ扇、諸葛亮などの軍師・策士が持っていた「鹅毛扇(ガチョウ羽の羽扇)」が有名。 このことから策士の陰謀を「摇鹅毛扇(鹅毛扇を揺らす)」という成語が誕生した。

次の

マメグンバイナズナ

軍配 英語

果実 マメグンバイナズナ属 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 マメグンバイナズナ属(: Lepidium)には、次のようながある。 Burm. Mayer Thell. Schrad. Muschler Al-Shehbaz• Thell. Ledeb. マメグンバイナズナ L. また、( )も同属である。 の北島には L. 脚注 [ ] []• 2012年6月15日時点のよりアーカイブ。 2011年8月21日閲覧。 de Lange, P. 2014. Lepidium amissum. The IUCN Red List of Threatened Species 2014: e. T62798275A62798278. Downloaded on 03 December 2018. de Lange, P. 2014. Lepidium obtusatum. The IUCN Red List of Threatened Species 2014: e. T62798292A62798296. Downloaded on 03 December 2018. 参考文献 [ ]• 平野隆久写真『野に咲く花』林弥栄監修、〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、316頁。 『写真で見る外来雑草』、1995年、7頁。 岩瀬徹『形とくらしの雑草図鑑 : 見分ける、身近な280種』〈野外観察ハンドブック〉、2007年、40頁。 岩瀬徹・川名興・飯島和子『校庭の雑草』〈野外観察ハンドブック〉、2009年、4版、64頁。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 2011年8月21日閲覧。 (英語)• NCBI 英語. (英語)• - (英語)• 波田善夫. 植物雑学事典. 2011年8月21日閲覧。 いがりまさし. 植物図鑑・撮れたてドットコム. 2011年8月21日閲覧。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の