大阪 府 コロナ。 大阪府でコロナ「陰性」と「陽性」の患者 結果の取り違えが発覚

大阪)独自の支援策に計118億円 府内の39市町 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

大阪 府 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、感染者と濃厚接触した可能性を市民に通知するシステムを地方自治体が独自に導入する動きが広がっている。 宮城県が2020年5月25日、神奈川県が5月27日に導入したのに続き、大阪府と岐阜県も5月30日までに相次いで導入する。 いずれもQRコードという枯れた技術を採用したことで、企画から2~3週間程度と短期の導入に成功した。 大阪府の場合で「開発費は80万円」(吉村洋文知事)と導入コストもおおむね安い。 政府はBluetoothを使った同様のシステムの準備を2020年4月から進めているが、関係者の調整が必要な新技術を使うこともあり早くて6月中旬の導入になる見通しだ。 自治体によるQRコード方式が先行している。 QRコード方式は、施設や店舗に張り出したQRコードを利用して来訪者を把握するため、特定施設でしか濃厚接触を把握できない。 Bluetooth方式と比較すると、効果を上げる場面は限定的だ。 一方で、新型コロナの感染は施設内で多く発生するとの指摘もあり、集団感染対策には適した特徴も持つ。 システムが簡素なこともあり、今後も数多くの自治体が導入に動く見通しだ。 「施設や店舗を訪れたら、スマホなどでQRコードを読み込む」という習慣が市民の新しい日常生活に溶け込めれば、感染拡大を抑え込む有効な一手になる可能性がある。 政府が進めるBluetooth方式の濃厚接触確認アプリと補完的な役割を果たしそうだ。 メールアドレスと施設、来訪日時だけを収集 QRコードを使った濃厚接触の通知システムは、大阪府の吉村知事が2020年5月12日の会見で導入を表明してから他の都道府県でも検討が広がった。 宮城県はいち早く5月25日に「みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)」の運用を開始し、まずは密になりやすいライブハウスから採用を呼び掛けているという。 現在までに4府県と1市が予定も含めて導入を表明した。 自治体 システム名称 運用時期(予定を含む) 宮城県 みやぎお知らせコロナアプリ(MICA) 2020年5月25日 神奈川県 LINEコロナお知らせシステム 5月27日 大阪府 大阪コロナ追跡システム 5月29日の予定 岐阜県 岐阜県感染警戒QRシステム 5月30日の予定 京都市 京都市新型コロナあんしん追跡サービス 6月上旬ごろの運用見込み 導入する自治体はクラスター対策や施設への休業要請を担う都道府県が中心だが、市区町村が独自に導入する動きもある。 京都市は市独自のシステムを6月上旬にも導入すると発表した。 現時点で京都府はそうしたシステムを導入する具体的な計画を持っておらず、京都市は「市内施設などで感染拡大防止対策を取る必要があると判断した」(総合企画局情報化推進室)と説明する。 各自治体が採用する仕組みはほぼ同じだ。 施設や店舗の運営者は専用サイトで住所や運営者、連絡先などの施設情報を登録したうえで、ユニークなQRコードの払い出しを受ける。 これを印刷して入り口などに掲示する。 施設を訪問した人がスマホなどでQRコードを読み込むと、施設の識別子を加えたWebページが表示される。 このWebページで利用者がメールアドレスを登録し、システム運用主体である自治体が各施設の利用者のメールアドレスを収集する。 自治体が収集する情報はメールアドレスと訪問した施設、訪問日時の3つだけだ。 特定の施設を感染者が訪れていたことが疫学調査などで判明した場合は、訪問日時や感染者の発症日を基に、感染リスクが高い状態で濃厚接触した可能性がある人を判定。 該当者にメールで知らせる。 メールには自治体が運営する新型コロナの相談センターなどの連絡先を記載し、濃厚接触者を健康相談などでフォローする。

次の

【毎日更新】大阪府内の新型コロナウイルス感染者情報を市町村別でまとめました。

大阪 府 コロナ

新型コロナウイルス感染症( COVID-19) は、 2019 年 12 月、中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、感染が国際的に拡がりを見せています。 世界保健機関 (WHO) は、 2020 年 1 月 30 日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態( PHEIC) 」、3月11日に「世界的大流行(パンデミック)」を宣言しました。 日本では、 2 月 1 日に指定 感染症および検疫感染症に指定されました。 4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、緊急事態宣言が発出され、大阪府は感染拡大警戒地域に指定されました。 5月21日に解除されましたが、自粛要請・解除などの対策を段階的に実施する大阪モデルをふまえ、 6 月 1 日以降は、全ての施設の休止要請が解除されました。 これまでの知見より、 主な感染経路は飛沫感染や接触感染です。 臨床的な特徴として、潜伏期間は 1~14 日(平均 5~6 日)で、その後、発熱や呼吸器症状、全身倦怠感等の感冒様症状が 1 週間前後持続することが多いと報告されています。 一部のものは、呼吸困難等の症状が現れ、肺炎を呈します。 発病者の多くは軽症ですが、高齢者や基礎疾患等を有する者は重症化する可能性があります。 感染の再拡大を防ぐには、手洗い、咳エチケット、3密(密閉、密集、密接)の回避など「新しい生活様式」の実践、感染者の早期探知、封じ込めが重要です。 新型コロナウイルス感染症 週別陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計) 新型コロナウイルス感染症 年齢階級別 累積陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計).

次の

大阪府 新型コロナ関連情報

大阪 府 コロナ

大阪府休業要請外支援金 【お願い】 ・ 現在多くの申請をいただいておりますが、 添付書類の不足・不備がある場合は、迅速な審査ができません。 申請書類の提出にあたっては、今一度、すべての書類が整っているかをご確認ください( 下記チェックリストをご活用ください) (中小企業) (個人事業主) お知らせ 平成2年6月13日 システムメンテナンスのお知らせ New Web事前受付ページはシステムメンテナンスのため、下記の期間ご利用できません。 皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。 6月14日(日曜日)午前1時から7時まで 令和2年6月12日 令和2年6月11日 「募集要項」を更新しました。 New 「支援金対象・対象外施設一覧」を更新しました。 New 「募集要項 配架場所一覧」を掲載しました。 令和2年6月10日 「よくあるお問合せ」を更新しました。 令和2年6月 5日 「よくあるお問合せ」を更新しました。 「専門家による申請書類の事前確認について」を更新しました。 令和2年6月 3日 「よくあるお問合せ」を更新しました。 令和2年6月 1日 「よくあるお問合せ」を更新しました。 「専門家による申請書類の事前確認について」を更新しました。 令和2年5月30日 「募集要項」を更新しました。 「様式3」を更新しました。 令和2年5月29日 「よくあるお問合せ」を掲載しました。 「募集要項」を更新しました。 「支援金対象・対象外施設一覧」を更新しました。 令和2年5月27日 「大阪府休業要請外支援金」の申請受付を開始しました。 はじめに ・まずは申請の流れ等について、こちらをご覧ください。 【6月10日更新】 【6月12日更新】 ・大阪府休業要請外支援金(以下、「本支援金」という。 )については、大阪府庁舎 においての対面での 相談や申請受付は行っておりません。 恐れ入りますが、 ご来庁されましても、ご対応は致しかねますので、あらかじめご了承ください。 (参考) 本支援金は、「休業要請支援金(府・市町村共同支援金)」の支給対象外となった施設運営者等が対象です。 「休業要請支援金(府・市町村共同支援金)」については、 をご確認ください。 )を支給しています。 しかしながら、この支給対象となった事業者以外においても、自主休業や外出自粛等に伴う売上減少等で経営に深刻な影響が生じています。 )及び個人事業主について、家賃等の固定費を支援し、事業継続を下支えする本支援金を支給するものです。 支給対象者 支援金の支給対象者は、以下のとおりです。 ただし、大企業が実質的に経営に参画している企業(いわゆる「みなし大企業」)や構成員の共益を目的とする事業を主とする法人、同業者の共同利益の追求を目的とする法人、国又は地方公共団体が出資する法人は対象となりません。 対象要件 令和2年3月31日以前に開業及び設立(以下「開業」という。 )し、営業実態のある中小法人及び個人事業主で、下記の(1)から(3)までの3つの要件を全て満たすことが必要です。 対象要件にあたるかの確認については、以下募集要項の「法人・個人別 対象・対象外フローチャート」及び「支援金対象・対象外施設一覧」をご確認ください。 (1)令和2年3月31日時点で大阪府内に事業所を有していること。 (2)令和2年4月又は4月と5月の平均の売上が前年同期間比で50%以上減少していること。 (3)休業要請支援金の支給対象でないこと。 皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。 申請方法 Web事前受付ページから申請者情報等を入力して事前受付登録を行ってください。 Web事前受付への入力が完了しますと、入力内容が反映した申請書(様式1)、誓約・同意書(様式2)をダウンロードすることができます。 申請日・代表者名等の記入、押印のうえ、その他の「申請に必要な書類」を添付して、次の宛先に必ず青色のレターパックライト(郵便物の追跡ができます)で郵送してください。 個人事業主の方については、専門家による申請書類事前確認書(様式3)も他の申請書類と一緒に提出(レターパックライトにて郵送)してください。 ・入力に際しては、法人番号、金融機関コード・支店コードのご確認をお願いします。 ・ 「様式1・2」については、Web事前受付ページから入力し、プリントアウトして押印のうえ、他の申請書類と一緒に提出(レターパックライトにて郵送)してください。 ・個人事業主の方については、「様式3」も他の申請書類と一緒に提出(レターパックライトにて郵送)してください。 ・空欄がありますと返却することになります。 入力漏れがあった場合は手書きにてご記入ください。 郵送時の注意点 ・必ず「レターパックライト(*郵便物の追跡ができます)」で郵送してください。 ・郵送前には、「ご依頼主様保管用シール」を剥がして保管してください。 ・現在(消費税増税後)の「レターパックライト」は370 円です。 消費税増税前に購入された「レターパックライト」をご利用される際は、差額分の切手を貼ってご利用ください。 申請書類の返却 ・申請書類に不足や記載漏れ等の不備があった場合は、全ての書類を配達履歴郵便により返却します。 この場合、必要な修正を行った上で、全ての書類を再度レターパックライトで返送してください。 申請書類の一部のみを提出された場合も、同様に返却します。 ・申請書類が全て確認できれば、支給のための審査を行います。 なお、審査後は、申請書類を一切返却しません。 支援金の支給 審査の上、申請内容が適正と認められる時は支援金を支給します。 専門家による申請書類の事前確認について 事前確認を行う専門家のみなさまへ この事前確認は、府規則に規定する「専門家による助言その他の必要な支援」として専門家に実施していただくものです。 申請者の事前確認に係る費用については、一定の基準のもと大阪府が負担いたします。 事前確認書への署名1件につき5,000円(税込)を大阪府が負担いたしますので、その範囲で事前確認していただき、申請者に請求しないようお願いします。 なお、申請者から、「事前確認」業務以外の業務を、別途、受託されることとなった場合には、当該業務に関し、所定の対価を受領いただくことは、この限りではありません。 対象となる専門家に司法書士が加わりました。 (募集要項では必須書類となっていますが、様式3の提出の必要はありません。 ) 個人事業主の皆様へ 専門家による申請書の事前確認の費用は、一定の額を大阪府が別に措置することとしており、申請者が専門家に対し謝礼等をご負担いただく必要はありません。 この旨は、大阪府より各専門家で構成されている団体に依頼済みです。 ただし、申請書類の代理作成等を専門家に依頼した場合などは申請者の負担になりますので、ご注意ください。 その他 1.支給決定の取消しと違約金 支援金支給の決定後、対象要件に該当しない事実や不正等が発覚した時は、大阪府は、本支援金の支給決定を取り消します。 この場合、申請者は、支援金を返還するとともに、違約金を支払っていただきます。 2.申請後かつ支給前に支給要件を満たしていないことが判明するなど、申請者自らの意思により申請を取り下げる場合は、その旨を届け出てください。 届出をされる方は、休業要請外支援金コールセンターまでご連絡ください。 3.支給後に支給要件を満たしていなかったことが判明した場合は、その旨を届け出てください。 届出をされる方は、休業要請外支援金コールセンターまでご連絡ください。 4.本支援金の支出事務の円滑・確実な実行を図るため、必要に応じて、大阪府は、事業所の活動状況に関する検査、報告又は是正のための措置を求めることがあります。 5.大阪府は、申請書 類に記載された情報を税務情報に使用することがあります。 6.休業要請支援金を受給していないことを確認するため、本支援金の申請書類に記載された情報を、休業要請支援金の申請書類に記載された情報と照合することがあります。 7.前項に掲げるもののほか、個人情報の取り扱いに関して、本支援金の審査・支給に関する事務に限り、大阪府が一部事務委託している事業者と共有する場合があります。 ただし、その他の目的には使用しません。 8.大阪府は、申請書類に記載された情報を、大阪府暴力団排除条例第24条に基づき、大阪府警察本部に提供することがあります。 お問合せ お電話される前に、まずはこちらの内容をご確認ください。 また、支援金給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対ありません。 その他、不審なメールや電話等あれば、最寄りの警察署にご相談ください。 このページの作成所属 このページの作成所属.

次の