青い カーネーション。 青いカーネーション【ムーンダスト】花言葉は○○で母の日にもオススメ!

ムーンダスト 母の日におすすめの青いカーネーション|2019年母の日のプレゼントは母の日コムで!

青い カーネーション

アオバです。 母の日のために購入していた青いが届きましたので、紹介したいと思います。 プレゼントの候補になれば嬉しです。 は母の日に贈る花として、人気が高い花です。 古くから親しまれ、年間を通してフラワーアレンジやブーケなどに利用されている親しみやすい花ではないでしょうか? は科の花で、毎年花を咲かせるの植物です。 原産地は、地中海沿岸の地域なので温暖な場所です。 という名前の語源は2つの説が知られています。 1つ目は、の「カルニス(肉色)」肌色に由来するという説。 2つ目は、イギリスで冠を飾る際に使われた花であることから、「コロケーション()」に由来するという説です。 語源で有力と言われるのがこの2つです。 どちらも、日本に伝わった時になまって変化していったと考えられています。 色によるの変化 の花も色ごろにが違ってきますので、ここではそれぞれのカラーについて紹介します。 赤色:「母への愛」「熱烈な愛」「愛を信じる」 濃い赤色:「欲望」「心の哀しみ」 紫色:「気品」「誇り」 白色:「純潔の愛」「尊敬」「あなたへの愛情は生きている」 ピンク色:「温かい心」「感謝」「気品・上品」「美しい仕草」 オレンジ色:「純粋な愛」「清らかな慕情」「あなたを愛します」 黄色:「美」「友情」 品種について 一茎に1輪の花を咲かせる「 スタンダード」 1茎から枝分かれをして複数の花が咲く「 スプレー」 鉢植えタイプの「 ポット」の3種類があります。 スタンダード、スプレーは主に生花なので日持ちがしません。 一般的に春頃で7~10日程度 夏場は3~5日(冷たい水でないと次の日にはダメになる事も) 冬場で10~14日程度です。 逆に、ポットの場合はなので手入れをすれば次の年も花を咲かせることができます。 青い 青い(後にムーンダストの名付けられる)は、を作るプロジェクト中に遺伝子組み換えに成功し生まれました。 遺伝子組換えによる花きの商業化は、この青い(ムーンダスト)が世界初と言われています。 販売は、1997年ごろからスタートしていますが、生産地はコロンビアやで温室で栽培されているので、まだまだ日本での流通量は少なく、フラワーショップでも取り扱いが少ないのが現状です。 そんなムーンダストですが、2004年には、と共に金賞を受賞している。 ムーンダストのコンセプトは『幸せを願う』 月のような可憐な花びらが、永遠の幸福をもたらすようにと名付けられています。 は『永遠の幸福』です。 ムーンダストは、現在6種類販売されています。 母の日のために、生花を購入してみました。 普通のフラワーショップでは取り扱っている店舗は非常に少ないので、 実物を見ずに私は購入しています。 購入したのは、スタンダードタイプの『アクアブルー』『プリンセスブルー』です。 カラーはさんのサンプル画像の通り綺麗な色をしていました。 サイズは開花状態で幅5~6cmでした。

次の

カーネーションの花言葉|ピンクやオレンジ・青・赤・緑・白の色別

青い カーネーション

アオバです。 母の日のために購入していた青いが届きましたので、紹介したいと思います。 プレゼントの候補になれば嬉しです。 は母の日に贈る花として、人気が高い花です。 古くから親しまれ、年間を通してフラワーアレンジやブーケなどに利用されている親しみやすい花ではないでしょうか? は科の花で、毎年花を咲かせるの植物です。 原産地は、地中海沿岸の地域なので温暖な場所です。 という名前の語源は2つの説が知られています。 1つ目は、の「カルニス(肉色)」肌色に由来するという説。 2つ目は、イギリスで冠を飾る際に使われた花であることから、「コロケーション()」に由来するという説です。 語源で有力と言われるのがこの2つです。 どちらも、日本に伝わった時になまって変化していったと考えられています。 色によるの変化 の花も色ごろにが違ってきますので、ここではそれぞれのカラーについて紹介します。 赤色:「母への愛」「熱烈な愛」「愛を信じる」 濃い赤色:「欲望」「心の哀しみ」 紫色:「気品」「誇り」 白色:「純潔の愛」「尊敬」「あなたへの愛情は生きている」 ピンク色:「温かい心」「感謝」「気品・上品」「美しい仕草」 オレンジ色:「純粋な愛」「清らかな慕情」「あなたを愛します」 黄色:「美」「友情」 品種について 一茎に1輪の花を咲かせる「 スタンダード」 1茎から枝分かれをして複数の花が咲く「 スプレー」 鉢植えタイプの「 ポット」の3種類があります。 スタンダード、スプレーは主に生花なので日持ちがしません。 一般的に春頃で7~10日程度 夏場は3~5日(冷たい水でないと次の日にはダメになる事も) 冬場で10~14日程度です。 逆に、ポットの場合はなので手入れをすれば次の年も花を咲かせることができます。 青い 青い(後にムーンダストの名付けられる)は、を作るプロジェクト中に遺伝子組み換えに成功し生まれました。 遺伝子組換えによる花きの商業化は、この青い(ムーンダスト)が世界初と言われています。 販売は、1997年ごろからスタートしていますが、生産地はコロンビアやで温室で栽培されているので、まだまだ日本での流通量は少なく、フラワーショップでも取り扱いが少ないのが現状です。 そんなムーンダストですが、2004年には、と共に金賞を受賞している。 ムーンダストのコンセプトは『幸せを願う』 月のような可憐な花びらが、永遠の幸福をもたらすようにと名付けられています。 は『永遠の幸福』です。 ムーンダストは、現在6種類販売されています。 母の日のために、生花を購入してみました。 普通のフラワーショップでは取り扱っている店舗は非常に少ないので、 実物を見ずに私は購入しています。 購入したのは、スタンダードタイプの『アクアブルー』『プリンセスブルー』です。 カラーはさんのサンプル画像の通り綺麗な色をしていました。 サイズは開花状態で幅5~6cmでした。

次の

他にはない当店唯一の青いカーネーション、ムーンダスト

青い カーネーション

スポンサーリンク カーネーションの色別の花言葉 カーネーションは色別の花言葉の前に、色関係ない「花自体」の花言葉の意味があります。 それが ・無垢の深い愛 ・愛情 というカーネーションの花言葉があります。 しかし色別になると、花言葉が少し違ってきます。 次に色別に見たカーネーションの花言葉をご紹介していきますね。 ピンク色は可愛らしい色ですが、この花言葉の意味は色々あります。 それが、 ・女性の愛 ・あなたを熱愛します ・美しいしぐさ ・感謝 などがあります。 ピンク色のカーネーションは女性の愛という意味では母の日には合いますよね。 また誰が好きな人がいた時にも、ピンク色の花言葉的に渡すのもありかと思います。 ピンク色のカーネーションは夫婦にもぴったりの花言葉の色となります。 オレンジ色のカーネーションの色はどちらかというと母の日というよりも『恋人向け』かもしれませんね。 ですがオレンジ色はきれいな色なので、そこまで夫婦間とかは向いていると思いますs。 黄色のカーネーションには他にも、 ・失望 ・拒否 ・拒絶 ・嫉妬 という今まで良いムードだった花言葉とは真逆の花言葉の意味合いがあることがわかりました。 黄色のカーネーションはマイナスな色合いの花言葉となるので、感謝や好きな人に渡す場合は黄色は避けた方が良いですね。 母の感謝というよりも、母や恋人などの幸せを願うような意味合いがある花言葉となります。 青色は色的にもきれいなので、相手の幸せを思う花言葉の意味では渡しても良いかもしれませんね。 そんな緑色のカーネーションの花言葉は、 ・純粋な愛情 ・癒し があります。 観葉植物のような緑の癒し的な花言葉の意味合いが緑色のカーネーションにはあるみたいですよ。 緑色の癒しという意味合いから、おだやかなお母さんや女性には向いているかもしれませんね。 1つ目が「母を偲ぶ(しのぶ)」という花言葉があります。 この花言葉は20世紀のアメリカに住むアンジャービス氏という方が、お母さんの葬儀に好きだった白いカーネーションをささげ、このエピソードから国民の祝日になったそうです。 ちなみに余談ですが、母の日にカーネーションを贈るようになったのは戦後からなのだそうですよ。 それ以外にも「純粋な愛」という花言葉があります。 白という色は穢れのない色なので、白色のそのままの意味がありますね。 花言葉の色合いから、白のカーネーションは母の日や恋人へは避けた方がよいかもしれません。 紫色はどちらかといえば、上流的な花言葉となります。 クール系なお母さんや奥様などに渡すカーネーションとして紫色はあっているかもしれませんね。 そんな赤色のカーネーションの花言葉は「母の愛情」です。 赤色の花言葉が分かると、母の日に赤色のカーネーションを渡す意味がなんとなくわかる気がしますよね。 カーネーションの花言葉の濃い赤色 カーネーションの赤色は母の愛情などの意味がありますが、少しどす黒い赤色には注意が必要となります。 黒や茶色に近い濃い赤の場合、 ・欲望 ・私の心に悲しみを という花言葉の意味になってきます。 黄色のカーネーションとは別の意味で、少し怖い花言葉になっています。 花屋などで売っている普通の赤色は大丈夫なので、黒や茶色、紫のようなカーネーションの色は避けましょう。 スポンサーリンク カーネーションの花言葉の本数の意味 ここではカーネーションの本数の意味についてご紹介していきます。 といっても、カーネーションは本数によっての花言葉の意味はありません。 花言葉は関係ないのですが、花には本数によって意味が違ってきます。 よくプレゼントに贈るブーケが12本の花束で使われるのは、プロポーズの本数で幸せになれると言われているからなのだそうですよ。 母の日にあげるカーネーションは本数の意味よりも、色の方を意識した方が良いかもしれませんね。 避けた方が良いカーネーションの本数 逆に避けた方が良い本数は、 15. 17本の本数です。 15本目の意味はごめんなさい 16本目の意味は不安な愛 17本目には絶望の愛 という不穏な花言葉があるからです。 本数の意味的には、この本数だけは控えるようにしたほうが無難です。 ただし植木鉢などになっていたり、量が多い場合は告白するとか以外はそこまで深く気にしなくても大丈夫です。 母の日や恋人へのカーネーションのおすすめの色 カーネーションを渡す際におすすめな色は、 ・赤 ・ピンク ・青 ・紫 ・緑 恋人に向けるならばオレンジというところですね。 一般的には母の日などは赤やピンクのカーネーションが売られているので、赤やピンクのカーネーションは花言葉からも見てぴったりな色となります。 母の日や恋人へのカーネーションで控えた方が色 逆に母の日や恋人などに控えた方が良い色は、 ・黄色 ・黒などに近い濃い目の赤 ・白 となります。 母の日などのカーネーションなどでは見かけないことが多いですが、花屋さんや通販などでは売っている可能性はあります。 ただ貰い主が上の色が好きな場合で花言葉とかそういうのが関係ないと思っている人は、そこまで深く色の花言葉の言いは考えなくてもよい場合もあります。 鉢植えタイプのカーネーションの選び方 母の日になると切り花のカーネーションだけでなく、鉢植えタイプのカーネーションが売られますよね。 鉢植えタイプのカーネーションを贈れらる方もいらっしゃると思います。 鉢植えタイプのカーネーションでも「四季咲き多年種」というものがあり、これは秋にも咲きます。 そのためお花が好きな方にプレゼントするにはぴったりとなります。 花言葉にあった鉢植えタイプのカーネーションを渡してもいいかもしれませんね。 そんな鉢植えタイプのカーネーションの選び方は、 ・カーネーションのつぼみがある ・根元がしっかりしている ・下の葉などが枯れていない などがあります。 鉢植えタイプのカーネーションを買ったら、土が乾いていたら水をあげて、風通しの良い日当たりのよい場所に置きましょう。 枯れないカーネーションがある 母の日に切り花や鉢植えタイプのカーネーションを渡す方もいらっしゃいますが、じつは手入れをしなくてもよいタイプの花も売っています。 うまく保存すれば10年持つとも言われているタイプで、それがブリザーブフラワーというもので、そのカーネーションタイプとなります。 ブリザーブカーネーションは色別でも色々あるので、花言葉の意味合いも考えてブリザーブカーネーションを渡したい場合は探してみてはいかがでしょうか。 あまり手入れが得意でない、長く鑑賞したいという方にプレゼントをするのには最適です。 通販などで簡単に手に入れることができますよ。 カーネーションの色別花言葉まとめ カーネーションにもピンクやオレンジなど様々な花言葉があります。 花言葉から母の日や恋人にはあまり相応しくない色別の花言葉もあるので、花言葉を意識するならば避けた方がよいので買う際は確認してみてはいかがでしょうか。 ただし花言葉を意識しすぎてもよくないので、カーネーションは贈る人を考えてあったカーネーションを選んでみてくださいね。

次の