パソコン スクショ やり方。 パソコンの画面をキャプチャする方法(スクリーンショット)<Windows 10>|サポート|dynabook(ダイナブック公式)

Windowsのスクリーンショットの撮り方と保存先設定 [Windowsの使い方] All About

パソコン スクショ やり方

ほとんどのキーボードの右上に、 PrintScreenとかかれたキーがあります。 PriScrと略されていることもあります。 特に色がついていない場合は、PrintScreenを押すだけです。 青色や緑色など色が付いていることがあります。 キーボードの左下や右下にある Fnキー(エフエヌキー)。 PrintScreenキーとFnキーは 同じ色をしています。 つまりこの2つのキーは対応しています。 Fnキーを押しながら PrintScreenキーを押します。 1回押せば それでキャプチャは出来ています。 ここでWindowsの付属ソフト Paintを起動します。 キャプチャした画面が貼り付けされます。 適当に名前を付けて、JPGで保存してみましょう。 画像ファイルとして保存されます ファイルを開いたら、キャプチャした画面を見ることができます。 開いているウィンドウのキャプチャ 開いているウィンドウをキャプチャする方法は、 Altキーを使用します。 Fnキーの近くやキーボード左下にあります。 何かのウィンドウをパソコン画面上で開きます。 そして、 Altキーを押しながら PrintScreenキーを押します。 Fnキーを使う場合は、Altキーを押しながら FnキーとPrintScreenキー。 Paintで貼り付けて、保存します。 下記のように開いているウィンドウだけキャプチャ出来ていたら成功です。 ウィンドウがキャプチャできず、画面全体がキャプチャされるという場合は、ウィンドウが選択されていません。 マウスなどで一度ウィンドウをクリックすると、選択された状態になります。 このような選択されているウィンドウ、操作の対象となっているウィンドウを アクティブウィンドウといいます。 Snipping Tool スニッピングツール Windows 7以降のOSには、Snipping Tool スニッピングツールという画面キャプチャのソフトウェアが標準で搭載されています。 Snipping Toolが起動します。 どのようにキャプチャするか、何をキャプチャするかを選びます。 自由形式の領域切り取りでは、ハサミのアイコンが出てきてマウスを動かして切り取った部分がキャプチャされます。 四角形の領域切り取りでは、マウスを動かして切り取った部分がキャプチャされます。 ウィンドウの領域切り取りでは、表示されているウィンドウのキャプチャがとれます。 事前にキャプチャしたいウィンドウを表示させ、Snipping Toolを起動させるという方法です。 ウィンドウのキャプチャがとれます。 全画面の領域切り取りでは、デスクトップ全体のキャプチャがとれます。 ファイル形式は PNGやJPGなどを選べます。 保存されたキャプチャ画像です。 ペイントもSnipping Toolもよく使う場合は、デスクトップなどにショートカットを作成しておくと便利です。 サイドバー.

次の

Windows 10パソコンのスクリーンショットを撮る6つの方法

パソコン スクショ やり方

ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。 その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。 現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。 【スクリーンショットの3パターン】• PC画面全体のスクリーンショットを取る• アクティブウインドウのスクリーンショットを取る• 範囲指定でスクリーンショットを取る 専門用語が多くてわかりにくいと思いますが、記事を読みながら進めていけば絶対にわかるので、まずはそのまま読んでいってください。 PCの画面全体のスクリーンショット方法には2種類ある まずPC画面全体のスクリーンショットには• クリップボードに保存するやり方 の2通りがあります。 僕は仕事上、スクショを大量に使うので前者のやり方を使っています。 画像のスクショを大量に使う人は間違いなく• ピクチャフォルダに自動保存するやり方 が良いと思うので先にご紹介しておきます。 例えば文章をコピーして他の箇所に貼り付ける際には• 実は スクリーンショットを取った際にも一時的にクリップボードに保存されています。 クリップボードの画像はPCフォルダに保存されている訳ではないので、 エクセルやペイントなどに貼り付けて使用するか、クリップボードの画像をフォルダに自動保存できるソフトをインストールする必要があります。 また複数のテキストや画像をクリップボードに保存することもできません。 やり方は簡単で、全画面スクショを取りたい画面で 「Windowsキー+PrtScr(PrintScreen)」を同時押しするだけです。 「ピクチャ」フォルダをクリックすると… 「スクリーンショット」というフォルダが作られていますね。 「Windowsキー+PrtScr(PrintScreen)」で取ったスクショは全部上記のフォルダに保存されるので覚えておくといいですね。 大量のスクショ画像を取る人には超便利です。 【画像の自動保存先を変える方法】 ちなみにデフォルトでは自動保存先が「ピクチャ」フォルダになっていますが、もしデスクトップなどに自動保存先を変更する場合は以下の方法で出来ます。 「場所」メニューから「移動」をクリックしてください。 変更したい保存先を選択して「フォルダの選択」をクリックします。 ここでは例として「デスクトップ」を選択してみます。 保管場所を変更したら「適用」をクリックしましょう。 これは「元の場所のファイルが全部移動先に移動するけどいいですか?」という質問なので「はい」でOKです。 フォルダをデスクトップに移動していいですか?という質問なので「はい」でOKです。 これで画像ファイルとフォルダがデスクトップに移動され、保存先がデスクトップになります! 画面全体をスクリーンショット=クリップボードに保存 次は画面全体のスクリーンショットを クリップボードに保存する方法です。 やり方は簡単で、PCに保存したい画面が表示されている状態で 「PcrScr(PrintScreen)」を同時に押すだけです。 クリップボードに保存した画像はエクセルなどに貼り付けて使うことができます。 エクセルで貼り付けたい箇所にカーソルを置いて貼付けをします。 スクリーンショットの貼付けができました! ちなみにこの方法はエクセルやペイントで使う分には良いですが、画像保存には手間がかかるので、 エクセルやペイントなどのソフトに貼り付けて使うときのみ使用するのが良いかなと思います。 上記の画像の通り、 PC下のタスクバーを覗いたウインドウ部分のみをクリップボードに保存してくれます。 やり方は 「Alt+PrcScr(PrintScreen)」を同時押しするだけです。 クリップボードに保存した画像はエクセルやペイントなどに貼り付けて使いましょう。 上記の画像のようにPC内の指定した範囲のみをクリップボードに保存することができます。 やり方は 「Shift+Windowsキー+S」を同時押しで出来ます。 クリップボードに保存した画像はエクセルやペイントなどに貼り付けて使いましょう。 Windows10のショートカットキーを使ったスクリーンショット方法は以上です!! Snipping Toolで指定範囲のスクリーンショット(フォルダ保存)を取る方法 最後にSnipping Toolを使って指定範囲のスクリーンショットをとる方法もご紹介しておきます。 Snipping Toolとは Windows10にデフォルトでついてる画面キャプチャソフトです。 なぜSnipping Toolが必要なのか?というと、 Windows10のショートカットキーを使った範囲指定のスクリーンショットは、フォルダに保存することができないからです(クリップボードしか保存できない)。 Snipping Toolを使えば指定範囲を画像として保存することができますので、使い方を覚えておきましょう。 まずはデスクトップの「スタートメニュー」を開いた状態で「sni」とかで良いので入力しましょう。 上記が起動した状態です。 「新規作成」をクリックして、早速スクリーンショット (厳密にはキャプチャですが、記事タイトル的にスクショと言わせてください)していきましょう。 画面が真っ白になったらキャプチャしたい範囲をマウスでドラッグしましょう。 こんな感じで、あとは 保存したい範囲でマウスの左クリックを離すだけです。 これが編集画面ですね。 Snipping Toolはガチで編集機能が少ないので画像加工ツールとしては使えないです。 ですね。 保存先は「デスクトップ」にしてみましょう。 保存先を決めたら「保存」をクリックします。 デスクトップにキャプチャした画像が保存されました! これでSnipping Toolを使ったスクリーンショット作業は終了です。 おつかれさまでした! まとめ では最後にやり方をまとめておきます。 Windows10のショートカットキーを使ったスクリーンショット方法には• PC画面全体のスクリーンショットを取る方法• アクティブウインドウのスクリーンショットを取る• 範囲指定でスクリーンショットを取る の3つがあります。 ただショートカットキーを使ったやり方では指定範囲のスクショでフォルダに保存できないので、Snipping Toolで指定範囲のスクリーンショット(フォルダ保存)で範囲指定の画像を保存するようにしましょう。 アーカイブ•

次の

Windows10のパソコンでスクショ(スクリーンショット)する方法

パソコン スクショ やり方

ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。 その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。 現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。 【スクリーンショットの3パターン】• PC画面全体のスクリーンショットを取る• アクティブウインドウのスクリーンショットを取る• 範囲指定でスクリーンショットを取る 専門用語が多くてわかりにくいと思いますが、記事を読みながら進めていけば絶対にわかるので、まずはそのまま読んでいってください。 PCの画面全体のスクリーンショット方法には2種類ある まずPC画面全体のスクリーンショットには• クリップボードに保存するやり方 の2通りがあります。 僕は仕事上、スクショを大量に使うので前者のやり方を使っています。 画像のスクショを大量に使う人は間違いなく• ピクチャフォルダに自動保存するやり方 が良いと思うので先にご紹介しておきます。 例えば文章をコピーして他の箇所に貼り付ける際には• 実は スクリーンショットを取った際にも一時的にクリップボードに保存されています。 クリップボードの画像はPCフォルダに保存されている訳ではないので、 エクセルやペイントなどに貼り付けて使用するか、クリップボードの画像をフォルダに自動保存できるソフトをインストールする必要があります。 また複数のテキストや画像をクリップボードに保存することもできません。 やり方は簡単で、全画面スクショを取りたい画面で 「Windowsキー+PrtScr(PrintScreen)」を同時押しするだけです。 「ピクチャ」フォルダをクリックすると… 「スクリーンショット」というフォルダが作られていますね。 「Windowsキー+PrtScr(PrintScreen)」で取ったスクショは全部上記のフォルダに保存されるので覚えておくといいですね。 大量のスクショ画像を取る人には超便利です。 【画像の自動保存先を変える方法】 ちなみにデフォルトでは自動保存先が「ピクチャ」フォルダになっていますが、もしデスクトップなどに自動保存先を変更する場合は以下の方法で出来ます。 「場所」メニューから「移動」をクリックしてください。 変更したい保存先を選択して「フォルダの選択」をクリックします。 ここでは例として「デスクトップ」を選択してみます。 保管場所を変更したら「適用」をクリックしましょう。 これは「元の場所のファイルが全部移動先に移動するけどいいですか?」という質問なので「はい」でOKです。 フォルダをデスクトップに移動していいですか?という質問なので「はい」でOKです。 これで画像ファイルとフォルダがデスクトップに移動され、保存先がデスクトップになります! 画面全体をスクリーンショット=クリップボードに保存 次は画面全体のスクリーンショットを クリップボードに保存する方法です。 やり方は簡単で、PCに保存したい画面が表示されている状態で 「PcrScr(PrintScreen)」を同時に押すだけです。 クリップボードに保存した画像はエクセルなどに貼り付けて使うことができます。 エクセルで貼り付けたい箇所にカーソルを置いて貼付けをします。 スクリーンショットの貼付けができました! ちなみにこの方法はエクセルやペイントで使う分には良いですが、画像保存には手間がかかるので、 エクセルやペイントなどのソフトに貼り付けて使うときのみ使用するのが良いかなと思います。 上記の画像の通り、 PC下のタスクバーを覗いたウインドウ部分のみをクリップボードに保存してくれます。 やり方は 「Alt+PrcScr(PrintScreen)」を同時押しするだけです。 クリップボードに保存した画像はエクセルやペイントなどに貼り付けて使いましょう。 上記の画像のようにPC内の指定した範囲のみをクリップボードに保存することができます。 やり方は 「Shift+Windowsキー+S」を同時押しで出来ます。 クリップボードに保存した画像はエクセルやペイントなどに貼り付けて使いましょう。 Windows10のショートカットキーを使ったスクリーンショット方法は以上です!! Snipping Toolで指定範囲のスクリーンショット(フォルダ保存)を取る方法 最後にSnipping Toolを使って指定範囲のスクリーンショットをとる方法もご紹介しておきます。 Snipping Toolとは Windows10にデフォルトでついてる画面キャプチャソフトです。 なぜSnipping Toolが必要なのか?というと、 Windows10のショートカットキーを使った範囲指定のスクリーンショットは、フォルダに保存することができないからです(クリップボードしか保存できない)。 Snipping Toolを使えば指定範囲を画像として保存することができますので、使い方を覚えておきましょう。 まずはデスクトップの「スタートメニュー」を開いた状態で「sni」とかで良いので入力しましょう。 上記が起動した状態です。 「新規作成」をクリックして、早速スクリーンショット (厳密にはキャプチャですが、記事タイトル的にスクショと言わせてください)していきましょう。 画面が真っ白になったらキャプチャしたい範囲をマウスでドラッグしましょう。 こんな感じで、あとは 保存したい範囲でマウスの左クリックを離すだけです。 これが編集画面ですね。 Snipping Toolはガチで編集機能が少ないので画像加工ツールとしては使えないです。 ですね。 保存先は「デスクトップ」にしてみましょう。 保存先を決めたら「保存」をクリックします。 デスクトップにキャプチャした画像が保存されました! これでSnipping Toolを使ったスクリーンショット作業は終了です。 おつかれさまでした! まとめ では最後にやり方をまとめておきます。 Windows10のショートカットキーを使ったスクリーンショット方法には• PC画面全体のスクリーンショットを取る方法• アクティブウインドウのスクリーンショットを取る• 範囲指定でスクリーンショットを取る の3つがあります。 ただショートカットキーを使ったやり方では指定範囲のスクショでフォルダに保存できないので、Snipping Toolで指定範囲のスクリーンショット(フォルダ保存)で範囲指定の画像を保存するようにしましょう。 アーカイブ•

次の