中国での血小板減少症候群 英語。 ダニに咬まれ各地で死者続出 一年遅れの公表 「政権安定のため」か=中国

日本全国、マダニに注意ダニ!!

中国での血小板減少症候群 英語

【大紀元日本9月14日】中国河南省商城県のある村で、73才の漢方医・呉德政さんはベッドの上で身体を丸め痙攣が続いた。 身体の痛みを訴え続けていた呉さんは高熱、吐血、嘔吐,下痢が止まらず、3、4日後、器官機能が衰弱し、今年の6月11日にこの世を去った。 呉さんは「発熱を伴う血小板減少症候群」と診断された。 ダニに咬まれたことが起因だった。 中国国内紙「新京報」9月8日付けの報道によると、呉さんのようなダニに咬まれた患者は今夏、商城県で数百人発覚され、そのうち数十人が死亡。 村民たちはパニック状態になっている。 昨年すでに死亡例があったのだが、村の幹部の話によると「維穏」(政権安定)のために昨年は公表しなかったという。 また、中国各地の報道によると、河南省のほか、北京、湖北省、江蘇省、安徽省など12の省で同じような疫病が発覚しており、確定した死者数は33人にのぼっている。 河南省では累計557人が発症、18人死亡 商城県でのダニ感染による死者数に関して、9月8日付けの「新京報」は、「関連情報は疫病の範囲であるため、県の疾控センターに死者数を発表する資格はないと同センターが示した」ことを報道している。 「新京報」報道の同日夜、河南省衛生庁が通達を公表した。 これによると、疑似無形体病例が初めて発覚した07年5月から今年9月8日までに同省で発見された類似の病例は557例で、死亡者数は18人。 特に信陽市の商城県溮(し)河区と光山県和平橋区に集中しているという。 調査によると河南省の今回の同症候群は5月から8月に集中して発生しており、40歳から70歳の間で多く発病しているそうだ。 この症候群は、発熱に伴い白血球、血小板が減少し、多臓器の機能障害を引き起こすことが特徴で、潜伏期間は1、2週間。 多くは急性で、40度以上の高熱が続く。 症状としては全身の不調、虚脱感、頭痛、筋肉痛、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢など。 心臓、肝臓、腎臓などの多臓器にわたる機能障害を伴う。 商城県基層病院では、昨年から現在まで誤診が起きており、一部医院の医療スタッフは、伝染病の予防治療法に則した患者処理を行っていない、と村民は話している。 このほか山東省の蓬莱市でも3人が同じ症状で死亡していると人民網が伝えている。 各地が報道した情報を合わせると、少なくとも12の省で類似症状が報告されており、確定した死者数だけで33人以上にのぼっている。

次の

重症熱性血小板減少症候群

中国での血小板減少症候群 英語

詳細は「」を参照 主として重症熱性血小板減少症候群ウイルス(: Severe fever with thrombocytopenia syndrome virus; SFTSV) を保有するがヒトを刺咬することによって感染する。 は6-14日とみられている。 初めての症例が報告されたでは、 Haemaphysalis longicornis 、 Rhipicephalus microplus からウイルスが分離されており、人間だけでなくダニに咬まれることの多いの感染が確認されている。 2017年10月には日本のでから人間に感染する事例が確認され、世界で初めてのから人への感染例として報告された。 症状 [編集 ] 主な症状はや症状(吐き気、、腹痛、、下血など) 、神経症状(頭痛、筋肉痛、意識障害、失語)、腫脹、皮下出血など。 機序 [編集 ] 2020年1月、日本のは、SFTS患者体内でSFTSVが標的とする細胞を同定した。 SFTSVはリンパ節、、などで、主に「抗体産生細胞である形質芽球に分化しつつある」に感染し、血管に入り全身臓器に拡散する。 さらに、形質芽球と似た特徴を持つ培養細胞株のPBL-1細胞を用いて、体内で起こるウイルス感染を内で再現が可能なSFTSV感染の実験系の開発にも成功した。 確定診断 [編集 ] 血中の SFTS ウイルスの検出やの上昇。 疫学 [編集 ] 流行が確認されている国は、日本、中国、である。 日本国内の報告 [編集 ] 2016年4月27日までにSFTSの届け出があった府県 2016年2月24日時点で170名以上の感染例が報告されているが、当初に作成された疑い患者要件を満たしていない軽症例が見逃されている可能性が指摘されている。 2013年1月に報告された最初の患者は2012年秋に発症した50代の女性で、原因不明のまま死亡した。 後に保存検体の検査により SFTSV のとウイルスが確認され重症熱性血小板減少症候群と確定した。 この事例を元には「疑い患者要件」を公表して全国に情報提供を求めた。 (当初)疑い患者要件• 38度以上の発熱• 消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血のいずれか)• (AST、ALT、LDHのいずれもの上昇)• 他の感染症によること又は他の病因が明らかな場合は除く• 集中治療を要する、若しくは要した、又は死亡した者。 情報提供により、における海外渡航歴のない成人男性 と、2012年秋の宮崎県における海外渡航歴と近年の国内旅行歴のない成人男性で、いずれも報告時点では死亡している。 さらに、その後の調査では確認可能な最も古い患者は2005年である事と 、死亡した患者の血液から発見されたSFTSウイルスのは中国で発見されたものとはわずかに異なっていることが明らかとなり、中国での確認以前から日本国内に存在していた事が証明された。 また、厚生労働省は、死亡例が相次いだのは感染源が特定されたためであり、急に流行しているわけではないとしている。 その後もウイルス感染の報告が相次ぎ、2013年の春から秋にかけて高齢者を中心にの13県53人の感染を確認、うち21人の死亡が報告されている。 現時点では前述の通り西日本において感染者が出ているが、2月に公表された厚生労働省研究班の調査結果によると、や、に生息するマダニからもSFTSウイルスが検出されており、病原体は全国的に分布していることが明らかとなった。 日本国外の報告 [編集 ] 2006年11月以降、最初に確認された中国安徽省以外にも中国の11行政区で数百人以上の感染者が報告されている。 2013年2月には、韓国の保健福祉部疾病管理本部がダニを調査した結果、同国内全域に生息しているからSFTSウイルスが確認されたことを明らかにしており 、同年5月以降、同国のやで感染による死亡者が出ている。 また、でもSFTSウイルスに似たウイルスによる重症熱性血小板減少症候群様の患者が報告されている。 中国での流行 [編集 ] 中国国内においてSFTSウイルスが患者から分離された省(赤) 2006年11月に安徽省で発見され、2007年頃から拡大して南部(しんよう、シンヤン)を中心に流行。 「発熱を伴う血小板減少」という特別な病状を示しておりこれは症例の特徴であるが、「」 HGA の証拠が見つけられない場合もあった。 発見後の2008年始め頃には治療と診断のガイドラインも出て広範囲で疫学調査が開始されたが、原因不明ということで流行は公表されなかった。 しかし、2010年9月8日には新聞のスクープがきっかけとなり公表されるに至った。 同年8月に行われた調査結果によれば河南省で557人が感染し18人が死亡、で182人が感染し13人が死亡、の省都で4人が死亡(6人死亡という報道有り)し、合計35人以上が死亡するなど31の1級行政区(省など)中12の地域に広がっているとされる。 ではHGAへの監視を2008年5月に開始しており、一方のに対する監視は河南省とが2009年5月に開始している。 また、河南省が信陽市に専門家を派遣したのは2010年4月初旬のことで、中国が河南省に専門家を派遣したのは同年9月12日のことである。 中国では一連の症例に対して、「 発熱を伴う血小板減少症候群(: 发热伴血小板减少综合征、: fever- thrombocytopenia syndrome または thrombocytopenia with fever)」という仮の名称を付けている(症例定義で「発熱」が必須とされている)。 安徽省、河南省、山東省、江蘇省、湖北省、、、、、、、の12の1級行政区に広がっている。 感染者は河南省の、、、に集中している。 特に河南省信陽市商城県はダニの汚染地区で、全県で数百人が咬まれ、多数の死亡例がある。 女性と老人(40歳以上)に危険が高い(感受性の問題か社会的な問題かは不明)。 症例は5月、6月に集中して発生している。 中国においては治療にの投与が行われているが、有効性は不明である。 関連法規 [編集 ]• - 四類感染症 参考資料 [編集 ]• FORTH 2010年9月10日• 厚生労働省 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 『』誌2010年10月1日号には、最初アナプラズマ症と診断されたが、のチームがとし、その成果を中国チームが利用したいきさつが掲載されている。 米中2つのチームが別々に『』 NEJM と『』に報告した。 米国チームはDabie mountain virus、中国チームはsevere febrile and thrombocytopenic syndrome SFTS virusと名づけた。 米国チームはが全く効かないなどの理由からアナプラズマ症の可能性を完全否定している。 2006年のでの9例の中国による調査報告(中国初のHGA感染例とした)ではダニの咬んだ跡はないと明記されており、また患者相互に密接な接触があったとしている。 出典 [編集 ]• 2011. N Engl J Med. 364 16 : 1523-32. 2014年10月11日閲覧。 [ リンク切れ]• 142-143, :• 国立感染症研究所 2020年1月10日. 2020年1月31日閲覧。 The Journal of Clinical Investigation. January 6, 2020. [ 西條政幸「日本における重症熱性血小板減少症候群と今後の課題」]『日本内科学会雑誌』2014年 103巻 10号 p. 2581-2586, :• 国立感染症研究所. 2016年5月10日閲覧。 『ウイルス』2015年 65巻 1号 p. 7-16, :• 7-12 , :• 厚生労働省 健感発0130第1号平成25年1月30日• 毎日新聞社. 2013年2月21日. の2013年2月24日時点におけるアーカイブ。 2014年2月26日閲覧。 2014年2月26日閲覧。 , IASR, 2014 ,• 在大韓民国日本国大使館 安全情報 2013年7月閲覧• 厚生労働省 2013年7月閲覧• Zhong-Tao Gai et al. J Infect Dis. 2012 206 7 : 1095-1102, :. 国立感染症研究所 関連項目 [編集 ]• 、 - ダニを媒介とする感染症• (CCHF) - ダニを媒介とする重篤な病気。 SFTS同様、のウイルスによって引き起こされ、を起こす。 ではSFTSよりも危険度、優先度の高い一類感染症に指定されている。

次の

SFTSのヒト-ヒト感染事例ついて(文献レビュー)

中国での血小板減少症候群 英語

マダニは春~秋にかけてが活動期のため、今の時期はより注意が 必要です。 そこで今回は『重症熱性血小板減少症候群 SFTS 』に 関するお話です。 2013年1月に国内で海外渡航歴のない方が罹患していたことが初 めて報告され、2015年5月現在122人の患者が報告されています。 60~80代の方の罹患が多く、死亡例も34人となっています。 出典:「重症熱性血小板減少症候群」(国立感染症研究所) また、これまでに患者が報告されている西日本以外でもSFTSウイ ルスを保有したマダニが見つかっており、全国的に注意が必要で す。 なお、SFTSウイルスに対しての有効なワクチンはありません。 症状は発熱、消化器症状 食欲低下・吐気・嘔吐・ 下痢・腹痛 が中心です。 時に頭痛、筋肉痛、リンパ節の腫れ、 呼吸困難、歯茎からの出血や下血、意識障害などもみられます。 ただし、マダニに咬まれたことに気がつかない、刺し口が見当た らない場合もありますので、症状が見られる場合は、すぐ受診を しましょう。 確定診断はウイルス学的検査 を行ないます。 マダニは皮膚にしっかりと口器を突き刺し、セメント質を出して 肌に固着し、数日から長いと10日間以上吸血します。 吸血中のマ ダニに気付き、無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内 に残って化膿したり、マダニの体液を逆流させてしまう恐れがあ るため、皮膚科などの医療機関で処置してもらいましょう。 また、マダニに咬まれた後、数週間は体調の変化に注意し、症状 がある場合は医療機関で診察を受けるようにしましょう。 なお、ペットなどの散歩後に、ペットの体表にマダニが固着して いる場合は獣医師に除去してもらいましょう。 ペットについてい るマダニに触れても感染はしませんが、飼い主が咬まれる場合も あります。 注意点:全てのマダニがSFTSのウイルスを保有しているわけでは ありません。 また、マダニは、食品や衣類、寝具などで 発生するダニとは全く種類が異なります。 マダニは森林や野山、裏庭、畑、あぜ道などに生息し ていますので、野外活動時には以下の対策を心がけましょう。 ・首にはタオルを巻くかハイネックのシャツを着用する。 ・シャツの袖口は軍手や手袋の中に入れる。 ・シャツの裾はズボンの中に入れる。 ・ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる。 マダニを完全に防ぐわけではありませんが、一定の 効果が確認されていますので、その他の予防方法と組み合わせて 対策をしましょう。 また、野外活動後は必ず入浴し、マダニに咬まれていないか身体 をチェックするように心がけましょう。 特にわきの下、足の付け 根、手首、膝裏、髪の毛の中などがポイントになります。 マダニに咬まれないよう野外活動時に はまず服装に気を付けましょう。 ただし、気温が高い中、身体を 衣服で覆うことになりますので、熱中症予防も併せて行なうよう にしましょう 前月号かわら版参照。 jpm1960. org 本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。 Copyright c The Association for Preventive Medicine of Japan. All rights reserved. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014.

次の