グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い。 スズキ グラストラッカー ビッグボーイの中古バイク・新車バイク探しはバイクブロス

グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い

グラストラッカーの タイヤを交換したい!ってなった時に、意外と自分の タイヤサイズっていくつだっけってなりませんか? バイクを中古で買ったりすると、 今履いているタイヤが正しいサイズなのかも不明だったり…。 タイヤをサイズアップして太くしたい!って方も多いでしょう。 果たして 問題は無いのでしょうか? 今回はそんな初心者向けに、 グラストラッカーのタイヤを見ていきたいと思います。 この記事では 2000年に発売されたグラストラッカーと、 派生車種として2001年に発売されたグラストラッカービッグボーイの両方を紹介します。 タイヤ交換にかかる 費用も気になるところ。 またタイヤも各メーカーから様々な種類が販売されており、 どれを買ったら良いのかって感じですよね。 おすすめのタイヤや適正な 空気圧なども紹介します! グラストラッカー 3. その中でも小柄で軽量だったために、女性や小柄な方に特に人気があったモデルです。 翌2001年にはサスペンションを延長し、 タイヤサイズが大きくなったラージモデルとしてグラストラッカービッグボーイが登場。 どちらも2004年と2009年に仕様変更が入り、2017年まで生産が続いたロングセラーモデル。 初期型から生産終了まで 全年式で同じタイヤサイズとなっています。 ただし、先ほど紹介したように グラストラッカーと グラストラッカービッグボーイでは サイズが違うので注意ですよ。 ・タイヤの適用リム幅と使用するホイールのリム幅が合っている ・タイヤ外径が大きく変わらない ・各部の干渉が無いこと これはグラストラッカーに限らず、 バイクのタイヤのサイズ変更をする際の基本となっています。 干渉は…ぶつからなければOKということですから難しくはないです。 ぶつかっていなくても、上2つを満たす必要がありますよ。 特にグラストラッカーはタイヤサイズが特殊で…選択肢が無いだけに、タイヤサイズの変更は気になるところです。 タイヤのリム幅とホイールのリム幅 ちなみにグラストラッカーの純正ホイールのリム幅は 全モデルで同じです。 ただし、タイヤサイズ同様にグラストラッカービッグボーイとはサイズが違います。 グラストラッカー F:1. 85 R:2. 5 グラストラッカービッグボーイ F:2. 15 R:3. 0 これに対して 履かせるタイヤの許容リム幅を確認します。 例えばブリヂストンの BT-45というタイヤ。 これの標準リム幅は 2. 15インチであり、許容リム幅は 1. 85~2. 50インチとなっています。 つまりこのタイヤを履かせるためには、 最低でも1. 85インチのリム幅のホイールが必要となり…最大でも2. 50インチのホイールまでという事。 グラストラッカーのフロントホイールは先ほど紹介したように1. 85インチなため、 純正の3. 00(80相当)から90に変更してもホイールのリム幅的にはOKということです。 このように見ていった時に、許容リム範囲に純正リムサイズが入っていなかったら…そのタイヤサイズはNGということになります。 とは言っても、物理的には干渉さえしなければバイクに取りつける事は可能…ではあります。 そうなると タイヤが本来持っている性能を発揮することが出来なくなりますよ。 本来の性能が発揮出来なくなるので、 リム幅を守って使いましょうという話になります。 スポンサーリンク タイヤ外径 またタイヤ 外径が変わることにも注意が必要です。 特にフロントタイヤの回転数から速度を計算している車種が多いので、フロントタイヤの外径が変わると 速度や走行距離が狂う原因に…。 そして バイクの本来持っている前後バランスを崩してしまうことになります。 先ほどのフロントタイヤで計算してみましょう。 純正の3. 00-18だと計算上の外径は 609. 2mmとなり、 9. 6mmほど外径が大きくなります。 つまり、半分の約 5mm車高が上がるということ。 フロントタイヤにこのタイヤを入れると、純正に比べて5mm前上がりに。 これを修正するにはフロントフォークの突き出し量を変えたりなんだりします。 しかし突き出しを変えることでも乗り味が変わりますので、この辺の 複雑なセッティングの知識が必要になってくるんですね。 もちろんそんな細かい話はどうでも良い、見た目が太くてカッコ良ければ走りは二の次三の次…って方は干渉しなければOKです。 見た目だけでなく走行性能も大事って方は、 リム幅と外径を考慮しながらサイズを選ぶことになります。 この辺りの詳しい話は別記事をどうぞ。 ダンロップの TT100GPです。 純正も恐らくコレかと思います。 前後共に 同じサイズでチューブ用とチューブレス用が存在します。 グラストラッカーの純正はチューブタイヤですので、チューブ用… WTとなっている方を選んで下さいね。 (チューブレス用はTL) マン島TTを始めとする、 往年のレースタイヤのパターンを再現したタイヤですね。 トラッカーというジャンルが基を辿ると1970年代ということもあり、やはりこの手のパターンのタイヤが似合いますね。 純正サイズを守りたい方におすすめのタイヤです。 グラストラッカービッグボーイのタイヤおすすめ3選! グラストラッカービッグボーイにおすすめのタイヤを 3種類紹介します。 通常のグラストラッカーはタイヤサイズが違うので、既に上で紹介しています。 続いてダンロップの TT100GPです。 往年のレースタイヤと同様のトレッドパターンを採用しており、 クラシカルな250TRにも似合うタイヤとなっています。 往年の…と言いつつも見た目だけで、中身は最新の技術を投入した スポーツタイヤ。 オンロードでのグリップの高さが特徴です。 このタイヤはフロントのサイズで チューブタイヤとチューブレスタイヤが存在します。 グラストラッカーはチューブタイヤですので、購入時には間違えないように注意が必要ですよ。 (一般的にチューブタイヤはWTと表記、チューブレスタイヤはTLと表記されています) オンロード走行が多い方や コーナーを楽しく走りたい方におすすめのタイヤです。 ダンロップ K180 F:1. 他には 取説にも記載があります。 中古ですと取説が無い…なんてことも間々ありますが…。 空気圧の管理は パンク防止や 事故防止に大切なのはもちろんですが、 セッティングとしても有効活用出来ますよ。 乗り心地を良くしたり、燃費を良くしたりと結構な変化があって面白いものです。 空気圧の調整は タダで出来ますので、標準値だけでなく 色々と変えてみてお気に入りを探すのも楽しい作業ですね。 ただし、やりすぎは危険も伴いますので… 注意点も含めて詳細は別記事もご覧になって下さい。 バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

次の

スズキ・グラストラッカー/ビッグボーイの魅力はコレだ! ロングセラーの理由とは?

グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い

2001年3月30日にスズキ グラストラッカービッグボーイが新登場。 型式は、BA-NJ47A 「スズキ グラストラッカービッグボーイ」の主な特徴• グラストラッカービッグボーイは、グラストラッカーがベース。 フレームが共通で外装パーツもほとんど同じ、スイングアームとフロントフォークを延長して前後のタイヤ径を拡大し、グラストラッカーを一回り大きくしたラージスケールモデル。 初期型のグラストラッカーに採用されたセル始動とキック始動付きのエンジンを採用。 グラストラッカーよりハンドル高さを30mm低く、ハンドル幅を20mm広くした。 グラストラッカーのタイヤは、ダンロップのTT100GP(ロードタイヤ)。 ビッグボーイのタイヤは、ダンロップのK180(ロード・ダート兼用ブロックタイヤ)。 グラストラッカーより1インチタイヤ径を拡大の前輪19インチ、後輪18インチを採用。 グラストラッカーよりフロントフォークを延長しフロントアクスル位置を20mm前に移動。 スイングアームも55mm延長し、リアサスペンションを延長。 フラットなリアフェンダーとリアコンビネーションランプ。 他はグラストラッカーとほぼ共通。 車体色とメーカー小売価格 394,000円 2002年3月にスズキ グラストラッカービッグボーイをマイナーチェンジして発売。 「スズキ グラストラッカービッグボーイ」の主な変更点• グラストラッカーは、キック始動が廃止されセル始動のみに変更されたが、グラストラッカービッグボーイは、キック付きエンジンはそのまま。 パッシングライトスイッチを廃止した。 ブレーキレバー形状を変更した。 ステアリングベアリングを変更した。 スイングアームピボット構造を変更した。 ハンドルバランサを廃止した。 グリップエンドキャップを追加した。 マフラーの簡素化した。 ヘルメットホルダ形状を変更した。 本体価格が394,000円から374,000円へ引き下げられた。 車体色とメーカー小売価格 374,000円 2004年4月にスズキ グラストラッカービッグボーイをマイナーチェンジして発売。 型式は、BA-NJ4BA 「スズキ グラストラッカービッグボーイ」の主な変更点• ST250 E typeと共通の軽く放熱性の高い高速メッキシリンダー SCEM を採用した249cc空冷単気筒4サイクル・SOHC2バルブ(J438型)の新設計エンジンを採用。 セル始動に加えてキック始動を併用したものを採用。 ローターを変更。 バッテリーを開放型から密閉型のメンテナンスフリータイプに変更。 メインステップの形状を変更。 タンデムステップが取り外し式となる。 マフラーをシンプル化した。 エキゾーストパイプを2本から1本へ変更。 メーカー小売価格 374,000円 2008年9月にスズキ グラストラッカービッグボーイをマイナーチェンジして発売。 型式は、JBK-NJ4DA 「スズキ グラストラッカービッグボーイ」の主な変更点• 排ガス規制のため、燃料供給装置をキャブレター方式からインジェクション方式に変更。 燃料供給装置は、「ST250 Etype」と共通。 始動方式がグラストラッカーと共通のものが採用され、キック始動を廃止してセル始動のみとなった。 エンジン出力は19psに下がり、実用トルクは少し上がり、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現。 マフラーを触媒レスマフラーから触媒付マフラーに変更。 シートが厚くなった。 燃料タンクが6Lから8. 4Lとなった。 ツールボックスの位置変更。 燃料残量警告灯が装備された。 フロントフォークブーツを標準装備。 メーカー小売価格 429,000円 2017年9月にグラストラッカーとグラストラッカービッグボーイの生産終了が発表された。 「スズキ グラストラッカービッグボーイ」のスペックの比較 車種名 グラストラッカービッグボーイ グラストラッカービッグボーイ グラストラッカービッグボーイ モデルチェンジ区分 新登場 マイナーチェンジ マイナーチェンジ 発売年月 2001年3月 2004年4月 2008年9月 型式 BA-NJ47A BA-NJ4BA JBK-NJ4DA 仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル 国内向けモデル 全長 mm 2135 2140 2200 全幅 mm 910 910 910 全高 mm 1145 1145 1145 軸間距離 mm 1405 1405 1405 最低地上高 mm 200 200 200 シート高 mm - 790 車両重量 kg 136 136 139 乗車定員(名) 2 2 2 原動機種類 4ストローク 4ストローク 4ストローク 気筒数 1 1 1 シリンダ配列 単気筒 単気筒 単気筒 冷却方式 空冷 空冷 空冷 排気量 cc 249 249 249 4スト・カム駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC) OHC(SOHC) 4スト・気筒あたりバルブ数 4 2 2 内径(シリンダーボア) mm 72 72 72 行程(ピストンストローク) mm 61. 2 61. 2 61. 2 圧縮比(:1) 9 9 9. 2 最高出力(kW) 15 15 14 最高出力(PS) 20 20 19 最高出力回転数(rpm) 7500 7500 7500 最大トルク(N・m) 21 21 21 最大トルク(kgf・m) 2. 1 2. 1 2. 1 最大トルク回転数(rpm) 6000 6000 5500 燃料タンク容量 L 6 6 8. 4 燃料供給方式 キャブレター キャブレター フューエルインジェクション エンジン始動方式 セルフ・ キック 併用式 セルフスターター式 セルフスターター式 点火装置 C. 式 C. 式 フルトランジスタ式 点火プラグ標準搭載・型式 DR7EA DR7EA DR7EA 点火プラグ必要本数・合計 1 1 1 搭載バッテリー・型式 YB10L-A2 YTX7L-BS YTX7L-BS クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板 湿式・多板 変速機形式 リターン式・5段変速 リターン式・5段変速 リターン式・5段変速 1次減速比 3. 238 3. 238 3. 238 2次減速比 2. 866 2. 866 2. 866 変速比 1速 2. 8180 1速 2. 8180 1速 2. 5 54. 15 2. 15 2. 15 ホイールリム形状(後) MT MT MT ホイールリム幅(後) 3 3 3 メーカー小売価格 - - - スズキ グラストラッカービッグボーイの年式毎の中古車販売価格 確認した日 車種 年式 色 走行距離 中古車販売価格 2020-01-24 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ Fiモデル 年式不明 - 1713km 38. 28万円 2020-01-24 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ トラッカーハンドル スーパートラップマフラー 2005年 - 8988km 17. 80万円 2019-11-04 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ ノーマル車 年式不明 - 18258km 19. 80万円 2019-11-04 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ 2004年 - 13555km 19. 99万円 2019-11-04 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ 後期キャブ車 2007年 - -km 24. 80万円 2019-11-04 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ ワンオーナー 2007年 - 1486km 21. 80万円 2019-11-04 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ インジェクションモデル 2008年 - 10143km 24. 90万円 2018-04-04 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ 2010年 - 21363km 24. 99万円 2017-08-21 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ 2001年 イエロー 37265km 12. 50万円 2017-06-08 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ インジェクション 2016年 オレンジII 5830km 24. 90万円 2017-01-16 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ 2006年 グレー 27418km 19. 33万円 2017-01-16 スズキ グラストラッカー ビッグボーイ 年式不明 ホワイト 5241km 26. 98万円• 最新記事.

次の

スズキ グラストラッカー ビッグボーイの中古バイク・新車バイク探しはバイクブロス

グラス トラッカー ビッグ ボーイ 違い

2000年4月24日にスズキ グラストラッカーが新登場。 型式は、BA-NJ47A グラストラッカーは、オンロード走行をメインにしつつオフロード走行も意識したデュアルパーパスモデル。 ロードモデルのボルティーから、エンジン、フレーム、フォーク、ホイール、キャブレターなどを流用。 250ccクラスの車種の中では小柄で乾燥重量が123kgと軽く、シート高も745mmと足つきが良い。 2001年11月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。 主な変更点は、キック始動が廃止されセル始動のみに変更。 マフラーの簡素化した。 ハンドルバランサを廃止。 パッシングライトスイッチを廃止。 ヘルメットホルダ形状を変更。 ステアリングベアリングを変更。 スイングアームピボット構造を変更。 ブレーキレバー形状を変更。 グリップエンドキャップを追加。 グラストラッカービッグボーイとの住み分けのために本体価格を384,000円から339,000円へ値下げしてコストダウンした。 2002年11月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを発売。 2003年5月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを追加発売。 2004年4月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。 型式は、BA-NJ4BA 主な変更点は、ST250 2003年12月発売 用の軽量で放熱性の高い高速メッキシリンダーを採用した空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンを搭載。 これまでの4バルブによる高回転域での効率的な高出力は失ったが、2バルブ化により低回転寄りのセッティングに変わり低回転域でのトルクが向上。 ローターを変更。 マフラーをシンプル化。 エキゾーストパイプを2本から1本へ変更。 メインステップの形状を変更。 バッテリーを開放型からメンテナンスフリータイプ(密閉型)に変更。 タンデムステップが取り外し式に。 車両重量が123kgから120kgに。 2008年9月22日にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。 型式は、JBK-NJ4DA 主な変更点は、2007年自動車排出ガス規制の適合のため、燃料供給装置をキャブレター方式からインジェクション方式に変更。 燃料供給装置は、「ST250 Etype」と共通のもの。 エンジン出力は19psに下がり、実用トルクが若干上がり、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現。 マフラーを触媒レスマフラーから触媒付マフラーに変更。 シートが厚くなった。 燃料タンクが6Lから8. 4Lとなった。 ツールボックスの位置変更。 燃料残量警告灯が装備された。 車両重量表記が乾燥重量120kgから装備重量136kgへ改めた。 2013年8月23日にスズキ グラストラッカーをカラーチェンジして発売。 2014年8月28日にスズキ グラストラッカーの2014年モデルを発売。 主な変更点は、タンクのSエンブレムが変更。 2017年9月に平成28年自動車排出ガス規制によりグラストラッカーの生産終了を発表。 スズキ ST250の歴史 2003年12月にST250が新登場。 型式は、 BA-NJ4AA。 ST250は、ボルティーの後継車種として、クラシカルなフォルムを引継ぎ、比較的リーズナブルで乗りやすい250ccネイキッドのスタンダードモデルとして開発。 スペックは追求せず、手軽に乗れて日常使用に適した乗りやすい仕様。 車体色は、2色 パールグラスホワイト、ソリッドブラック。 2004年1月にST250Eタイプが新登場。 型式は、 BA-NJ4AA。 車体色は、2色 パールダークスペースブルー、パールネブラーブラック。 2005年1月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。 車体色は、ST250が2色(パールクリスタルレッド、ソリッドブラック)。 2006年3月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。 車体色は、ST250が2色(オールトグレーメタリック、ソリッドブラック)。 2008年2月にST250Eタイプをマイナーチェンジ。 型式は、 JBK-NJ4CA。 排出ガス規制対応のため、新たにフューエルインジェクションを搭載。 ここからは、セル始動のみのEタイプだけとなった。 車体色は、2色 キャンディソノマレッド、パールネブラーブラック。 2008年6月にST250Eタイプの特別・限定車を発売。 2012年3月20日にST250Eタイプをカラーチェンジ。 車体色は、2色 グラスミッドナイトブラウン、ミストグリーンメタリック。 2012年4月25日にST250Eタイプのカラー追加。 2012年8月30日にST250Eタイプをカラーチェンジ。 2014年4月14日にST250Eタイプをカラーチェンジ。 これが最終モデル。 ここでは、 2014年8月28日発売のスズキ グラストラッカー JBK-NJ4DA と 2014年4月14日発売のスズキ ST250 Eタイプ JBK-NJ4CA の違いを比較しました。 2 61. 2 圧縮比(:1) 9. 2 9. 2 最高出力(kW) 14 14 最高出力(PS) 19 19 最高出力回転数(rpm) 7500 7500 最大トルク(N・m) 21 21 最大トルク(kgf・m) 2. 1 2. 1 最大トルク回転数(rpm) 5500 5500 燃料タンク容量 L 8. 7 1. 9 クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板 変速機形式 リターン式・5段変速 リターン式・5段変速 1次減速比 3. 238 3. 238 2次減速比 2. 733 2. 866 変速比 1速 2. 8180 1速 2. 85 1. 85 ホイールリム幅(後) 2. 5 2. 5 メーカー小売価格 430920円 484920円 グラストラッカーとST250の比較の口コミ• 口コミ・インプレ.

次の