足の臭い 体調不良。 足のニオイは「爪垢」が原因かも!?簡単にできる足の爪のケア方法

蚊に刺されやすい人は足が臭い?刺されやすい人の特徴と臭い対策 [男のボディケア] All About

足の臭い 体調不良

内臓機能の低下で臭いが消せなくなる• 自律神経が乱れて汗が出やすくなる• 免疫機能が低下して雑菌が繁殖する• 疲労自体でアンモニア出やすくなる このように臭い物質自体が出たり、臭いを無臭化できなくなったり、足の臭いの発生原因の汗や雑菌を強化してしまうため、足の臭いが発生しやすくなります。 続いて具体的な理由を見ていきましょう。 足の臭いに体調不良や疲労が影響する4つの理由 内臓機能の低下 体調不良や疲労で内臓機能が低下すると臭い成分を解毒できずに様々な臭いを発します。 例えば、胃腸なら腐った卵の臭い、肝臓ならアンモニア臭などあげられます。 これらの臭いが気になる場合はの記事で詳しくお伝えしていますので、合わせてご覧になって下さい。 自律神経の乱れ 体調不良や疲労しているときは仕事で、強いストレスに晒されていることが多いと思います。 ストレスはカラダのめぐりを悪くして内臓機能の低下につながります。 それだけではなく、汗は自律神経でコントロールされているので、 強いストレスは汗を出しやすい状態にしてしまいます。 免疫力の低下 足の臭いは体調不良や疲労による免疫力の低下で常在菌などの雑菌のバランスが悪くなることで、雑菌が大量繁殖して起こることもあります。 疲労物質の蓄積 疲労している状態は乳酸がカラダに多く溜まっています。 乳酸はアンモニアと一緒に汗として排出される性質があるので、酸っぱい臭いを生み出してしまいます。 通常は アンモニアは無臭化されますが、疲労が強くアンモニアを尿素に変換する能力を上回ると汗と一緒に出てしまうんです。 こうしたアンモニア臭いはなどで対策可能です。 足の臭いから紐解く体調不良の種類 すっぱい臭い すっぱい臭いの場合は汗腺の機能が落ちていて、いい汗をかけずに老廃物が流れ出ている状態です。 老廃物にはアンモニアなどのすっぱい臭いがする物質が含まれています。 ゴムが焼けたような臭い ストレスによってもたらされる臭いです。 様々な方法で日々のストレスを解消することが大切です。 雑巾のような臭い 雑巾のような臭いは腸内の菌のバランスが悪くなっている可能性があります。 乳酸菌やオリゴ糖などを積極的に摂取しましょう。 うんちのような臭い うんちのような臭いの原因はスカトールなどの臭い物質。 こちらも腸内環境の悪化によって引き起こされます。 便秘でためこんでいる人は要注意です。 食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。 また、肺の機能が低下すると便の臭いがすることがわかっています。 こちらが心配な方はも合わせてご覧になって下さい。 甘い臭い 甘い臭いや甘酸っぱい臭いがした場合は糖尿病の可能性もあるため要注意です。 これは体内で糖質が分解できずに、糖の代わりに脂肪がエネルギーとして使われると発生するケトン体によるものです。 また、糖質制限ダイエットをしていると発生します。 糖質制限中は脂肪がエネルギーとして使われて同じようにケトン体が発生するからです。 詳しくはでお伝えしています。 体調不良や疲労臭による足の臭いへの対策 良質で十分な睡眠 睡眠は疲労回復のために大切な要素。 寝ている間に成長ホルモンによってカラダの細胞は修復されて、免疫細胞であるNK細胞も増えます。 睡眠時間が長いことも重要ですが、それ以上に質も重要です。 胃の中に食べ物が残っていると質が下がるので、寝る3時間前には食事を済ませましょう。 また、寝る1時間前はスマホやPCのブルーライトを浴びないようにしましょう。 ブルーライトは睡眠を促すメラトニンの分泌を低下させて睡眠の質を下げる要因になります。 非日常を味わストレスを解消する ストレスを感じている女性に比べてストレスが低い女性はアンケート調査によって旅行にいったり、笑うという回答が多いことがわかっています。 これは科学的な理由があって、旅行は非日常を味わうことで、脳内物質のドーパミンやセロトニンが分泌され、ストレス解消に役立っているんです。 ドーパミンはストレスを感じた時に出るノルアドレナリンやコルチゾールとは対極にある物質。 そして、セロトニンは幸せホルモンと呼ばれストレスに対抗するパワーがあります。 また、笑うことによってセロトニンが増えるので、自然とストレスがたまらない行動ができていたということになります。 その他のストレス対処法もの記事でお伝えしています。 バランスの取れた食生活 消化に負担がかかり、酵素が減りやすい肉食を避けて発酵物に含まれる乳酸菌や野菜や海藻類、きのこ類に含まれる食物繊維を中心にビタミン、ミネラルをバランスよく摂取しましょう。 また、 オルニチンは機能が低下した肝臓を保護する働きがあり、アンモニアを代謝してくれます。 しじみやマグロ、ヒラメ、しめじなどに多く含まれています。 それ以外にも、 疲労物質である乳酸を分解してくれるクエン酸も重要です。 クエン酸は血流を促進して代謝を上げてくれ、キレート作用というミネラルの吸収を促進する作用がありカラダにいい成分。 レモンやライムに多く含まれています。 その他の成分についてはの記事で詳しくお伝えしています。 適度な運動 運動は汗の質を上げて臭わない汗をかくことにつながります。 また、血流もよくなりストレスも解消にも役立ちます。 日頃からオフの日などにウォーキングを20分〜30分ほど行ってみて下さい。 もっと詳細に知りたい方はの記事をご覧下さい。 お酒を飲みすぎない 飲みすぎは肝臓機能が落ちアンモニアを分解しきれず臭いの原因になります。 さらに肝臓疲労は毒素を無臭化できなくなるので、足の臭いだけでなく体臭が発生する原因にもなります。 クエン酸を入れたお風呂に入る 酢などに含まれるクエン酸は酸性の物質。 疲労臭の原因になるアンモニアはアルカリ性なので中和してくれ、さらにアンモニアが出にくくなります。 もあるので、気になる方は合わせてご覧下さい。 足の臭い対策する時間もないほど激務で体調不良や疲労を招いている方におすすめのアイテム 足の臭い対策する時間もないくらい忙しい方におすすめのアイテムが消臭パウダーのフットクリアです。 忙しくても靴に入れて履くだけで足の臭いが激減するだけでなく、足の臭いの元になりやすい靴の臭いや靴下の臭いもこれ1つで対策できます。 実際にもありますので、手間暇かけずに足の臭いを無臭化したいならご覧になってみて下さい。 まとめ 足の臭いが体調不良や疲労から発生するのは臭いを肝臓で無臭化できなくなったり、足の臭いの発生要因である汗や雑菌を強化してしまうことが原因です。 疲労臭は特に忙しい仕事の人は要注意。 食生活や睡眠などをすぐに変えるのは面倒だし仕事が忙しくて物理的に難しいという人も多いと思いますが、知らず知らずのうちに周りに迷惑をかける前にできるところから対策を初めてみて下さい。

次の

足の臭いは体調不良や疲労臭?臭いの種類や4つの原因と6つの対策|足の臭い女性の原因と対策や正しい対策グッズの選び方まとめ

足の臭い 体調不良

Contents• 納豆の臭いの正体とは? 足の納豆の臭いの原因はズバリ、 「イソ吉草酸」です。 汗をかく夏、汗腺機能が衰える春、ブーツでムレやすい秋冬、足の臭いの悩みは年中ありますが、靴の中がムレて汗や垢が雑菌・バクテリアによって分解されることによってこのイソ吉草酸という物質ができて足が納豆やチーズのような臭いになってしまいます。 イソ吉草酸(3-メチルブタン酸)は、まさに納豆の発酵過程でおこる化学反応によって生じる成分の脂肪酸の一種です。 なんと悪臭防止法によって規制されているほど 不快感のあるニオイなのです。 男性だけではありません! 足が臭いといえば中年男性のイメージがありますが、あるテレビ番組でブーツを履く女性の足の臭いを調査したところ、納豆レベルが600~700、チーズレベルが500~600、不快に感じるレベルが400~500であるのに対して、半分以上が400以上、30%が500以上の値となり、 自分では臭いという自覚があまりないという人でもかなり強烈なニオイとなってしまっていることが判明しました。 納豆の臭いを消すには? 足の納豆臭を改善するには、靴の消臭と足の消臭の両方を意識する必要があります。 靴の消臭 靴はムレないようにすることがまず大事で、替え用の靴下を持っておいたり、こまめに足を拭くようにして足をできるだけ乾燥させましょう。 また、納豆臭のイソ吉草酸は酸性ですから、この臭いを中和する方法として弱アルカリ性の重曹を使うという方法があります。 足の消臭 足の消臭としては、汗を抑えることと、菌を殺菌することが大事で、爪も短くして清潔に保つようにしましょう。 制汗も殺菌もできるデオドラントクリームがおすすめです。 まとめ いかがだったでしょうか?足の納豆臭の悩みは男性だけでなく、女性にもあり、特にムレやすいブーツ、パンプス、革靴を履く場合には要注意です。 座敷などで周りのを気にしてしまわないようにしっかりと対策をしていきましょう。

次の

足が臭い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足の臭い 体調不良

<目次>• 蚊に刺されやすい人の特徴は? 蚊などの昆虫はフェロモンというニオイ成分で、代謝や生態がコントロールされています。 蚊が人間の血を吸うのは、雌の蚊が産卵期に栄養を補給するためで、雄の蚊や産卵期にない雌の蚊は血を吸いません。 普段は花の蜜や樹液を餌にしています(参考「」)。 蚊に刺されると痒いのは、蚊が血を吸う前に血液中の血小板が吸っている間に固まらないように、特殊な唾液を血管に注入するため。 蚊が血を吸うターゲットを決める際、体温に反応して血を吸いに集まります。 また、触覚に嗅覚受容体とよばれるニオイセンサーをもっており、乳酸やオクテノールなどのニオイに集まる。 同じ場所でも刺されやすい人と、刺されにくい人がいるのは、この要素の差から来ています(参考「」)。 次に蚊に刺されやすい人の特徴を挙げていきます。 (特徴1)体温が高い人 もともと体温が高めの人は、低体温の人に比べて蚊に刺されやすい傾向があります。 また、妊婦や赤ちゃんも一般的に体温が高いので、蚊に刺されやすく、お酒などを飲むと一時的に体温が上がるため、蚊に刺されやすくなります。 (特徴2)二酸化炭素(CO2)の排出の多い人 蚊は、二酸化炭素に誘引されます。 体温が高い人は基礎代謝が高いので、結果として二酸化炭素の排出が多くなります。 生まれつき体温が高いタイプの人もいますが、一般的には若い人、赤ちゃんや妊婦さんは体温が高く、二酸化炭素の排出も多くなります。 また、普段は体温が高くない人でも、お酒を飲むと二酸化炭素の排出が多くなり、蚊に刺されやすくなります。 (特徴3)O型の人 国内外の研究で血液型によって、蚊の刺され方に差があるという結果が報告されています。 ある研究によると、O>B>AB>Aの順に刺されやすいという結果が報告されています(参考「」「」)。 O型を決めている糖鎖が花の蜜の糖成分と似た構造をしており、これが皮膚常在菌に分解されて花の蜜と同じニオイを発するからだとしました。 しかし、このO型説には反論も多いようで、明確な結論は今のところ出ていません。 (特徴4)体臭が強い人 体臭の強い人が蚊に刺されやすいことも知られています。 蚊は乳酸や二酸化炭素、体温に誘引されますが、この他にも体臭に含まれる様々なニオイ物質に誘引されます。 ある研究によると、乳酸より誘因性がある17種の脂肪酸が報告されています。 また、これらのニオイ物質の組み合わせによっても、蚊の誘因性が異なり、これは後で述べる皮膚常在菌とも深い関係があります。 蚊に刺されやすい人は足の臭いがする?その理由は? 最近放映されたTV番組で、京都の高校生が小学生の妹の足に蚊が集まることに疑問を持ち、研究をしたことが紹介されました。 この研究によると、ニオイの強さよりも、足の皮膚常在菌の種類の多さに関係するという結果がでたそうです(参考)。 皮膚常在菌の種類が多いということは、ニオイの種類が多いということに繋がります。 菌はその種類によって、好んで食べる物質が異なりますし、持っている代謝酵素も異なるので、その結果出るニオイも異なります。 つまり、菌一種類毎に独特のニオイがあるといっても過言ではありません。 人間は37兆個の細胞で構成されているといわれますが、それと同時に、腸には100兆個、皮膚には1兆個以上など、様々な常在菌と共生していることが知られています(参考「」)。 皮膚常在菌の種類は200種類以上あるとされ、代表的なものに表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌、ニキビの原因菌であるアクネ桿菌などがあります。 菌というとあまり良いイメージはありませんが、皮膚常在菌には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌は悪玉菌が増えるのを防いだり、皮膚表面を酸性にして皮膚を健康に保ち、免疫を刺激して皮膚抵抗性を高めたりしてくれます。 しかし、悪玉菌が増えると様々なトラブルの基にもなります。 黄色ブドウ球菌は誰の皮膚にもいて、通常は害がありませんが皮膚が酸性でなくなると、勢いを増して皮膚が化膿したり、トビヒができたりします。 マセラチア真菌も通常は害がありませんが、増えすぎるとフケが出たり、脂漏性皮膚炎になったりします。 また、アトピー性皮膚炎がある場合は、この菌が増えると悪化してしまいます。 アクネ桿菌も普段は脂肪酸などを分泌して、皮膚を酸性に保ち保護する働きがありますが、増えすぎるとニキビの原因になります。 この他にも、200種類ある常在菌の中には悪玉菌もたくさんいて、足の分泌物や剥落した皮膚の角質を食べて、蚊が大好きないろいろな種類の脂肪酸を排泄します。 蚊は主に乳酸や二酸化炭素に誘引されますが、皮膚常在菌が増えることで、乳酸より誘因性が高いとされる様々な脂肪酸群が生成して、蚊を足に誘引している可能性が高いのです。 足の臭いを防ぐ方法と対策 そもそもなぜ足は臭いのでしょう?「手に汗を握る」というのはハラハラ、ドキドキした様子を表現する言葉で、人間は緊張すると手のひらに汗が出ます。 この「手に汗握る」状況では、実は同時に足の裏にも汗をかいていますが、あまり気が付きません。 これは人間がかつて樹上生活をしていた霊長類であることに起因しています。 木の枝から木の枝に飛び移るような緊張状態では、手や足が滑って落ちないように、手のひらや足の裏に汗を出して、グリップ力を高めているのです。 今でもロジンバッグのような滑り止めがない時には、手のひらに唾を付けて、滑らないようにするのと同じ原理です。 このため手のひらや足の裏には汗腺が多く存在します。 緊張した時はもちろんですが、暑い時にも汗腺からは汗が出ます。 足が臭くなりやすいのは、足の裏に汗をかきやすいからです。 加えて高温多湿の日本に、西洋の服飾文化である靴が明治時代に入り、一般化したことが拍車をかけました。 高温多湿で足の裏に出た汗は、靴の中で飽和状態になり、足のニオイの原因になる常在菌の温床になります。 この皮膚常在菌がびっしりと付いて、さまざまな悪臭を発する靴下が蚊は何よりも大好きなのです。 蚊に刺さされないための対策は足の臭い予防と根本改善を• 足を清潔に保つ 足のニオイを解消して、蚊の攻撃を防ぐには蚊の大好きなニオイを、足から放散しないことです。 このために最も大事なのは、足の皮膚常在菌を暴走させないことです。 つまり常在菌を増やし過ぎず、善玉菌と悪玉菌のバランスを常に良くすることです。 汗をかきやすい夏などは、夜はお風呂で足の指の間も良く洗い、朝もシャワーできれいにしましょう。 デオドラント効果がある石鹸なども市販されていて有効ですが、こまめに洗うことが一番です。 しかし、あまり極端に洗いすぎると、善玉菌まで洗い流してしまい逆効果です。 清潔に保つことが大事• 靴下を履き替える 足のニオイが気になる人は、毎日清潔な靴下に履き替えることはもちろんですが、お昼頃に一度履き替えるのも大変有効です。 常在菌は湿度と温度が高いと爆発的に増殖しますので、夕方には靴と靴下は大変なことになっています。 抗菌作用がある靴下も販売されていますが、基本的なことをした後でないと有効性は限定的です。 靴と靴下の常在菌の増殖を防ぐには、通勤用の靴と、仕事場での履物を変えるのも有効です。 毎日同じ靴を履かない 毎日同じ靴を履いて通勤する人がいますが、これは最低です。 日中、高温多湿の靴の中の環境で爆発的に増えた常在菌(特に悪玉菌)が、一晩では乾燥しきれず菌が増殖し、更に翌日増殖することを繰り返すからです。 靴は3足以上持って、1日履いたら2日は最低乾燥させる必要があります。 乾燥する間は活性炭や乾燥材を入れておくと効果的です。 保管場所も乾燥した場所を選び、週に一度ぐらいは日光に当てると、ほとんどの菌は死滅します。 靴は毎日履くと変形しやすく、長持ちもしませんから、結局経済的でもあります。 根本対策で足の臭いと蚊の対策を! 蚊が大好きな足のニオイの原因と、その対策を解説してきましたが、そもそも全てのニオイにはその根本原因があります。 上で解説した対策は、いわば水際対策です。 足に限らず体臭の全ては、その人の生活習慣によって大きく左右されます。 体臭とは、その人が食べているもの、その人の生活習慣の結果として発生するものです。 本当の意味での対策は、先ずこれらの食習慣や生活習慣の改善無くして効果は期待できません。 この根本対策については、これまでの私の記事に詳しく載っていますので、是非参考にして頂き、足のニオイと蚊の攻撃の対策として下さい。 【関連記事】•

次の