アンパンマン ミュージアム リニューアル。 リニューアルしたアンパンマンミュージアムは、ショーも屋内になって雨の日も安心【941のイクメン徒然】

【横浜アンパンマンこどもミュージアム】移転リニューアルオープン!訪問レポ♪

アンパンマン ミュージアム リニューアル

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールが2019年7月7日、新たに生まれ変わりリニューアルオープンする。 施設は現在の場所からさらに最寄駅に近いみなとみらい地区へと移転。 それに伴い、現在の施設は5月26日をもって閉館となる。 アンパンマンの世界が体験できる子どもに人気の「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、2019年に施設をみなとみらい地区に移転し、リニューアルオープンする。 新施設のコンセプトは「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。 子どもだけでなく、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまで、みんなが笑顔になる場所を目指す。 新施設のエントランスでは、約4メートルの大きなアンパンマンが来場者を迎える。 新施設には、子どもたちが駆け回りアンパンマンの仲間たちと一緒に遊ぶことができる「ミュージアムひろば」や、クータンととうだいまんが見守る遊具エリア「わんぱくアイランド」、アンパンマンの街並みを探索できる「みんなのまち」、アンパンマンたちの楽しいステージが繰り広げられる「メインステージ」など、新たなアクティビティが登場する予定。 さらに広く充実したミュージアム内で思い切りアンパンマンの世界を楽しむことができる。 リニューアルオープンは7月7日の予定。 現在の施設は5月26日までの営業となり、各施設午後6時の営業終了をもって閉館となる。 なお、5月26日まで現施設にて、新施設オープン記念前売券を発売。 限定デザインのラバーキーホルダー付きのプレミアムチケットを数量限定で用意している。 新施設は、みなとみらい線「新高島駅」4番出口より徒歩3分、JR「横浜駅」東口より徒歩10分と、よりアクセスの良い立地となる。 入館料は従来の1,500円から2,200円へと値上げ。 入場料は1歳以上が対象。

次の

横浜アンパンマンこどもミュージアム 2019.7.7リニューアルオープン!!

アンパンマン ミュージアム リニューアル

MOKUJI• 無料エリアのご紹介 横浜アンパンマンこどもミュージアムは、有料のミュージアムエリアに入らなくても、無料エリアだけで結構楽しめます。 リニューアルされても以前と変わらず無料で楽しめるショーやショップがたくさんありますが、実際に訪れてみて、以前と比べて変わったことや気になる点をご紹介します。 カーニバル王国のゲームがリニューアル 以前から小さなお子さんにとっても人気があったカーニバル王国のゲームが綺麗にリニューアルされました。 3つのゲームを順番にあそべるカーニバルゲームに、ガラポン、釣りゲームに加え、ゲームセンターなどでよく見かける、コイン式遊具のメリーゴーラウンドがあります。 カーニバルゲームのお値段はどれも以前からの据え置き価格です。 今後変更になる可能性があります。 飲食店はこの他「 アンパンマンレストラン 旧アンパンマン&ペコズキッチン 」とジャムおじさんのパン工場だけ。 アンパンマンレストラン アンパンマンミュージアム内唯一のレストラン、アンパンマンレストランは混雑時はかなりの待ち時間が発生し、入店するのを諦めてしまいがちですが、事前予約をしておけば来店時にスムーズに入店できるのをご存知ですか? 事前予約サイトはこちら! まだ小さなお子さん連れだと、混雑時でも食料難民になるわけにはいかないので、事前にしっかり予約して来館されると安心かもしれません。 トーマスで! 三井ビルにはレストランの他、カフェプロントやファミリーマートもあるので、 混雑でもう本当にどうしようもない時に記憶にとどめておくと役立つかもしれません。 あわせて読みたい! 無料エリアではキャラクターに会えない 以前の横浜アンパンマンミュージアムでは、無料エリアでもキャラクターグリーティングやキャラクターが活躍するショーが展開されていましたが、リニューアル後は無料エリアでキャラクターに会えなくなってしまいました。 日に2回ほど、中央のひろばで無料のショーが開催されますが、ダダンダンとアンパンマン号の巨大な空中バルーンによるショーとなり、アンパンマンやばいきんまんなどキャラクターは声だけの出演になります。 最初にダダンダンが登場した時はその巨大なインパクトに驚きますが、キャラクターは一切出てこないので、最初は人気があってもいずれ飽きられてしまいそうな予感がします。 でも今後、キャラクターが登場するショーがはじまるかも知れないし、季節毎にイベントもあると思うので、期待しておこう!! にこる 感想・まとめ 有料エリアを紹介している記事でも書きましたが、リニューアルオープンした横浜アンパンマンこどもミュージアムには、原作者のやなせたかし先生の想いはどこへ?と感じずにはいらない改善点が多く、少し寂しい気持ちになりました。 批判ではないんです。 ミュージアム内は無料エリアも含め屋内になった事で、真夏の日差しや熱中症の心配も緩和されますし、雨でショーがキャンセルされることも無くなりました。 ひろばのスペースも広くなって、よりたくさんの来場者がキャラクターショーを楽しめるようになり、全てのショップや施設内も綺麗で快適になったという事は間違いなく、JR横浜駅からも歩いて行けるほどアクセスも良くなりました。

次の

リニューアルしたアンパンマンミュージアムは、ショーも屋内になって雨の日も安心【941のイクメン徒然】

アンパンマン ミュージアム リニューアル

7月7日(日)に横浜市内で移転・リニューアルオープンした、横浜アンパンマンこどもミュージアムに行ってきました。 以前のアンパンマンミュージアムはステージが屋外にあったり、グッズショップなども外に面していたので、猛暑の日や雨が降ってしまった日は大変でしたが、全天候型の屋内施設にリニューアルされたので天気に左右されなくなりました。 広くて見やすい人工芝エリアでのアンパンマンのステージや、子供が安全に遊ぶことができる遊具、無料エリアでの大迫力のショーなど、とても楽しめる施設になっていました。 私は平日のお昼頃に行ったのですが、かなり混雑していました。 駅からの歩き方や駐車場などレポしたいと思います。 前回からの続きです。 1F 無料エリア でもショーを見ることができる 1Fの中央にある「ひろば」にステージが用意されています。 時間になるとショーが始まります。 アンパンマン号とだだんだんのショーです。 天井近くの壁が二つに割れ、モクモクとした煙とともにアンパンマン号が登場! だだんだんも登場! ドーン!とだだんだんが立ちます。 演出がすごくて大迫力でした。 この時点で娘や周囲の小さなお子さんは完全に怖がっていました。 それぐらい迫力があるステージです。 天井付近にいるヘルメットをかぶったお兄さんが人形を操っているようです。 アンパンマン号とだだんだんが戦い、アンパンマン号がドーンッと体当たりします。 だだんだん、退散! アンパンマン号も帰って行きました。 頭上で行われているので、どの場所にいても見やすかったです。 無料のショーなので入館料を払わなくても見ることができます。 時間があえばぜひ見てみてください。 アンパンマンレストラン フードコート• ごはんやさん• ハンバーガーやさん• うどんやさん その他、ポップコーンやさん、ソフトクリームやさん 横浜アンパンマンこどもミュージアムのロッカー ロッカーは2階のベビーカー置き場と、1階のトイレの近くにあります。 2階のコインロッカー 1階のコインロッカー 横浜アンパンマンこどもミュージアムまとめ 私が行った日は途中から雨が降ってきてしまったのですが、全天候型屋内施設なので天気を気にすることなく遊ぶことができました。 3Fの有料エリアはベビーカーで入場することができないので、まだベビーカーが必要な月齢のお子さんをどうするのか、その点だけは注意した方がいいと思います。 眠くなってグズったり、抱っこをせがまれたりすると大変ですよね。 入館料が1歳以上から2,200円なので高いなという印象はあったのですが、屋内施設で快適だったり、広いステージがあったり、遊べるエリアがあったり、キャラクターと一緒に写真が撮ることができたりと、子供がとても楽しめる施設になったので入館料の価値はあると思います! また、1Fで見ることができる無料のショーはとても迫力があり、入館料を払わなくても十分に施設を楽しむことができます。 これから横浜アンパンマンこどもミュージアムに行く方の参考になれば幸いです。

次の