おすすめ プロテイン 筋肉。 【最新2020】人気の女性向けプロテイン おすすめランキングTOP5~筋肉増強・ダイエット・減量に~

【HMBとプロテインどっち】併用すべき?違いや筋肉効果を比較!

おすすめ プロテイン 筋肉

筋トレ用プロテイン選びのポイント プロテインにも様々なタイプがあり、どのように筋肉を付けたいのかによって 選び方も変わってきます。 プロテインを摂取する人の中でも一番多いのが、たくさん筋肉を付けたいという人です。 ここでいう筋肉をたくさんというのは、いわゆる 太マッチョのことを指します。 ボディビルダークラスまではいかないにしても、太い腕と厚い胸板は男性であれば憧れる人も多いことでしょう。 筋肉を太く見せるようにするには、 筋肉増強に特化したプロテインを選ぶ必要があります。 しかし、市販されている商品も多岐に渡るため、初めてプロテインを選ぶ人はどれにしたら良いのかすらわかりません。 注目すべきは以下の4つのポイントです。 プロテインの原料• タンパク質の含有量• BCAAの含有量• 価格 トレーニングも必要ですが、筋肉作りのプロテインもそれ以上に必要です。 太くて厚い筋肉を効率良く付けるためにも、 プロテインの選び方をしっかりと覚えておきましょう。 プロテインの主原料を重視した選び方 最初にプロテインの選び方で大事なのは、 主原料の違いです。 プロテインにも色々とあり、その効果は様々ですから、主原料によって効果に差が出るのはいうまでもありません。 プロテインを初めて購入するという人は、まず、 主原料を確認してから買うのかどうかを判断しましょう。 まずは下の表にて簡単に種類ごとの特徴を解説しますが、プロテインの中でも大豆を原料とした「ソイプロテイン」は、 筋肥大に向きませんので、覚えておきましょう。 筋肉の合成に役立つアミノ酸でもあるBCAAが、ソイプロテインの約2倍と多く含まれており、効率良く筋肉を付けることが可能です。 それだけではなくホエイプロテインは、 体に摂り入れたあとの吸収がとても速いことでも知られています。 筋トレ直後に摂取することができれば、 筋肉に送られるアミノ酸の量も3倍に跳ね上がり、短期間での筋力アップも夢ではありません。 ホエイプロテインに比べると、消化・吸収が遅いことから、筋肉増強には向かないと判断する人も少なくはありません。 しかし、カゼインプロテインには、血中のアミノ酸濃度を高い値で維持する特徴を持ちます。 血中のアミノ酸濃度を高い値で維持する時間が長ければ、それだけ アミノ酸が筋へ供給する時間が長くなります。 この効果を最大限に発揮するには、体を動かしていない 間食時や就寝前に摂取することが重要になります。 カゼインプロテインはホエイプロテインとの併用で、筋力アップに繋げることができるプロテインです。 エッグプロテインの最大の特徴は、 アルブミンが含まれていることです。 このアルブミンは、 摂取したたんぱく質を筋肉に変換しやすくするため、筋肉を付けるには打ってつけのプロテインです。 また、体内への吸収も速いことから、筋トレ直後に摂取すればさらに効果が期待できます。 たんぱく質の含有量 筋肉を付けるために、 たんぱく質は必要不可欠です。 プロテインに含まれているたんぱく質の量によって、筋肉の付き方に差が出るといっても過言ではありません。 市販されているプロテインにはたんぱく質が含まれていますが、それぞれ含有量が違います。 筋肉増強を目的でプロテインを選ぶときには、 たんぱく質含有量が多いものを選ぶのがポイントになります。 BCAAの含有量 トレーニング時には、脂肪、糖質、血液中のBCAAをエネルギー源としています。 これがなくなってしまうと、 筋肉の材料となっているBCAAをエネルギー源として利用し、筋肉の分解を始めます。 筋肉が分解を始めると筋力低下の原因になるため、BCAAが必要になります。 綺麗に筋肉を付けるためにもBCAAは必要であることから、プロテインに多く含まれていれば、それだけ筋力アップに貢献できます。 プロテインの中には、BCAAの含有量が記載されている商品もあるので、可能であれば、 BCAAが多く含まれているプロテインを選ぶのが良いでしょう。 そのため、プロテインの摂取は継続しなければ効果が半減してしまいます。 プロテインは毎日摂取しなければならないので、あまり高い商品を選んでしまうと、生活を圧迫してしまう恐れもあります。 それを防ぐためにも、まずは 1kgあたりの価格を確かめることが大切です。 1kgあたりの価格を確かめることによって、 プロテインの価格比較もスムーズにできますし、何よりも安いプロテインを見つけることができます。 価格の安さばかり見ていると、 プロテインの質が悪い可能性もあるので、選ぶ際にはその辺のチェックも怠らないようにしてください。 色々な商品の効果を試すためにも、最初は内容量の少ない商品を選びましょう。 そうすることで、失敗がなくなります。 ウエイトアッププロテインは他のプロテインよりもたんぱく質含有量が低い代わりに、糖質量が多いプロテインです。 それはカロリーにも現れており、普通のプロテインと比べると 約5倍もカロリーが高いのです。 これだけ聞くと、まるで意味のないプロテインと勘違いされるかもしれませんが、トレーニングで損傷した筋肉に効率よくたんぱく質を届けるには、 糖質は不可欠です。 糖質を摂取した際に分泌されるインスリンというホルモンによって、筋肉にたんぱく質が取り込まれるのです。 それゆえ、本格的にトレーニングをしている方たちは、プロテインと一緒に バナナやを摂取しています。 ただ、ウエイトアッププロテインは一般的なプロテインよりも安価なことが多いですが、 たんぱく質含有量から考えると割高ですので、おすすめしません。 普通のプロテインと一緒に糖質を摂取した方が効率的です。 ただ、「糖質も摂取するのがめんどくさい」という方や、 何を食べても太らないという方にはおすすめです。 筋肉増強には「カロリー」が不可欠ですので、たくさん食べられない方などは、積極的に活用してみても良いかもしれません。 その中でも 特におすすめの筋肉増強プロテインを選定しました。 太マッチョを目標としている人は、購入するときの参考にしてください。 ピントルのプロテイン専門ページではプロテインの主要なブランドごとに、味や評判はもちろん、ラインナップなども詳しく解説しておりますので気になる方はチェックしてください。 7種類のビタミンB群とビタミンCを含んでおり、筋力アップだけではなく、栄養のこともきちんと考えられたプロテインです。 筋肉増強を目的としたトレーニングを行っている人や、 信頼できるメーカーの商品を求めている人には、おすすめのプロテインです。 たんぱく質含有率92. 高額でも 品質の良いプロテインを求めている人には、おすすめの商品です。

次の

高齢者向けプロテインのおすすめ3選と選び方の解説

おすすめ プロテイン 筋肉

・卵・・・15個 ・牛乳・・・900cc ・牛肉・・・562g ・豆腐・・・6丁 に相当します。 しかしその一方で食事から筋肉を維持する為のタンパク質を補うとなると、 必然的に、脂肪や炭水化物の大量摂取に繋がります。 つまり筋肉以外にも脂肪もついてしまう危険性があります。 そこで脂肪や炭水化物だけを除いて純粋にタンパク質のみを摂取する事が出来るプロテインが、筋肥大やダイエットを目的にトレーニングをしているあなたには非常に重要になってくる訳です。 ただし運動をしていないヒトが、プロテインを飲むだけで筋肉が付くと勘違いをして、通常の食事に加えてプロテインを大量に摂取する事は、肥満に繋がる原因となります。 よってダイエット目的でプロテインを摂取する場合は、プロテインを食事に置き換える事が大切です。 プロテインの種類 プロテインの種類は大きく分けて 1. ホエイプロテイン(牛乳の乳清から作られている) 2. カゼインプロテイン(牛乳のカゼインから作られている) 3. ソイプロテイン(大豆たんぱくから作られている) 4. エッグプロテイン(卵白から作られている) 5. ビーフプロテイン(牛肉のすじ肉やホルモンから作られている) 6. ピープロテイン(エンドウ豆から作られている) 7. ライスプロテイン(発芽玄米から作られている) 以上の牛乳や大豆や卵や玄米などのタンパク質が多く含まれている原材料からプロテインは作られています。 ただ現在市場に流通しているプロテインの殆どが ホエプロテインです。 そしてこのホエプロテインの中でも以下の3種類のプロテインが存在します。 ホエイプロテインコンセントレート(WPC) 3種類のホエプロテインの中で一番安価の為に流通量が多い。 また乳糖(ラクトース)が3種類の中で一番多く含まれています。 ホエイプロテインアイソレート(WPI) 3種類のホエプロテインの中ではWPCよりも高価。 理由はgあたりのタンパク質の含有量が、WPCよりも多く含まれている為。 加水分解ホエイペプチド(WPH) 3種類のホエプロテインの中では一番高価。 理由はgあたりのタンパク質の量が、3種類の中では一番多く含まれている為。 さらに3種類の中で溶かすのが最も容易であると言った特徴があります。 つまりプロテインの精製技術によってWPH>WPI>WPCの順番で、gあたり中のプロテインの含有量が多い為に、値段もWPHが必然的に最も高価と言う訳です。 飲み方 そして筋肥大目的でプロテインを摂取する場合は、通常の食事に+して、1回あたり30gのプロテインの摂取が望ましいです。 これを3食分3回に分けて飲む事で合計90gになります。 (また3回に分けてプロテインを飲む理由は、タンパク質は1度に大量に摂取しても、体内で消化吸収する為には、限界があるからです。 ) 飲み方としては、付属のスプーン約3杯分(約30g)のプロテインと、お水または牛乳(約300mg)をシェイカーに入れて溶かして、運動後、就寝前、朝食時に分けて飲みます。 筋肥大目的でプロテインを飲む場合は、特に就寝前にも飲む事で、就寝中は成長ホルモンの働きが活発になる為に、推奨しているプロテイン商品もあります。 また味も、飲みやすくする為に、バニラ・ココア・ストロベリー味のものがあります。 さらに少量のお水でもダマになりにくく、簡単に水に溶けやすい仕様です。 フレーバーは、毎日おいしく飲んで貰えるように、バニラとストロベリーの2種類があります。 1回あたり付属のスプーン2~4杯(約20g~40g)を、コップかシェイカーに入れて、100ml~200mlのお水または牛乳に混ぜて飲みます。 ) スプーン2杯に対して80mlの少ないお水でもよく溶けておいしく飲める仕様になっています。 付属のスプーン2杯(約20g)にお水または牛乳80ml~100mlの割合で溶かして飲みます。 さらに1食29gあたり 20g以上のタンパク質含有量をキープ。 (高品質・低価格なプロテインを実現) テイストは、なんと 12種類!飽きが来ないように色々なフレイバーをあなたは楽しむ事が出来ます。 さらに溶けやすくダマにならない仕様にもなっています。 1回につき専用スプーン3~4杯を150~300mlのお水や牛乳に溶かして飲みます。

次の

プロテインおすすめランキング。筋トレで筋肉付けるならどれがいい?

おすすめ プロテイン 筋肉

INDEX 筋トレ必須アイテム「プロテイン」とは 筋トレ必須アイテムとしておすすめしたいのが「プロテイン」。 「まずい……」と表情を引きつらせた方もいるかもしれないですが、最近のプロテインは飲みやすい味のものが多くなっています。 ここからは、そんなプロテインの最新情報を基礎知識とともに解説します。 プロテインとは「たんぱく質」のこと プロテインとは英語でたんぱく質(Protein)のこと。 ここで紹介するものは「たんぱく質を摂取するためのサプリメント」です。 一般的にはたんぱく質を粉末にした状態で販売され、牛乳や豆乳、水などに溶かして摂取(飲用)します。 また、たんぱく質は三大栄養素のひとつで、人間の体は筋骨から内臓、血液、皮膚、毛髪にいたるまでたんぱく質からできています。 そのため、筋トレにプロテインを取り入れることで、効率よく筋肉を増量できるのです。 製品として販売されているプロテインの原料には、主にホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインがあります。 ホエイプロテイン ホエイプロテインは乳清から作られます。 乳清は英語で「whey(ホエイ)」です。 牛乳に含まれるたんぱく質の一種で、ヨーグルトの上澄みといえばわかりやすいでしょう。 ホエイプロテインのメリットは筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれていること。 デメリットは、他のプロテインより比較的高価なことでしょう。 そのため、他原料と混ぜてコストを下げている製品もあります。 牛乳から余分なものを取り除いた不溶性固形成分で、 体への吸収がゆっくりなので、アスリートのスタミナアップに向いたプロテインともいえます。 ソイプロテイン ソイプロテインは大豆に含まれているたんぱく質を粉末にしたものです。 特徴として低カロリーでダイエットに向いていること、比較的安価であることが挙げられます。 また、大豆に含まれているイソフラボンによって美肌効果が実感できます。 美容に関心がある女性にも人気があるプロテインです。 プロテインの摂取方法 プロテインは単に摂取すればいいとうわけではありません。 ここでは、プロテインの基礎知識として知っておきたい摂取方法をご紹介します。 プロテインを摂取するタイミング プロテインはいつでも飲みたいときに飲めばいいのでしょうか? 答えはNO。 プロテインは摂取する(飲む)タイミングでその効果も大きく変わってくるのです。 プロテインは筋トレ直後がベスト 重要なのは「筋トレ直後」。 筋トレの直後にたんぱく質を補給することで、筋肉増量・筋肉肥大に最大限の効果を発揮します。 できればゴールデンタイムと呼ばれている筋トレ後の30分から遅くとも1時間以内には摂取しましょう。 朝食時や就寝前にも 体がたんぱく質を求めている朝にプロテインを摂取するのも効果的です。 さらに、睡眠中の成長ホルモンの分泌に合わせ、就寝前にプロテインを摂ることもその働きを促進してくれます。 ただし、就寝直前は胃に負担がかかるので、就寝30分前から1時間前には摂取しておきましょう。 運動後の摂取が必要なことは間違いありませんが、その他は個人差もあるので、食後や食間なども含めて自分に合うタイミングを工夫してみるのもいいでしょう。 おすすめの飲み方は低脂肪牛乳または豆乳 プロテインは清涼飲料ではないため、決して味の良いものばかりではありません。 飲みやすいものが増えているとはいえ、プロテインを飲むことが苦痛になってしまっては意味がありません。 その効果を実感するためには継続できることが大切です。 そこでおすすめしたいのが低脂肪牛乳と豆乳。 これらはプロテインを溶かしても飲みやすく、甘味が欲しいときにはハチミツや低カロリーのオリゴ糖などを加えればおいしく飲めるからです。 なお、無調整の牛乳は高カロリーなので避けましょう。 今人気のおすすめプロテインとプロテインバー 最近ではプロテインの種類も増えており、一般販売されているものでも数多くの選択肢があります。 ここでは、毎日筋トレの効果向上につながるおすすめのプロテインをご紹介します。 プロテインの選び方• 飲みやすい・おいしいかどうか• 価格(継続できる金額かどうか)• 簡単に購入できるかどうか• 筋トレしている男性からの評判がいいかどうか 1. 明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味 国内製品として代表的なプロテインといえば(株)明治が製造販売するザバス。 食品メーカーゆえに、その飲みやすさには特にこだわっています。 ここではまず始めに、ザバスの中でも特に飲みやすくておすすめの「ココア風味」をご紹介。 体内に吸収されやすいホエイプロテインに特徴があるこの商品は、7種類のビタミンB群とビタミンCなどの栄養成分も含まれています。 飲みやすさに加え、価格も比較的安いため、入門用としては特におすすめできるプロテインです。 想像以上にココアの風味がしっかりしており、牛乳や豆乳で溶かすと本物のココアのように濃厚な味わいに。 プロテイン初心者にもおすすめです。 LUXIV(ラクシブ)プロテインビューティー プレミアムチョコ味 ラクシブプロテインビューティーは「リバウンドしない美ボディを自宅で作る」をコンセプトに作られた女性のためのプロテインです。 ラクシブは100%大豆由来のソイプロテインや身体のコンディションをサポートしてくれるHMBを高配合。 アサイー・アセロラをはじめスーパーフード5種、コエンザイムQ10など、女性に嬉しい美容成分も徹底サポートしてくれます。 また、パーソナルジムトレーナーである川井盛義さんが監修している「ラクシブ美ボディプログラムムービー」が毎月商品と一緒に届いたり、トレーニングサポートグッズも毎月プレゼントしてくれたりと、自宅でのトレーニングも一緒にサポートしてもらえます。 ブルードラゴンアルファ(ミルクチョコレート) 筋トレマニアの男性たちで話題になっている「ブルードラゴン」。 あれこれプロテインを試してみてブルードラゴンにしたという男性も多いようです。 1食分で約20gのたんぱく質が摂取できるのも魅力で、これは他のプロテインを上回る量になります。 製造方法によってはミセル(たんぱく質の天然構造)が破壊されてしまうため、ブルードラゴンでは独自の手法でミセルの構造を維持しています。 また、ブルードラゴンは飲みやすいのも人気の理由で、どのフレーバーも比較的はっきりした味わいが特徴です。 低脂肪牛乳や豆乳で割っても味がしっかり残って、相性良く飲めるでしょう。 ミルクチョコレートは本物のチョコレートドリンクのようで、甘党の方には特におすすめのフレーバーです。 ビーレジェンド ホエイプロテイン そんなバナナ風味 「高品質プロテイ」「たんぱく質含有量一定水準以上」「ビタミン類配合」と三拍子そろい、さらに抜群の飲みやすさで話題になっているのが、ビーレジェンドのプロテインです。 とにかく種類が豊富で、様々なフレーバーが楽しめます。 飲み飽きないので継続しやすいのがうれしいところ。 コラボレーション製品がある点もユニークです。 現在は「北斗の拳 明日へのタネモミ風味」「ドラゴンボール超 プロリーかめはめ波風味」「ストリートファイターV 波動拳風味」「ミルキー風味」「ミルキーココア風味」「くまモンバージョン 熊本みかん風味」が販売されています。 プロテインは飽きずに飲めることも大切なポイント。 タネモミ風味、プロリーかめはめ波風味、波動拳風味など、あえてフレーバーが想像できない商品に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。 ビーレジェンドの数あるフレーバーの中でおおすすめなのは「そんなバナナ」。 珍しいバナナの風味が味わえるプロテインです。 溶けやすくてすぐに飲めるところも人気の理由ではないでしょうか。

次の