システム エグゼ 酒井 博文。 システムエンジニア ※残業時間20時間以下!年間休日124日!過去1年の社員定着率93%!(749557)(応募資格:【職種・業界未経験・初めての転職大歓迎!】社会人経験がある方… 雇用形態:正社員)|株式会社システムエグゼの転職・求人情報|エン転職

実力主義、労働時間削減でIT業界の負の印象を払拭

システム エグゼ 酒井 博文

株式会社システムエグゼ 本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒井 博文 は、データベース監査ソフトウェアの新バージョン「SSDB監査 Logger for Oracle Ver. 2」を、2018年5月15日より販売開始いたします。 1」にて、クラウド環境に構築されたデータベースの監査が可能となりましたが、今回のバージョンアップによりOracle Cloud Infrastructure、およびOracle Database Cloud Serviceでの利用も可能となります。 Oracle Database Cloud Serviceはオンプレミス環境と変わらない操作感でユーザーを拡大しつつあり、SSDB監査をOracle Database Cloud Serviceに対応することで、セキュリティ対策を充実させたい多くのOracleユーザーの要望を実現することが可能です。 <機能の強化と拡大について> 1. クラウド環境のデータベースへの対応 Oracle Cloud Infrastructure、およびOracle Database Cloud Service上に構築されたOracle Databaseの監査が可能になりました。 プラットフォーム拡大 SSDB監査 Logger for Oracleのリポジトリデータベースを、SQL Server 2017に対応しました。 SSDB監査 Logger for Oracleの導入環境を、Oracle Cloud Infrastructureに対応しました。 分かり易いGUI画面で監査ポリシー設定や監査レポート出力が簡単に行えることが特徴であり、金融機関をはじめ多くの企業で採用頂いております。 取得した監査ログは、簡単操作で分析が可能なレポート機能を提供する「SSDB監査 Report Manager」や他社統合ログ管理ソフトウェアと連携しており、お客様環境に則した監査システムの構築が可能になります。 またSQL Serverデータベースのログ取得製品である「SSDB監査 Logger for SQL Server」との併用も可能で、マルチデータベース環境においても統一の運用を実現し、企業の情報漏えい対策および内部統制対策基盤の構築を支援します。

次の

株式会社システムエグゼ(22801)の転職・求人情報|【エンジャパン】のエン転職

システム エグゼ 酒井 博文

株式会社システムエグゼ 本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒井 博文 は、テストデータ生成ツール『テストエース』の新バージョン『テストエース Ver. 1』を2017年9月1日 金 より提供いたします。 また、従来のテスト業務だけでなく、匿名加工情報によるビッグデータ活用で語れるように、本番データを加工処理し、データの価値を引き出す分析にテストデータの利用機会が増える傾向にあります。 このような変化によって、テストデータを管理する現場においては、セキュリティと利便性にバランスをとりつつ、テストデータ作成の俊敏性に関して、さらなる必要性が高まっています。 新機能の「設定書 Excel形式 」利用は、テストエースGUIの作業をExcelの入力で代替することで、上記課題を解決いたします。 <機能の強化と拡大について> 1.設定書利用によるユーザーインタフェース強化 テストエースのGUI操作による入力作業、テストデータ作成実行を、「設定書 Excel形式 」による代替が可能になりました。 これにより、利用部門自らが、「テストデータ化の変換ルール」を「設定書 Excel形式 」に記入し、テストエース管理者は、「設定書 Excel形式 」の内容を瞬時にテストエースに登録可能となります。 テストエース管理部門の運用および、企業内部のテストデータ利用の監査に、「設定書 Excel形式 」を報告書として、誰にでも理解できる形で社内に提供することが可能となりました。 2.プラットフォーム拡大 テストエースの実行環境を、Windows Server 2016に対応しました。 テストエースのリポジトリデータベースを、SQL Server 2016に対応しました。 3.マスキング対象データの対応RDBMSを追加 対応RDBMSに、SQL Server 2016、Oracle Database 12c R2を追加しました。 アルゴリズムで特許を取得し、従来のテストデータ生成ツールとは一線を画すツールです 特許第5212980号。 大手生名保険会社、大手損害保険会社、政府系金融機関をはじめ多くの企業へ導入の実績があり、システム開発コストの削減、および高品質なシステム開発に向けての活用で好評いただいております。

次の

システムエンジニア ※残業時間20時間以下!年間休日124日!過去1年の社員定着率93%!(749557)(応募資格:【職種・業界未経験・初めての転職大歓迎!】社会人経験がある方… 雇用形態:正社員)|株式会社システムエグゼの転職・求人情報|エン転職

システム エグゼ 酒井 博文

株式会社システムエグゼ 本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒井 博文 は、テストデータ生成ツール『テストエース』の新バージョン『テストエース Ver. 1』を2017年9月1日 金 より提供いたします。 また、従来のテスト業務だけでなく、匿名加工情報によるビッグデータ活用で語れるように、本番データを加工処理し、データの価値を引き出す分析にテストデータの利用機会が増える傾向にあります。 このような変化によって、テストデータを管理する現場においては、セキュリティと利便性にバランスをとりつつ、テストデータ作成の俊敏性に関して、さらなる必要性が高まっています。 新機能の「設定書 Excel形式 」利用は、テストエースGUIの作業をExcelの入力で代替することで、上記課題を解決いたします。 <機能の強化と拡大について> 1.設定書利用によるユーザーインタフェース強化 テストエースのGUI操作による入力作業、テストデータ作成実行を、「設定書 Excel形式 」による代替が可能になりました。 これにより、利用部門自らが、「テストデータ化の変換ルール」を「設定書 Excel形式 」に記入し、テストエース管理者は、「設定書 Excel形式 」の内容を瞬時にテストエースに登録可能となります。 テストエース管理部門の運用および、企業内部のテストデータ利用の監査に、「設定書 Excel形式 」を報告書として、誰にでも理解できる形で社内に提供することが可能となりました。 2.プラットフォーム拡大 テストエースの実行環境を、Windows Server 2016に対応しました。 テストエースのリポジトリデータベースを、SQL Server 2016に対応しました。 3.マスキング対象データの対応RDBMSを追加 対応RDBMSに、SQL Server 2016、Oracle Database 12c R2を追加しました。 アルゴリズムで特許を取得し、従来のテストデータ生成ツールとは一線を画すツールです 特許第5212980号。 大手生名保険会社、大手損害保険会社、政府系金融機関をはじめ多くの企業へ導入の実績があり、システム開発コストの削減、および高品質なシステム開発に向けての活用で好評いただいております。

次の