電子タバコ グロー。 電子タバコのグローに発がん性物質?害や危険がないかを調べてみた!

加熱式タバコ「glo(グロー)」の特徴は?電子タバコとの違いは?

電子タバコ グロー

まず定番のフレーバーから試してみよう! glo グロー 『neo(ネオ)シリーズ』の特徴 neoシリーズはKENTシリーズに比べて、 たばこ感や吸いごたえを重視したフレーバーが多いのが特徴です。 いい意味で味のクセが強く名前もそれぞれクセが強くて世の中の店員さんは心でこう叫んでいます。 クセが強いんじゃー!! ぜひセブンイレブンでneoシリーズを購入される場合は店員さんに優しくしてあげてください。 w フレーバーメンソールと言われるフルーツ系のメンソールの種類も多く、2020年現在10種類あります。 glo グロー 『neo pods ネオポッド シリーズ』の特徴 gloの低温加熱式タバコである「neo sens ネオセンス 」専用のリキッドで、JT 日本たばこ から発売されている「Ploom TECH プルームテック 」と同じように 健康志向の方向けになっています。 低温加熱式のリキッドタイプなので吸いごたえは求めないでください。 水蒸気タバコのようにニオイを楽しむタイプです。 またややこしいことにこちらもneoシリーズなので『glo pro』専用のスティックのneoシリーズと間違って購入すると吸えないので初めて購入する方は必ず確認しましょう! 特徴はスティックの太さが4ミリ太くなり吸いごたえが従来のneoスティックよりUPしました! より吸いごたえを求める人に向けたフレーバーです! 実際に吸ってみた味の感想はこちらの記事をご覧ください! 『glo hyper グローハイパー 専用ケントスティックトゥルーシリーズ』の特徴 こちらも 『glo hyper』専用のたばこスティックです。 たばこ本来の味わいを追求し、 加熱式タバコ独特のクセをなくした吸いやすさ重視のフレーバー。 ネオシリーズよりは吸いごたえはないが万人受けするような味わいになっています。 glo(グロー)人気フレーバー4位は『ネオ フレッシュプラス スティック J』 neoシリーズ『ネオ・フレッシュプラス・スティック・J』は深みのあるメンソールの中に ほんのりチョコの風味を感じられます。 チョコと聞くと甘い味を想像するかもしれませんが冷涼感も強めで吸いごたえもかなりあります。 ただスースーするだけのメンソールとは違い しっかりコクのある味わいです。 1位は『ケント・リッチタバコ・エックス』• 2位は『ケント・スムース・フレッシュ・J』• 3位は『ケント・インテンスリー・フレッシュ・J』• 4位は『ネオ・フレッシュプラス・スティック・J』• 5位は『ケント・ブライト・タバコ・J』• 6位は『ケント・ミントブースト・エックス』• 7位は『ネオ・ダーク・プラス・スティック・J』• 8位は『ネオ・クリーミー・スティック・J』• 9位は『ネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック・J』• 10位は『ケント・ネオスティック・ブースト・ミント・J』 gloの売り上げランキング結果は 定番のレギュラータイプと 定番のメンソールが上位を占めました。 吸いごたえを求めてKENTシリーズより味が濃い目のneoシリーズを買う方が多いと予想していましたがやはり定番のフレーバーには及びませんでした。 neo podsシリーズとglo hyperのneoシリーズは後の方に発売されてまだまだ本体が売れていないのでランキングに入りませんでした。 gloのフレーバー数はどのメーカーより多いのでぜひ色々なフレーバーを試してみて、自分好みのフレーバーを探してみてはいかがでしょうか! gloの本体やおすすめのケースについても別記事で紹介してるのでよろしければこちらの記事もご覧ください。

次の

電子タバコの種類|アイコスやグローなどの加熱式タバコと徹底比較

電子タバコ グロー

まず定番のフレーバーから試してみよう! glo グロー 『neo(ネオ)シリーズ』の特徴 neoシリーズはKENTシリーズに比べて、 たばこ感や吸いごたえを重視したフレーバーが多いのが特徴です。 いい意味で味のクセが強く名前もそれぞれクセが強くて世の中の店員さんは心でこう叫んでいます。 クセが強いんじゃー!! ぜひセブンイレブンでneoシリーズを購入される場合は店員さんに優しくしてあげてください。 w フレーバーメンソールと言われるフルーツ系のメンソールの種類も多く、2020年現在10種類あります。 glo グロー 『neo pods ネオポッド シリーズ』の特徴 gloの低温加熱式タバコである「neo sens ネオセンス 」専用のリキッドで、JT 日本たばこ から発売されている「Ploom TECH プルームテック 」と同じように 健康志向の方向けになっています。 低温加熱式のリキッドタイプなので吸いごたえは求めないでください。 水蒸気タバコのようにニオイを楽しむタイプです。 またややこしいことにこちらもneoシリーズなので『glo pro』専用のスティックのneoシリーズと間違って購入すると吸えないので初めて購入する方は必ず確認しましょう! 特徴はスティックの太さが4ミリ太くなり吸いごたえが従来のneoスティックよりUPしました! より吸いごたえを求める人に向けたフレーバーです! 実際に吸ってみた味の感想はこちらの記事をご覧ください! 『glo hyper グローハイパー 専用ケントスティックトゥルーシリーズ』の特徴 こちらも 『glo hyper』専用のたばこスティックです。 たばこ本来の味わいを追求し、 加熱式タバコ独特のクセをなくした吸いやすさ重視のフレーバー。 ネオシリーズよりは吸いごたえはないが万人受けするような味わいになっています。 glo(グロー)人気フレーバー4位は『ネオ フレッシュプラス スティック J』 neoシリーズ『ネオ・フレッシュプラス・スティック・J』は深みのあるメンソールの中に ほんのりチョコの風味を感じられます。 チョコと聞くと甘い味を想像するかもしれませんが冷涼感も強めで吸いごたえもかなりあります。 ただスースーするだけのメンソールとは違い しっかりコクのある味わいです。 1位は『ケント・リッチタバコ・エックス』• 2位は『ケント・スムース・フレッシュ・J』• 3位は『ケント・インテンスリー・フレッシュ・J』• 4位は『ネオ・フレッシュプラス・スティック・J』• 5位は『ケント・ブライト・タバコ・J』• 6位は『ケント・ミントブースト・エックス』• 7位は『ネオ・ダーク・プラス・スティック・J』• 8位は『ネオ・クリーミー・スティック・J』• 9位は『ネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック・J』• 10位は『ケント・ネオスティック・ブースト・ミント・J』 gloの売り上げランキング結果は 定番のレギュラータイプと 定番のメンソールが上位を占めました。 吸いごたえを求めてKENTシリーズより味が濃い目のneoシリーズを買う方が多いと予想していましたがやはり定番のフレーバーには及びませんでした。 neo podsシリーズとglo hyperのneoシリーズは後の方に発売されてまだまだ本体が売れていないのでランキングに入りませんでした。 gloのフレーバー数はどのメーカーより多いのでぜひ色々なフレーバーを試してみて、自分好みのフレーバーを探してみてはいかがでしょうか! gloの本体やおすすめのケースについても別記事で紹介してるのでよろしければこちらの記事もご覧ください。

次の

グローとアイコスどっちがいい?加熱式タバコ「glo」の危険性と特徴まとめ

電子タバコ グロー

現在のグローの銘柄の種類はいくつ? 以前までグローのフレーバー種類は25種でした。 しかし、パッケージ変更などに伴い販売終了となった銘柄もあります。 グローのカスタマーサポートに確認しました 現在は20種類のフレーバー数となります。 グローの銘柄は大きく分けて2タイプ グローには大きく分けて2タイプの銘柄が存在します。 KNETシリーズ 10種類• neoシリーズ 10種類 これら2つのシリーズを合計して20種類というわけです。 KENTシリーズの特徴 KENTシリーズはグロー発売当初からある銘柄で、いわゆる標準的な銘柄。 レギュラー、メンソールからフルーツ系のフレーバーもあります。 neoシリーズの特徴 neoシリーズは後発のフレーバーですが、その特徴は キック感や喫味を重視したシリーズ。 吸いごたえを重視する人はneoシリーズをおすすめします。 なお、値段でも若干の違いがありneoシリーズの方が割高になるのでご注意を。 KENTシリーズ 460円 neoシリーズ 500円 その他のグロー系銘柄 グローには他にグローセンスとグローハイパーという機種があります。 これらの機種は構造が異なっており グローのタバコスティックは使用することができません。 グローセンスはリキッドタイプの加熱式タバコであり、グローハイパーはタバコスティックの口径がアイコス並みの太さになった製品だからです。 これらの機種のフレーバーについては以下の記事で解説していますので参考にしてみてください。 グローのおすすめフレーバーをランキングで紹介 グローは銘柄の種類が多いのですが、銘柄選びの参考にしてください。 1位 ネオ・フレッシュ・プラス・スティック 2位 ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス 3位 ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ 4位 ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス 5位 ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ 6位 ネオ・ブースト・ミント・プラス・スティック 7位 ケント・ネオスティック・ミント・ブースト・エックス 8位 ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ 9位 ネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック 10位 ネオ・クリーミー・プラス・スティック 11位 ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ 12位 ケント・ネオスティック・ミント・ブースト 13位 ネオ・ブースト・ツイスト・プラス・スティック 14位 ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック 15位 ネオ・ブースト・アクア・プラス・スティック 16位 ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト 17位 ケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ 18位 ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ 19位 ネオ・ブースト・ロイヤル・プラス・スティック 20位 ネオ・ブースト・トロピカル・プラス・スティック 画像引用: KENTネオスティックシリーズ 1. ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス 上質なたばこ葉をブレンド、たばこ葉本来の豊かで深みのあるインパクトのある吸い心地。 吸い応えを追求したフレーバー。 クッと来る喫味の中にタバコ葉の甘味もあり美味しいです。 ケント・ネオスティック・ミント・ブースト・エックス 爽やかなミントの刺激でインパクトのある吸い心地。 カプセルをつぶすと、さらにミントの冷涼感がはじける。 ミントの清涼感がガツンとくるフレーバー。 カプセルを潰すことでメンソ増できますが、最初から潰して吸うのがおすすめ。 ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ 販売終了 上質なたばこ葉をブレンド。 芳醇で深みのあるリッチな味わい。 標準的なレギュラータイプのタバコ。 そこそこの喫味が欲しいけどメンソールは嫌という人におすすめ。 吸い疲れしない銘柄。 ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ 上質なたばこ葉をブレンド。 穏やかな中に、しっかりとした香ばしい味わい。 比較的ライトな味わいの銘柄。 ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ ひんやりミントとバニラのような甘さが絶妙のバランス。 なめらかで心地いい爽快感。 メンソールでありながらスムースな吸い心地を追求した銘柄。 秘密は添加されたバニラの甘味。 吸いやすくメンソール好きにおすすめなフレーバー。 ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス 数種類のミント上質ブレンド。 爽快感とたばこのベストバランス。 複数種類のメンソール、ミント感を味わえるフレーバー。 ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ ひんやりミントを贅沢づかい。 極上の氷冷感が突き抜ける。 強メンソール好きにおすすめしたいフレーバー。 とことん清涼感を突き詰めた銘柄。 ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ ひんやりミントの冷涼感に、シトラスのようなフレッシュな香りですっきり爽快。 果実感は若干弱め。 ケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ ひんやりミントの冷涼感に、プラムのような甘酸っぱい香りがはじける。 甘酸っぱさを感じれるフルーツ系銘柄。 ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ ひんやりミントの冷涼感と、完熟グレープのようなリッチなアロマに包まれる。 フルーツ系銘柄の中でもおすすめ。 ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト ミントの心地いい爽快感。 カプセルをつぶすと、ベリーのようなフレッシュなアロマがはじける。 ケント・ネオスティック・ミント・ブースト ひんやりミントの冷涼感。 カプセルをつぶすと、さらにミントの爽やかなアロマがはじける。 neoシリーズ 1. ネオ・ダーク・プラス・スティック 販売終了 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの深みと豊かな味わい。 タバコ葉の香ばしさや、キック感を求める人におすすめの銘柄。 ネオ・ロースト・プラス・スティック 販売終了 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの広がる濃厚な香ばしさ。 ローストされたタバコ葉の香ばしさが心地よいフレーバーです。 ネオ・フレッシュ・プラス・スティック 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの刺激的な爽快メンソール。 強いメンソールの味の中にほんのりビターな香りを思わせるフレーバー。 メンソールの清涼感とタバコ葉の喫味を求める人におすすめ。 ネオ・シトラス・ツイスト・プラス・スティック 販売終了 たばこの深い味わいに、刺激的なメンソールと爽やかなライムのようなアロマで高い満足感を。 ライムのフレーバーは賛否両論といったところで、ベリー系と若干異なります。 とは言え、気に入る人はとことんハマるフレーバーです。 ネオ・ダークフレッシュ・プラス・スティック 販売終了 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスのメンソールと完熟グレープのように香る豊かなアロマ。 グレープの香りがメンソールと最高にマッチするフレーバー。 ネオ・クリーミー・プラス・スティック 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスのまろやかな香りとほのかな甘み。 バランスの取れたフレーバーで、ほんのり感じる甘さでまったりと吸えます。 ネオ・ブースト・ツイスト・プラス・スティック 爽快ライムメンソールにカプセルをつぶしてはじける氷結アロマ。 ライム系のフレーバーの中でも強メンソールに分類される銘柄。 ネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック 爽快スパイスメンソールにカプセルをつぶしてはじける冷たいチェリーの氷結アロマ・ フルーツ系でもないスパイスを含有したフレーバー。 スパイス独特のピリッとした刺激が鼻に抜けます。 一応、チェリー味ですがチェリー感は弱めでスパイスが前面的に押し出されています。 ネオ・ブースト・ロイヤル・プラス・スティック 爽快ブルーベリーメンソールにカプセルをつぶしてはじける芳醇なベリーのアロマ。 ジューシーな味わいを楽しめるフレーバー。 ネオ・ブースト・ミント・プラス・スティック 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの爽快メンソールにカプセルをつぶすとさらに突き抜けるミントの刺激。 メンソールにタバコ葉の旨味がプラスされたフレーバー。 ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの爽快メンソールに、カプセルをつぶすとさらに広がるベリーのようなアロマ。 ネオ・ブースト・トロピカル・プラス・スティック 吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの爽快メンソールに、カプセルをつぶすとさらに広がるトロピカルな香り。 ネオ・ブースト・アクア・プラス・スティック みずみずしく香るなめらかメンソール。 カプセルをつぶしてさらにはじけるミントの爽快感。 まとめ いかがでしたでしょうか?グローのフレーバーの種類とおすすめを紹介しました。 やはりグローはフルーツ系のフレーバーに強いといった印象です。 アイコス、プルームテック、グローと国内では加熱式タバコ製品が色々ありますが、自分好みの銘柄を探す参考にしてみてください。

次の